目次
はじめに
1~30
スピーシーズ・種の起源
ゲッタウェイ
悪魔のような女
ウエストサイド物語
アルマゲドン
ジャッジ・ドレッド
模倣犯
心の旅路
エレファントマン
MI2
クリムゾンリバー
エントラップメント
砦なき者
呪怨
ゴッドファーザー
グリース
リーサルウエポン3
破線のマリス
スターウォーズ・帝国の逆襲
ターミネーター
踊る大捜査線THE MOVIE2・レインボーブリッジを封鎖せよ
ナインハーフ
ターミネーター2
動乱
ターミネーター3
少林サッカー
ソドムの市
ダーティハリー
ゴッドファーザーパートⅡ
スターウォーズ
31~60
A.I.
オーシャンズ11
さくや妖怪伝
ダーティハリー2
LAコンフィデンシャル
雲霧仁左衛門
ダブルボーダー
イレイザー
悪魔を憐れむ歌
マキシマム・リスク
黄金の七人
妖怪大戦争
バットマン
バトル・ロワイアル
ザ・ロック
アマデウス
吉原炎上
バットマンリターンズ
ホワイトアウト
12モンキーズ
ザ・ワン
京極夏彦「怪」・七人みさき
バットマンフォーエバー
ロストボーイ
バーティカルリミット
シャークテイル
シックスセンス
シックスデイ
ゾンビ
13日の金曜日
61~90
催眠
オールザットジャズ
ホワイトナイツ/白夜
将軍家光の乱心・激突
あずみ
必殺
オリエント急行殺人事件
そして誰もいなくなった
犬神家の一族
理由
悪魔の手鞠歌
ルームメイト
ウインドトーカーズ
タップ
ナイル殺人事件
里見八犬伝
皇帝のいない八月
情婦
大脱走
ウイロー
半落ち
ブロークン・アロー
燃えよドラゴン
片腕ドラゴン
イヤー・オブ・ザ・ドラゴン
新生トイレの花子さん
ピースメイカー
僕の彼女を紹介します
エンゼルハート
ヒート
91~120
スカーフェース
ミッドナイトクロス
スターウォーズ・ジェダイの復讐
スパイダーマン2
暗殺者
フロム・ダスク・ティル・ドウン
裏窓
ロープ
スネーク・アイズ
エネミー・オブ・アメリカ
メン・イン・ブラック
メン・イン・ブラック 2
ジュラシック・パーク
ロスト・ワールド ジュラシック・パーク
ジュラシックパーク3
少女たちの遺言
ラスト・アクション・ヒーロー
レイダース・失われた聖櫃
ディープブルー
パルプフィクション
ブギーポップは笑わない
パラサイト・イヴ
炎の少女チャーリー
クロスファイア
座頭市
シャイニング
キャリー
女王蜂(ネタバレ注意)
白昼の死角
ウルフェン
121~150
ブレイド
ロミオ・マスト・ダイ
フライトナイト
十二人の怒れる男
狼男アメリカン
トワイライトゾーン・超次元の体験・第一話
E.T.
トワイライトゾーン・超次元の体験・第二話
ハウリング
トワイライトゾーン・超次元の体験・第三話
マッドマックス
トワイライトゾーン・超次元の体験・第四話
ハリー・ポッターと賢者の石
フライトナイト2 バンパイアの逆襲
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第一話 雪山
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第二話 携帯忠臣蔵
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第三話 チェス
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第四話 結婚シミュレーター
ブレイド2
ジェイコブス・ラダー
危険な情事
ゲーム
プラトーン
インビジブル
エボリューション
フラットライナーズ
セブン
エイリアン3
パニック・ルーム
サドン・デス
スターウォーズ・エピソード2・クローンの攻撃
ペリカン文書
レッド・サン
シルミド
グレムリン
ダイヤルM
151~180
劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション・烈空の訪問者デオキシス
タワーリング・インフェルノ
ブルース・ブラザーズ
ウルトラマンティガ・ファイナルオデッセイ
レインメイカー
海猫
フェイス・オフ
トゥームレイダー
ゴッドファーザー PARTⅢ
ふたり
スターゲイト
ウォータ-ボーイズ
少林寺
スターウォーズ・エピソードⅢ・シスの復讐
キス・オブ・ザ・ドラゴン
親指スターウォーズ
親指タイタニック
タイタニック
ウォール街
スペース・バンパイア
ラストサマー
ダイハード3
火垂るの墓
マトリックス
イージー・ライダー
ラスト・ワルツ
レイジング・ブル
ラストサマー2
仁義なき戦い
仁義なき戦い・広島死闘編
181~210
仁義なき戦い・代理戦争
仁義なき戦い・頂上作戦
仁義なき戦い・完結編
GODZILLA・ゴジラ
その後の仁義なき戦い
機動戦士ガンダム
機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編
機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
ポルターガイスト
ウルフ
ザ・フォッグ
チャイルド・プレイ
ダイナソー
トリック・劇場版
K-19
着信アリ
直撃地獄拳・大逆転
ア・ホーマンス
スパイ・ライク・アス
ブレス・ザ・チャイルド
おこげ
48時間
誘う女
ゴジラVSキングギドラ
ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ・光の国の戦士たち
アサシン
ニキータ
キンダーガートン・コップ
男たちの挽歌
魔女の宅急便
211~220
8mm
トゥモロー・ネバー・ダイ
黄泉がえり
バック・トゥ・ザ・フューチャー
D.N.A.
ザ・リング
レプリカント
東京タワー
ガメラⅢ・邪神(イリス)覚醒
明日に向かって撃て
インターバル

閉じる


<<最初から読む

201 / 228ページ

トリック・劇場版

2002年トリック劇場版製作委員会・テレビ朝日・東宝作品

監督 堤 幸彦

主演 仲間由紀恵、阿部 寛、野際陽子、山下真司、芳本美代子、生瀬勝敏、竹中直人、ベンガル、石橋蓮司、伊武雅刀


「池袋ウエストゲートパーク」「ハンドク」「ケイゾク」などで根強い人気の堤 幸彦監督の連続ドラマの劇場版です。

売れないマジシャンの仲間さま。超常現象なんてありえないという大学教授阿部さま。刑事生瀬さま。マジシャン山田=仲間さまの母・野際さまなどなどレギュラー組はそのままです。
超エリートたちの集まりで「徳川家の隠し財産」が隠されているらしいことがわかり、エリートたちはその力を駆使してその財宝の行方を追います。何故かエリートたちと一緒にいたのが上田教授=阿部さま。

財宝が見つかったらムフフなどと考えております。自らの本の出版の取材で糸節村を訪れた上田はそこで山田=仲間さまと出会う。彼女は「村が滅びる」といった伝説に縛られ、不安な毎日を過ごしている村人たちの前で「神」を名乗って村は滅びないとか言って、村民を勇気づけてほしいと、そういった青年団(山下さま・芳本さま)の依頼で糸節村へ行っております。

仲間さまは村人の前で奇跡(マジック)を見せて彼らの信頼を勝ち得るって計画を立てていたのですが、仲間さまと同じように三人のマジシャン(竹中さま・ベンガルさま・石橋さま)が神候補として現れております。

仲間さま、本当の神を名乗りつづけるために三人のマジシャンとマジック対決をすることに。

実は阿部さまと合流した仲間さま、阿部さまの言葉から「徳川家の隠し財宝」がこの糸節村にあることを見抜いています。財宝を手に入れるために何とかして「神」として認められなければならない。阿部さま・仲間さまは果たして「神」と認められるのでしょうか。そして財宝を手に入れることができるのでしょうか。
ドラマの軽さはそのままに、トリックと複雑な物語設定がグレードアップ。しかし物語の尺の長さと製作費が最高のトリックたり得るってことにはならないようで。トリックの面白さでいうと、もっと面白いものがありましたです。
もっととんでもないトリックを期待していたのですが。ちょっと残念でした。
さて、次回はハリソン・フォードさま主演の「K19」です


K-19

2002年アメリカ映画

監督 キャスリン・ビグロー

主演 ハリソン・フォード、リーアム・ニーソン、ピーター・サースガード


製作総指揮がハリソン・フォードさま。

最近はプロデュース業もやられてるんですなあ。驚きました。
1961年、ソ連の原子力潜水艦K19の物語。艦長に任命されたのはボストリコフ=フォードさま。副艦長のポレーニン=ニーソンさまは前艦長。軍のえらいさんたちが出席する訓練で失態を演じ、替わってやってきたフォードさまが自分の上にやってきたもんで当然、対立します。ニーソンさまは設備や整備が問題で戦える状態ではないと主張します。しかしフォードさまは乗組員の士気の問題だと思っているようです。強引なフォードさまの指示に従い、クルーたちはつぎつぎと困難な訓練をこなしていきます。しかし潜水艦の原子炉に異常が発生、艦内に放射能による汚染が広がり、原子炉の爆発という最悪の事態が予想される状況になります。乗組員たちは必死に原子炉の修理を試みます。
やたら冷たいフォードさま。部下をかばっておたおたするニーソンさま。こんな上司おったわなあ、なんて思い出してしまいました。当然私はニーソンさまの肩をもちますねえ。ほんま、いややなあ。こんな上司。

最後にはいい話になって終わるわけですが、私の嫌いな上司も最後にまともな人になっていただきたかったですが。その人、今でもその会社におられるはずです。元同僚の皆様、心よりお見舞い申し上げます。幸せになってね。
次回は柴咲コウさま主演の「着信アリ」です。


着信アリ

2003年「着信アリ」製作委員会作品

監督 三池崇史

主演 柴咲コウ、堤 真一、吹石一恵、石橋蓮司、岸谷五朗


「着信アリ」のご紹介です。

ある日、自分の携帯に自分の携帯から着信が入る。着信日時は数分から数日先。電話の向こうからは自分の叫び声。きゃああああ。とりあえずありえない。しかしその人、その時間(数分先から数時間先のその着信履歴にあった時間)に、携帯の留守録に残っているのと同じ言葉を残して死んでしまうわけです。自分自身からの死の予告電話。こわいこわい。
柴咲さまは女子大生。合コンとかで携帯番号ヘラヘラしながら交換するような、フツーの子です。柴咲さまの友人の一人に変な電話がかかります。自分の携帯から。着信日時は二日後。その二日後、その子は死んでしまう。死ぬ直前の彼女は誰かに電話をかける。アドレスデータの中から次の犠牲者が選ばれます。おおこわい。柴咲さまの周囲に現れる謎の男、堤さま。彼の妹はこの一連の「死の予告電話」の犠牲になっています。やがて柴咲さまの親友、吹石さまに予告の電話。そしてそれが噂になってしまって、「呪われた彼女の命を救え」みたいなテレビ番組に出演することになって、でも結局吹石さまは死んでしまって、その直後柴咲さまの電話が鳴って…
物語中盤、病院の場面あたりから「ジェットコースターホラー」みたいな感じになります。ショックシーンの連続。見ていて疲れるくらいドッキリシーンが続きます。でもここらから先、あちこちにあからさまに張られた伏線を処理するためだけの話づくりになっちゃったようなのが残念。

えっとねえ。「リング」の場合は個々の事件と事件の原因について、かなりうまく処理できていました。「呪怨」も、劇場版ビデオ版どちらもそのへんの処理ができていたように思うんですね。物語的な必然性というか、物語の適正なベクトルの向きと大きさというか。
「ボイス」見たときにも思いましたが、今回の作品も「電話をかけていた霊」がそこまでしてやりたかったこと、つたえたかったこと、やって欲しかったことは何なのかがよく見えてこなかったです。ホラーだから必ずしもそのへん厳密にしなくてもいいんだろうけど。
さあて。次回は千葉真一さま主演の「直撃地獄拳・大逆転」をご紹介します。


直撃地獄拳・大逆転

1974年東映作品

監督 石井輝男

主演 千葉真一、郷 鍈治、佐藤 允、中島ゆたか、志穂美悦子、丹波哲郎、安岡力也。ゲスト出演が山城新吾、嵐  寛寿郎


カルト的な人気を誇る石井輝男監督の名作(?)でございます。しかし。うむむ。面白いのか面白くないのかよくわからないですなあ。ギャグは全般的にお下劣です。下ネタがすごく多い。タランティーノさまやジョン・ウーさまなんかは石井監督のことをかなり評価しているようです。アホっぽくていいんだけど、それはちゃうやろって感じが否めない。いいように言うと、チャウ・シンチーさまの「少林サッカー」みたときの感じ。ありえねーって感じ。
パンチされて目玉が飛び出したり、腹部パンチで内臓はみだしたり、殴られて首が一回転したり、とにかくとんでもない。
甲賀忍者の血をひく千葉さま。保険会社の依頼で、宝石強奪事件にかかわることになります。相棒は金庫破りの郷さま、元刑事の佐藤さま、あとルパンでいう峰不二子キャラの中島さま。強奪された宝石を取り戻すはずが、ドジを踏んだために犯人に逃げられてしまいます。強奪された依頼主は保険会社を通さずに独自に犯人と接触。宝石を取り戻すためにかかった費用を保険会社に請求してきます。保険会社のえらいさんが丹波さま。その秘書が志穂美さま。千葉さまらはこの筋書きがちょっとおかしいと思いはじめます。案の定、依頼主はマフィアの一味で、宝石強奪は仕組まれたもの。なんや、保険金詐欺やないの。

怒った千葉さまたちは、ミッション・インポッシブル真っ青のアクロバットでマフィアのアジトから宝石を盗む計画をたてます。
さてさてどうなることやら。千葉さま・志穂美さまときてアクションがでてこないわけがない。後半は悶絶スーパーアクション炸裂です。それなりにけっこう楽しめました。でも好きな世界ではないなあ。
次回は松田優作さま監督・主演「ア・ホーマンス」です。


ア・ホーマンス

1986年東映映画

監督 松田優作

主演 松田優作、石橋 凌、手塚理美、片桐竜次、ポール牧、小林稔持


かなり昔に見た映画です。封切りを見に行きましたから三十年近く前になってしまうんですね。劇団時代。そのころ私は小学校巡演班におりまして、名古屋の小学校まわっているときにオフの日があって、この映画と「悪魔のいけにえ2」の二本立て見に行きました。しかしどんな組み合わせやねん。
新宿の街が舞台です。でも我々が知っている新宿ではないような気がします。なんか無国籍というか、無機質というか、そんな街として描かれています。

松田さまが演じるのは、そんな新宿にフラリとやってきた過去の記憶を持たない男。自分たちのシマに突然現れた謎の男の存在に脅威を感じ、彼に近づくはみだしやくざが石橋さま。二人はやがてお互いに友情のようなものを感じはじめます。石橋さまの組の組長は対立する組織に撃たれてしまいます。組のナンバー2のポール牧さまは報復をせずに、その組織との手打ちばかりを考え、石橋さまの気持ちは少しずつ組から離れていきます。やがて悲劇が起こり、そしてクライマックス。詳細を書けないのが残念。強烈なラストが用意されております。
私が役者・石橋 凌さまを見たのはこれが最初。皆様ご存知だと思いますが、石橋さまは「魂こがして」「ノクターンクラブ」などのヒットを飛ばしたロックバンドARBのヴォーカリストでございます。今ではハリウッドスターですよね。重松清さま原作のNHKドラマ「ビタミンF」での「ゲンコツおやじ」の演技は忘れられません。あと、亡くなったポール牧さまの存在感がすごい。惜しい人を亡くしました。
おおそうじゃった。松田優作さまが監督・主演です。こうやって作品を見ると、この人の才能も素晴らしいものだったんだなあって思います。この人も早すぎる死が惜しまれます。
次回はジョン・ランディス監督の「スパイ・ライク・アス」です。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について