目次
そして父は黙っていた
役立たず
東京に住む障害者にとっての震災
比較することが止んだ時ー無選択の気づき
人のためになりたいわけでも
尊厳
いま居るその場所に
「思考は私たちの問題を解決できるだろうか」J.クリシュナムルティ
正しい戦争?人道的な戦争?
みんなで飲みながらワイワイ騒ぐというワンパターン
親孝行
たぶん孤独で寂しいんだろうなあと想像してみた
TAO is silent.
そんなことは訊いていない
そして私はひきこもる
愛するとは忘れること
長所も短所もない、あるのは個性だけ
続「思考は私たちの問題を解決できるだろうか」
素直であるということ
変わり者
損得勘定
春が来れば草はひとりでに生える
「私はひとの心を耕している」~仏陀
出会い
「絶対に赦せない」と言う人々
哲学的随想
妹への手紙
人はこのようにだんだんと死へ向かってゆくのだろうと感じるこの頃
昔の日記「世界の終わり」1998年8月
1999年1月22日 「仮想幸福」
自立
伴侶がほしい
なんだか「やわな」自称ひきこもりが多い
私の「歴史」
明けない夜だってある
生きるということ
「いい時代」
情報を選ぶのではなく遮断する
村上春樹氏が語った日本人のこころの復興の基本的理念~バルセロナでのスピーチ
私には分からない~いわゆるゴシップ記事の人気
単なる欲張り
お前はnttの番号案内か?~税金の無駄遣いの典型
私はなぜ馬鹿になったか?(インターネットをやると?)
社会システムと自我~J.クリシュナムルティ「自我の終焉」
相対的価値から超価値へ
自らの愚かさと両親の「病気」
命名ということ
そしてあらゆる暴力の原因は恐怖である
家族喧嘩
虚勢を張る
そしてふた晩目に気付いたこと「自分は治療が必要な病人なのだ」
カネ
自分で考える時代
極論・暴論というより妄想に近いが~スイスのとった為替政策の意味するもの
極論・暴論というより妄想に近いが2~米ドルはすでに暴落した?
「病院はホテルじゃないのだから」ってどういう意味?~今日のたわごと
たとえば今の日本の放射線で死ぬ確率は高いか低いか??
「理解できない」ならなぜ理解しようとしないのか
当たり前であるということ
「神話」~ある役人の信じがたい発言
要するにオレが悪いんだろ?~被害妄想の日々
欲張りな人は不幸である
極論・暴論というより妄想に近いが3~資本主義の終わりとは。。。
男と女
彼あるいは彼女はなぜそんなに不寛容なのかを考える
ある友への書簡より
遠い昔の話
FEC自給圏やベーシックインカムの考え方はなぜいまひとつ広がらないのか?
nhkニュースより 中国 米国債を大量に手放す
真実は自我が死んだときに訪れる神からの贈り物
ユーロ危機は起こるか起こらないかの問題ではなくいつ起きるかの問題ー世界的な大混乱の時代
非原発派の私も、もうメディアによる「世論操作」には食傷
孤独あるいは孤立もしくは精神病
スイスに続け?日本も事実上の為替固定相場制へ?~日経新聞報道に思う
不断の気づき
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

20 / 78ページ

試し読みできます

素直であるということ

素直であるということと、

言いなりになるということはまったく違う。

次元の異なることだ。

素直とは、

あるがままを観察して、

いかなる思考による判断も排除することだ。

なぜなら、

クリシュナムルティも言うように、

「思考はわれわれの問題を解決でき」ないからである。

思考は限定的な極めて狭い世界にとどまり、

それに比して、

宇宙は広く果てしないからだ。

そして素直さは宇宙に属する。




試し読みできます

変わり者

別に格好をつける気はないのだが、

私は昔から変わっている人間だ。

自他ともに認めるところだ。

たとえば私は、

いわゆる成功というものに興味がない。

「おもちゃ」は買いたがるしいろいろ持っているが、

お金は欲しくはない。

特にお金を貯めたがる人の気が知れない。

お金というものは遣わなければ意味がないとは思うが必要以上に、

つまり貯めるために欲しいとは思わない。

別に悟っているわけではない。

人並み以上の馬鹿ものであると「自負」している。



そう。

私は自分が変わっている人間であることを自負している、世間並みに言えば馬鹿である。



自分で言っていれば世話はないだろう。





試し読みできます

損得勘定

「お前には貸しがあるからな」父

は唐突にそう言った。

私には何のことだか分らなかった。

父は常々言っていた。「人はカネでしか動かない」


しかし私自身は、決してカネでは動かない人を何人も知っている。

つまり「無償の愛」と言うべきものだ。

たとえば今回の震災の被災で無償で動いている人々はたくさんいる。


そして「人はカネでしか動かない」と言っている父にとっては、

愛さえもカネで買えるというわけだ。

愛すらも損得勘定というわけだ。

父は無償の愛というものを知らない。

要するに愛は無償であることを知っているかの問題だ。






自分にとって何が得で何が損かを計算しながら生きている人は愛を知らない不幸な人だ。




よく「あの時の恩返しだ」と言う人がいる。

それはたとえば「義理」という言葉で言い表される。

しかしそれは、真の意味での愛ではない。

愛は何の見返りも期待もしないし、また求めない。


何をきれいごとを言っているんだ、という方も多いかも知れない。

くりかえしになるが、そういう人は愛を知らないのだ。



ただ分かち合う。

それが愛というものではないだろうか。


愛する人は何の計算もしない。

損も得も義理すらも考えない。




計算づくで生きている人は愛を知らない人だ。




試し読みできます

春が来れば草はひとりでに生える

私がもう何十年も前から好きな言葉に「春が来れば草はひとりでに生える」というのがある。


もちろん、何かで読んだ知識だ。


それを私は先日まで、


つまり意味合いを、「草が生えれば春になる」と勘違いしていたことに気付いた。


たとえば、無欲になれば賢くなれるのではなく、


賢くなれば欲はひとりでに落ちるのだ。



ではどうすれば賢くなれるか?


それはもちろん「ひとりでに」なるのである。


そのことに気付くのに、なんと数十年もかかった。



このように、すべては「気付き」であり、


それは何かのふとした瞬間に「降りてくる」のであって、


たとえば知識を得たり考えたりする努力によってではないのである。






「無選択の気付き」-J.クリシュナムルティ



「あらゆる努力は必ず破たんするさだめにある」-osho









試し読みできます

「私はひとの心を耕している」~仏陀

仏陀が托鉢に歩いていると

土地を耕している農民が声をかけた

「あんたも自分で土地を耕したらどうだね?」

それに対し、仏陀はこう答えたと伝えられている。

「私はひとの心を耕している」








読者登録

篠田 将巳 (shinodamasami)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について