閉じる


<<最初から読む

13 / 48ページ

刻印

刻印

 

 

 

 

ギターを爪弾く ああなたの指が、

私じゃない誰かの髪を優しくすく。

 

夢を掴もうと もがく私の指先は、

あなたとは違う人の背中で宙を舞う・・・。

 

妖しく光る月明かりが 透き通った白い肌に

青く反射する。

 

そして私の心は月に抱かれ、

今夜も消えない赤い刻印とともに、

心は、

あなた色へと染まっていく


 

 

 

あなたから放たれる

 

様々な色を持つ言葉が

わたしを元気にしてくれる。

 

ありがとう(^◇^)


知恵

知恵

 

 

 

 

女の知恵とは~

 

何事もなかった顔をして

 

平穏無事に日々過ごすコトなら~

 

わたしには

 

その知恵がないのだろう。


 

 

 

空は~

 

どんなに離れてたって

 

繋がっているから

 

どこにいても

 

見上げれば

 

まるで魔法にかかったみたいに

 

笑顔になれるね(^◇^)

 

 


愚かな人

愚かな人

 

 

 

理想を掲げて

それに近づこうと努力するのは素敵だ。

 

でも、

出来やしない理想論ばかりを唱えていても

何も始まらない。

 

それが解らなくなってしまったら

あなたは

ただの人なのだ・・・



読者登録

弥馬都_YAMATOさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について