閉じる


<<最初から読む

45 / 48ページ

半分

半分

 

 

 

 

やっぱり あなたは私の半分

欠けてる部分を補ってくれる。

 

 

やっぱり 君は僕の半分

同じ考えを持っている。

 

 

同じようで違う二人

 

 

少しのズレに まだ気づかない・・・。

 

 


満月の夜に

満月の夜に

 

 

 

 

満月の夜だから

 

わたし あなたに逢えるかしら?

 

 

満月の夜だから

 

僕は君に逢えるだろうか・・・

 

 

ふたりの想い

 

重なる想い

 

時代(とき)を超え

 

時間(ながれ)に逆らって

 

月の裏で逢いましょう

 

 

月の裏で逢いましょう

 

 

愛しい人

 

ふたりはひとり

 

月の裏で逢いましょう

 

 

また・・・

 

こうやって嘘と秘密を重ねながら

 

 

月の裏で逢いましょう

 

 

ずっと

ずっと遠い約束

 

月の裏で逢いましょう・・・。

 

 

                   2011/08/14  望月夜に

                             『月の裏で逢いましょう』より『彗星の乾いた悲鳴』

                             に移動して引き続き 毎日書き続けます。

                                   初作品の本を覗いてくれて ありがとう

                                             

                                               弥馬都_YAMATO


弥馬都_YAMATO 他、作品

弥馬都_YAMATO 他、作品

 

 

『月の裏で逢いましょう』


http://p.booklog.jp/book/31321       処女作品です。


 

月の裏で逢いましょう2~彗星の乾いた悲鳴~


http://p.booklog.jp/book/32248                 ほぼ毎日更新中の詩集です。

『青い炎』


http://p.booklog.jp/book/32076       詩のような物語です。

 

 

箱の中


http://p.booklog.jp/book/38522       現在不定期で書いてる詩のような物語です。

 



 

弥馬都_YAMATO もうひとつの顔

 

ふたりで綴る不思議な詩や物語の本も出しています

 


Blanco


http://p.booklog.jp/book/32108

 

Blanco 2  私の半分 僕の半分


http://p.booklog.jp/book/33457


ブランコロンの冒険


http://p.booklog.jp/book/33025

Blanco 3  A Cup Of World カップの中の世界  


http://p.booklog.jp/book/38212


奥付



月の裏で逢いましょう


http://p.booklog.jp/book/31321


著者 : 弥馬都_YAMATO
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/himitsunojikann/profile


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/31321

ブクログのパブー本棚へ入れる
http://booklog.jp/puboo/book/31321



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社paperboy&co.



この本の内容は以上です。


読者登録

弥馬都_YAMATOさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について