twitterとfacebookアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格500円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 恋愛 , エッセイ・インタビュー 作者 宮本辰彦
価格 500円(税込)
タグ 恋愛幸せ男と女人生論生き方幸福男女結婚
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

168 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 51ページ (Web閲覧)
113ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
アラサー、アラフォー、アラフィフ。
時代が変わっても悩みは一緒。
パートナーとの付き合い方、見つけ方、
恋愛、結婚、さらに非婚という選択も…。
新しい時代にふさわしい、
女も男もパートナーの愛し方がわかれば幸せになれる!

今、男と女の関係が揺らいでいます。
若者たちだけではなく、大人たちの貞操観念も昔とはずいぶんと変わりました。
結婚率は下がり、非婚を選ぶ人たちも増えてきました。
このような時代にあっては、従来の男女観や結婚観では対応しきれません。
時代にふさわしい新しい価値観が必要です。
それを「愛」という根本的なテーマから探ってゆきます。

コメント一覧

この本は、様々な人間関係を良くするための、いわば理想論ともいえる内容ですね。実際に、ここまで徹底して相手に、あるいは自分に対して向かい合える人は少ないのではないでしょうか。 だけれども、逆に言えば、この本が示すような考え方や行動に意識を向ければ、また自分自身や相手も変わっていくだろうな、ということぐらいは見当がつきますね。 著書は、こういった人に対する心理を上手く捉えていて、普段、私たちが疑問に思いながら無視し続けている思考を探り出し、まるで絡まった糸を端から綺麗に解いていくような感覚にもなったりします。 そういった意味では、理想論といえども全くの心理をついているのかもしれません。 著者が書いているように、我々人間はまだまだ未完成なままで、創造力を持って運命を切り開いていくという考え方は、なるほどと感心しました。 多くの方が読まれるといいなと思います。
yorozuyoshi : 2011-07-22 19:09:14

facebook コメント一覧