閉じる


試し読みできます

イタリア銅版画

 フィレンツェの金工家達がデザインを記録、保存するために考案された転写技法がイタリア銅版画、凹版画の起源とされています。現在でも金工の職人達の工房やスタンぺリーアが軒を連ね、時と共に発達した驚くべき技術が受け継がれています。イタリア銅版画とは言っても、この本で紹介する技法はイタリア式をベースにしつつ日本の技術も取り入れた、いいとこどりの技法書です。実際フィレンツェの工房でも日本の道具や和紙は高級品として利用されています。それに伴った日本の技術もすでに定着しているのです。特に新しい物好きで、親日家の多いイタリア人達は日本の技術だけではなく世界中の良い物を貪欲に取り入れ、発達させてきたのです。

試し読みできます

プンタセッカ 

 プンタは<針>、セッカは<乾いた>の意味。 ドライポイントである。腐食液を使用しないのでドライと言う訳だ。主にニードルを使用するので、線を描く技法なのだが、エッチングの線とは全く違う質になる。線のにじみ効果がプンタセッカ最大の特長だ。
 実際にやる仕事は、ニードルで版を引っ掻いて絵を描く。ただそれだけである。筆圧の強弱が直接作品に反映されるのがまた面白い。エッチングとは違い、線の両側に銅のまくれができて、摺りの際にインクが絡み付き、にじみ効果が生まれる。筆圧が強ければそれだけ溝は深く、まくれも大きくなり、太くにじんだ線が出来る訳だ。エッチングやその他の技法の補助的な仕事にも使える。少し調子が欲しいときは、直接版に軽く点を打ったりハッチングしたり出来るので微調整にとても便利である。しかしドライポイントで製版した部分は腐食技法よりもかなり耐久性が低いので気をつけたい。
 ドライポイント系の技法でルーレットという道具を使えば版面に無数の点を打つことが出来る。点の密度によってトーンや調子を作り出すのだ。この道具はアクアチントの微調整にも使えて大変便利である。目の大きさや密度によってたくさん種類があるが、はじめは中目のもの一本あればよい。必要に応じて粗目、細目を揃えよう。


        

試し読みできます

ニードル punta

 左から、ニードル丸、ニードルだ円、ニードル平、ドライポイント用ツイストニードル、ドライポイント用木柄ニードル、スクライパー(超硬チップ)、ダイヤモンドポイント。

試し読みできます

メノウへら pietra d'agata

 版の凹凸を潰し磨く道具。バニシャーとほぼ同じ用途であるが、メノウのほうが使い心地はなめらかで光沢を出しやすい。
版画用具として、日本ではあまり一般的ではないようだが、金属工芸の道具として売っている。


試し読みできます

チェンチョ デッラ ノンナ cencio della nonna

 cencio della nonna おばあちゃんのぼろ布と言う意味。インクの拭き取りが終わった後版上にのせて小刻みにゆらすと、凹部のインクが引き出される。特にドライポイント、メゾチント、アクアチントの版の摺りにはとても有効である。黒の強さ、豊かさが全く違うのでぜひ利用してほしい。
 素材は薬局で売っているガーゼをよく揉んで毛羽立たせたもの。使い込んで汚れたぐらいが最も良い。


読者登録

光平伴治さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について