twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 , SF 作者 ケイコモリ
価格 無料
タグ 青春純文学ファンタジーSF幻想寓話ロック廃墟近未来世界の終わり小説無料
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

427 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 15ページ (Web閲覧)
69ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
【青春、幻想、純文学】地の果てにある貧しい町・末端区にとつじょ現れた未確認生命体のテテは、ギター弾きの少女・イツキを消滅させた。そして町は蝕陽炎(むしばかげろう)と呼ばれる死の霧に飲み込まれてゆく…。彼女に思いを寄せた、バンド仲間のトキとヨーイチが、街を襲った未曾有の危機に立ち上がる。

----------------------------

このたびは、お目に止めていただき、ありがとうございます。

この物語は、最初に読んでくれた友人の言葉を借りますと、
「純文学作家さんの書くSFや、寓話的なファンタジーに近い」のだそうです。

ガチガチのファンタジーでも、ガチガチの純文学でもない、
中間を漂うような作品ではございますが、一生懸命、書きました。

ページ数はパブーのシステム上15ページとなっていますが、
実際には400字詰め原稿用紙で157枚程度。薄めの文庫本一冊くらいのボリュームです。
電子書籍としては長編ですが、電車の中で読んでも疲れないような、
読み進めやすさを心がけたつもりでございます。

ぜひ、お気軽に手にとっていただけたら幸いです。

この物語がお気に召すことを、心よりお祈り申し上げます。

コメント一覧

>M☆A☆S☆H(大田正之)さん この度はお読みいただき、また、書評を寄せてくださり、ありがとうございます。物語とイラストに対するご意見もさることながら、引用下さった文章は、個人的にも思い入れがあるものでしたので、とても嬉しいです。この物語に関しては、ご指摘の通り、あえて科学考証を省きました。本格的なSFはまた別の機会に書いてみたいと思っています。 今後もイラストを織り交ぜながら真摯に作品づくりに励むつもりですので、引き続きよろしくお願いします。
ケイコモリ : 2013-07-02 21:36:03

続き)三連投ですみません^^; 最後に、「Soliton」で気に入った描写を引用して、書評を締めたいと思います。「Soliton」は長文大作ですが、よく読むと詩的な描写がところどころに潜んでいます。一読した後にお気に入りの詩を探す感覚で再読するのもいいかもしれませんね♪ …お気に入り引用1「そう言って彼女は、ココアをかき混ぜたスプーンを曲げようと必死に指でさすり出した」 …お気に入り引用2「僕は墓地の芝生の上に寝ころんで、じっと涙が止まるのを待っていた。空を見上げていると、伝書鳩が飛んでいた」 ・・・ケイコモリさんのこれからの活躍、蔭ながら応援いたします♪

続き)そして「Soliton」を読もうとした一番のきっかけは、高品質の表紙と挿絵にあります。他作品の「Everlasting happiness」と比べて、どちらを先に読もうか迷ったのですが、決め手は「Soliton」の冒頭にあるロックバンドのイラストでした。ライトノベル的なテイストですが、そんなにも萌え系でなくシャープなテイストだったのが決め手になりました。伝書鳩付きのマップもかわいかった♪ 導線は大事です。電子書籍はインディーズで参戦している方々もいるので、なかなかプロ顔負けのイラストを用意するのは難しいですが、写真でもいいし、フリーフォントで表紙を工夫してみるのもいい。そんな自分らしさを率先しているのがケイコモリさんの装丁だと思いました(続く

ケイコモリさんの電子書籍小説「Soliton」を改めて書評したいと思います。実は既にツイッターで簡単に書評しているのですが、改めて。…ケイコモリさん自らが「エンターテイメントと純文学の合間に揺れる物語」と提言しているように、「Soliton」も、「蝕蜉蝣」「テテ」というSF的ガジェットが登場しながらも、科学考証を保留にした状態で物語は進みます。その描写は瑞々しく、詩的でもあります。しかしながら、きつい言葉で言えば本格SFとしては物足りなく、純文学としてみればSF的ガジェットに頼りきっている弱さが伺えますが、敢えてその状態を保ち続けているのがケイコモリさんの姿勢なのかなと、今は改めて思っている次第です(続く

>アイスさん こちらこそ、このたびは最後までお読みいただき、ありがとうございます。そのように言っていただけて、ものすごく嬉しいです。 次回作も近々公開しようと思っておりますので、その際また、お手にとっていただけたら嬉しいです。今後ともよろしくお願いします。
ケイコモリ : 2012-11-22 21:34:57

すっごくおもしろくて、仕事中も早く読みたいなぁとばかり思っていました(*^^*) 電子書籍で無料で出版するにはもったいないくらいのハイクオリティで、本当に楽しませていただきました。 ありがとうございました。
アイス : 2012-11-21 12:53:16

>kidalさん この度はありがとう御座います。ご多忙な中にも関わらず、リリースから2日で読んで下さったんですね。。。 また、アドバイス頂けるというのも、大変嬉しいです。ぜひお手すきな際に聞かせて下さい。次回作に繋げたいと思います。 この度は本当にありがとう御座いました。
ケイコモリ : 2011-07-12 09:22:17

>7th-mondayさん この度はありがとう御座います。世界観を気に入って頂けたとのこと、とても嬉しいです。今後ともよろしくお願いします。
ケイコモリ : 2011-07-12 09:19:54

勉強の合間に読んで、今読み終わりました。ケイコモリの世界の一端を垣間見させていただきました。まず、自分の世界をとりあえず一つの作品にしたことを褒め称えたい!そして、色々な意味で可能性を感じる作品。貴殿に求められたときに、辛口でも甘口でも必要なアドバイスさせて頂きたいと思います。(M.K)
kidal : 2011-07-12 05:41:23

なんかすごくすきな世界観でした。テテ怖いです…。
7th-monday : 2011-07-11 21:16:52

facebook コメント一覧