閉じる


<<最初から読む

1 / 7ページ

試し読みできます

まえがき

この本で紹介する映画は著者の完全なる独断と偏見で選んでいます。何か根拠があるわけではありません。単なる一映画好きとして同じく映画が好きな人に自分の好きな映画を紹介したいだけです。

この本を読んで紹介されている映画を観たくなって頂けたら幸いです。


試し読みできます

不死身の男「ジョン・マクレーン」

アクション編で最初に紹介する物語、それは……それまでの筋骨隆々で超人的な能力を持ったヒーロー像をぶち壊す、人間くさくずば抜けて強いわけでもないただのおっさんが「刑事の勘」と頭脳を駆使してテロリストと戦う物語。タイトルはそう!言わずもがな「ダイ・ハード」です。

この映画は1988年に公開されました。主人公である最も不運な男、絶対に死なない男をブルース・ウィリスが演じました。                         ↓ナカトミビルのモデルとなった20世紀FOX社のビル

あらすじ

クリスマス。夕刻のロサンゼルス空港に降り立ったジョン・マクレーンを出迎えたのは、妻であるホリーではなく黒人運転手のアーガイルだった。

リムジンの中でマクレーンは、自分がニューヨーク市警察の刑事であること、ホリーは西海岸へ進出した日系企業に職を得て子供たちと共に引っ越したこと、成功した妻が竣工中の超高層ビルで開かれるクリスマスパーティーに夫を招待したことを語ります。

到着したナカトミ・ビルで、久々に会うホリーと喧嘩をし、落ち込むマクレーン。一方、別のフロアでは10数名の男達がビルに侵入し、警備網を容易く破りビルを占拠、シャッターを下ろし電話線を切断します。

パーティー会場に乱入した男達のリーダーはハンス・グルーバーと名乗り、全社員を人質に取ったと宣言する。幸運にも強盗グループから逃れたマクレーンは、外部との連絡を遮断され応援も望めない中で、携帯していた拳銃1丁と刑事として鍛えた頭脳を武器に死闘を繰り広げるのです。

この映画の素晴らしいところ……それは伏線が満載なんです!

伏線とはある状況下でお決まりのセリフや行動をとったり物を落としたりすることがその後の状況に影響を与える行動のことです。

この映画はその伏線がとにかく多いんです!!

その伏線を探しながら見ることで何度見ても新しい発見があるんです。

伏線だけではなくマクレーンとテロリストのテンポの良いブラックな会話も見どころの一つです。

命のやり取りをしているとは思えない皮肉を含んだジョークの意味に後から気がつくこともあるぐらい一回では魅力を把握しきれない映画です!

 


試し読みできます

壮大なごみ捨ての物語

はい、タイトルはふざけましたがこの作品は私が映画好きになったきっかけのような作品でもあります。

その作品とはJRRトールキンの映像化不可能と言われた大作ハイ・ファンタジー「指輪物語」をピーター・ジャクソン監督が見事に映像化した作品「ロード・オブ・ザ・リング」です!

あらすじ

中つ国は、指輪の力をふるう冥王サウロンの手に落ちていった。激しい戦火の中 勇気ある者たちがサウロンの支配に次々と立ち向かい、ひとりの勇者、イシルドゥアがサウロンの指を切り落とすことに成功した。サウロンが敗れたのだ。しかしイシルドゥアは指輪を破壊せず自らのものとし、悪を永久に滅ぼす唯一の機会を失った。そして指輪はイシルドゥアを裏切り、死に追いやる。

それから時が経ち中つ国第3紀。ホビット庄は、ビルボ・バギンズの111歳の誕生日を祝うために大騒ぎだった。ビルボの旧友、魔法使いガンダルフも訪れ、2人は久し振りの再会を喜んだ。ところがこの日を境に旅に出ることを決心していたビルボは、皆の前で誕生日のスピーチをするも、「今日でお別れです」とポケットに入れていた不思議な指輪をはめ、突然姿を消してしまった。その後ビルボはその不思議な指輪を甥のフロドに託し旅に出る。 
この指輪こそが冥王サウロンの指輪だったのだ。サウロンの魂は指輪とともに生き残り、全世界を再び闇の支配下に置くため、指輪を全力をかけて探しているという。そしてすでに、指輪がフロドの手にあることまで嗅ぎ付けていた。指輪を破壊する唯一の方法は、モルドール国の滅びの山の火口“滅びの罅裂(きれつ)”に指輪を投げ込むしかない。

こうしてフロドの指輪を捨てるたびが始まった……

 

この映画は登場人物が多いにもかかわらずその一人一人にドラマがありサブストーリー的に展開されていくのです。

3部作ある中で2部3部では旅の仲間が3グループに分かれそれぞれの戦いに身を投じていきます。

フロドとサムの指輪組、アラゴルン・ギムリ・レゴラスの遊撃組、メリーとピピンのホビット組

三組の動きが知らず知らずに連携し戦況が変わっていく様子は必見です!!


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格50円(税込)

読者登録

bf-askさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について