目次
はじめに
1~30
スピーシーズ・種の起源
ゲッタウェイ
悪魔のような女
ウエストサイド物語
アルマゲドン
ジャッジ・ドレッド
模倣犯
心の旅路
エレファントマン
MI2
クリムゾンリバー
エントラップメント
砦なき者
呪怨
ゴッドファーザー
グリース
リーサルウエポン3
破線のマリス
スターウォーズ・帝国の逆襲
ターミネーター
踊る大捜査線THE MOVIE2・レインボーブリッジを封鎖せよ
ナインハーフ
ターミネーター2
動乱
ターミネーター3
少林サッカー
ソドムの市
ダーティハリー
ゴッドファーザーパートⅡ
スターウォーズ
31~60
A.I.
オーシャンズ11
さくや妖怪伝
ダーティハリー2
LAコンフィデンシャル
雲霧仁左衛門
ダブルボーダー
イレイザー
悪魔を憐れむ歌
マキシマム・リスク
黄金の七人
妖怪大戦争
バットマン
バトル・ロワイアル
ザ・ロック
アマデウス
吉原炎上
バットマンリターンズ
ホワイトアウト
12モンキーズ
ザ・ワン
京極夏彦「怪」・七人みさき
バットマンフォーエバー
ロストボーイ
バーティカルリミット
シャークテイル
シックスセンス
シックスデイ
ゾンビ
13日の金曜日
61~90
催眠
オールザットジャズ
ホワイトナイツ/白夜
将軍家光の乱心・激突
あずみ
必殺
オリエント急行殺人事件
そして誰もいなくなった
犬神家の一族
理由
悪魔の手鞠歌
ルームメイト
ウインドトーカーズ
タップ
ナイル殺人事件
里見八犬伝
皇帝のいない八月
情婦
大脱走
ウイロー
半落ち
ブロークン・アロー
燃えよドラゴン
片腕ドラゴン
イヤー・オブ・ザ・ドラゴン
新生トイレの花子さん
ピースメイカー
僕の彼女を紹介します
エンゼルハート
ヒート
91~120
スカーフェース
ミッドナイトクロス
スターウォーズ・ジェダイの復讐
スパイダーマン2
暗殺者
フロム・ダスク・ティル・ドウン
裏窓
ロープ
スネーク・アイズ
エネミー・オブ・アメリカ
メン・イン・ブラック
メン・イン・ブラック 2
ジュラシック・パーク
ロスト・ワールド ジュラシック・パーク
ジュラシックパーク3
少女たちの遺言
ラスト・アクション・ヒーロー
レイダース・失われた聖櫃
ディープブルー
パルプフィクション
ブギーポップは笑わない
パラサイト・イヴ
炎の少女チャーリー
クロスファイア
座頭市
シャイニング
キャリー
女王蜂(ネタバレ注意)
白昼の死角
ウルフェン
121~150
ブレイド
ロミオ・マスト・ダイ
フライトナイト
十二人の怒れる男
狼男アメリカン
トワイライトゾーン・超次元の体験・第一話
E.T.
トワイライトゾーン・超次元の体験・第二話
ハウリング
トワイライトゾーン・超次元の体験・第三話
マッドマックス
トワイライトゾーン・超次元の体験・第四話
ハリー・ポッターと賢者の石
フライトナイト2 バンパイアの逆襲
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第一話 雪山
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第二話 携帯忠臣蔵
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第三話 チェス
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第四話 結婚シミュレーター
ブレイド2
ジェイコブス・ラダー
危険な情事
ゲーム
プラトーン
インビジブル
エボリューション
フラットライナーズ
セブン
エイリアン3
パニック・ルーム
サドン・デス
スターウォーズ・エピソード2・クローンの攻撃
ペリカン文書
レッド・サン
シルミド
グレムリン
ダイヤルM
151~180
劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション・烈空の訪問者デオキシス
タワーリング・インフェルノ
ブルース・ブラザーズ
ウルトラマンティガ・ファイナルオデッセイ
レインメイカー
海猫
フェイス・オフ
トゥームレイダー
ゴッドファーザー PARTⅢ
ふたり
スターゲイト
ウォータ-ボーイズ
少林寺
スターウォーズ・エピソードⅢ・シスの復讐
キス・オブ・ザ・ドラゴン
親指スターウォーズ
親指タイタニック
タイタニック
ウォール街
スペース・バンパイア
ラストサマー
ダイハード3
火垂るの墓
マトリックス
イージー・ライダー
ラスト・ワルツ
レイジング・ブル
ラストサマー2
仁義なき戦い
仁義なき戦い・広島死闘編
181~210
仁義なき戦い・代理戦争
仁義なき戦い・頂上作戦
仁義なき戦い・完結編
GODZILLA・ゴジラ
その後の仁義なき戦い
機動戦士ガンダム
機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編
機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
ポルターガイスト
ウルフ
ザ・フォッグ
チャイルド・プレイ
ダイナソー
トリック・劇場版
K-19
着信アリ
直撃地獄拳・大逆転
ア・ホーマンス
スパイ・ライク・アス
ブレス・ザ・チャイルド
おこげ
48時間
誘う女
ゴジラVSキングギドラ
ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ・光の国の戦士たち
アサシン
ニキータ
キンダーガートン・コップ
男たちの挽歌
魔女の宅急便
211~220
8mm
トゥモロー・ネバー・ダイ
黄泉がえり
バック・トゥ・ザ・フューチャー
D.N.A.
ザ・リング
レプリカント
東京タワー
ガメラⅢ・邪神(イリス)覚醒
明日に向かって撃て
インターバル

閉じる


<<最初から読む

214 / 228ページ

ニキータ

1990年フランス・イタリア合作

監督 リュック・ベッソン

主演 アンヌ・パリロー、ジャン・ユーグ・アングラード、チェッキー・カリョ、ジャン・レノ、ジャンヌ・モロー


お話の筋は昨日の「アサシン」と同じ。「アサシン」のクレジットにも「原作・リュックベッソン・ニキータ」って書いてました。コピーして貼ろうかなって思うくらい話が同じ。私は「ニキータ」~「アサシン」の順番で見ました。けっこう続けて見たから、こうなると先に見た「ニキータ」のほうが有利。「アサシン」見ながら、「なあんや、ほとんどニキータといっしょやないの」なんて思ってました。リメイクだからしかたないんですが、もう少し独自の撮り方あったもよかったんじゃないかって思いました。でも記憶に残っているのは後に見た「アサシン」のほうです。だってブリジット・フォンダさまかわいいんだもん。
でもこの「ニキータ」のアンヌ・パリローさまもけっこうかわいい。この映画で圧倒的に印象的だったのは「始末屋」。

なあんか、この始末屋の場面だけ悪夢のようにどんより残ってしまいましたです。しかしとりあえず、この「ニキータ」がなければ「アサシン」のなかったわけで。今回「アサシン」はちゃんと見直しましたので、この「ニキータ」もちゃんと見直ししなきゃいけないなあって思っています。
さて。次回「キンダーガートンコップ」です。


キンダーガートン・コップ

1990年アメリカ映画

主演 アーノルド・シュワルツェネッガー


「キンダーガートンコップ」。「ターミネーター」「ゴリラ」「コマンドー」みたいな、筋肉体力パワー俳優だったシュワルツェネッガーさまの転換期にあたる作品です。

「キンダーガートン・コップ」「ジングル・オールザウエイ」、あと「ツインズ」あたりでコメディータッチの作品がこなせるスターになったシュワルツェネッガーさま。ここからは「トゥルー・ライズ」「ラスト・アクション・ヒーロー」などの本人は大真面目なんだけどはたから見ると滑稽、なんて傑作を連発させます。それでいて「ターミネーター2」とか「イレイザー」みたいなこれまでの路線の延長のような作品にも出演。肉体派のライバル、スタローン、バン・ダム、ラングレインあたりを大きく引き離し、やがてやがて政界進出を果たすことになるわけですな、これが。
さてその「キンダーガートン・コップ」。肉体派刑事シュワルツェネッガーさまが犯人逮捕のために、重要証人の護衛を兼ねて幼稚園の先生になってしまうというとんでもない話。あのキャラが幼稚園の先生ってのが強烈ですよね。幼稚園の先生、というか幼児の皆様方と接することの大変さは、自作小説のなかでサクっとふれておりますが。

めっちゃ大変やねんよ。
この映画、滑稽でいてそれでいてスリリングでアクションがふんだんに入ってて。けっこう面白い作品にしあがっております。
さあて。次回は「男たちの挽歌」です。


男たちの挽歌

1986年香港映画

監督 ジョン・ウー

主演 チョウ・ユンファ、ティ・ロン、レスリー・チャン


いぐああああ。すげええ。香港時代のジョンウー監督作品でございます。ジョン・ウー監督という人のことをこの作品で知った人も多いんではないでしょうか。同時に、「香港の小林旭・チョウ・ユンファさま」をこの作品で知った人も少なくないはず。チョウ・ユンファさまはアメリカ進出しましたが、いまいちブレイクできなかったですね。やっぱり香港スターはアクションできてなんぼ。ブルース・リーさまにしても、ジャッキー・チェンさまにしても、ジェット・リーさまにしてもね。

さて「男たちの挽歌」。

香港ノアールという一大ムーブメントの火付け役となった傑作でございます。香港ノアールってのは香港製のマフィアもの、ギャングものの総称。派手な撃ち合い、とんでもない規模の爆破シーン、かっこいいを通り越して気障でありえないに近いシチュエーション。ええなあ。

チョウ・ユンファさまとティ・ロンさまはギャング。いっしょにビッグになろうぜ系の二人です。そんな中、ロンさまがパクられます。ユンファさまはロンさまを売った男に単身お礼参り。その銃撃戦で彼は足を撃たれ、足をひきずらなければ歩けなくなります。ロンさまの弟レスリー・チャンさまは刑事。ギャングの弟だと知られ、重要な捜査から外され続けています。やがてロンさまは出所。ギャング界は自分の格下の男が顔役の座につき、ユンファさまはその顔役から小遣い銭をもらって生計をたてています。ユンファさまはギャングの世界への返り咲きを狙っている。ロンさまは堅気になろうともがく。そしてそれが壮絶な戦いの引き金になるのであった。うおおおおお。
チョウ・ユンファさまって小林旭さまみたいって思ってたら、ジョン・ウー監督は本当に日活映画ファンだったらしいですね。やっぱりなあ。
さて次回は宮崎アニメ「魔女の宅急便」のご紹介です。


魔女の宅急便

1989年徳間書店、ヤマト運輸、日本テレビ作品

監督 宮崎 駿

声の出演 高山みなみ、佐久間レイ、山口勝平、戸田恵子、信沢三恵子、三浦浩一、関 弘子、加藤治子


ジブリアニメですなあ。実はジブリアニメ、かなり苦手な人です。このさあ、意味もなくほのぼのするところがさあ、なんかさあ、困るんだよね。
魔女の少女が旅を通じて成長していく姿を描く感動のドラマ。うん。いいんだよ。それでいいんだ。ってえか、ジブリアニメとかディズニー映画とかで、ほのぼのしちゃう自分が許せないって感じるタイプです。

ホラーとかサスペンスを見て、ハラハラドキドキする自分は許せるし、感動大作恋愛大作で泣いてしまう自分も許せるんだけど、なんかほのぼのしちゃう自分って許せないです。俺この映画で感動できるほど良い人間じゃねえんだ、とか勝手に思うタイプだし。ってことで、宮崎アニメはほのぼのしないように、いつも構えて見てしまいます。
魔女の娘キキは、魔女の世界のしきたりに従って旅に出ます。

町でパン屋の夫婦に部屋を間借りさせてもらい、宅急便を開業し、町の人たちと交流しながら成長していきます。
よかったやん。成長したらええやん。
って構えてしまってごめんなさい。素直に見ることのできないダメな男です。
アニメの画質の良さはすばらしい。アニメって進化しましたよね。私世代が楽しんで見ていた「マジンガーZ」とか「海のトリトン」だとか「デビルマン」だとか、今見ると実にショボイ。技術の進歩を痛感しますです。ちなみに制作に名前を連ねているヤマト運輸。これをみて「ははあ」と思いました。そうやなあ。「宅急便」ってヤマト運輸さんの商標ですもんね。となるとキキが連れている黒猫のジジは宅急便の看板のネコなんだ。って、変なところで感心していました。本編で感心せんかい。
次回は「8mm」のご紹介です。


8mm

1999年アメリカ映画

監督 ジョエル・シューマッカー

主演 ニコラス・ケイジ、ホアキン・フェニックス、ジェームス・ガンドルフィーニ

ニコラス・ケイジさま主演のサスペンス。私はこの映画見ています。間違いなく見てる。見てるんだけどお。かなり印象薄い。面白くなかったわけではないんですが、悲しいくらい印象に残っていない。

時期的には「スネークアイズ」と同時期に見ました。ビデオ屋さんで、「スネークアイズ」と「8mm」どっちを見ようか迷った記憶があります。結果、面白かったのはやっぱりデ・パルマ監督の「スネークアイズ」。私の記憶の中ですごく不遇な立場にある作品です。
ニコラス・ケイジは刑事だったと思います。探偵かもしれんなあ。ルポライターかもしれない。なんせ謎を追いかける側の人です。

ってここまで書いて、あまりにも不親切な記事だなと思って、ウィキペディアで調べましたら、ニコラス・ケイジさま、探偵でございました。

彼が実際に起きた殺人を録画した8ミリフィルムを手に入れてしまうことが事件の発端だったような、そうじゃなかったような。ここまで設定の記憶があやふやな映画も珍しい。

で、ウィキペディアで調べましたら、実際の殺人が記録されたスナッフフィルムに関する調査依頼を彼が受けたことが事件の発端だったようです。

でも頼みの綱のウィキペディアもこのへんまでしか書いてないんですわ。

ウィキペディアにも見放された悲しい映画なのね、これ。

それというのも理由がありまして。かなり怒りながら、なおかつかなり激しいツッコミ入れながら見ていたことだけは覚えているのですよ。確かケイジさまが容疑者を特定するに至る論理にかなり無理があった。ええーって推理。で、犯人の意外性とかもあまりなかった。「犯人がこいつやったら、おもろないなあ。こいつやったらあまりにもおもろないから、こいつではないやろな」って思っていた人が犯人でした。そらないやろって思ったことだけ覚えています。
まあこんなことばっかり書いていてもしかたないので、皆様機会がありましたらたっぷりお楽しみくださいませ。
さあて次回は、「トゥモローネバーダイ」のご紹介でございます。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について