閉じる


試し読みできます

この本について

この本のテーマは「偏食」です。 とても偏食な自分のエピソードや経験、困ったことなどの他に、偏食についての理論的な見解や解析なども解説していきます。 野菜と魚介類の9割を食べることができない、同じ料理でも調味料や味付けが変わるだけでたちまち食べる事のできない物体に変わってしまう、スープ類は飲むことができない。 3つ挙げただけでも驚愕な自分の偏食人生を文字に起こしました。

なぜ私はこの本を随筆したのか。
それは、とても単純な理由です。

偏食の実態を知って欲しい。

こうして欲しい、こうすればいいという事を伝えたいわけではないです。
事実を連ねていき、偏食の人の実態を知ってほしい。知識があるというだけで、偏食の人との付き合い方がスムーズになるはずです。
そこから少し付き合い方を変えてみたり、やはり自分ではどうにもできないと思うことにもなるかもしれないし、そのままでも大丈夫なんだと安心したりすると思います。
その問題は偏食の相手、もしくは自分自身によって様々です。
ですが、どの問題でも、偏食について知ることが重要なのは揺るぎない共通点です。

偏食について色々調べるまで、自分ほど度合いの高い偏食で悩んでいる人はいないだろうと思っていました。 しかし、一度Webで検索をしてみるとどうでしょう。 なんと、同じ度合いの偏食で悩んでいる人が子供から大人まで結構な数が存在しているのです。

だけど、それでも度合いの高い偏食、「ド偏食」な人が少ないことは変わらず。

私は小さいころから、それはもう幼稚園で元気に走り回っている頃からド偏食です。 むしろ、今の方が食べられる物の種類は増えています。 そんな年端もいかない頃から、「周りの人はおいしそうに給食を食べているのに私は食べられない」という疎外感に悩まされていました。

自分は偏食で、食事の時に浮いてしまう。 家族や友達に偏食な人がいる。 といった事に当てはまる人には、是非読んでもらいたいです。

試し読みできます

偏食者の為の言い逃れ講座

皆で食事中、偏食者がどうしても避けなければならないシチュエーションというのは多いです。
なので、このページではタイトル通りシチュエーション別に対処法を書いていきましょう。



ケース1. 「これまじでうまいから!おまえも食ってみ!」
定番ですね(笑) 「あ、それあんま好きじゃないです」と最初に素直に言ってみるのがいいと思います。 それでも言い寄ってくる空気の読めない野郎でしたら「実はお前のことも嫌いなんだ」ぐらいの勢いで。 いえ、なんでもありません。

ケース2. 「◯◯さん偏食なんだっけ?このお店大丈夫?」
この質問は人数によりますね。 大人数なら大丈夫じゃなくても「大丈夫」と言うべきです。 わざわざ一人のために他の店に行くなんて迷惑以外の何者でもないです。 中に入ったら飲み物だけ頼めばいいのです。 そこで心配されないコツとしては、なるべくその店でオススメされている飲み物を頼み、絶賛したり評価することですね。 「ここのこのドリンクおいしいって聞いたから楽しみだったんだ!」と元気よく言えば誰も心配しないと思います。
逆に、少数ならちゃんと言うべきです。 その場しのぎで「大丈夫」なんていうとあとで困ります。 やっぱり少数だと目立ちますからね、自分だけ食べてないのは。 その時、自分からお店を提案するのが一番いいと思います。 最初に行く予定だったお店と同じような値段のお店を選ぶといいでしょう。 私はシャイなのであまり実践できてませんが…。

ケース3. 頼んだ物に食べられない物が少し入っていた
そのまま我慢して食べてしまうのも手ですが、友達によっては「食べない?」と聞くと喜んで食べてくれる人も多いです。 初めての人に使うと気持ち悪がられるかもしれませんが、食事に手をつける前なら大丈夫だと思います。 むしろ、そこから会話を初めて見るのもいいかもしれません。 最初に「実は俺偏食でさ~」とつけると後々便利です。 私の周りの友達は私のお零れを狙っている人も多いです。 私が「これ食べれないけど食べる?」と聞くと「(わたし)と食事に行くとこれをがあるからうれしい」って言われたこともあります。 なぜかしてやられた感がします。

ケース4. うっかり嫌いな物を口にしてしまって吐きそう
吐いたら世界が終わるぐらいの勢いで踏ん張りましょう。 吐いたら色々な意味で終わります。 死ぬ気で臨もう!

ケース5. 「今日◯◯の家で鍋しようぜ!」 いや、鍋とか無理なんですが
強制で発生するイベントですね。 これは強敵です。 なんせ、お店ではないので他に頼む物がないんですから。 このシチュエーションの場合は大抵が見知った友達なので、素直に「俺食えねーから!無理だから!酒だけ飲んでるから!」と開き直っちゃいます(笑) 現場についたらさっさと酔いつぶれちゃいましょう。 下戸の場合はおもむろに読書などを初めてフリーな自分を演出しましょう。 とにかく、気を使わせない事が課題です。


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格20円(税込)

読者登録

Kyouさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について