閉じる


<<最初から読む

3 / 44ページ

試し読みできます

試し読みできます

試し読みできます


紫色の鳥を飼っていた。
小桜インコの色変わりでバイオレットという品種の少しくすんだブルーがかった紫の上品な色の鳥だ。

その美しい色とすみれの花が好きだった事から迷わず「すみれ」と名付けた。
愛鳥家の家で手乗りとして育てられていた彼女は、とても愛嬌があり御転婆だった。

幼なじみである「つくし」とペアになり2回の巣引きで8羽のヒナを育ててくれた。

5歳を過ぎた頃からひっくり返って羽をばたつかせる痙攣を起こすようになってしまった。
治療に通ったが年々痙攣の頻度が多くなり片目の視力も失った。
それでも、痙攣がこなければ普通に暮らすことができたので、愛らしい姿を見せ続けてくれていた。




試し読みできます

試し読みできます



*花の香り鳥の歌*

http://p.booklog.jp/book/31280

著者 : lovebirdshowcase

profile
http://p.booklog.jp/users/lovebirdshowcase/profile
HP http://www.hane-hane.net/


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/31280


ブクログ本棚へ入れる

http://booklog.jp/item/3/31280



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社paperboy&co.


本書の制作物の著作権はlovebird showcase-kaoriにあります。
無断での使用(複写、複製、転載)はご遠慮ください。
Copyright (C)lovebird showcase-kaori

44
最終更新日 : 2012-05-20 22:40:52

試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格300円(税込)

読者登録

lovebirdshowcaseさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について