閉じる


試し読みできます

7月1日のおはなし「わけわかんないわけ」

 だから何?ってあたしは思うわけ。それが決まらなきゃ世界人類が滅亡するわけ? 地球が割れちゃうわけ? どうしてそういうことでさ、ガンガンプレッシャーかけてくるのかなあ。結婚なんかするんじゃなかったって思っちゃうわけよ。どうだっていいじゃない。ほんとにさ。 

 あたしはあの部屋が好き。いまのままで好き。狭いけどお日様はよく入るし、キッチンの高さはあたしにぴったりだし。コンロは3つついているし。トイレに棚が付いているのも本が置けてすごくいいし。玄関を入ってからちょっとヘンな風に廊下が曲がっているのもなんだか個性的でいいし。エレベーターはないけど、そういう不便なのも好きだし。窓は大きいし。まあ窓が大きいから問題なんだけどさ。でもいいじゃない。お日様が出たら起きて、日が暮れたら暗くして寝ればいいんだから。だいたいさ、女のあたしが誰がのぞこうが全然気にならないのにどうして男がいちいちそんなこと気にするわけ? わけわかんないわけ。 

 って、なんかあたしワケワケ言ってる。これ口癖かな。まあいいか。口癖なら口癖でさ。ずーっとこんな感じでやってきたんだからさ。いまさら変わらないわけ。しおらしくなったり恥じらったりしてほしい気持ちもわかるけどさ。そういうの、「とってつけた」っていうか、長続きするわけもないしさ。 

 だからさ、いいじゃん別に。なけりゃないでいい感じなんだからさ。別に今日決めなくたってさ。無理やり決めたってすぐ気に入らなくなるんだからさ。ねえだからいいじゃない。カーテンなしでも。あたしは平気だよ。 

 何色がいい? とか無地が好き? とかどんな柄ならいいの? とか聞かれても答えられないわけ。見つかれば見つかるし、なければないの。理論や理屈で出てくるもんじゃないの。わかんないかなあ。バカだよね男って。 

(「カーテン」ordered by yasu-san/text by TAKASHINA, Tsunehiro a.k.a.hiro)

試し読みできます

Sudden Fiction Projectって何?


2005年の12月初め。ふと思い立って、人からお題をいただいて(お代はいただかず)、超短編作品を贈る、ということを始めました。落語に三題噺というのがあります。お客さんからもらった三つのお題をひとつずつ登場させるお話を即興でつくるというものです。SFPは、言ってみれば「一題噺」とお考えください。

さて。12月1日にお題を募集したところ、その日(その夜)のうちに「カーテン」「リモコン」「駅のホーム」「鈴木さん」というお題をいただき、翌日からさっそく1日1篇ペースを目指してせっせと書き続け、翌年の4月までかけて最初の100篇あまりを書きました。これが第1期。

以後、ペースこそ落としましたが、折々に「よし、そろそろSFPをやるか!」という感じで、少しずつ書き貯めて、気がついたら300を10篇あまり超えていました。2011年7月1日から1日1篇ずつ、全作品に新たに手を加え、最新版としながら公開を開始。これは2012年6月30日まで続き全366作品をアップしました。こうして全人類が自分の誕生日のマイ・サドン・フィクションを手に入れたわけです。

これら366の作品はクリエイティブ・コモンズに準じるので、元作品のクレジットをきちんと表記していただければ、転載や朗読などの上演、劇団の稽古場でのテキスト、舞台化や映像化などにも自由にご活用ください。あと、コメント欄で結構ですので、使用時には一声おかけください。

クレジットとしては、パブーのどの作品とクレジットしていただくのが最も簡単ですが、もしもテキストをコピーしたりする場合には、文末にある次のようなクレジットまで、必ず表示してください。

(「(お題)」ordered by (出題者名)-san/text by TAKASHINA, Tsunehiro a.k.a.hiro)

また、朗読や上演などに際して、テキストを改編して利用する場合は、上記のクレジット作品を改変した旨を書き添えてください。もっと詳細な内容についてはクリエイティブ・コモンズのサイトの、次のページをご覧ください。


全作品無料で公開しますが、このプロジェクト自体は1000篇めざして今後も続けたいので、コメントいただいたり、人にギフトとして紹介していただいたりなどの応援を歓迎します。応援のカタチの一つとして「おひねり」も歓迎です。そのために有料の設定にしていますが、全ページ「試し読み」状態です。気に入っていただけたらぜひ投げ銭気分でご購入ください。

試し読みできます

奥付



わけわかんないわけ[SFP0001]


http://p.booklog.jp/book/29102


著者 : hirotakashina
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/hirotakashina/profile


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/29102

ブクログのパブー本棚へ入れる
http://booklog.jp/puboo/book/29102

公開中のSudden Fiction Project作品一覧
http://p.booklog.jp/users/hirotakashina



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社paperboy&co.



この本の内容は以上です。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格50円(税込)

読者登録

hirotakashinaさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について