目次
そして父は黙っていた
役立たず
東京に住む障害者にとっての震災
比較することが止んだ時ー無選択の気づき
人のためになりたいわけでも
尊厳
いま居るその場所に
「思考は私たちの問題を解決できるだろうか」J.クリシュナムルティ
正しい戦争?人道的な戦争?
みんなで飲みながらワイワイ騒ぐというワンパターン
親孝行
たぶん孤独で寂しいんだろうなあと想像してみた
TAO is silent.
そんなことは訊いていない
そして私はひきこもる
愛するとは忘れること
長所も短所もない、あるのは個性だけ
続「思考は私たちの問題を解決できるだろうか」
素直であるということ
変わり者
損得勘定
春が来れば草はひとりでに生える
「私はひとの心を耕している」~仏陀
出会い
「絶対に赦せない」と言う人々
哲学的随想
妹への手紙
人はこのようにだんだんと死へ向かってゆくのだろうと感じるこの頃
昔の日記「世界の終わり」1998年8月
1999年1月22日 「仮想幸福」
自立
伴侶がほしい
なんだか「やわな」自称ひきこもりが多い
私の「歴史」
明けない夜だってある
生きるということ
「いい時代」
情報を選ぶのではなく遮断する
村上春樹氏が語った日本人のこころの復興の基本的理念~バルセロナでのスピーチ
私には分からない~いわゆるゴシップ記事の人気
単なる欲張り
お前はnttの番号案内か?~税金の無駄遣いの典型
私はなぜ馬鹿になったか?(インターネットをやると?)
社会システムと自我~J.クリシュナムルティ「自我の終焉」
相対的価値から超価値へ
自らの愚かさと両親の「病気」
命名ということ
そしてあらゆる暴力の原因は恐怖である
家族喧嘩
虚勢を張る
そしてふた晩目に気付いたこと「自分は治療が必要な病人なのだ」
カネ
自分で考える時代
極論・暴論というより妄想に近いが~スイスのとった為替政策の意味するもの
極論・暴論というより妄想に近いが2~米ドルはすでに暴落した?
「病院はホテルじゃないのだから」ってどういう意味?~今日のたわごと
たとえば今の日本の放射線で死ぬ確率は高いか低いか??
「理解できない」ならなぜ理解しようとしないのか
当たり前であるということ
「神話」~ある役人の信じがたい発言
要するにオレが悪いんだろ?~被害妄想の日々
欲張りな人は不幸である
極論・暴論というより妄想に近いが3~資本主義の終わりとは。。。
男と女
彼あるいは彼女はなぜそんなに不寛容なのかを考える
ある友への書簡より
遠い昔の話
FEC自給圏やベーシックインカムの考え方はなぜいまひとつ広がらないのか?
nhkニュースより 中国 米国債を大量に手放す
真実は自我が死んだときに訪れる神からの贈り物
ユーロ危機は起こるか起こらないかの問題ではなくいつ起きるかの問題ー世界的な大混乱の時代
非原発派の私も、もうメディアによる「世論操作」には食傷
孤独あるいは孤立もしくは精神病
スイスに続け?日本も事実上の為替固定相場制へ?~日経新聞報道に思う
不断の気づき
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

68 / 78ページ

試し読みできます

ある友への書簡より

こんばんは。
先ほどのustで話題に上ったことがやけに気になったので、余計なお世話と知りつつ、
私の「体験」をお話します。
 
私の場合、twitterのdmでその自称25歳保育士の女は近寄ってきました。
普段ならそんな、いきなりメールアドレスを教えて連絡をくれなどというのは無視するのですが、
そのときはなぜか私は、そのyahooのメールアドレスに返信したのです。
別に何も会話を交わしたこともないまったく知らない人物でした。
すぐにその「女」は返信を寄こし、そしてやけにあせって会いたがってきたので、
私はその時点で、それを無視し一切返信しませんでした。
しかしまたメールがつづけて何通も来たので、すべて読まずに迷惑メールフォルダーに置いて
放っておきました。
そして、何か気になって先ほど一応それらのメールに目を通してみました。
とにかくその「女」ははじめから礼儀も教養の微塵もなく、
いわゆるタメ口というやつで書いており、
写真も一応見ましたが、とにかくどこの馬の骨とも分からない、女というよりほんの少女でした。
たぶん保育士というのはウソでしょうし、彼女の目的は火を見るより明らかでした。
要するに、たとえそれが今夜の寝床とくいぶちを確保するためであっても要するにカネです。
おそらく50男ならいくばくかのまとまったカネをせしめることができると思ったのでしょう。
 
まあ話としてはそこまでの私の推測あるいは憶測なのですが、
私はたまたま数万円ほどの現金が手元にあるので、
あるいは少なくとも一時期に目指していたというか「だますよりだまされろ」的な、
それこそ仏様のような人間ではないことを奇しくも自覚しました。
まあごく普通の人間ならば、そのようなほぼ犯罪行為にある意味まんまと乗る方がどうかしているわけですが、
一方で私は、なんと言うか自分の本性を見せ付けられたような気もしなくもありません。
たとえば彼女の目的が、私を性行為に導いてその「報酬」としてカネをせしめる目的であったのならば、
どこかの喫茶店ででも会って、黙ってカネだけをあげてしまうというような行為もあり得たのかなあとという意味です。
 
しかし私は、それほどの人間ではなかったというわけです。
 
まあこの話が貴殿の参考にならないよう祈りますが。。。
ではまた。
 
大変失礼致しました。
 
 
 
 

試し読みできます

遠い昔の話

思えばもう遠い昔の話になってしまった。

 

私とM子が結婚していたときの話だ。

 

 

そもそも私たちの結婚は言ってみれば親掛かり結婚で、

 

それは双方の両親の援助の上に成り立っていた。

 

なぜなら二人ともが障害者で働けなかったので経済的にはそもそも

 

結婚などというものは常識では考えにくかったからだ。

 

たしか1988年のはじめだったと思う。

 

あるいは1987年の終わり頃かもしれない。

 

私とM子はH病院の開放病棟で出会った。

 

そして有体に言ってわれわれは恋愛関係となり、

 

どちらからともなくもし結婚ということを考え、

 

そしてそれがもしが可能だとすれば、

 

双方の親の精神的、経済的援助が受けられるかだと考えはじめていた。

 

そして二人がそれぞれの親に訊いたところ

 

それが可能という話になっていったのである。

 

あとはわれわれ自身の障害年金だけが頼りだった。

 

もとより私は障害年金を受給していたが、

 

彼女の方も申請した結果受けられることになり、

 

じゃあそれぞれの両親に頼んでみようということになったのだ。

 

話はわりとすんなりと決まった。

 

今から思えば、本人たちはともかく

 

双方の親にもまだそれだけのことが出来るだけ、それなりに若かった。

 

なぜかわ分からないが、

 

それからの話は驚くくらいすんなりと進んでいった。

 

1988年の夏、

 

私たちはほんの一間のアパートを探して歩いた。

 

そして文字通り足で探したあるアパートも条件に合う家賃で、

 

気がついてみたらもうとりあえず私ひとりでその一間の木造のアパートに引っ越して、

 

だいたいの見当はつけていたが、

 

日を見計らって本当に二人だけでささやかな結婚式を近所の神社で挙げて

 

役所に婚姻届を出し、

 

彼女も引っ越してきた。

 

もう一度言うなら二人とも働いていなかった。

 

そして二人とも子供だった。

 

 

それから結婚自体は2年間続けたものの実際のアパート暮らしは、

 

ある理由で1989年の冬で終わった。

 

 

アパート暮らしが終わった後も二人は同じH病院で入院生活を送りながらもそれなりに楽しかった。

 

とても自由な病院で、

 

私も埼玉県某市の彼女の実家へたびたび遊びに行ったりした。

 

精神的にも両方の親がいたからこその2年間の結婚だった。

 

 

しかし結果的にはそれは終わった。

 

ちょうど2年間だった。

 

そして離婚してすぐに彼女と会っていて私が気づいたことは、

 

彼女は私の話をその2年の間何も聴いていなかったということだ。

 

 

私は何よりもそのことに愕然としたのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


試し読みできます

FEC自給圏やベーシックインカムの考え方はなぜいまひとつ広がらないのか?

いわゆるFEC自給圏という考え方と実践は、

実に先進的ですばらしいと思うのだが、

なぜいまいち広まらない?のか?

それはたぶんというかもしかして

働けない人つまり障害者などへの所得保障をどう担保するかで

行き詰っているのだろうか?

一にも二にも勉強不足でお恥ずかしいが、

素朴な考えとしてそう思った。

関連してベーシックインカムにしてもそうだ。

要するに「あれは共産主義的で嫌い」という人も多いのではないか?

うーむ。要するに「民意」か。

もう少しは勉強しよう。


試し読みできます

nhkニュースより 中国 米国債を大量に手放す

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111019/k10013376761000.html

10月19日 19時6分

債務問題を背景に、ことし8月、大手格付け会社が初めて格下げしたアメリカ国債を、最大の保有国・中国が大量に手放していたことが分かり、中国政府が、欧米の経済悪化の影響を強く警戒していることが浮き彫りになりました。

これは、アメリカ財務省が18日発表したことし8月末時点の各国別のアメリカ国債の保有高から分かったものです。それによりますと、中国の保有高は1兆1370億ドルで、引き続き最大の保有国となったものの、前の7月末時点の1兆1735億と比べて365億ドルの大幅な減少となりました。中国政府が、ひとつきに100億ドル以上のアメリカ国債を手放したのは・・・・・・・」

当ブログ記事や私のyoutubeなどで心配していたことがすでに現実に起こっていたことが、

今頃になって明らかとなった。

参照

http://www.youtube.com/watch?v=FEOKeDxSNWk

しかし少なくとも今のところは、

先にも書いたように「すでに暴落していた」米ドル円相場は、

ほとんど動かなかった。

第一nhkは「大量」売却と報道しているが、

数百の数字がはたして「大量」にあたるかどうかも疑問だ。

しかし人民元が米ドルに替わって基軸通貨になるかもしれないという

私の中長期的な観測はもしかしたら当たるかもしれない。


試し読みできます

真実は自我が死んだときに訪れる神からの贈り物

私たちはなぜ自分を忘れたがるか?

結論を先に言ってしまえば、

それはそれが自我が生き延びるための本能だからだろう。

つまり私たちには、

自我にエサをやりながらそれが生き延びようとするのを助長したがるという本能があるようだ。

たとえばカネやセックスなどはその最たるものだろう。

私たちはなぜカネをほしがるのか?

それはつまり自分を忘れるための手段はほとんどすべてカネで手に入るからだ。

そしてセックスは自分を忘れるためのもっとも有効な行為であり、

そのほか上げればキリがないが、

テレビ、飲酒、あらゆるいわゆる楽しいこと快楽を得られること。

そのほかにも人によっては働くこと自体が自分を忘れるための手段であったりする。

コンピュータ、携帯電話、ゲームの類。

文明と言われる人類の歴史はつまり自我にエサをやるための手段を生み出し続けてきた歴史である。

と、私はまるで自我が生き延びることは悪いことのように言っているが

そういうことではない。

それはいいとか悪いとかの問題ではない。

至極当然のことである。

しかし人はそのように生きながらも

実はその先に真実が、自由が、愛があるであろうということも本能的に気づいているはずだ。

自由はそして真実は自我が死んだときに訪れる神からの贈り物である。

しかしそれは自我の自殺ではない。

たとえばoshoが「あなたが死ぬまでは」と言うとき、

それは「あなたの自我が死ぬまでは」と言っているのであるが、

「あなたの自我を殺せ」と言っているわけではない。

自我は自然死する。

「春が来れば草はひとりでに生える」の句のとおり、

そのときが来れば自我は自ずとやむ。

機が熟せば。。。。。

私たちにできることは「春」を、機が熟すのを待つことであろう。



読者登録

篠田 将巳 (shinodamasami)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について