閉じる


<<最初から読む

1 / 9ページ

前書き

 初めまして。2008 年11 月に男爵になった谷川です。知る人ぞ知る「世界最小国家」シーランド公国。その国の貴族になる方法をこの本では解説します。

 「知る人ぞ知る」と書きましたが、これは2008年12月にコミックマーケットで同人誌として発行した頃の話で、最近(2011年現在)は「え、あのシーランド?!」という反応をされることが増えました。おそらくは「ヘタリア」の影響ですね。

 「マイナーな国の、名ばかりの貴族になって何の意味があるの?」と疑問の方が気になってしまう方は、この本を読む必要はありません。逆に、「貴族になって周りを見返してやる!」などと必死な方にもあまりお勧めしません。基本的には「お遊び」or「ジョーク」です。しかし昨今の為替レートなら、十分に値段以上の活用が可能です。ネタを愛する精神的貴族の方々にこそ読んでもらいたいなあと思っています。

 世の中、爵位以外にも色々なモノがお金で買えます。あらゆるモノに値段が付き、お金を用意できればそれを自分のモノに出来るのが資本主義の世界です。個人の内面は関係ありません。成金の例を挙げるまでもなく、支払い能力の高低と精神的高貴さは関係ありません。逆に言えば、爵位の値段が安かろうが自分は貴族であるという自覚からノーブレスオブリージュ精神を発揮できるのであれば、正真正銘の貴族なのです。

 要は「活かし方」です。「ネタを愛する」とは、自分のお金や時間をどのように使ったら皆に幸せなひととき(笑い)を提供できるか?という、精神的贅沢行為なのだと個人的には考えています(笑)。

 そんなネタを世界中に提供してくれているロイ・ベーツ公に、そういった意味で感謝と尊敬の念を禁じ得ません。

※2011年6月現在、RedSaveのトップから検索するとシーランド公国の爵位は「Out Of Stock」(売り切れ)となっていますが、実はオフィシャルアドレスからは購入できそうです(詳細は後述)。2009年頃からずっと売り切れ状態かと思っていましたが、時折販売が再開されるようです(Wikipediaによると2010年1月の頃は販売していた模様)。仮にこの機を逃しても、まめに該当ページをチェックしていると購入できると思います。

 貴方の貴族への仲間入りをお待ちしています。

2011 年6 月 TANIKAWA, 1st Baron of Sealand


目次

前書き
1.シーランド貴族の概要
 1.1.シーランドの解説
 1.2.爵位取得の流れ
2.RedSave.com での購入方法 
 2.1.RedSave.com の仕組み 
 2.2.RedSave.com にアクセス ※有料版 
 2.3.購入内容の確認  ※有料版
 2.4.SIGN IN  ※有料版
 2.5.BILLING & DELIVERY ※有料版 
 2.6.PLACE PAYMENT  ※有料版
 2.7.購入完了  ※有料版
3.爵位の登録方法 
 3.1.登録キットの到着 
 3.2.証明書の印刷  ※有料版
 3.3.PDF 印刷時の注意  ※有料版
 3.4.Registration ofYour Sealand Noble Title  ※有料版
 3.5.エアメールの書き方  ※有料版
4.RedSave Pass の解約方法   ※有料版
 4.1.RedSave Pass 解約の準備 
 4.2.Web での解約手続き 
5.貴族としての風格について 
 5.1.敬称・表記 
 5.2.紋章学の基礎 
 5.3.紋章の構成  ※有料版
 5.4.オリジナル紋章  ※有料版
 5.4.デザインのヒント  ※有料版
6.おまけfor電子書籍
 6.1.爵位取得後の活用
 6.2.爵位を巡る第三者との対談 ※有料版
後書き ※有料版

1.1.シーランドの解説

 シーランド公国は、イギリスの南東岸から10km 沖合に浮かぶ「自称」独立国家です。

 元々は、第二次世界大戦中にイギリスが建設した「海上要塞」でした。戦後放置されていたこの要塞に、元英国陸軍少佐であるパディ・ロイ・ベーツさんが乗り込んで、「独立宣言」を発表し、要塞を「シーランド」と名付け、自分は「ロイ・ベーツ公」と名乗りました。

 当然イギリスは強制的に立ち退かせようと裁判を起こしましたが、当時はイギリスの領海は3 海里(黒点線)でシーランドはその外にあるので、イギリス司法の管轄外と判決が下されました。これで実質的には独立したようなものです。

 とはいえ、右の写真を見て分かるとおり、資源とか産業とか期待できるような規模ではありません。一応ネット上のデータヘブンにするという計画もあり、運営会社も設立してはありますが、それがどの程度稼げているのか不明です。

 そんなシーランド公国の外貨を稼ぐ方法の一つが「爵位の販売」。
インターネット上でロード(Lord)、レディ(Lady)、男爵(Baron)、女男爵(Baroness)の爵位を販売しています。
 フジテレビ「ザ・ベストハウス123」の番組内で西川きよしもロードの爵位を購入しており、彼もシーランド公国の貴族、西川卿ということになります。
 ただ、番組では「西川伯爵」としていたようですが、これは正確ではないと思われます。「Lord」という称号は侯爵・伯爵・子爵・男爵に共通して付けることが出来、日本語での「卿」に相当します。つまり男爵であっても、「Lord TANIKAWA」(訳すと谷川卿)ということも出来るのです。5 章で説明しますが、正式名称などについて考えても、ロードとレディーは使いづらいと思います。

 ※というわけで、本書ではBaron とBaroness を推奨しています。


1.2.爵位取得の流れ

 さて具体的な爵位取得の流れは以下の通りです。
  1. ショッピングサイトRedSave.com で爵位を購入
  2. 証明書印刷サイトでPDF を作成し、印刷
  3. 登録申込書を郵送
  4. RedSave Pass を解約
 RedSave.com はイギリスのECサイトです。当然表記は英語で価格は£(ポンド)です。しかもこのサイトはちょっとクセがあって、きちんと手続きをしないと余分に出費してしまいます。「RedSave Price」で安く買いたい時には気をつけてください。

 このサイトで最初に何かを購入する際に、自動的に「RedSave Pass」なるものが無料で付いてきます。このパスのおかげで「RedSave Price」で買えるわけですが、無料なのは30 日だけで、これを過ぎると月に£19.95 費用が発生します。
 ネット上でシーランド公国の爵位がらみのマイナス意見を見ることがありますが、ほとんどは「RedSave Pass」の解約をし忘れた事によるものです。ちゃんと英語を読んで余裕を持って解約すれば問題はありません。

 シーランド公国の爵位の定価は£29.99 で、上記の「RedSave Price」だと£19.99(£10割引)が普通のようです。ちなみに、筆者 が2008 年11 月5 日に購入した時は£12.99でした。クリスマスの時期などにはセールでさらに安くなるようです。クレジットカードの記録によると当時のレートで£1 は159 円なので、送料入れても日本円で2600 円程度でした。

 前書きでも触れましたが、2011年1月現在、シーランド公国の爵位は売り切れ(Out of Stock)です。一応£19.99 という値段ですので今のレートだと2600円強、送料入れても3100円くらいでしょうか。どういった事情で「売り切れ」なのかは分かりませんが、販売再開に備えて、本書を熟読しておいてください。
 まぁ正直いつ潰れておかしくはないので、その時はその時で亡国の貴族を名乗ることができると楽観しています(苦笑)。

2.1.RedSave.com の仕組み

 「RedSave.com」はイギリスのオンラインギフトショップです。
 RedSave.com では基本的に「RedSave Price」と「Retail Price」の二つの値段があります。もちろん「RedSave Price」の方が安いのですが、この価格で購入するには「RedSavePass」に加入する必要があります。というか、その値段で購入しようとすると自動的に加入されます。

 最初の購入から30 日は無料ですので、今回シーランドの爵位購入以外に利用する予定のない方は、登録キットが届いた後はさっさと解約してしまえば余分な出費はありません。


読者登録

masyuraさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について