目次
はじめに
1~30
スピーシーズ・種の起源
ゲッタウェイ
悪魔のような女
ウエストサイド物語
アルマゲドン
ジャッジ・ドレッド
模倣犯
心の旅路
エレファントマン
MI2
クリムゾンリバー
エントラップメント
砦なき者
呪怨
ゴッドファーザー
グリース
リーサルウエポン3
破線のマリス
スターウォーズ・帝国の逆襲
ターミネーター
踊る大捜査線THE MOVIE2・レインボーブリッジを封鎖せよ
ナインハーフ
ターミネーター2
動乱
ターミネーター3
少林サッカー
ソドムの市
ダーティハリー
ゴッドファーザーパートⅡ
スターウォーズ
31~60
A.I.
オーシャンズ11
さくや妖怪伝
ダーティハリー2
LAコンフィデンシャル
雲霧仁左衛門
ダブルボーダー
イレイザー
悪魔を憐れむ歌
マキシマム・リスク
黄金の七人
妖怪大戦争
バットマン
バトル・ロワイアル
ザ・ロック
アマデウス
吉原炎上
バットマンリターンズ
ホワイトアウト
12モンキーズ
ザ・ワン
京極夏彦「怪」・七人みさき
バットマンフォーエバー
ロストボーイ
バーティカルリミット
シャークテイル
シックスセンス
シックスデイ
ゾンビ
13日の金曜日
61~90
催眠
オールザットジャズ
ホワイトナイツ/白夜
将軍家光の乱心・激突
あずみ
必殺
オリエント急行殺人事件
そして誰もいなくなった
犬神家の一族
理由
悪魔の手鞠歌
ルームメイト
ウインドトーカーズ
タップ
ナイル殺人事件
里見八犬伝
皇帝のいない八月
情婦
大脱走
ウイロー
半落ち
ブロークン・アロー
燃えよドラゴン
片腕ドラゴン
イヤー・オブ・ザ・ドラゴン
新生トイレの花子さん
ピースメイカー
僕の彼女を紹介します
エンゼルハート
ヒート
91~120
スカーフェース
ミッドナイトクロス
スターウォーズ・ジェダイの復讐
スパイダーマン2
暗殺者
フロム・ダスク・ティル・ドウン
裏窓
ロープ
スネーク・アイズ
エネミー・オブ・アメリカ
メン・イン・ブラック
メン・イン・ブラック 2
ジュラシック・パーク
ロスト・ワールド ジュラシック・パーク
ジュラシックパーク3
少女たちの遺言
ラスト・アクション・ヒーロー
レイダース・失われた聖櫃
ディープブルー
パルプフィクション
ブギーポップは笑わない
パラサイト・イヴ
炎の少女チャーリー
クロスファイア
座頭市
シャイニング
キャリー
女王蜂(ネタバレ注意)
白昼の死角
ウルフェン
121~150
ブレイド
ロミオ・マスト・ダイ
フライトナイト
十二人の怒れる男
狼男アメリカン
トワイライトゾーン・超次元の体験・第一話
E.T.
トワイライトゾーン・超次元の体験・第二話
ハウリング
トワイライトゾーン・超次元の体験・第三話
マッドマックス
トワイライトゾーン・超次元の体験・第四話
ハリー・ポッターと賢者の石
フライトナイト2 バンパイアの逆襲
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第一話 雪山
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第二話 携帯忠臣蔵
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第三話 チェス
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第四話 結婚シミュレーター
ブレイド2
ジェイコブス・ラダー
危険な情事
ゲーム
プラトーン
インビジブル
エボリューション
フラットライナーズ
セブン
エイリアン3
パニック・ルーム
サドン・デス
スターウォーズ・エピソード2・クローンの攻撃
ペリカン文書
レッド・サン
シルミド
グレムリン
ダイヤルM
151~180
劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション・烈空の訪問者デオキシス
タワーリング・インフェルノ
ブルース・ブラザーズ
ウルトラマンティガ・ファイナルオデッセイ
レインメイカー
海猫
フェイス・オフ
トゥームレイダー
ゴッドファーザー PARTⅢ
ふたり
スターゲイト
ウォータ-ボーイズ
少林寺
スターウォーズ・エピソードⅢ・シスの復讐
キス・オブ・ザ・ドラゴン
親指スターウォーズ
親指タイタニック
タイタニック
ウォール街
スペース・バンパイア
ラストサマー
ダイハード3
火垂るの墓
マトリックス
イージー・ライダー
ラスト・ワルツ
レイジング・ブル
ラストサマー2
仁義なき戦い
仁義なき戦い・広島死闘編
181~210
仁義なき戦い・代理戦争
仁義なき戦い・頂上作戦
仁義なき戦い・完結編
GODZILLA・ゴジラ
その後の仁義なき戦い
機動戦士ガンダム
機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編
機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
ポルターガイスト
ウルフ
ザ・フォッグ
チャイルド・プレイ
ダイナソー
トリック・劇場版
K-19
着信アリ
直撃地獄拳・大逆転
ア・ホーマンス
スパイ・ライク・アス
ブレス・ザ・チャイルド
おこげ
48時間
誘う女
ゴジラVSキングギドラ
ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ・光の国の戦士たち
アサシン
ニキータ
キンダーガートン・コップ
男たちの挽歌
魔女の宅急便
211~220
8mm
トゥモロー・ネバー・ダイ
黄泉がえり
バック・トゥ・ザ・フューチャー
D.N.A.
ザ・リング
レプリカント
東京タワー
ガメラⅢ・邪神(イリス)覚醒
明日に向かって撃て
インターバル

閉じる


<<最初から読む

197 / 228ページ

ウルフ

1994年アメリカ映画

監督 マイク・ニコルズ

主演 ジャック・ニコルソン


怪優、ジャック・ニコルソンさま主演の狼男映画。封切り当初、ロードショー案内を見ただけで「この映画見たーい」って思ったのをよく覚えております。

なんだかんだで時間があわず、映画館で見るタイミングを外してしまいまして、ビデオリリースされてすぐにレンタルで見たことだけを覚えております。しかししかししかし。うむむ。
私的にはアカデミー賞俳優ジャック・ニコルソンさまが、どういう狼男演技を見せてくれるのかってすごく楽しみだったんですが、あまりたいしたことなかったです。って書いてしまっていいのでしょうか。
ジャック・ニコルソンさまといえば、「シャイニング」で亡霊にとりつかれておお暴れする役をやってるし、「バットマン」存在そのものが悪、みたいな怪人を演じておりました。ってことで、なんか見飽きております。この人のバケモノ演技。

それくらい「シャイニング」と「バットマン」の演技が強烈で印象深かったってことになりますが。でも狼男ものにしてみればもっといくらでも面白い作品ありますから、採点は辛くなってしまいます。
まあ主演が天下のジャック・ニコルソンさまですから、見て損はしないと思いますが、あまり深いメッセージとかは込められていないような気がします。
さあて。次回は、「ザ・フォッグ」のご紹介です。


ザ・フォッグ

1979年アメリカ映画

監督 ジョン・カーペンター

主演 エイドリアン・バーボー、ハル・ホルブルック


ジョン・カーペンターさまといえば、ハロウィンシリーズだったでしょうか。

なんか、ホラー好きを卒業してからかなり時間が経つので、わからなくなってきちゃった。

私がホラー好きになった理由はご説明しましたでしょうかね。大学生の頃、特殊メイクアーティストになりたかったんですよ。

ロブ・ボーティンさまとか、トム・サビーニさまとか、スクリーミング・マッド・ジョージさまだとかの。

特殊メイクだけを見る感じでホラーばっかり見てた時期とかもありましたです。ジョン・カーペンターさま作品というと、特殊メイク的にはあまり評価は高くない作品が多いかな。どちらかというとシチュエーションで恐がらせるタイプの監督さんだって印象があります。作風でいうとダリオ・アルジェントさま系かな。ジョージ・A・ロメロさまは特殊メイクを大事にしますけど。ま、ええか。「ザフォッグ」の話。
霧とともに「奴ら」がやってくる。100年前に難破した船の乗組員たちが、亡霊となって街の人々に復讐します。なぜ亡霊がこの街にやってくるのかという謎解きが、ホラーシチュエーションと並行して描かれます。霧とともに現れる亡霊。それだけでけっこういけてる状況ですわなあ。
出演者の一人、ハル・ホルブルックさまはあの「ダーティーハリー2」でイヤな上司を演じていた人。その後、刑事コロンボの作家リンクさま&レビンソンさま作の単発ドラマで印象的な演技をしておりました。
さて、次回は「チャイルド・プレイ」のご紹介です。
 


チャイルド・プレイ

1988年アメリカ映画

監督 トム・ホランド

主演 アレックス・ビンセント、キャサリン・ヒックス、クリス・サランドン、ブラッド・ドゥーリフ


「フライト・ナイト」のトム・ホランド監督の作品。

主人公(?)のチャッキーはこの作品でジェイソン(13金)・フレディ(エルム街)・マイケル(ハロウィン)クラスの人気ホラーキャラになります。ド外道の殺人犯が死んでしまいます。しかしその魂が人形に乗り移ってしまいます。かくして、かわいい人形の顔して性格が殺人犯で、しかも包丁持って勝手に動き回る人形が生まれます。

ってことで、「フライト・ナイト」同様、この作品は特殊メイクよりもSFXに重点が置かれたホラーってことになりますわなあ。ごっつい形相して、包丁持って追いかけてくるチャッキーってキャラは、夢に見るほど強烈で恐い。この作品があまりにすごかったので、この「チャイルド・プレイ」はシリーズ化されます。
さて、次回は「ダイナソー」でございます。
 


ダイナソー

2000年アメリカ映画

監督 ラルフ・ソンダグ、エリック・ソンダグ

声の出演(吹き替え) 袴田吉彦、江角マキコ


ここ数年のディズニーのアニメのクオリティの高さは目をみはるばかりですね。ディズニー作品が始めてコンピューター画像に進出したのは「トロン」だったと思います。当時はビデオで作成したCGアニメをフィルムに焼き直してやっていたそうです。今はどうしているのでしょうか。実写の背景に全く違和感なくCGアニメの恐竜を乗せる技術は素晴らしいと、素直に驚きましたです。
物語の舞台は6500万年前の白亜紀の世界。地球に巨大な隕石が飛来します。あたりは焼き払われ、恐竜たちは住み処を追われ、新天地を求めて旅にでることになります。主人公はイグアノドンのアラダー(袴田さま)。

彼はキツネザルに育てられた恐竜。新天地を求めて旅に出ることになります。その途中で、イグアノドンの群れと出会い、彼らの言う「伝説の楽園」を目指します。
CGの恐竜なのに一匹一匹に表情があって、顔もそれぞれ違う。最近のCG技術ってこんなに凄いんや、と素直にびっくりです。でもまあ、爬虫類なのにこんな口の動きかたはせんやろ、とつっこんでしまいそうになりました。とにかく、なごやかな気分で家族で楽しめる一本です。
次回は「トリック劇場版」をご紹介します。
 


トリック・劇場版

2002年トリック劇場版製作委員会・テレビ朝日・東宝作品

監督 堤 幸彦

主演 仲間由紀恵、阿部 寛、野際陽子、山下真司、芳本美代子、生瀬勝敏、竹中直人、ベンガル、石橋蓮司、伊武雅刀


「池袋ウエストゲートパーク」「ハンドク」「ケイゾク」などで根強い人気の堤 幸彦監督の連続ドラマの劇場版です。

売れないマジシャンの仲間さま。超常現象なんてありえないという大学教授阿部さま。刑事生瀬さま。マジシャン山田=仲間さまの母・野際さまなどなどレギュラー組はそのままです。
超エリートたちの集まりで「徳川家の隠し財産」が隠されているらしいことがわかり、エリートたちはその力を駆使してその財宝の行方を追います。何故かエリートたちと一緒にいたのが上田教授=阿部さま。

財宝が見つかったらムフフなどと考えております。自らの本の出版の取材で糸節村を訪れた上田はそこで山田=仲間さまと出会う。彼女は「村が滅びる」といった伝説に縛られ、不安な毎日を過ごしている村人たちの前で「神」を名乗って村は滅びないとか言って、村民を勇気づけてほしいと、そういった青年団(山下さま・芳本さま)の依頼で糸節村へ行っております。

仲間さまは村人の前で奇跡(マジック)を見せて彼らの信頼を勝ち得るって計画を立てていたのですが、仲間さまと同じように三人のマジシャン(竹中さま・ベンガルさま・石橋さま)が神候補として現れております。

仲間さま、本当の神を名乗りつづけるために三人のマジシャンとマジック対決をすることに。

実は阿部さまと合流した仲間さま、阿部さまの言葉から「徳川家の隠し財宝」がこの糸節村にあることを見抜いています。財宝を手に入れるために何とかして「神」として認められなければならない。阿部さま・仲間さまは果たして「神」と認められるのでしょうか。そして財宝を手に入れることができるのでしょうか。
ドラマの軽さはそのままに、トリックと複雑な物語設定がグレードアップ。しかし物語の尺の長さと製作費が最高のトリックたり得るってことにはならないようで。トリックの面白さでいうと、もっと面白いものがありましたです。
もっととんでもないトリックを期待していたのですが。ちょっと残念でした。
さて、次回はハリソン・フォードさま主演の「K19」です



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について