目次
そして父は黙っていた
役立たず
東京に住む障害者にとっての震災
比較することが止んだ時ー無選択の気づき
人のためになりたいわけでも
尊厳
いま居るその場所に
「思考は私たちの問題を解決できるだろうか」J.クリシュナムルティ
正しい戦争?人道的な戦争?
みんなで飲みながらワイワイ騒ぐというワンパターン
親孝行
たぶん孤独で寂しいんだろうなあと想像してみた
TAO is silent.
そんなことは訊いていない
そして私はひきこもる
愛するとは忘れること
長所も短所もない、あるのは個性だけ
続「思考は私たちの問題を解決できるだろうか」
素直であるということ
変わり者
損得勘定
春が来れば草はひとりでに生える
「私はひとの心を耕している」~仏陀
出会い
「絶対に赦せない」と言う人々
哲学的随想
妹への手紙
人はこのようにだんだんと死へ向かってゆくのだろうと感じるこの頃
昔の日記「世界の終わり」1998年8月
1999年1月22日 「仮想幸福」
自立
伴侶がほしい
なんだか「やわな」自称ひきこもりが多い
私の「歴史」
明けない夜だってある
生きるということ
「いい時代」
情報を選ぶのではなく遮断する
村上春樹氏が語った日本人のこころの復興の基本的理念~バルセロナでのスピーチ
私には分からない~いわゆるゴシップ記事の人気
単なる欲張り
お前はnttの番号案内か?~税金の無駄遣いの典型
私はなぜ馬鹿になったか?(インターネットをやると?)
社会システムと自我~J.クリシュナムルティ「自我の終焉」
相対的価値から超価値へ
自らの愚かさと両親の「病気」
命名ということ
そしてあらゆる暴力の原因は恐怖である
家族喧嘩
虚勢を張る
そしてふた晩目に気付いたこと「自分は治療が必要な病人なのだ」
カネ
自分で考える時代
極論・暴論というより妄想に近いが~スイスのとった為替政策の意味するもの
極論・暴論というより妄想に近いが2~米ドルはすでに暴落した?
「病院はホテルじゃないのだから」ってどういう意味?~今日のたわごと
たとえば今の日本の放射線で死ぬ確率は高いか低いか??
「理解できない」ならなぜ理解しようとしないのか
当たり前であるということ
「神話」~ある役人の信じがたい発言
要するにオレが悪いんだろ?~被害妄想の日々
欲張りな人は不幸である
極論・暴論というより妄想に近いが3~資本主義の終わりとは。。。
男と女
彼あるいは彼女はなぜそんなに不寛容なのかを考える
ある友への書簡より
遠い昔の話
FEC自給圏やベーシックインカムの考え方はなぜいまひとつ広がらないのか?
nhkニュースより 中国 米国債を大量に手放す
真実は自我が死んだときに訪れる神からの贈り物
ユーロ危機は起こるか起こらないかの問題ではなくいつ起きるかの問題ー世界的な大混乱の時代
非原発派の私も、もうメディアによる「世論操作」には食傷
孤独あるいは孤立もしくは精神病
スイスに続け?日本も事実上の為替固定相場制へ?~日経新聞報道に思う
不断の気づき
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

60 / 78ページ

試し読みできます

「理解できない」ならなぜ理解しようとしないのか

自分と違う意見を持つ人を「理解できない」と言って切り捨てる人がよくいる。

「理解に苦しむ」とか「理解できない」という言葉遣いはいわゆる「大人の」物言いだということと

私は理解している。

しかし「理解できない」のならなぜ理解しようとしないのかがよく分からない。

よく分からないというのは、またまた悪い言葉遣いだ。

正確に言えばよく分かる。

要するに想像力不足ではないかと思う。

相手の気持ちあるいは立場になってものごとを想像してみないのが原因だろう。

理解できてそのうえで自分は反対だと言うのが正確なというかあるべき物言いである。

つまり言い直せば「理解できるが私はその意見には反対だ」という言い方が親切でもあり正確な言い方だ。

まあ世間一般ではこのようなことは屁理屈と呼ばれる。

話を元に戻せば、くどいようだが「理解できない」のなら少なくとも想像してみるべきである。

この人はなぜこのような意見をもっているのだろうか?

あの国はなぜあのようなことをするのだろうか?

つまりそれが相手の立場に立ってものごとを考えるという、

ものを考えるうえでの基本的なやり方である。

たぶん大方の人は「そんなことはもちろん分かっているよ」とおっしゃるだろう。

しかしそれならなぜ戦争は起きるのだろうか?

もちろん戦争の原因は恐怖であろうと思う。

自我はほとんど常に恐怖を抱いている。

それが耐え切れなくなったときに攻撃に出る。

つまり自我の恐怖というものを理解できたときに平和が訪れるのだろうと思う。

 

少し話がずれた。

人間の大いなる知恵、想像力を充分に働かせてみる。

それを充分にしないといけないと思う。

 


試し読みできます

当たり前であるということ

私にとっては、 当たり前であることと自然であることは同義語である。 少なくとも私はそういう意味でこれらの言葉を使っている。 ところで当たり前であることはとてもむずかしい。 それは何らかの努力や修行の結果ではなく、 また思考の出した結論でもない。 自我のあるところに当たり前はない。 自我を脇に置いておくことができる者のみが当たり前で居られる。 言ってしまえば当たり前とは悟りである。 当たり前という日本語をもし私が英訳するとすればnatural としたい。 逆に言えば悟りとはごく当たり前な自然な心のありようであり、 特別なことではないはずなのだが、 自我を持った人間という生き物にとっては逆に当たり前でないことが通常の状態となっている。 私の好きな言葉に「春が来れば草はひとりでに生える」というものがあるが、 悟りとは「ひとりでに」やってくるものだろうと思う。 そしてひとりでに当たり前であることを知ったとき、 あらゆる欲望はなくなるようだ。 ここで気をつけたいことは、 欲望はないが本能はあるというのが当たり前の状態である。 だからたとえば、 当たり前である人は食べたり眠ったりをごく自然にできる。 「できる」というよりは、 すべてのものごとは起こる。 起こると言っても別に特別なことが起こるわけではなく文字通り当たり前に生きているだけのことだろう。
試し読みできます

「神話」~ある役人の信じがたい発言

自分に甘く他人にきびしい。 私はどうもそういう典型的な人間のようだ。 この話はその私の「特徴」がよく表れているとわれながら思う。 私は記憶力がきわめて悪いので、 正直言ってそれがどこの役所だったか、 そして何年くらい前のことかもはっきりとは覚えていない。 ただどうしても忘れられないある役人の発言がある。 ある役所へ電話をして、 正直言ってその係のある行政施策について文句をつけていた時に、 その女性のお役人が発した言葉だ。 なんと言うか、考えれば考えるほど自分の記憶違いか聞き違いか、 あるいは妄想か何かとでも思わなければ理解できない言葉だ。 それは彼女が言った「私は自分の言うことに責任は持てません」というものだ。 私がまず、一応責任の所在をはっきりさせておこうと思って彼女の名前を訊いた。 もちろん私が自分の氏名を名乗ってからだ。 そして彼女は「言えません」と答えた。 「え?」と思ったが、しかし私は気を取り直し、いくつかのその行政施策について質問をして、 「あなたはご自分の言うことに責任を持てないのでしょうか?」とたずねた。 それはもちろん「たずねた」と言うより単に確認のつもりだった。 そこでまさかの答えが返ってきたのである。 彼女は「はい」と答えた。 「え?」と私は聞き違いかと思いもう一度、いや結果的には数回たずねた。 相手の答えは同じだった。 「私は自分の言うことに責任は持てません」。 信じられないせりふだったが、 仕方ないので私は「じゃああなたの上司の方のお名前を教えてください」と言った。 相手はそれらしき人の名前をしぶしぶ答えた。 それで電話終わった。 私はこの会話について何年間も考え続けている。 「自分の言うことに責任が持てない」とはどういう意味だろう。 私にはどうしても意味がわからなかった。 なぜならこの国では、成人したら自分の言うことには責任を持つものだと、 私たちは教育されて育ったし、それが常識だと思って生きてきたからだ。 ああそうか。 きっと彼女は何か病気なのかもしれない。 でなければ考えにくいが未成年か、 でなければ、これもきわめて考えにくいが私をからかっていたのだろう。 しかし、どう想像力を働かせても納得がいかない。 私たちはきわめて真面目に、そして真剣な話をしていたのだから。 「この国の役人は皆頭が良くて優秀である」。 そんなウソをいつ誰が言い始めたのだろう。 それは、特に最近何を見聞きしてもこのような「神話」としか思えないことばかりだ。 そんなことを信じるほうがどうかしているのだろうが、 いまだに世間では、マスコミでは、そんな「神話」がまかり通っているようだ。
試し読みできます

要するにオレが悪いんだろ?~被害妄想の日々

はっきり言って私の両親は二人とも頭がおかしい。 それが年寄りといっしょに生活するということだ。 何度言っても、大きなきれいなプリンターの文字で紙に印刷しても無駄である。 彼らは、 今私が言ったことを、 紙の存在を忘れているからだ。 彼らと暮らしていると「要するにオレが悪いんだろう?オレが黙ればいいんだろう?」となる。 だから私はひきこもり、 常に両耳にイヤフォンを突っ込んでいる。 それでも駄目らしい。 いくら「自分も大人にならなくちゃ」と思っても無駄だ。 どうやら彼らは私に「お前は死ね!」と言いたいらしい。
試し読みできます

欲張りな人は不幸である

人間の不幸の原因は欲張りである。
大昔からあらゆる哲学、宗教、道徳、思想などすべて同じことを言っている。
私もまさにそう思う。
社会のせいでも、境遇のせいでも、病気のせいでも何でもない。
要するに私は欲張りだから不幸なのだ。
もっと長生きがしたいとか、
もっと有名になりたいとか、
人にはさまざまな欲望がある。
それがある限り人は本当に幸福にはなれない。

たとえば最近のスポーツ選手は平気でこう言う「勝たなければ意味がない」。

なぜこういう恥知らずを平気で言うのだろうか。

それはつまり目立ちたいから、

人と変わったことを言いたいから、

売れたいからというところから来ているようだ。

要するに最近の人は「欲張ることはいいことだ」とでも思っているようだ。

それが不幸であるということにまるで気づいていない。

健康ブームにしてもそうである。

健康で長生きがしたいという欲望から来ている。

なんのために?

たとえば日本はどんどん高齢化社会になってきた。

私はたとえば長生きするのが悪いことだとは思わない。

実に結構なことである。

しかし、「たい」という欲望は不幸のもとだと言っているだけだ。

今の日本ではさまざまな問題点が言われるが、

要はそれは欲張りだから不幸なだけである。

私はごく当たり前のことを言っているだけのつもりだが。。。



読者登録

篠田 将巳 (shinodamasami)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について