目次
はじめに
1~30
スピーシーズ・種の起源
ゲッタウェイ
悪魔のような女
ウエストサイド物語
アルマゲドン
ジャッジ・ドレッド
模倣犯
心の旅路
エレファントマン
MI2
クリムゾンリバー
エントラップメント
砦なき者
呪怨
ゴッドファーザー
グリース
リーサルウエポン3
破線のマリス
スターウォーズ・帝国の逆襲
ターミネーター
踊る大捜査線THE MOVIE2・レインボーブリッジを封鎖せよ
ナインハーフ
ターミネーター2
動乱
ターミネーター3
少林サッカー
ソドムの市
ダーティハリー
ゴッドファーザーパートⅡ
スターウォーズ
31~60
A.I.
オーシャンズ11
さくや妖怪伝
ダーティハリー2
LAコンフィデンシャル
雲霧仁左衛門
ダブルボーダー
イレイザー
悪魔を憐れむ歌
マキシマム・リスク
黄金の七人
妖怪大戦争
バットマン
バトル・ロワイアル
ザ・ロック
アマデウス
吉原炎上
バットマンリターンズ
ホワイトアウト
12モンキーズ
ザ・ワン
京極夏彦「怪」・七人みさき
バットマンフォーエバー
ロストボーイ
バーティカルリミット
シャークテイル
シックスセンス
シックスデイ
ゾンビ
13日の金曜日
61~90
催眠
オールザットジャズ
ホワイトナイツ/白夜
将軍家光の乱心・激突
あずみ
必殺
オリエント急行殺人事件
そして誰もいなくなった
犬神家の一族
理由
悪魔の手鞠歌
ルームメイト
ウインドトーカーズ
タップ
ナイル殺人事件
里見八犬伝
皇帝のいない八月
情婦
大脱走
ウイロー
半落ち
ブロークン・アロー
燃えよドラゴン
片腕ドラゴン
イヤー・オブ・ザ・ドラゴン
新生トイレの花子さん
ピースメイカー
僕の彼女を紹介します
エンゼルハート
ヒート
91~120
スカーフェース
ミッドナイトクロス
スターウォーズ・ジェダイの復讐
スパイダーマン2
暗殺者
フロム・ダスク・ティル・ドウン
裏窓
ロープ
スネーク・アイズ
エネミー・オブ・アメリカ
メン・イン・ブラック
メン・イン・ブラック 2
ジュラシック・パーク
ロスト・ワールド ジュラシック・パーク
ジュラシックパーク3
少女たちの遺言
ラスト・アクション・ヒーロー
レイダース・失われた聖櫃
ディープブルー
パルプフィクション
ブギーポップは笑わない
パラサイト・イヴ
炎の少女チャーリー
クロスファイア
座頭市
シャイニング
キャリー
女王蜂(ネタバレ注意)
白昼の死角
ウルフェン
121~150
ブレイド
ロミオ・マスト・ダイ
フライトナイト
十二人の怒れる男
狼男アメリカン
トワイライトゾーン・超次元の体験・第一話
E.T.
トワイライトゾーン・超次元の体験・第二話
ハウリング
トワイライトゾーン・超次元の体験・第三話
マッドマックス
トワイライトゾーン・超次元の体験・第四話
ハリー・ポッターと賢者の石
フライトナイト2 バンパイアの逆襲
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第一話 雪山
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第二話 携帯忠臣蔵
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第三話 チェス
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第四話 結婚シミュレーター
ブレイド2
ジェイコブス・ラダー
危険な情事
ゲーム
プラトーン
インビジブル
エボリューション
フラットライナーズ
セブン
エイリアン3
パニック・ルーム
サドン・デス
スターウォーズ・エピソード2・クローンの攻撃
ペリカン文書
レッド・サン
シルミド
グレムリン
ダイヤルM
151~180
劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション・烈空の訪問者デオキシス
タワーリング・インフェルノ
ブルース・ブラザーズ
ウルトラマンティガ・ファイナルオデッセイ
レインメイカー
海猫
フェイス・オフ
トゥームレイダー
ゴッドファーザー PARTⅢ
ふたり
スターゲイト
ウォータ-ボーイズ
少林寺
スターウォーズ・エピソードⅢ・シスの復讐
キス・オブ・ザ・ドラゴン
親指スターウォーズ
親指タイタニック
タイタニック
ウォール街
スペース・バンパイア
ラストサマー
ダイハード3
火垂るの墓
マトリックス
イージー・ライダー
ラスト・ワルツ
レイジング・ブル
ラストサマー2
仁義なき戦い
仁義なき戦い・広島死闘編
181~210
仁義なき戦い・代理戦争
仁義なき戦い・頂上作戦
仁義なき戦い・完結編
GODZILLA・ゴジラ
その後の仁義なき戦い
機動戦士ガンダム
機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編
機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
ポルターガイスト
ウルフ
ザ・フォッグ
チャイルド・プレイ
ダイナソー
トリック・劇場版
K-19
着信アリ
直撃地獄拳・大逆転
ア・ホーマンス
スパイ・ライク・アス
ブレス・ザ・チャイルド
おこげ
48時間
誘う女
ゴジラVSキングギドラ
ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ・光の国の戦士たち
アサシン
ニキータ
キンダーガートン・コップ
男たちの挽歌
魔女の宅急便
211~220
8mm
トゥモロー・ネバー・ダイ
黄泉がえり
バック・トゥ・ザ・フューチャー
D.N.A.
ザ・リング
レプリカント
東京タワー
ガメラⅢ・邪神(イリス)覚醒
明日に向かって撃て
インターバル

閉じる


<<最初から読む

187 / 228ページ

仁義なき戦い・広島死闘編

1973年東映作品

監督 深作欣二

主演 菅原文太、北大路欣也、金子信夫、千葉真一、成田三樹夫


この作品は「仁義なき戦い」の第二部ではありますが、物語の筋的には番外っぽい話になります。このへんの裏事情は「笠原和夫シナリオ集」なんかに詳しいです。
「仁義なき戦い」第一部が製作され、すぐさま第二部の企画がスタートします。しかし有名な「広島戦争」を正面から描くのはためらわれる。で、深作監督と笠原さまとで相談して、闇市時代の伝説のヒットマンというか狂犬というか、そういう存在だった男を主人公に作品を作ったのがこの作品です。

山中=北大路さまは、元特攻隊の死に損ないみたいな人だったらしいです。しかし東映の製作サイドの意向で第一部でやった闇市の再現は予算の関係で勘弁してほしいということになり、さらに主人公の広能=菅原さまを出さないわけにはいかないので、そもそものモデルとは別の世代の人になってしまいました。ってことは山中の背負う戦争の影が希薄になり、そのためにキャラが不鮮明になったようです。この男を、「お国のために死に損なって、その死に場所を探してヤクザの世界に迷い込んだ」みたいな構造で見直すとわかりやすかったのですが、映画ではほとんど線キレの殺人マシンでございました。
えっと。若くてキレやすい男、山中=北大路さま。飯場(えっと、建築現場のことです)のメシ屋で無銭飲食。金がないから働いて返すという。店のねえちゃんが「金はええから出て行ってくれ」というと、「わしゃあ乞食じゃあないき」って暴れる。飯場を管理していた大友=千葉さまにボコボコにされ、以来大友の命をつけねらう。冷静に考えるととんでもない話です。でもこの大友てえのがすごい荒くれなんで、観客は北大路さまに肩入れするわけですな。広能=菅原さまも要所要所に出てくるんですが、「必然性ないんとちゃうのん?」みたいな感じ。山中はヒットマンとして重宝され、しかしやがて抗争の駒として使い捨てにされます。最後は逃げ込んだ町すべてが警官隊に包囲され、民家で拳銃自殺するという悲惨な結末です。
粗い画面のフィルムを使った夜のシーンが、妙に生々しくて印象に残っております。
でもまあ、ねえ。どうなんやろ。良い意味でも悪い意味でも「第二弾」って感じです。
次回は「仁義なき戦い・代理戦争」のご紹介です。
 


仁義なき戦い・代理戦争

1973年東映作品

監督 深作欣二

主演 菅原文太、小林 旭、金子信夫、成田三樹夫、梅宮辰夫、松方弘樹、田中邦衛


名脚本家・笠原和夫さまが、いやだいやだと言いながら逃げ回っていた「広島戦争」を題材にやれ、と東映からの指示をうけて書き上げたシナリオを、アクション職人・深作監督が見事に作品に仕上げました。「広島戦争」を二作にわけて描けってのは東映製作部からの指示だったようです。ってことで、この作品だけはいかにも「続く」みたいな終わりかたをします。
代理戦争ってのはねえ、んっと。むかしで言う、北ベトナムと南ベトナムの戦争みたいなものを言うんでようなあ。あれってアメリカと旧ソ連の代理戦争だったわけでしょ?これも同じ。戦争するのは、広能=菅原さま・打本=加藤武さま一派と山森=金子さま・武田=小林さま・槇原=田中さま。この二派でございます。しかし広能側には神戸の有力組織が、山森側には広島の有力組織がついて、神戸側組織の広島進出とそれを阻みたい広島側、みたいな図式もあるわけです。神戸側のえらいさん役で梅宮辰兄いさまが眉をそって登場。おなじく松方さまのお父さんが肺病を患う広能の舎弟役で再登場。二人とも一部で死んだ人ですからねえ。ゾンビみたい。

このエピソードあたりになりますと、主役のみなさんそれぞれに組を構えるくらいになっておりますので、直接抗争には参加しません。その分、渡瀬恒彦さまなんかの当時の若手ががんばっています。小林 旭さま、成田三樹夫さまがすごくいいです。成田さまこんなにかっこよかったんですよ。私世代の人でも「探偵物語」の成田さましかしらない人多いけど。
さて、次回は「仁義なき戦い・頂上作戦」のご紹介です。
 


仁義なき戦い・頂上作戦

1974年東映作品

監督 深作欣二

主演 菅原文太、小林 旭、金子信夫、梅宮辰夫、松方弘樹、田中邦衛、山城新吾、宍戸 錠


「広島戦争」の後半部分。とにかく抗争・抗争。暴力沙汰のオンパレードでございます。

広能=菅原さまと組んでいた打本=加藤 武さまは次第に腰がひけはじめています。山森=金子さまのほうも、武田=小林さまが中心になって戦争を指揮しております。戦争の激化を黙って見ている警察ではありません。警察は頂上作戦にでて、暴力組織の解体をはかります。頂上作戦ってのは、抗争の駒となった容疑者を逮捕するんじゃなくて、組長クラスを「凶器準備集合罪」だとか「殺人教唆」とかの罪で逮捕すること。

アル・カポネが告発されたのが脱税だったって話と似ているような気がします。今でこそ「暴対法」とかが整備され、組織暴力への対応ができるようになりましたが、当時はこれくらいしか「頂上作戦」の材料がなかったような気がしますね。

ラストシーンがとにかく良いです。広能=菅原さまと武田=小林さまはともに「頂上作戦」で逮捕されます。冬の拘置所。裸足にスリッパ履きで、細かく足を動かして寒さをこらえる広能と武田。命を狙いあっていた二人が拘置所で再会します。そこで交わされる寒々とした会話。「自分達はもう戦うことはできない。口だけ達者になって文句を言うだけだ」そう語り合う。命がけで戦いつづけてきた二人のヤクザの、これが到達点ということでしょうか。
菅原さま・小林さまがいいですね。おおそうだった。前作でまた死んでしまった松方さま、今度は眉をつぶして線キレのヤクザを怪演しておられます。

あと、前作から登場の大友勝利。第二作で千葉真一さまが演じておられたこの極悪キャラ、宍戸 錠さまが円熟したキレキレヤクザを演じておられます。それはそれで必見かもしれません。
次回はいよいよ最終作「仁義なき戦い・完結編」のご紹介です。


仁義なき戦い・完結編

1974年東映作品

監督 深作欣二

主演 菅原文太、北大路欣也、小林 旭、金子信夫、梅宮辰夫、松方弘樹、田中邦衛、山城新吾、宍戸 錠


シリーズでこの作品のみ脚本が笠原和夫さまではなく、高田宏治さまです。だからかどうかわかりませんが、ちょっと流れる空気がこの作品だけ違うように感じるのは私だけでしょうか。
前作「頂上作戦」でヤクザとして生き続けることの限界を感じた広能=菅原さまと武田=小林さま。それぞれがそれぞれの形で自分のヤクザ人生に幕をひこうとします。小林さまは若い世代(北大路さま)に組の全権を託し、引退しようと考えています。しかしそれには抗争相手、菅原さまと手打ちをしなければならない。小林さまは菅原さまにカタギになるよう申し入れます。ちょうど時を同じくして、菅原さまはかわいがっていた若い舎弟を抗争で亡くしたりして、引退を決意します。自分の子分たちを仲の良い上部組織の人間に託して引退ってことになります。しかしねえ、またいろいろとあるわけです。自分の影響力を残したまま引退したい勢力とか、敵対勢力とかが北大路さまの新親分襲名を阻もうとする。第一部からずっと登場してきた主要キャストなんかが襲撃されたりしてバタバタやられたりします。

結局暴力の連鎖は止まらないわけで、この襲撃が次の抗争の火種になっていくんだろうなあ、みたいな終わりかたをします。
これまで全然書かなかったですが、この「仁義なき戦い」シリーズでは、広島の原爆ドームが非常に象徴的な使われかたをしています。舞台となる広島の象徴なのか、暴力の象徴なのか、広能らを生んだ戦争の象徴なのか。彼らの生きかたを対比させるための「戦後」の象徴なのか。まあそれはそれぞれに考えてシリーズを通しての深作監督のメッセージを読み取っていただきたいと思います。


GODZILLA・ゴジラ

1998年アメリカ映画

監督 ローランド・エメリッヒ

主演 マシュー・ブレデリック、ジャン・レノ


「USAゴジラ」のご紹介です。この「USAゴジラ」、地上波初オンエアのとき、ハワイ沖で日本の船舶系高校の実習船が米軍潜水艦と衝突するって事件がありまして、オンエアが延期になりました。

物語前半でゴジラが船を沈没させる場面があったので、不適当と判断されたようです。
物語はねえ、普通にゴジラ。放射能の影響で巨大化したイグアナ(だろうなあ)が、アメリカに上陸します。で、そいつを退治しようとする物語。

ブレデリックさまは生物学者。彼が持っていたゴジラのデータが、彼女のテレビレポーターの手に流れてしまって、ブレデリックさまはゴジラ討伐チームから外されてしまいます。しかしその後、ゴジラが妊娠(!)していることに気づき、フランスから秘密裏に派遣されてきた特殊部隊のレノさまとゴジラの巣を探しにいくことになります。

ゴジラ素早すぎ。ジャンプとかするし。ちょっとちゃうやろって思いながらみんな見てたんじゃないでしょうか。

のっしのっしって感じが欲しいですよね。ゴジラなんだから。大量に孵化したミニゴジラ。日本のもののようにミニラだとかゴジラジュニアみたいなキャラではありません。例えていうなら、そう、ジュラシックパークのヴェロキラプトル。中盤はほとんどジュラシックパークみたいなノリの映画になります。およよ。
こういう映画はあんまり面倒なこと考えずに、キャハキャハ言いながら見たほうがいいかもしれませんね。
さて次回は「その後の仁義なき戦い」いきます。
 



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について