閉じる


試し読みできます

その1 おじいちゃんとぼく

 ぼくは、学校が終わるとおじいちゃん家に行く。おじいちゃんは、あまりしゃべらない。ぼくも、だまっている。おじいちゃんは、じーと梅干しを見つめながら、ちびりちびりとお茶を飲んでいる。ぼくは、そんなおじいちゃんを見ながら、オレンジジュースをちょびちょびっと飲む。ママの仕事が終わって迎えに来るまでの間、そうやって二人で過ごしている。

 ママの話だとおじいちゃんは、とてもおしゃべりで面白い人だという。どこが? と、ぼくは、思っている。だって、電話が来たっておじいちゃんは、何もしゃべらずに、ただただ受話器を耳に当てているだけだ。

 でも、一人で留守番するよりも、まだ、おじいちゃんといたほうがいい。少しは、寂しくないから。

 おじいちゃんの住んでいる街に引っ越してきて、1か月が経った。新しい大きな家に、パパとママとぼくとで、住むことになったのだ。パパの会社からも近い。ぼくは、学校を変わることになった。友達とお別れするのは、つらかったけど、ぼくだけ引っ越さず、前の街に住み続けるわけにもいかない。しかたなく、引っ越してきた。

引っ越しをしてすぐにママは、スーパーでお惣菜売り場のパートを始めた。新しい街だから、この街に慣れるまでは、一人で留守番も無理だろうと、ぼくはおじいちゃんのところで過ごすように言われたのだ。

おじいちゃん家の時計が、ぽっぽっぽと5回鳴くとママが、迎えに来る時間になる。ママは、おじいちゃんに、スーパーで作っているお惣菜を渡し、ぼくを連れて家に帰る。

「また、明日もよろしくお願いします」
 おじいちゃんにママが、そう言っても、おじいちゃんは、こくりとうなずくだけだ。

「ほら、翔太も、おじいちゃんに、きちんとあいさつしなさい」
 ぼくは、気乗りがしないまま、「さようなら」
とぼそっと言うと、かすかにおじいちゃんの口が動く。

「あぁ」

すかさずママが、「お礼もちゃんと言いなさい」
ぼくがお礼を言っても、おじいちゃんは、やっぱり同じ。「あぁ」と言うだけ。
 
玄関を出て、振り向くとおじいちゃんは、ぼんやりとした顔で立っていた。
 
どうせおじいちゃんは、こんな人なのだろう。ぼくは半分、あきれてしまった。
 
 

試し読みできます

その2 帰り道には

「おじいちゃんと仲良くなれた?」
 帰り道、ママは、いつもぼくにそう聞く。
「今日も、にらめっこしてたよ」
「そっか。でも、あせることは、ないから」

 家までの坂道を登りながら、自分に言い聞かせるようにママが言う。夕方の太陽がママとぼくの顔を照らす。
「おじいちゃんは、コップ一杯のお茶を飲むのに、今日は、120回口をつけてすすっていたよ」
「ふーん」
ママは、ぼくの話も上の空で、違うことを考えているみたいだ。
 
 
 
 

試し読みできます

その3 おじいちゃんが やっぱり心配

 おばあちゃんが、遠い国に行ってしまったのは、半年前のことだ。それは、あまりに突然の出来事だったそうだ。もともと心臓が弱かったけれど、薬を飲み飲み、なんとかやり過ごしていた。近所の人たちと立ち話をしているときに、かくんとなってそのままだったらしい。回りの人たちは、心の準備も何もできていなかったという。

 電話が急に入り、おばあちゃんのことを聞かされたとき、ぼくは思わず、「えー」と声をあげてしまいそうになった。ずっと、おばあちゃんはいないのだと聞かされていたからだ。おじいちゃんさえ、いないと聞いていた。

 詳しいことは、知らないけれど、パパとママは、結婚を反対されて、お互いの家を飛び出して結婚したそうだ。ずっと長い間、パパは家に帰れなかったのだそうだ。それで今までずっと、田舎は無いと聞かされてきた。

 ママの田舎は、本当に無いのだけれど、パパには田舎があったのだ。その話をおばあちゃんのお葬式の時に、おじいちゃんの弟さんに聞いた。もちろんその弟さんにも初めて会った。ぼくは、今までいないからとあきらめていた田舎が、急に出来て最初は驚いたけど、そのうちに、うれしくて、うれしくてたまらなくなった。

 お葬式でおじいちゃんは、魂が抜けたように、ぼけーっとしていた。おじいちゃんは、ぼけちゃったんじゃないかと、回りの人たちが、心配していた。おばあちゃんの写真を見つめ続けて、ぶつぶつと独り言をいってみたりしたからだ。

「親父を一人には、させておけないな」
 パパが、そうつぶやいていた。
 
 
 
 

試し読みできます

その4 ホントかな??

 おじいちゃん家に通うようになってから、パパがしきりにおじいちゃんのことをぼくに聞いてくるようになった。ぼくは、うそをつかないで、正直にそのままの話をした。
「そうか。梅干しを見つめているのか」
 パパは、泣きそうな顔をした。

「おじいちゃんにどうして梅干しを見つめているのか、聞いてごらん。きっといい話が聞けるから」
 ぼくには、意味がよくわからなかった。でも、いつまでもおじいちゃんとお見合いばかりしていてもつまらないので、次の日に、聞いてみることにした。
 
 
 
 
 
 

試し読みできます

その5 梅干しの理由

 今日も、おじいちゃんは、梅干し見つめて、お茶をすすっている。話しかけにくいな。でも、思い切って声をかけてみた。
「おじいちゃんは、どうして、梅干しを見て、お茶を飲むの? 食べながら飲めばいいのに」
 おじいちゃんは、ささやくような声で、
「ばあさんが、いなくなるからだ」
と答えた。

 ますますぼくには、わからなくなった。おばあちゃんが、梅干しのはずはないし。
「おばあちゃんは、人間だよ。梅干しじゃないよ」
 ぼくの問いにおじいちゃんは、言葉をかみしめるように答えた。
「そうだな。ばあさんは、梅干しじゃないな」
 おじいちゃんは、お茶をちょっぴり口に含んで、
「言葉は、正しく使わんとな。食べてしまうとばあさんが、作った梅干しがなくなってしまうからだよ」
 おじいちゃんの長いセリフを初めて聞いたので、ぼくは思わず、
「おじいちゃんが、しゃべった」とびっくりしてしまった。

「そりゃ、しゃべるわ」
 おじいちゃんは、それからせきを切ったかのように、しゃべり始めた。
「梅干しを見ると、すっぱーいものが、こみ上げてくるから、それで、お茶をごくり。そうすれば、このばあさんの梅干しが、なくなることなく、ずぅーと楽しめる。わしも考えたんじゃ。頭いいだろうが」
 あまりの勢いに今度は、ぼくがだまりこくってしまった。

 「いやー。だまっているのは、やっぱりどうも性に合わん。人間は、しゃべらんとな」
 それから、いつものように時計が、5回鳴るまで、おじいちゃんがしゃべり続けた。梅干しについて、作り方から、味の違いなど、これがいつものおじいちゃんかと思うくらいにしゃべっていた。
 
 でも、ママが来て、帰るときになると、また、しゃべらなくなってしまった。
 玄関を抜けてぼくは、ママにおじいちゃんとおしゃべりをした話をした。
「まだ、許してくれないのかな?」
 坂の途中で、ママが悲しそうに言った。ぼくは、何も言えなかった。
 
 
 
 

試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格350円(税込)

読者登録

佐藤祐実さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について