閉じる


<<最初から読む

5 / 7ページ

試し読みできます

壮大なごみ捨ての物語

はい、タイトルはふざけましたがこの作品は私が映画好きになったきっかけのような作品でもあります。

その作品とはJRRトールキンの映像化不可能と言われた大作ハイ・ファンタジー「指輪物語」をピーター・ジャクソン監督が見事に映像化した作品「ロード・オブ・ザ・リング」です!

あらすじ

中つ国は、指輪の力をふるう冥王サウロンの手に落ちていった。激しい戦火の中 勇気ある者たちがサウロンの支配に次々と立ち向かい、ひとりの勇者、イシルドゥアがサウロンの指を切り落とすことに成功した。サウロンが敗れたのだ。しかしイシルドゥアは指輪を破壊せず自らのものとし、悪を永久に滅ぼす唯一の機会を失った。そして指輪はイシルドゥアを裏切り、死に追いやる。

それから時が経ち中つ国第3紀。ホビット庄は、ビルボ・バギンズの111歳の誕生日を祝うために大騒ぎだった。ビルボの旧友、魔法使いガンダルフも訪れ、2人は久し振りの再会を喜んだ。ところがこの日を境に旅に出ることを決心していたビルボは、皆の前で誕生日のスピーチをするも、「今日でお別れです」とポケットに入れていた不思議な指輪をはめ、突然姿を消してしまった。その後ビルボはその不思議な指輪を甥のフロドに託し旅に出る。 
この指輪こそが冥王サウロンの指輪だったのだ。サウロンの魂は指輪とともに生き残り、全世界を再び闇の支配下に置くため、指輪を全力をかけて探しているという。そしてすでに、指輪がフロドの手にあることまで嗅ぎ付けていた。指輪を破壊する唯一の方法は、モルドール国の滅びの山の火口“滅びの罅裂(きれつ)”に指輪を投げ込むしかない。

こうしてフロドの指輪を捨てるたびが始まった……

 

この映画は登場人物が多いにもかかわらずその一人一人にドラマがありサブストーリー的に展開されていくのです。

3部作ある中で2部3部では旅の仲間が3グループに分かれそれぞれの戦いに身を投じていきます。

フロドとサムの指輪組、アラゴルン・ギムリ・レゴラスの遊撃組、メリーとピピンのホビット組

三組の動きが知らず知らずに連携し戦況が変わっていく様子は必見です!!


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格50円(税込)

読者登録

bf-askさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について