twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 童話・絵本 作者 スギナカモモコ
価格 無料
タグ コンテスト第2回絵本コンテスト オリジナル絵本部門
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

1,450 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 8ページ (Web閲覧)
9ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
とある調味料店にある古いお醤油瓶。
そのお醤油にはヒミツがあって・・・・・

コメント一覧

かわいくて好き!悪戯好きのお茶目さが出ていて良い♪
mixmame : 2012-06-25 21:19:59

猫好きの私にとって、お醤油と猫との結びつけがなんとも嬉しい気持ちになりました。 これから猫の分のお刺身も用意しなくては。
ainose : 2012-02-16 20:18:08

お醤油猫…軽妙なナンセンスさがGOO!レトロなタッチの絵もいいですね。
miyabijoe : 2011-10-21 13:54:33

かなり昔飼っていた、我が家のお醤油猫を思い出されました。立派にお醤油らしく生きてくれたと思います。
maruko : 2011-05-06 16:10:25

木版画調の絵がとてもすてきです。オサシミをつまみ食い!それまたすてきです☆
佳(Kei) : 2011-04-03 09:59:44

お醤油が猫になるという、ユニークな発想が楽しい。 絵もノスタルジックな感じで 変にごてごてと多色で描くより情感 が沸きます。 (大正ロマンを感じさせる大人に 向けた絵本)
hankei : 2011-02-17 00:04:07

こんなにわくわくしたお話は久しぶりです!これから醤油を使う度にわくわくを思い出すでしょう。ありがとうございます(^.^)
kuku : 2010-08-26 14:34:35

facebook コメント一覧