目次
そして父は黙っていた
役立たず
東京に住む障害者にとっての震災
比較することが止んだ時ー無選択の気づき
人のためになりたいわけでも
尊厳
いま居るその場所に
「思考は私たちの問題を解決できるだろうか」J.クリシュナムルティ
正しい戦争?人道的な戦争?
みんなで飲みながらワイワイ騒ぐというワンパターン
親孝行
たぶん孤独で寂しいんだろうなあと想像してみた
TAO is silent.
そんなことは訊いていない
そして私はひきこもる
愛するとは忘れること
長所も短所もない、あるのは個性だけ
続「思考は私たちの問題を解決できるだろうか」
素直であるということ
変わり者
損得勘定
春が来れば草はひとりでに生える
「私はひとの心を耕している」~仏陀
出会い
「絶対に赦せない」と言う人々
哲学的随想
妹への手紙
人はこのようにだんだんと死へ向かってゆくのだろうと感じるこの頃
昔の日記「世界の終わり」1998年8月
1999年1月22日 「仮想幸福」
自立
伴侶がほしい
なんだか「やわな」自称ひきこもりが多い
私の「歴史」
明けない夜だってある
生きるということ
「いい時代」
情報を選ぶのではなく遮断する
村上春樹氏が語った日本人のこころの復興の基本的理念~バルセロナでのスピーチ
私には分からない~いわゆるゴシップ記事の人気
単なる欲張り
お前はnttの番号案内か?~税金の無駄遣いの典型
私はなぜ馬鹿になったか?(インターネットをやると?)
社会システムと自我~J.クリシュナムルティ「自我の終焉」
相対的価値から超価値へ
自らの愚かさと両親の「病気」
命名ということ
そしてあらゆる暴力の原因は恐怖である
家族喧嘩
虚勢を張る
そしてふた晩目に気付いたこと「自分は治療が必要な病人なのだ」
カネ
自分で考える時代
極論・暴論というより妄想に近いが~スイスのとった為替政策の意味するもの
極論・暴論というより妄想に近いが2~米ドルはすでに暴落した?
「病院はホテルじゃないのだから」ってどういう意味?~今日のたわごと
たとえば今の日本の放射線で死ぬ確率は高いか低いか??
「理解できない」ならなぜ理解しようとしないのか
当たり前であるということ
「神話」~ある役人の信じがたい発言
要するにオレが悪いんだろ?~被害妄想の日々
欲張りな人は不幸である
極論・暴論というより妄想に近いが3~資本主義の終わりとは。。。
男と女
彼あるいは彼女はなぜそんなに不寛容なのかを考える
ある友への書簡より
遠い昔の話
FEC自給圏やベーシックインカムの考え方はなぜいまひとつ広がらないのか?
nhkニュースより 中国 米国債を大量に手放す
真実は自我が死んだときに訪れる神からの贈り物
ユーロ危機は起こるか起こらないかの問題ではなくいつ起きるかの問題ー世界的な大混乱の時代
非原発派の私も、もうメディアによる「世論操作」には食傷
孤独あるいは孤立もしくは精神病
スイスに続け?日本も事実上の為替固定相場制へ?~日経新聞報道に思う
不断の気づき
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

47 / 78ページ

試し読みできます

自らの愚かさと両親の「病気」

今年私は52歳で、

両親は70代である。

そして両親はいずれもいわゆる病識がまったくない精神病か認知症だ。

したがって両親はまったく「治療」していない。

いくら私が指摘しても聞かない。

私はと言えば、

やはり精神病だが、一応病識があり薬も目一杯飲んでいて治療しているつもりだ。

それはそれとして、

私は自分の幼稚さを自分でも持て余している。

あきれるくらい子供っぽい。

お恥ずかしい話だが、

いまだに「反抗期」だ。

両親を大切にするどころか、我ながらひどい「反抗」である。

それが病気のせいなのかどうか、よく分らない。

医者にももちろん訊いてみたが、彼にも分らないようで何とも答えなかった。

医者にも分らないのなら自分でも分らない。

そして、両親も私も同じように人生の終末期である。

おそらく私の方が先に死ぬだろう。

自死するつもりはないが、

心臓などの循環器系などが特に悪く、

特に治療もしていないので、

たぶんそのうち心臓発作か脳梗塞発作で誰にも発見されずに死ぬだろう。

私はいつも鍵をかけて自室に居り、

どこからも、またどこへも連絡できないようになっている。

そして私は、ろくに歯も磨かず入浴もせず、歩くこともできずに、

いつも座イスに座っているか布団に寝ている。



つまりはそれが私の人生の終末期であり、

私はそういう病気であり、

またそのように愚かでどうしようもない人間である。










試し読みできます

命名ということ

クリシュナムルティも言っているように、 自我の特性のひとつに命名したがるということがある。 つまり我々は何にでも名前をつけないと気が済まないのだ。 「これは右だ」とか「左だ」とか。 それはたとえば「右」をあるいは「左」を非難あるいは正当化しているのである。 「それは差別だ」とか「不公平だ」とか。 それはつまり、「差別」あるいは「不公平」を非難しているのである。 「これは美だ」とか「それは政治的だ」とか「宗教的だ」とか。 我々は何かを考える時に、何かしら名付けないと収拾がつかず混乱してパニックに陥ってしまう。 つまり自我が生き延びるためには命名ということが必ず必要なのだ。 命名することによって私は"ほんとう"を見ずに逃避しているのではないだろうか。 つまり私は眼を開かずにつぶって、あるいは"夢"を見ることによって"ほんとう"を避けている。 その方が楽だからだ。安直だからだ。 そうすることによって私の自我は生き延びている。 自我が生き延びることで私は真実を見ることを永遠に避け続ける。 その方が"なまぬる"くて心地良いからだ。 しかし私が愛を知ることはない。 それゆえ私は不自由にる。 つまり命名することはすなわち自分で自分を縛るということを含んでいるのだ。 しかし順序を間違えてはいけない。 つまり「じゃあ命名するのをやめよう」と決心しても、 それは即、狂気となってしまうのである。 「春が来れば草はひとりでに生える」という有名な言葉があるが、 つまり我々は、 賢くなれば命名はひとりでに止むのであろうと思う。
試し読みできます

そしてあらゆる暴力の原因は恐怖である

戦争や紛争があると、
どちらにとって侵略戦争か自衛戦争かということが言われるが、
そんなものに意味があるとは私には思えない。
戦争というものは侵略であれ自衛であれ愚かしいことである。
「自衛戦争」を正当化してはならないのだ。
いずれにしても互いに破壊し人命を奪い人々を互いに苦しめることに変わりはない。
その馬鹿馬鹿しさを、愚かさを誰も言わない。
「戦争反対」という言葉を使うとき私は、
「自衛戦争反対」と言っているのである。
侵略戦争については言うまでもあるまい。
と言うより、
繰り返しになるが侵略も自衛もない。
戦争は戦争だ。
人殺しは人殺しだ。
人類の戦争の歴史は「自衛戦争」を正当化することによって繰り返されてきた。
そして戦争の原因は恐怖であろう。
恐怖が戦争を引き起こすのだ。

恐怖こそがあらゆる暴力の原因であろう。
私たちはこの恐怖というものを理解し乗り越えない限り、
永遠に暴力を繰り返すことだろう。

そしてまたこの自我の本質的な性質である恐怖というもの理解しない限り、

わたしたちは自由を得られまい。

恐怖というものは自我が見る、ある意味幻覚であり妄想である。

実際にはどこにも恐怖というものは存在しないのだ。

わたしたちはそもそも恐怖から自由である。

そのことに気づいたとき私たちは本当に自由になれるのである。

 

 


試し読みできます

家族喧嘩

この一文をお読みの方は、

お前はいくつなんだとお笑いになるだろうが、

これが私の精神病であるから、

お笑いになるのはご自由だがどうかお許し戴きたい。



昨日両親と大喧嘩をした。

と言うよりも、

私に言わせれば母親にいじめられた。

いつもと同じパターンだ。

私と父親が言い合いをしているところへ母親が口をはさんで、

必ず父親の味方をして私が一方的に悪者にされるというパターン。

私は友達もいないから唯一の人間関係である家族の中で、

完全に孤立する。

つまりひきこもる。

とてもつらい。

お恥ずかしいが実際涙をたくさん流した。

しかし私は心身ともに弱いしカネもまったくないので、

家を出て行くわけにもいかない。

ひたすら自室にこもってひきこもって苦しみに身を任せるしかない。




もうしばらくすると早起きの父親が起きる時刻なので、

今度こそ「おふくろを黙らせろ」と言ってみるつもりだ。


実に子供っぽいのも分かっているし情けないがそうとでも言うしかない。

今後一切、父親と私が話しているときに母親に口を出させるなと。。




お恥ずかしいが、我が家はこんな家族である。







試し読みできます

今朝は午前3時にやけにリアルな夢というか悪夢にうなされて目覚めた。 やれやれ。例によってまた昔の夢か。 以下は夢ではなく事実だが、 大学の同期で同じサークルにいたt.kというはっきり名前まで覚えている女の子と20代に再会して、 友達付き合いをしていた。 実にさっぱりとした性格の子で、ひとりで外国旅行へ行くような変わった子だった。 私の病状がかなり悪化した時に入院先へお見舞いにも来てくれたし、 あるいは私が一人旅の帰り道、 彼女の家に立ち寄って彼女の母親にも会ったことがある。 上野公園の池でボートに乗ったりお茶の水の喫茶店で会ったこともあった。 確か歳は同じで、彼女は大学を卒業してもろくに就職もせず、 実に彼女らしい自由な生活を送っていた。 正直言って私は彼女に、何と言うか軽い恋心を抱いていたが、彼女には英国人の恋人がいたらしかった。 それでも彼女は私の話し相手になってくれていた。 遠い昔の話だ。 彼女のことだから今も独身でいるかもしれない。

読者登録

篠田 将巳 (shinodamasami)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について