目次
そして父は黙っていた
役立たず
東京に住む障害者にとっての震災
比較することが止んだ時ー無選択の気づき
人のためになりたいわけでも
尊厳
いま居るその場所に
「思考は私たちの問題を解決できるだろうか」J.クリシュナムルティ
正しい戦争?人道的な戦争?
みんなで飲みながらワイワイ騒ぐというワンパターン
親孝行
たぶん孤独で寂しいんだろうなあと想像してみた
TAO is silent.
そんなことは訊いていない
そして私はひきこもる
愛するとは忘れること
長所も短所もない、あるのは個性だけ
続「思考は私たちの問題を解決できるだろうか」
素直であるということ
変わり者
損得勘定
春が来れば草はひとりでに生える
「私はひとの心を耕している」~仏陀
出会い
「絶対に赦せない」と言う人々
哲学的随想
妹への手紙
人はこのようにだんだんと死へ向かってゆくのだろうと感じるこの頃
昔の日記「世界の終わり」1998年8月
1999年1月22日 「仮想幸福」
自立
伴侶がほしい
なんだか「やわな」自称ひきこもりが多い
私の「歴史」
明けない夜だってある
生きるということ
「いい時代」
情報を選ぶのではなく遮断する
村上春樹氏が語った日本人のこころの復興の基本的理念~バルセロナでのスピーチ
私には分からない~いわゆるゴシップ記事の人気
単なる欲張り
お前はnttの番号案内か?~税金の無駄遣いの典型
私はなぜ馬鹿になったか?(インターネットをやると?)
社会システムと自我~J.クリシュナムルティ「自我の終焉」
相対的価値から超価値へ
自らの愚かさと両親の「病気」
命名ということ
そしてあらゆる暴力の原因は恐怖である
家族喧嘩
虚勢を張る
そしてふた晩目に気付いたこと「自分は治療が必要な病人なのだ」
カネ
自分で考える時代
極論・暴論というより妄想に近いが~スイスのとった為替政策の意味するもの
極論・暴論というより妄想に近いが2~米ドルはすでに暴落した?
「病院はホテルじゃないのだから」ってどういう意味?~今日のたわごと
たとえば今の日本の放射線で死ぬ確率は高いか低いか??
「理解できない」ならなぜ理解しようとしないのか
当たり前であるということ
「神話」~ある役人の信じがたい発言
要するにオレが悪いんだろ?~被害妄想の日々
欲張りな人は不幸である
極論・暴論というより妄想に近いが3~資本主義の終わりとは。。。
男と女
彼あるいは彼女はなぜそんなに不寛容なのかを考える
ある友への書簡より
遠い昔の話
FEC自給圏やベーシックインカムの考え方はなぜいまひとつ広がらないのか?
nhkニュースより 中国 米国債を大量に手放す
真実は自我が死んだときに訪れる神からの贈り物
ユーロ危機は起こるか起こらないかの問題ではなくいつ起きるかの問題ー世界的な大混乱の時代
非原発派の私も、もうメディアによる「世論操作」には食傷
孤独あるいは孤立もしくは精神病
スイスに続け?日本も事実上の為替固定相場制へ?~日経新聞報道に思う
不断の気づき
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

26 / 78ページ

試し読みできます

「絶対に赦せない」と言う人々

ここ何年か記憶が定かでないが、
 
 
いや大昔からずっとそうだったのかもしれないが、

公の場で「絶対に赦せない」と発言する人が増えていると感じるのは気のせいだろうか?

それも同じ人が一方で愛や平和などを言う。

これはいったいどういうことか?

私の理解の範囲を超えている。

愛と赦すということが別のことだという「新しい」考え方だろうか。

最近その手の何かが流行っているのだろうか。

私は愛することはとても大事だと思っているし、

それはつまり赦すことだと理解しているのであるが。。。。。




試し読みできます

哲学的随想

暇であること、退屈であることはとても大事なことです。
ほとんどの人は、そういう時間があると「何かおもしろいこと」
探そうとするものです。何故なら、その方が楽だからです。
それは、自分をごまかすための安直な方法だからです。
そして実際、楽しくておもしろいことを見つけ、それに没頭し
夢中になり、「疑似幸福感」を味わい、再びそのことをしたい
欲望が芽生え、そのために努力します。本当の幸福を
発見することなど忘れて・・。
賢人はそういう一連の欺瞞(つまり自我の愚かさ)に気づき、
そして「私は誰か?」を追究することこそ、真の幸福に通じる
のではないか?と、感じ始めます。
「私は誰か?」。
暇で退屈でつまらない時間はそのためのチャンスだと思います。
クリシュナムルティは言っています。「思考は私たちの問題を
解決することができるだろうか?」
思考すなわち自我は本質的に愚かなメカニズムであり、その
外へ出ない限り、私たちは真の幸福を感じることはできないだろう、
というようなことをクリシュナムルティは言明します。
何故なら、彼はそのことを体験的に知っているからです。
何かを信じることは、逃避であり自己欺瞞です。
何も頼りにせず、「事の本質」を見抜いた人こそが、そういった
一連のことを、まさに知っているのであり、何かを信じることは
それとは全く関係のないことです。

                     
                       ♯


       出典は忘れましたが、以下のような話を読んだことがある。   

       ある朝、若い修行僧が師と一緒に朝食の席についていた。
       その若い修行僧は一晩中考え事をしていて、結局眠れなかった。
       そこで、その朝食の席で、自身の疑問を師にぶつけた。
       「人間は何のために生まれてきて、そしてどこからやって来て
       何処へいくのでしょうか?死後の世界はあるのでしょうか?
       真理とは何なのでしょうか?神は存在するのでしょうか?
       私はいったい何のために修行しているのでしょうか?
       宇宙とはなんなのでしょうか?
       救いはあるのでしょうか?」

       と、師はひとこと、「飯が冷えるぞ」。

       
                   ♯


         少し以前に、あるかなり有名ないわゆる「掲示板」に僕は、

         「何が男女平等だ!」と題して、要するにそういう内容の文章を

         載せた。

         反響はある意味で予想通り(と言っても絶対数がたったの3通の

         mailだが)。二人の比較的若い女性は、「そのとおり、よくぞ言ってくれた」

         という内容。あとの1通は若い男性の、「好意的なmailは来ないと思いますよ」

         ということだった。

         乱暴な言い方をすれば、改めてマスコミというのは本当に出鱈目なものだと感じた。  
             
試し読みできます

妹への手紙

あなたはたぶん、この手紙を読んでくれないでしょう。


まあいいです。


しかたないですね。




今回、あなたが家を出てゆくという決意を持っていると知り、



正直私はすごくショックでした。





これは信じてもらえないでしょうが、



たった一人の可愛い妹からそこまで嫌われていたと思ったらとてもつらかったからです。





確かに私は皆から嫌われている怖い男です。



でもね。



こう言うと、自己正当化していると思われるでしょうが、



私の「本」を読んでもらえれば書いてあるように、



誰でも長所も短所もないと思っています。



すべて個性なのです。



人の個性にいいも悪いもないのです。





たぶんこの「説」に、あなたは同意しないでしょう。



なぜならあなたは、たとえば私という男がどうしようもなく怖いことに変わりはないですもんね。





でもこれだけは理解してもらいたい。



私は「怖い」個性ゆえ、どこへ行っても皆から嫌われながら生きてきました。



そしてどうしようもない孤独感に苦しんでいます。



今までずっとそうだったし、今もそうです。



生きるのがとてもつらいです。





でも人間だれでもどこかしらで、そういったつらい思いを抱えながら生きているのではないでしょうか。





つまり、自分ではどうしようもない何かを抱えて。





偉そうなことを言って申し訳ありません。



でも私は今まで生きてきてそういうことを学びました。







最後に、あなたがどこでどのように生きるにせよ、



幸福であるよう祈ります。







試し読みできます

人はこのようにだんだんと死へ向かってゆくのだろうと感じるこの頃

いつの頃からか意識的にテレビをまったく観ないようになった。

もっぱらAMラジオを聞き流して過ごしている。

その方が健全であるように感じるからだ。

もちろんそれはある種の偏見かもしれない。

最近ではインターネットの新聞ニュースもほとんど避けている。

紙の新聞も読まない。

それでもラジオニュースとその解説などで、

世の中のひと通りの動きはつかめているように思う。

しかし、これは別にかまわないことだが、

歳のせいもあって、

若い芸能人のゴシップや名前や音楽などもほとんど知らない。

それで良しとしている。

別に少し前の流行り言葉「スローライフ」を意識しているつもりもないのだが、

結果的にはそのような暮らしぶりで、

自分では健全な暮らしだと思っている。



ただ、もう何か月も家から一歩も出ていないばかりか、

誰とも口を利いていないのは、

もちろんさすがに病気だと思っている。

しかし不思議と自分ではそれほど「おかしなこと」と感じない。

そこが病気なのかもしれない。



向精神薬は大量に規則的に飲んでいる。

そしてこうして、

誰が読むのか分らない文字は、

キーボードで打っている。



この状態はいったい何なのか?



病気は統合失調症なのだが、

逆に言うとそれしか分らない。

ただ老化現象は明らかに出ている。

まず深刻なのは歯である。

虫歯だらけで、治療もしないものだから、

日に日に歯は文字通りボロボロだ。

それに記憶障害。

これも深刻だ。

いつ何があったか覚えていないというのは、

人間にとって極めて深刻な状態である。

数えたらキリがないが、

とにかく運動不足は深刻であり、

常に疲労困憊であり、

動きたくても動けない。

もっと言えば生きているのかどうかさえ判然としない。

もしかしたら、

人はこのようにしてだんだんんと死に向かってゆくのだろうと思うこの頃である。





試し読みできます

昔の日記「世界の終わり」1998年8月

1998年8月16日
   そんなこと言ったって、世界なんていつ何処で終わるかわかんないじゃないか。

   だから、今のうちなんですよ。ほんとに。

   私なんて、世間的に見ればとっくに「世界の終わ」っちゃった男なんですから。まじで。

   だって、大学に入ったと思ったら、「精神病」になっちゃって、一応それでも2年間は通ったんです

   けどね。毎日、四谷まで・・・。

   その前に、1年代々木ゼミナールでまじめに受験勉強してね、やっと受かったのです。

   退学するときは、医者は「もったいないなぁ」って言ったんですけど、そんなこと言ったって

   しょうがないでしょうが。「ドロップアウト」っていうことですよ。

   私は、もったいなくも何にもなかった。「ドロップアウト」もくそもあるもんか、これからは「隠居」だぁ。

   と、完全に開き直ってたね。

   だって、和尚や、J.クリシュナムルティ読んで、瞑想して「鍛えた」からね。

   それでも恥ずかしいけど、「病気」には勝てず、自殺未遂やっちゃったなぁ。若かったんだね。20代の

   頃は。

   それでも、調子の良いときは独り旅、結構しました。鈍行列車で、行き当たりばったりでユースホステ    ルに泊まったりしてね。

   それから、あちこちの講演会とか見つけて、ひたすら「勉強」しましたよ。それで、自分の感じたことを

   文章にしたりしました。もちろん、いまだに未発表です。手紙も、やたらめったら書きまくりましたね。


   それにしても、「世界の終わり」は、いつ何処でやってくるんだろう?



  1998年8月19日

     実を言うと私は、世界の終わりはもうそこまで迫っているんじゃぁないかと感じるんですよ。

     もちろん、よく言われる「世紀末」だからとか、「環境問題」とか少年たちの信じられないよ

     うな「犯罪」、あるいは「問題行動」とか、そういうこともあるけど・・・。

     要するに、人は、自分が誰か?ということを忘れちまっててね、思考のメカニズムに

     ふりまわされて生きてるんだなぁ、これが。

     つまり、簡単に言うと、自分がどうしたら幸せになれるかってことを、忘れちまってるというか

     わからないんだね。その選択を間違えちゃってるっていうんですかねぇ。

     生活のために働いて、その貴重なお金を、やれパソコンだの(私も耳が痛いんですが)携帯

     電話だの、ギャンブルだのっていう風に使ってる。

     例えばそういった類の「欲望」とかに負けちゃって、結局、自己破産だの不良債権だの、

     あるいは「精神障害者」もずいぶん増えているみたいですね。少なくとも昔よりは。

      一度家庭を持って家も買って、ローンが何十年ってある人が、病気になって家族崩壊なんて

     いう例を、私はたくさん見て来ましたからねぇ。そりゃぁ、もう悲惨ですよ。

     そういう意味での「世界の終わり」になっちゃった人は、結構多いですよ。

     もしかしたら、あなたも他人事ではないかもしれませんよ。ホント。

     それにしても、本当に恐ろしい世の中になって来たと思うのは、悲観的すぎるでしょうか? 








読者登録

篠田 将巳 (shinodamasami)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について