目次
はじめに
1~30
スピーシーズ・種の起源
ゲッタウェイ
悪魔のような女
ウエストサイド物語
アルマゲドン
ジャッジ・ドレッド
模倣犯
心の旅路
エレファントマン
MI2
クリムゾンリバー
エントラップメント
砦なき者
呪怨
ゴッドファーザー
グリース
リーサルウエポン3
破線のマリス
スターウォーズ・帝国の逆襲
ターミネーター
踊る大捜査線THE MOVIE2・レインボーブリッジを封鎖せよ
ナインハーフ
ターミネーター2
動乱
ターミネーター3
少林サッカー
ソドムの市
ダーティハリー
ゴッドファーザーパートⅡ
スターウォーズ
31~60
A.I.
オーシャンズ11
さくや妖怪伝
ダーティハリー2
LAコンフィデンシャル
雲霧仁左衛門
ダブルボーダー
イレイザー
悪魔を憐れむ歌
マキシマム・リスク
黄金の七人
妖怪大戦争
バットマン
バトル・ロワイアル
ザ・ロック
アマデウス
吉原炎上
バットマンリターンズ
ホワイトアウト
12モンキーズ
ザ・ワン
京極夏彦「怪」・七人みさき
バットマンフォーエバー
ロストボーイ
バーティカルリミット
シャークテイル
シックスセンス
シックスデイ
ゾンビ
13日の金曜日
61~90
催眠
オールザットジャズ
ホワイトナイツ/白夜
将軍家光の乱心・激突
あずみ
必殺
オリエント急行殺人事件
そして誰もいなくなった
犬神家の一族
理由
悪魔の手鞠歌
ルームメイト
ウインドトーカーズ
タップ
ナイル殺人事件
里見八犬伝
皇帝のいない八月
情婦
大脱走
ウイロー
半落ち
ブロークン・アロー
燃えよドラゴン
片腕ドラゴン
イヤー・オブ・ザ・ドラゴン
新生トイレの花子さん
ピースメイカー
僕の彼女を紹介します
エンゼルハート
ヒート
91~120
スカーフェース
ミッドナイトクロス
スターウォーズ・ジェダイの復讐
スパイダーマン2
暗殺者
フロム・ダスク・ティル・ドウン
裏窓
ロープ
スネーク・アイズ
エネミー・オブ・アメリカ
メン・イン・ブラック
メン・イン・ブラック 2
ジュラシック・パーク
ロスト・ワールド ジュラシック・パーク
ジュラシックパーク3
少女たちの遺言
ラスト・アクション・ヒーロー
レイダース・失われた聖櫃
ディープブルー
パルプフィクション
ブギーポップは笑わない
パラサイト・イヴ
炎の少女チャーリー
クロスファイア
座頭市
シャイニング
キャリー
女王蜂(ネタバレ注意)
白昼の死角
ウルフェン
121~150
ブレイド
ロミオ・マスト・ダイ
フライトナイト
十二人の怒れる男
狼男アメリカン
トワイライトゾーン・超次元の体験・第一話
E.T.
トワイライトゾーン・超次元の体験・第二話
ハウリング
トワイライトゾーン・超次元の体験・第三話
マッドマックス
トワイライトゾーン・超次元の体験・第四話
ハリー・ポッターと賢者の石
フライトナイト2 バンパイアの逆襲
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第一話 雪山
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第二話 携帯忠臣蔵
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第三話 チェス
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第四話 結婚シミュレーター
ブレイド2
ジェイコブス・ラダー
危険な情事
ゲーム
プラトーン
インビジブル
エボリューション
フラットライナーズ
セブン
エイリアン3
パニック・ルーム
サドン・デス
スターウォーズ・エピソード2・クローンの攻撃
ペリカン文書
レッド・サン
シルミド
グレムリン
ダイヤルM
151~180
劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション・烈空の訪問者デオキシス
タワーリング・インフェルノ
ブルース・ブラザーズ
ウルトラマンティガ・ファイナルオデッセイ
レインメイカー
海猫
フェイス・オフ
トゥームレイダー
ゴッドファーザー PARTⅢ
ふたり
スターゲイト
ウォータ-ボーイズ
少林寺
スターウォーズ・エピソードⅢ・シスの復讐
キス・オブ・ザ・ドラゴン
親指スターウォーズ
親指タイタニック
タイタニック
ウォール街
スペース・バンパイア
ラストサマー
ダイハード3
火垂るの墓
マトリックス
イージー・ライダー
ラスト・ワルツ
レイジング・ブル
ラストサマー2
仁義なき戦い
仁義なき戦い・広島死闘編
181~210
仁義なき戦い・代理戦争
仁義なき戦い・頂上作戦
仁義なき戦い・完結編
GODZILLA・ゴジラ
その後の仁義なき戦い
機動戦士ガンダム
機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編
機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
ポルターガイスト
ウルフ
ザ・フォッグ
チャイルド・プレイ
ダイナソー
トリック・劇場版
K-19
着信アリ
直撃地獄拳・大逆転
ア・ホーマンス
スパイ・ライク・アス
ブレス・ザ・チャイルド
おこげ
48時間
誘う女
ゴジラVSキングギドラ
ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ・光の国の戦士たち
アサシン
ニキータ
キンダーガートン・コップ
男たちの挽歌
魔女の宅急便
211~220
8mm
トゥモロー・ネバー・ダイ
黄泉がえり
バック・トゥ・ザ・フューチャー
D.N.A.
ザ・リング
レプリカント
東京タワー
ガメラⅢ・邪神(イリス)覚醒
明日に向かって撃て
インターバル

閉じる


<<最初から読む

210 / 228ページ

誘う女

1995年アメリカ映画

監督 ガス・ヴァン・サント

主演 ニコール・キッドマン、マット・ディロン


あんまり面白くないかもしれないなあと思って見はじめたら、けっこうよくできてて、気がついたらかなり集中して見てしまいました。ガス・ヴァン・サント監督はこの映画の翌年、ヒッチコックの「サイコ」をリメイクします。
かなり癖のある映像を撮る人ですね。でもそのわりに分かりやすい。
野心に燃える美貌のマスコミ志望の女性、スーザン=キッドマンさま。彼女はとにかくマスコミ方面の仕事がしたくてしかたない。露骨な売り込みで地元の小さなテレビ局の事務員として採用されますが、入社したあとはこれまたあからさまに自分をキャスターとした企画書を出しまくって、まんまとお天気キャスターになりおおせます。夢は世界に通用する花形キャスター。しかし彼女はすでに結婚していて、夫は彼女にベタ惚れ。そしてできれば彼女に家庭に入ってもらいたいと思っていて、子供なんかも欲しいと思っています。
彼女にとってそんな夫が少しずつ邪魔に感じられてくる。そうなるともうどうしようもない。彼女は「学生の意識調査」と称して三人の学生に近づきます。男子学生の一人と肉体関係を結び、夫殺害を依頼して…
実話を基にした物語。冒頭で新聞記事などが大写しになり、これから始まる物語が説明されます。そこからは「関係者の証言」の積み重ねでドラマが構築されていきます。ここらの手法はとても面白い。

ニコール・キッドマンさまがすごくいいです。こんな人にならだまされちゃうかなあ。
次回は特撮です。大森一樹監督の「ゴジラVSキングギドラ」いきます。 


ゴジラVSキングギドラ

1992年東宝作品

監督 大森一樹

主演 中川安奈、豊原功補、小林昭二、西岡徳馬、チャック・ウイルソン


私的には問題作。特撮はいいから、物語の筋だけ見ていただいたらいいかと思います。

基本はタイムマシンもの。物語の時間の流れ無視してわかりやすく書きましょう。まず未来のアメリカ。日本の経済が発達しすぎて、アメリカよりも影響力をもつ国になってしまいます。そこでアメリカのえらいさんが陰謀を企てる。タイムマシンで工作員を送り込むわけです。アメリカは日本をゴジラの脅威から開放してやろうという論法でやってきます。南の島に恐竜の生き残りがいて、そいつが核実験の放射能をあびてゴジラになるという。だからタイムマシンでその時代に戻り、核実験が行われるまでにその恐竜を別の場所にワープさせようと。そうすればゴジラは生まれませんよって話。若いルポライター豊原さまがなぜかそのプロジェクトのクルーに選ばれます。過去に戻って恐竜をワープさせ、現代に戻る。

ゴジラの影は消えたけど、その代わりにキングギドラが突如現れたってことになります。未来人はコントロールしようがないゴジラの代わりに、コンピューターで行動を制御できるキングギドラを使って日本を破壊し、未来の日本の経済力を落としてしまおうと考えていたわけです。
ん?冷静に考えると矛盾だらけ。タイムパラドックス起こるじゃんか。タイムマシンが帰ってきたのは「ゴジラがいない現代」。ここでのゴジラは平成になって「ゴジラ」でスーパーXや「ゴジラVSビオランテ」でビオランテと戦ったゴジラのことです。ゴジラがいない現代の人なのにゴジラが消えたとかいうのはおかしいし、キングギドラが突如現れるってのもおかしい。キングギドラは核実験の段階で出現していないとおかしい。さらに現代の人が過去においてスーパーXやビオランテと戦ったゴジラはいないわけだから、自衛隊兵器庫にスーパーXはまだあるんちゃうん、とか。おかしいっちゅうねん。突如キングギドラが登場したらあかんのです。過去に干渉したら、その干渉の結果、変わった時間軸にもどるはずだから。って、タイムマシン論を熱く語ってしまいました。
で、転送した恐竜はその行き先で原子力潜水艦にぶちあたって結局ゴジラになっちゃう。なんじゃそれ。でも作っているほうは一生懸命。まあいいか。許してつかわす。
次回も特撮です。「ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ・光の国の戦士たち」いきますです。
 


ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ・光の国の戦士たち

1998年円谷プロ作品

制作総指揮・円谷一夫

監督 小中和哉

主演 つるの剛士、山田まりあ、木之元 亮、布川敏和、杉本 彩、亀山 忍


映画そのものの説明の前にウルトラマンダイナの作品世界の説明。お話は前シリーズの「ウルトラマンティガ」の数年後って設定。後に映画化される「ウルトラマンティガ・ファイナルオデッセイ」で若手パイロットとして布川さまが、そのチームリーダーとして木之元さまが出てましたし、その当時山田まりあさまは女子高生だったって設定でした。

で、ティガ世界の数年後ってのがテレビシリーズの世界。しかしテレビシリーズの最後でダイナ=つるのさまは敵ボスキャラ怪獣・グランスフィアを倒すために玉砕し、つるのさまは死んだ父の幻影とともに宇宙の彼方に飛んでいってしまうという続編の作りようのない終わり方をしてしまいましたので、このお話はダイナがグランスフィアと戦う以前のお話ということになります。
科学者杉本さまが、強力な戦艦プロメテウスを設計し、それが建造されます。参謀亀山さまがその計画を推進しております。しかし杉本さまは宇宙人に操られていました。戦艦は宇宙人にとり込まれ、強力なロボットに変形して暴れまわるわけです。そのロボットに挑むのがつるのさまが変身したウルトラマンダイナ。

ロボットを倒したものの、宇宙人が宇宙船と同化・合体してモンスターに変身。ダイナは活動不能の状況に追い込まれます。こんなに強い宇宙人なら最初からロボットとか使わずに変身して戦ったらよかったのに。ダイナが倒された場面を中継で見ていた子供たち、ウルトラマンティガの最終回のように、「ぼくたちも光になって戦うんだ」とか言って光になる。そしてそして、ティガが再び現れるのであったあ。
残念ながらテレビシリーズの延長線上のお話で、名作「ウルトラマンティガ・ファイナルオデッセイ」の完成度にもテレビシリーズ「ウルトラマンティガ」最終回にも及びません。

みんながんばってるんだけど。残念。

ちなみに参謀役の亀山 忍さまは私が一時期在籍していたプロダクションの所属俳優。若いころ一度飲んだことがあるんだけど、もう忘れてるだろうな。この亀山さまは元阪神の亀山選手の双子の弟さんでございます。
さて次回予告。ジョン・バダム監督の「アサシン」をご紹介いたします。


アサシン

1993年アメリカ映画

監督 ジョン・バダム

主演 ブリジット・フォンダ、ガブリエル・バーン、ダーモット・マロニー、アン・バンクロフト、ハーヴェイ・カイテル


原題は「Point of no return」。1990年のフランス・イタリア合作の「ニキータ」のリメイクです。
ドラッグストアに押し入ったマギー=フォンダさま。ヤクでフラフラの状態のなか通報で駆けつけた警官を殺し、死刑を宣告されます。彼女はその裁判所で大暴れするようなキャラです。刑が執行され、フォンダさまは死ぬ。法の上では。目覚めた彼女の目の前に現れたのはボブ=バーンさま。政府のために働けと言われます。フォンダはその申し入れを拒むことができないわけですね。おお、「シルミド」の世界。わけのわからないまま、武術や銃、立ち居振舞い、コンピューターやテーブルマナー、コンピューター知識などを叩き込まれます。バーンさまは彼女を政府の女性諜報員として養成しようとしているわけです。やがて彼女はそれら全てを身につける。暗殺者=アサシンの誕生でございます。レストランで男を射殺。ホテルの部屋を爆破。ライフルで狙撃。彼女は次々と諜報員としての仕事をこなしていきます。そんななかで彼女は恋におちる。彼と二人きりでいるときにもおかまいなしに入ってくる指令。恋と仕事の板ばさみ。彼女は諜報員の仕事からの引退を決意して最後の仕事にとりかかりますが…
もうしわけありませんが、どちらもちゃんと見たはずなのに、「ニキータ」と「アサシン」、どっちがどっちかわからない。めっちゃ混同しています。ほとんど同じ時期に見たからかなあ。

ちなみにタイプでいうと、ブリジット・フォンダさま演ずるのマギーちゃんのほうが圧倒的に好きでございます。


ニキータ

1990年フランス・イタリア合作

監督 リュック・ベッソン

主演 アンヌ・パリロー、ジャン・ユーグ・アングラード、チェッキー・カリョ、ジャン・レノ、ジャンヌ・モロー


お話の筋は昨日の「アサシン」と同じ。「アサシン」のクレジットにも「原作・リュックベッソン・ニキータ」って書いてました。コピーして貼ろうかなって思うくらい話が同じ。私は「ニキータ」~「アサシン」の順番で見ました。けっこう続けて見たから、こうなると先に見た「ニキータ」のほうが有利。「アサシン」見ながら、「なあんや、ほとんどニキータといっしょやないの」なんて思ってました。リメイクだからしかたないんですが、もう少し独自の撮り方あったもよかったんじゃないかって思いました。でも記憶に残っているのは後に見た「アサシン」のほうです。だってブリジット・フォンダさまかわいいんだもん。
でもこの「ニキータ」のアンヌ・パリローさまもけっこうかわいい。この映画で圧倒的に印象的だったのは「始末屋」。

なあんか、この始末屋の場面だけ悪夢のようにどんより残ってしまいましたです。しかしとりあえず、この「ニキータ」がなければ「アサシン」のなかったわけで。今回「アサシン」はちゃんと見直しましたので、この「ニキータ」もちゃんと見直ししなきゃいけないなあって思っています。
さて。次回「キンダーガートンコップ」です。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について