目次
はじめに
1~30
スピーシーズ・種の起源
ゲッタウェイ
悪魔のような女
ウエストサイド物語
アルマゲドン
ジャッジ・ドレッド
模倣犯
心の旅路
エレファントマン
MI2
クリムゾンリバー
エントラップメント
砦なき者
呪怨
ゴッドファーザー
グリース
リーサルウエポン3
破線のマリス
スターウォーズ・帝国の逆襲
ターミネーター
踊る大捜査線THE MOVIE2・レインボーブリッジを封鎖せよ
ナインハーフ
ターミネーター2
動乱
ターミネーター3
少林サッカー
ソドムの市
ダーティハリー
ゴッドファーザーパートⅡ
スターウォーズ
31~60
A.I.
オーシャンズ11
さくや妖怪伝
ダーティハリー2
LAコンフィデンシャル
雲霧仁左衛門
ダブルボーダー
イレイザー
悪魔を憐れむ歌
マキシマム・リスク
黄金の七人
妖怪大戦争
バットマン
バトル・ロワイアル
ザ・ロック
アマデウス
吉原炎上
バットマンリターンズ
ホワイトアウト
12モンキーズ
ザ・ワン
京極夏彦「怪」・七人みさき
バットマンフォーエバー
ロストボーイ
バーティカルリミット
シャークテイル
シックスセンス
シックスデイ
ゾンビ
13日の金曜日
61~90
催眠
オールザットジャズ
ホワイトナイツ/白夜
将軍家光の乱心・激突
あずみ
必殺
オリエント急行殺人事件
そして誰もいなくなった
犬神家の一族
理由
悪魔の手鞠歌
ルームメイト
ウインドトーカーズ
タップ
ナイル殺人事件
里見八犬伝
皇帝のいない八月
情婦
大脱走
ウイロー
半落ち
ブロークン・アロー
燃えよドラゴン
片腕ドラゴン
イヤー・オブ・ザ・ドラゴン
新生トイレの花子さん
ピースメイカー
僕の彼女を紹介します
エンゼルハート
ヒート
91~120
スカーフェース
ミッドナイトクロス
スターウォーズ・ジェダイの復讐
スパイダーマン2
暗殺者
フロム・ダスク・ティル・ドウン
裏窓
ロープ
スネーク・アイズ
エネミー・オブ・アメリカ
メン・イン・ブラック
メン・イン・ブラック 2
ジュラシック・パーク
ロスト・ワールド ジュラシック・パーク
ジュラシックパーク3
少女たちの遺言
ラスト・アクション・ヒーロー
レイダース・失われた聖櫃
ディープブルー
パルプフィクション
ブギーポップは笑わない
パラサイト・イヴ
炎の少女チャーリー
クロスファイア
座頭市
シャイニング
キャリー
女王蜂(ネタバレ注意)
白昼の死角
ウルフェン
121~150
ブレイド
ロミオ・マスト・ダイ
フライトナイト
十二人の怒れる男
狼男アメリカン
トワイライトゾーン・超次元の体験・第一話
E.T.
トワイライトゾーン・超次元の体験・第二話
ハウリング
トワイライトゾーン・超次元の体験・第三話
マッドマックス
トワイライトゾーン・超次元の体験・第四話
ハリー・ポッターと賢者の石
フライトナイト2 バンパイアの逆襲
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第一話 雪山
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第二話 携帯忠臣蔵
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第三話 チェス
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第四話 結婚シミュレーター
ブレイド2
ジェイコブス・ラダー
危険な情事
ゲーム
プラトーン
インビジブル
エボリューション
フラットライナーズ
セブン
エイリアン3
パニック・ルーム
サドン・デス
スターウォーズ・エピソード2・クローンの攻撃
ペリカン文書
レッド・サン
シルミド
グレムリン
ダイヤルM
151~180
劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション・烈空の訪問者デオキシス
タワーリング・インフェルノ
ブルース・ブラザーズ
ウルトラマンティガ・ファイナルオデッセイ
レインメイカー
海猫
フェイス・オフ
トゥームレイダー
ゴッドファーザー PARTⅢ
ふたり
スターゲイト
ウォータ-ボーイズ
少林寺
スターウォーズ・エピソードⅢ・シスの復讐
キス・オブ・ザ・ドラゴン
親指スターウォーズ
親指タイタニック
タイタニック
ウォール街
スペース・バンパイア
ラストサマー
ダイハード3
火垂るの墓
マトリックス
イージー・ライダー
ラスト・ワルツ
レイジング・ブル
ラストサマー2
仁義なき戦い
仁義なき戦い・広島死闘編
181~210
仁義なき戦い・代理戦争
仁義なき戦い・頂上作戦
仁義なき戦い・完結編
GODZILLA・ゴジラ
その後の仁義なき戦い
機動戦士ガンダム
機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編
機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
ポルターガイスト
ウルフ
ザ・フォッグ
チャイルド・プレイ
ダイナソー
トリック・劇場版
K-19
着信アリ
直撃地獄拳・大逆転
ア・ホーマンス
スパイ・ライク・アス
ブレス・ザ・チャイルド
おこげ
48時間
誘う女
ゴジラVSキングギドラ
ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ・光の国の戦士たち
アサシン
ニキータ
キンダーガートン・コップ
男たちの挽歌
魔女の宅急便
211~220
8mm
トゥモロー・ネバー・ダイ
黄泉がえり
バック・トゥ・ザ・フューチャー
D.N.A.
ザ・リング
レプリカント
東京タワー
ガメラⅢ・邪神(イリス)覚醒
明日に向かって撃て
インターバル

閉じる


<<最初から読む

205 / 228ページ

ア・ホーマンス

1986年東映映画

監督 松田優作

主演 松田優作、石橋 凌、手塚理美、片桐竜次、ポール牧、小林稔持


かなり昔に見た映画です。封切りを見に行きましたから三十年近く前になってしまうんですね。劇団時代。そのころ私は小学校巡演班におりまして、名古屋の小学校まわっているときにオフの日があって、この映画と「悪魔のいけにえ2」の二本立て見に行きました。しかしどんな組み合わせやねん。
新宿の街が舞台です。でも我々が知っている新宿ではないような気がします。なんか無国籍というか、無機質というか、そんな街として描かれています。

松田さまが演じるのは、そんな新宿にフラリとやってきた過去の記憶を持たない男。自分たちのシマに突然現れた謎の男の存在に脅威を感じ、彼に近づくはみだしやくざが石橋さま。二人はやがてお互いに友情のようなものを感じはじめます。石橋さまの組の組長は対立する組織に撃たれてしまいます。組のナンバー2のポール牧さまは報復をせずに、その組織との手打ちばかりを考え、石橋さまの気持ちは少しずつ組から離れていきます。やがて悲劇が起こり、そしてクライマックス。詳細を書けないのが残念。強烈なラストが用意されております。
私が役者・石橋 凌さまを見たのはこれが最初。皆様ご存知だと思いますが、石橋さまは「魂こがして」「ノクターンクラブ」などのヒットを飛ばしたロックバンドARBのヴォーカリストでございます。今ではハリウッドスターですよね。重松清さま原作のNHKドラマ「ビタミンF」での「ゲンコツおやじ」の演技は忘れられません。あと、亡くなったポール牧さまの存在感がすごい。惜しい人を亡くしました。
おおそうじゃった。松田優作さまが監督・主演です。こうやって作品を見ると、この人の才能も素晴らしいものだったんだなあって思います。この人も早すぎる死が惜しまれます。
次回はジョン・ランディス監督の「スパイ・ライク・アス」です。


スパイ・ライク・アス

1985年アメリカ映画

監督 ジョン・ランディス

主演 チェビー・チェイス、ダン・エイクロイド

 

クレジット見てたらフランク・オズさまだとかテリー・ギリアムさまなんかが出演してました。驚き。
私、実はコメディとか苦手系です。とくにサタデー・ナイト・ライブ系っていいましょうか。

エディ・マーフィさまとか、チェビー・チェイスさまとか。ここいらの人ってとっても苦手系です。何本か見てるんですが、あまりピピッとこないです。残念ながら。

そういえば昔の映画なんかでも、コメディ系の人って極端に苦手だったことを思い出しました。ボブ・ホープさまとかディーン・マーティンさまとかジャック・レモンさまとか。

さてさて。ジョン・ランディス監督の映画です。

ダン・エイクロイドさまとチェビー・チェイスさまの主演。

閑職に追いやられている二人のスパイ。エイクロイドさまとチェイスさまでございます。この二人にとんでもない命令が下されます。実はアメリカ軍は、軍事通信衛星の画像を解析し、ソ連(!)のミサイル発射基地の位置を知ってしまうわけです。そこで彼らの任務は、ソ連に潜入し、軍からのミッションを遂行すること。

しかし彼らはおとり。彼らとは別のチームがその任務にあたっているわけですが、失敗して殺されても惜しくない者をおとりに使おうってえことで彼らに白羽の矢があたったわけです。さてさてどうなりますか。
中盤からやたらスケールがでかくなりますが、そこははやりコメディ。あんまり真剣に見ないで、楽しもうと思って見たほうがいいんでしょうねえ。こういう作品の場合。
次回はキム・ベイシンガーさま主演の「ブレス・ザ・チャイルド」です。


ブレス・ザ・チャイルド

2000年アメリカ・ドイツ合作

監督 チャールズ・ラッセル

主演 キム・ベイシンガー、C・リッチ


なんともカテゴリー分けがしにくい映画だなあ。映像だけを追いかけるとホラーとかオカルトのジャンルになると思います。

しかし物語の筋そのものはサスペンス。この映画の予告編見た人はたぶんモンスターホラーあたりをイメージすると思います。私もテレビオンエアの予告編見てホラーだと思いましたから。
キム・ベイシンガーさまはシングルのキャリアウーマン。ただ、キャリアの部分はほとんど描かれないまま物語が進んでいきます。ベイシンガーさまの妹が、別れた男との間にできた娘を置いて姿を消します。

しかたがないからベイシンガーさま、母親代わりに育てることになります。娘はすくすくと成長。五歳くらいになります。このころ、ニューヨークで幼児を狙う連続誘拐殺人事件が発生します。狙われた子供たちの誕生日はすべて同じ。ああら不思議。
それと並行して、行方不明だったベイシンガーさまの妹がいきなり姿を見せ、自分は結婚するという。そして相手がわの男性が娘もひきとってくれるので娘を返してほしいと言ってきます。急にそんなこと言われても。娘の気持ちを聞きましょうよ、みたいなことを言うベイシンガーさま。でも妹は強引。どうやら娘がいなければ結婚が御破算になりそうな裏がありそう。ベイシンガーさまの心配通り、娘は拉致されてしまいます。
娘の行方を探すうちにベイシンガーさまの目の前に現れる「元神父の刑事」。彼はあるカルト教団を探っています。
で、ここらで話の全体像が見えてくるわけですな。結局娘は教団が「キリストの再来」だと信じている存在だったわけでして、事実少女には不思議な能力がありまして。教団は娘を自分たちの手元におき、世界を握ろうとしている、みたいな話です。
ベイシンガーさま、物語中盤から幻を見ます。それが翼をもった悪魔だったり、髪の毛が蛇のゴーゴンメデューサだったり。もちろんCG処理されておりまして、リアルに作っているのですが、物語には直接関係ない、あくまで幻ですから、そいつらと戦うとかの場面はありません。SFXファン的には戦って欲しいのですが。
ってわけで、なんかすごく中途半端なサスペンス。サスペンスで走るなら悪魔とかは出て来なくていいし、娘の特殊能力もいらないんじゃないかって思いました。
さあて、次回は邦画。「おこげ」の登場でございます。


おこげ

1992年イントグループ映画製作委員会作品

監督 中島丈博

主演 清水美砂、村田雄浩、中原丈雄、深沢 敦


なんだかとっても微妙な映画。面白いんだか面白くないんだか最後までわからなかったです。

「おこげ」というんだそうです。同性愛者、「おかま」にくっつく女性のこと。おかまにくっつくからおこげ。へえ~って感じで見てましたが、自作小説の取材で知り合って、まだ交流のあるゲイの人にいわせると、「そんな人ありえへん」ってことらしいです。あと、彼曰く、ゲイの人は自分のことを「オカマ」とか「ホモ」とかは呼ばないらしい。「誇りをもってゲイと呼ぶ」らしいです。そんなんに誇りもつなよってつっこみましたが。ちなみに私が知ってるそういう人って女しゃべりする人ほとんどいません。ただし、ゲイバーとかに勤めている人は女しゃべりするみたいですね。
この映画のことは情報誌で『新しい愛の形を描く人間ドラマ』って紹介されていましたが、どこがどう新しいのかわからなかったです。同性愛そのものは古くは紀元前ギリシアローマあたりでも流行してたわけだし、戦国時代も同性愛あたりまえだったし。(ってその子が教えてくれました)
主人公清水さまは、友人家族と海水浴に出かけます。そのファミリーが行った海岸が、そういう趣味の人が集まる海岸、ゲイビーチだったってことで、清水さまはそこで口づけを交わすゲイのカップル、村田さまと中原さまと知り合います。清水さまは男性と交渉をもつことができないでいます。少女時代に父親にキスされたことがトラウマになっています。物語は清水さまと村田さまの肉体を介さない交流と、村田さまと中原さまの肉体を介する交流を並行して描きます。
って書いていっても、どこがこう面白いのかわかんない。でもなんかほのぼのとしちゃいました。不思議な映画です。ゲイの友人はどう思いながら見たんだろう。今度聞いてみます。
ちなみに映画でゲイバーのママを演じていた深沢 敦さまはその世界では有名なゲイの人。(らしいです)
さて次回はエディ・マーフィさまの「48時間」をご紹介します。 


48時間

1982年アメリカ映画

監督 ウォルター・ヒル

主演 ニック・ノルティ、エディ・マーフィ


今日とりあげる映画は「48時間」。

テレビショー「サタデー・ナイト・ライブ」で、マシンガントークで有名になった人気コメディアン、エディ・マーフィさまの映画デビュー作。でもこの作品ではまだまだ彼本来の面白さがでていないようです。エディ・マーフィさまそのもののキャラが爆発するのは「ビバリーヒルズ・コップ」あたりだと思うのですが。ニック・ノルティさまは同じウォルター・ヒル監督の「ダブル・ボーダー」のほうがかっこいいし。
というか、ニック・ノルティさまとエディ・マーフィさまという、強烈な二人の個性をうまく生かしきれなかったような、消化不良のような感覚が残ります。
冒頭、いきなり服役しているワルが仲間の手引きで脱走します。ノルティさまはかなりはみだし系の刑事。この脱走犯の元共犯者で、これまた刑務所に服役しているマーフィさまから情報を入手しようとします。しかしマーフィさまは、自分を仮出所させてくれたらその時間の中で犯人逮捕に協力すると言います。実はマーフィさま、脱走犯と組んでゲットした大金を隠していて、脱走犯が自由になってしまうとその金を持っていかれてしまうという事情があるわけです。かくして二人はマーフィさまの仮釈放「48時間」の間に脱走犯を逮捕せねばらならくなります。
「48時間」、原題も「48hours」なのに、タイトルのわりには「時間」そのものを表記してサスペンスを盛り上げようととかしていないですね。「24」とか「リング」みたいにはっきり時間を意識させたほうがよかったと思うのですが。
ちなみにエディ・マーフィさまが登場するシーンで、彼がヘッドホンステレオを聴きながら歌っていた曲は、今は大御所スティングさまがポリスでデビューした頃の曲「ロキサン」(本当はログズイーヌって表記が正解なんだろうなあ)です。ここらでも時代を感じてしまいます。
さてさて。次回はニコール・キッドマンさまの「誘う女」いきます。
 



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について