目次
喜んで損のできる人
そして父は黙っていた
役立たず
東京に住む障害者にとっての震災
比較することが止んだ時ー無選択の気づき
知ったこっちゃない
年功序列と自慢
少数意見と多数意見があったら
古代中国の偉大な文化・精神
人のためになりたいわけでも
そう、私たちはもう何処へも行けないのだ
尊厳
いま居るその場所に
「思考は私たちの問題を解決できるだろうか」J.クリシュナムルティ
正しい戦争?人道的な戦争?
みんなで飲みながらワイワイ騒ぐというワンパターン
7年も前の日記より~ある友人の死
「本が読めなくなっていた。2008年03月09日 」
親孝行
たぶん孤独で寂しいんだろうなあと想像してみた
TAO is silent.
そんなことは訊いていない
そして私はひきこもる
愛するとは忘れること
長所も短所もない、あるのは個性だけ
続「思考は私たちの問題を解決できるだろうか」
素直であるということ
変わり者
損得勘定
春が来れば草はひとりでに生える
「私はひとの心を耕している」~仏陀
出会い
「絶対に赦せない」と言う人々
戒律~oshoの講話より
哲学的随想
妹への手紙
人はこのようにだんだんと死へ向かってゆくのだろうと感じるこの頃
昔の日記「世界の終わり」1998年8月
1999年1月22日 「仮想幸福」
自立
伴侶がほしい
なんだか「やわな」自称ひきこもりが多い
私の「歴史」
明けない夜だってある
生きるということ
「いい時代」
情報を選ぶのではなく遮断する
村上春樹氏が語った日本人のこころの復興の基本的理念~バルセロナでのスピーチ
私には分からない~いわゆるゴシップ記事の人気
WiMAX,WiMAX。。。。。
プロバイダーとしての○フティの対応のひどさ
WiMAXはまったく使い物にならない。2時間ほどで解約。
単なる欲張り
お前はnttの番号案内か?~税金の無駄遣いの典型
私はなぜ馬鹿になったか?(インターネットをやると?)
社会システムと自我~J.クリシュナムルティ「自我の終焉」
相対的価値から超価値へ
自らの愚かさと両親の「病気」
命名ということ
そしてあらゆる暴力の原因は恐怖である
家族喧嘩
虚勢を張る
そしてふた晩目に気付いたこと「自分は治療が必要な病人なのだ」
カネ
自分で考える時代
極論・暴論というより妄想に近いが~スイスのとった為替政策の意味するもの
極論・暴論というより妄想に近いが2~米ドルはすでに暴落した?
「病院はホテルじゃないのだから」ってどういう意味?~今日のたわごと
たとえば今の日本の放射線で死ぬ確率は高いか低いか??
「理解できない」ならなぜ理解しようとしないのか
当たり前であるということ
「神話」~ある役人の信じがたい発言
要するにオレが悪いんだろ?~被害妄想の日々
欲張りな人は不幸である
極論・暴論というより妄想に近いが3~資本主義の終わりとは。。。
男と女
彼あるいは彼女はなぜそんなに不寛容なのかを考える
ある友への書簡より
遠い昔の話
FEC自給圏やベーシックインカムの考え方はなぜいまひとつ広がらないのか?
nhkニュースより 中国 米国債を大量に手放す
真実は自我が死んだときに訪れる神からの贈り物
ユーロ危機は起こるか起こらないかの問題ではなくいつ起きるかの問題ー世界的な大混乱の時代
非原発派の私も、もうメディアによる「世論操作」には食傷
孤独あるいは孤立もしくは精神病
スイスに続け?日本も事実上の為替固定相場制へ?~日経新聞報道に思う
ルーターをやめてハブにしたら回線速度が約20倍に速くなった!?
とは言うものの、やはり有線専用の新しいルーターを買うことに
不断の気づき
自己愛すなわち自己肯定してこそ
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

7 / 93ページ

試し読みできます

年功序列と自慢

私は、


必ずしも年功序列を否定しないが、


自らの人生経験の豊富さを自慢するほど


みっともないものはない。


試し読みできます

少数意見と多数意見があったら

少数意見と多数意見があったら、

少数意見の方が健全なことが多い。


試し読みできます

古代中国の偉大な文化・精神

日本が
第2次世界大戦などにおいて行った
中国などに対する事を無視する訳には行かないが、
それにしても我々日本人は
古来から
中国から非常に多くの、そして大きな文化・精神を学んで来た。
注意しなくてはいけないのは、
「中国」と言っても、
特に最近では、
中国政府と中国国民とは分けて捉えるべきと私は思う。
もちろん今だって、
中国政府ではなく中国人自身は
そういった大きな知恵や文化を持っているものと想像される。
主にそれは、
ひと口で言えば寛大で鷹揚(おうよう)な人間の大きな知恵であり精神である。
私も昔、
インドあるいは更に西方から伝わったと言われる
仏教や老荘思想、孔子らの文化に触れて来たし、
多くのそして大きなことを学んだし、
大げさに言えば、
日本の文化・精神は中国のそれを抜きには考えられないくらいである。
もちろん日本古来の、
神道などの文化・精神も大きいが、
それらが合わさって日本人のこころもあることは否定できない。
現在、報道などで伝わる中国の「反日」などの動きばかりが強調されるが、
中国人の多くは
寛大さ鷹揚さに代表される古来からの大きなこころは決して忘れてはいないと想像される。





試し読みできます

人のためになりたいわけでも

人のためになりたいわけでもなければ

自分の利益のためにやっているわけでもない。

私はただ、

やりたいことをやっているだけだ。



試し読みできます

そう、私たちはもう何処へも行けないのだ

村上春樹氏の小説作品「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」の中で、「図書館の女

    の子」が、叫ぶように言う。「あなたにはわからないの?ここは世界の終わりで、私たちはもう

    何処へも行けないのよ」(原文と違っていたらご容赦いただきたい)と。

    もちろん、それはフィクションだが、真理を示唆している。

    そう、私たちはもう何処へも行けないのだ。

    たとえ世界一周の旅をして、あらゆる体験をしたところで、所詮「ブッダ」の手の平の上を

    彷徨っていただけ・・・。

    自分はなにかになれるとか、夢を実現させるんだとか・・・・。

    人は成長するにつれ、そんなことを思うのには余りにも疲れてゆく。

    「お前は諦め主義だ」と大人を非難するのは、若いというよりまだ未熟な少年のすることだ。

    「すべては幻想にすぎない。あなたがたは眠りこけている。あなたがたの夢を覚ませて、

     正気に戻すのが私の仕事だ」というようなことを、「ブッダ」たちは言う。

     そういったメッセージをどう理解するかは、もちろん私たちにかかっている。

 

 

 

 

 

 



読者登録

篠田 將巳(shinodamasami)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について