目次
はじめに
1~30
スピーシーズ・種の起源
ゲッタウェイ
悪魔のような女
ウエストサイド物語
アルマゲドン
ジャッジ・ドレッド
模倣犯
心の旅路
エレファントマン
MI2
クリムゾンリバー
エントラップメント
砦なき者
呪怨
ゴッドファーザー
グリース
リーサルウエポン3
破線のマリス
スターウォーズ・帝国の逆襲
ターミネーター
踊る大捜査線THE MOVIE2・レインボーブリッジを封鎖せよ
ナインハーフ
ターミネーター2
動乱
ターミネーター3
少林サッカー
ソドムの市
ダーティハリー
ゴッドファーザーパートⅡ
スターウォーズ
31~60
A.I.
オーシャンズ11
さくや妖怪伝
ダーティハリー2
LAコンフィデンシャル
雲霧仁左衛門
ダブルボーダー
イレイザー
悪魔を憐れむ歌
マキシマム・リスク
黄金の七人
妖怪大戦争
バットマン
バトル・ロワイアル
ザ・ロック
アマデウス
吉原炎上
バットマンリターンズ
ホワイトアウト
12モンキーズ
ザ・ワン
京極夏彦「怪」・七人みさき
バットマンフォーエバー
ロストボーイ
バーティカルリミット
シャークテイル
シックスセンス
シックスデイ
ゾンビ
13日の金曜日
61~90
催眠
オールザットジャズ
ホワイトナイツ/白夜
将軍家光の乱心・激突
あずみ
必殺
オリエント急行殺人事件
そして誰もいなくなった
犬神家の一族
理由
悪魔の手鞠歌
ルームメイト
ウインドトーカーズ
タップ
ナイル殺人事件
里見八犬伝
皇帝のいない八月
情婦
大脱走
ウイロー
半落ち
ブロークン・アロー
燃えよドラゴン
片腕ドラゴン
イヤー・オブ・ザ・ドラゴン
新生トイレの花子さん
ピースメイカー
僕の彼女を紹介します
エンゼルハート
ヒート
91~120
スカーフェース
ミッドナイトクロス
スターウォーズ・ジェダイの復讐
スパイダーマン2
暗殺者
フロム・ダスク・ティル・ドウン
裏窓
ロープ
スネーク・アイズ
エネミー・オブ・アメリカ
メン・イン・ブラック
メン・イン・ブラック 2
ジュラシック・パーク
ロスト・ワールド ジュラシック・パーク
ジュラシックパーク3
少女たちの遺言
ラスト・アクション・ヒーロー
レイダース・失われた聖櫃
ディープブルー
パルプフィクション
ブギーポップは笑わない
パラサイト・イヴ
炎の少女チャーリー
クロスファイア
座頭市
シャイニング
キャリー
女王蜂(ネタバレ注意)
白昼の死角
ウルフェン
121~150
ブレイド
ロミオ・マスト・ダイ
フライトナイト
十二人の怒れる男
狼男アメリカン
トワイライトゾーン・超次元の体験・第一話
E.T.
トワイライトゾーン・超次元の体験・第二話
ハウリング
トワイライトゾーン・超次元の体験・第三話
マッドマックス
トワイライトゾーン・超次元の体験・第四話
ハリー・ポッターと賢者の石
フライトナイト2 バンパイアの逆襲
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第一話 雪山
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第二話 携帯忠臣蔵
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第三話 チェス
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第四話 結婚シミュレーター
ブレイド2
ジェイコブス・ラダー
危険な情事
ゲーム
プラトーン
インビジブル
エボリューション
フラットライナーズ
セブン
エイリアン3
パニック・ルーム
サドン・デス
スターウォーズ・エピソード2・クローンの攻撃
ペリカン文書
レッド・サン
シルミド
グレムリン
ダイヤルM
151~180
劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション・烈空の訪問者デオキシス
タワーリング・インフェルノ
ブルース・ブラザーズ
ウルトラマンティガ・ファイナルオデッセイ
レインメイカー
海猫
フェイス・オフ
トゥームレイダー
ゴッドファーザー PARTⅢ
ふたり
スターゲイト
ウォータ-ボーイズ
少林寺
スターウォーズ・エピソードⅢ・シスの復讐
キス・オブ・ザ・ドラゴン
親指スターウォーズ
親指タイタニック
タイタニック
ウォール街
スペース・バンパイア
ラストサマー
ダイハード3
火垂るの墓
マトリックス
イージー・ライダー
ラスト・ワルツ
レイジング・ブル
ラストサマー2
仁義なき戦い
仁義なき戦い・広島死闘編
181~210
仁義なき戦い・代理戦争
仁義なき戦い・頂上作戦
仁義なき戦い・完結編
GODZILLA・ゴジラ
その後の仁義なき戦い
機動戦士ガンダム
機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編
機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
ポルターガイスト
ウルフ
ザ・フォッグ
チャイルド・プレイ
ダイナソー
トリック・劇場版
K-19
着信アリ
直撃地獄拳・大逆転
ア・ホーマンス
スパイ・ライク・アス
ブレス・ザ・チャイルド
おこげ
48時間
誘う女
ゴジラVSキングギドラ
ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ・光の国の戦士たち
アサシン
ニキータ
キンダーガートン・コップ
男たちの挽歌
魔女の宅急便
211~220
8mm
トゥモロー・ネバー・ダイ
黄泉がえり
バック・トゥ・ザ・フューチャー
D.N.A.
ザ・リング
レプリカント
東京タワー
ガメラⅢ・邪神(イリス)覚醒
明日に向かって撃て
インターバル

閉じる


<<最初から読む

192 / 228ページ

その後の仁義なき戦い

1979年東映作品

監督 工藤栄一

主演 根津甚八、原田美枝子、宇崎竜堂、松崎しげる、松方弘樹、小池朝雄、成田三樹夫、小松方正


この映画は封切り映画館で見ましたから三十年くらい前のことになりますねえ。中学生か高校生くらいだった思います。友人と映画を見に行こうってことになって、友人たちは「ビッグ・ウェンズデー」見たいって言って、私はこの映画と松田優作さまの「俺たちに墓はない」の二本立て見たいっていって、結局映画館の前でわかれて一人で見た記憶があります。

出演者のなかでも、小池さま・成田さま・小松さまはもう故人ですし、「俺たちに墓はない」の松田さま・志賀 勝さまも故人です。なんか時の流れを感じてしまいますです。
なんかタイトルから「仁義なき戦い」シリーズとして、深作監督のシリーズと同列に語られてしまいがちですが、全く別物。ヤクザの世界を描いてはおりますが、実録抗争ものではなく、ヤクザという世界を背景にした青春映画だと思ってもらったらいいです。世界としては金子監督の「ちんぴら」とか「ちょうちん」なんかに近いような気がします。
ヤクザの世界に身をおく若者、根津さま・松崎さま・宇崎さまの三人の友情と青春、そして死を情感をこめて描きます。最初に命を落とす宇崎さまの最後がリアルに哀れだったり、松崎さまがキャバレーで歌ってそれが芸能スカウトの目にとまり、歌手としてデビューしたり。

だんだんと落ちぶれていく根津さまが松崎さまに金を借りに訪れ、スター松崎さまが狼狽するとか。根津さまの末路はなんだか前衛的に処理されています。しかしあくまでも工藤監督のメインテリトリーであるテレビ的な処理だったような気がします。
とりあえず、「仁義なき戦い」シリーズとしてではなく、シリーズとは全く別ものの青春ヤクザ映画として見ていただければいいかと思います。


機動戦士ガンダム

1981年日本サンライズ作品

監督 富野由悠季

声の出演 古谷 徹、池田秀一、鈴木洋孝


いまだにディープなファンをもつ「機動戦士ガンダム」の映画版です。初オンエアのときはあんまり評価されなかったアニメですが、再放送を重ねるたびに人気があがっていき、遂に映画化。それと前後して作品に登場したモビルスーツ(まあ人が乗り込んで操縦するロボットですな)のプラモデルも強烈な品切れ状態が続く事態となりました。ちなみに私が好きなモビルスールはマ・クベ将軍のギャンでございます。
えっと、人類は宇宙に進出します。人工のスペースコロニーってのを浮かべ、そこで生活そしております。そんな世界で戦争が起こる。コロニーの一つが独立を宣言し、ジオン公国を建国します。物語はそんな世界で進みます。ジオン軍に攻め込まれたコロニーの民間人たち。ジオンの目的はそのコロニーに寄港していた地球連邦の宇宙戦艦ホワイトベースと、開発されたモビルスーツ。

アムロという名の少年が今にも破壊されようとしているモビルスーツに乗り込み、敵を粉砕します。ジオンの攻撃でホワイトベースのクルーのほとんどが活動不能となり、ホワイトベースは新兵と訓練兵、さらに民間人の少年少女らだけで出港することになります。物語はホワイトベースの大気圏突入、そして着陸地から大陸を横断しながら、南米の補給基地に向かう彼らを描きます。
ジオン側の国王の息子、ガルマ・ザビが登場するのはこのエピソードのみ。次回はもう少し登場人物を紹介していきましょうね。
次回は「機動戦士ガンダム・哀戦士編」をご紹介します。


機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編

1981年日本サンライズ作品

監督 富野由悠季

声の出演 古谷徹、池田秀一、鈴木洋孝


前回ご紹介した「機動戦士ガンダム」の第二弾です。前作で大気圏に突入した戦艦ホワイトベース。戦いの中で敵将ガルマ・ザビを倒し、ジオン軍から弔い合戦を仕掛けられます。ここでちょこっとキャラ紹介しときましょうね。主人公はアムロ・レイ。ガンダムのパイロットです。ロボットアニメの主人公のわりに甘ちゃんでわがまま。彼は実は民間人組。このアムロの幼馴染がフラウ・ボウ。モビルスーツ・ガンキャノンのパイロットはカイ。ガンタンクのパイロットはハヤト。みんな民間人組。

あと、テキパキ系美少女セイラやブリッジを任されることになるミライも民間人です。最初から軍人だったのは艦長代行のブライトとパイロット、リュウくらいのものでしょうか。この他に補給部隊のマチルダ、その婚約者のウッディあたりが主要キャラ。
ジオン軍の攻撃はけっこう熾烈。ランバ・ラル、ハモン、シャアなんかが次々と攻撃してきます。戦いのなかでマチルダ・リュウ・ウッディなどが犠牲になります。戦いながらホワイトベースは南米の補給基地に向かい、補給を受けたあと、新たなる戦場、宇宙へ。

物語は第三作「めぐりあい宇宙編」へ続きます。


機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編

1982年日本サンライズ作品

監督 富野由悠季

声の出演 古谷徹、池田秀一、鈴木洋孝


「機動戦士ガンダム」の第三弾です。戦艦ホワイトベースは再び宇宙へ。今回は敵軍ジオンのキャラ紹介。

ジオン公国の国王はデギン・ザビ。長男ギレン、次男ドズル、長女キシリア、三男ガルマ。第一部で戦士したのはこの三男。ガルマの親友はシャア。彼はガルマが死んだときに彼を守りきれなかった罪で左遷されておりました。しかし第二作の後半でキシリアの計らいで戦列復帰。

シャアにはドラマがありまして、実は彼はジオン公国の開祖、ジオン・ダイクンの息子で、本名はキャスバル・レム・ダイクンでございます。ちなみにシャアの妹は民間人からホワイトベースクルーに登用されたセイラです。

ジオン・ダイクンから王位を奪ったのがザビ家でございまして、シャアはザビ家に復讐をしようとしているわけであります。

さてさて、シャアがある施設から引き取ってきたのがララア。ララアはニュータイプ。ニュータイプっていうのはエスパーみたいなものでしょうか。勘が鋭い、予知能力がある、人によっては念動力を使ってレーザー砲台を動かして攻撃できたりもします。そしてニュータイプ同士は交感することができる。シャア、アムロも実はニュータイプ。そして第三部の最大のヤマ場はアムロとララアの敵味方を超えた交流の物語であったりするわけで。さらにさらに、シャアのザビ家への復讐物語とか、ミライとホワイトベースクルーの中尉の恋愛物語だったりとか、とにかくこれまでの話の中での細かい設定がすべて集約されていくような作りになっております。後半一気に物語が動くのは、初回オンエア時に低視聴率が原因で放送打ち切りになったかららしいです。
しかしながら、劇場版制作にあたって新たに書き加えられたシーンだとか書き直されたシーンなんかもあって、テレビシリーズファンも楽しめる内容になっております。
さてさて、次回は、「ポルターガイスト」でございます。


ポルターガイスト

1982年アメリカ映画

監督 トビー・フーパー

主演 クレイグ・T・ネルソン、ジョベス・ウィリアムズ、ヘザー・オルーク、B・ストレート


カテゴリーとしては文句なしにホラー映画に入るべきなんでしょうが、それほど怖くない。むしろサスペンスアドベンチャーみたいな仕上がりになっています。前にも書きましたが、なんせ「悪魔のいけにえ」のトビーフパーが監督で、しかもタイトルが「ポルターガイスト」だもんで。

やっぱり製作総指揮のスピルバーグ様の影響でございましょうか。
ネルソンーさまは住宅販売会社の超有能セールスマン。とんでもない成績あげたごほうびに、会社から邸宅をドカンとプレゼントされます。さあそこからが恐い恐い世界の始まり始まり。娘のヘザー・オルークさまがテレビのオンエア終了後の砂嵐の画面をじっと見てたり、いきなり家が揺れたり。
特に印象に残っているシーンは、ピエロの人形のシーンですね。この場面はホラー・サスペンス映画のショックシーンばかりを集めた映画「ザッツショック」(そのまんまやんけ)でもとりあげられていました。

クライマックス・シーンのショック映像はイマイチ。作り物まるだしだったので、あんまり盛り上がらなかったです。
主演の子役、ヘザー・オルークさまはこのシリーズの第三作を撮り終えた後、急死しました。

そういう意味では呪われた映画でもあります。

さあて。次回は「ウルフ」です。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について