目次
はじめに
1~30
スピーシーズ・種の起源
ゲッタウェイ
悪魔のような女
ウエストサイド物語
アルマゲドン
ジャッジ・ドレッド
模倣犯
心の旅路
エレファントマン
MI2
クリムゾンリバー
エントラップメント
砦なき者
呪怨
ゴッドファーザー
グリース
リーサルウエポン3
破線のマリス
スターウォーズ・帝国の逆襲
ターミネーター
踊る大捜査線THE MOVIE2・レインボーブリッジを封鎖せよ
ナインハーフ
ターミネーター2
動乱
ターミネーター3
少林サッカー
ソドムの市
ダーティハリー
ゴッドファーザーパートⅡ
スターウォーズ
31~60
A.I.
オーシャンズ11
さくや妖怪伝
ダーティハリー2
LAコンフィデンシャル
雲霧仁左衛門
ダブルボーダー
イレイザー
悪魔を憐れむ歌
マキシマム・リスク
黄金の七人
妖怪大戦争
バットマン
バトル・ロワイアル
ザ・ロック
アマデウス
吉原炎上
バットマンリターンズ
ホワイトアウト
12モンキーズ
ザ・ワン
京極夏彦「怪」・七人みさき
バットマンフォーエバー
ロストボーイ
バーティカルリミット
シャークテイル
シックスセンス
シックスデイ
ゾンビ
13日の金曜日
61~90
催眠
オールザットジャズ
ホワイトナイツ/白夜
将軍家光の乱心・激突
あずみ
必殺
オリエント急行殺人事件
そして誰もいなくなった
犬神家の一族
理由
悪魔の手鞠歌
ルームメイト
ウインドトーカーズ
タップ
ナイル殺人事件
里見八犬伝
皇帝のいない八月
情婦
大脱走
ウイロー
半落ち
ブロークン・アロー
燃えよドラゴン
片腕ドラゴン
イヤー・オブ・ザ・ドラゴン
新生トイレの花子さん
ピースメイカー
僕の彼女を紹介します
エンゼルハート
ヒート
91~120
スカーフェース
ミッドナイトクロス
スターウォーズ・ジェダイの復讐
スパイダーマン2
暗殺者
フロム・ダスク・ティル・ドウン
裏窓
ロープ
スネーク・アイズ
エネミー・オブ・アメリカ
メン・イン・ブラック
メン・イン・ブラック 2
ジュラシック・パーク
ロスト・ワールド ジュラシック・パーク
ジュラシックパーク3
少女たちの遺言
ラスト・アクション・ヒーロー
レイダース・失われた聖櫃
ディープブルー
パルプフィクション
ブギーポップは笑わない
パラサイト・イヴ
炎の少女チャーリー
クロスファイア
座頭市
シャイニング
キャリー
女王蜂(ネタバレ注意)
白昼の死角
ウルフェン
121~150
ブレイド
ロミオ・マスト・ダイ
フライトナイト
十二人の怒れる男
狼男アメリカン
トワイライトゾーン・超次元の体験・第一話
E.T.
トワイライトゾーン・超次元の体験・第二話
ハウリング
トワイライトゾーン・超次元の体験・第三話
マッドマックス
トワイライトゾーン・超次元の体験・第四話
ハリー・ポッターと賢者の石
フライトナイト2 バンパイアの逆襲
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第一話 雪山
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第二話 携帯忠臣蔵
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第三話 チェス
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第四話 結婚シミュレーター
ブレイド2
ジェイコブス・ラダー
危険な情事
ゲーム
プラトーン
インビジブル
エボリューション
フラットライナーズ
セブン
エイリアン3
パニック・ルーム
サドン・デス
スターウォーズ・エピソード2・クローンの攻撃
ペリカン文書
レッド・サン
シルミド
グレムリン
ダイヤルM
151~180
劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション・烈空の訪問者デオキシス
タワーリング・インフェルノ
ブルース・ブラザーズ
ウルトラマンティガ・ファイナルオデッセイ
レインメイカー
海猫
フェイス・オフ
トゥームレイダー
ゴッドファーザー PARTⅢ
ふたり
スターゲイト
ウォータ-ボーイズ
少林寺
スターウォーズ・エピソードⅢ・シスの復讐
キス・オブ・ザ・ドラゴン
親指スターウォーズ
親指タイタニック
タイタニック
ウォール街
スペース・バンパイア
ラストサマー
ダイハード3
火垂るの墓
マトリックス
イージー・ライダー
ラスト・ワルツ
レイジング・ブル
ラストサマー2
仁義なき戦い
仁義なき戦い・広島死闘編
181~210
仁義なき戦い・代理戦争
仁義なき戦い・頂上作戦
仁義なき戦い・完結編
GODZILLA・ゴジラ
その後の仁義なき戦い
機動戦士ガンダム
機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編
機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
ポルターガイスト
ウルフ
ザ・フォッグ
チャイルド・プレイ
ダイナソー
トリック・劇場版
K-19
着信アリ
直撃地獄拳・大逆転
ア・ホーマンス
スパイ・ライク・アス
ブレス・ザ・チャイルド
おこげ
48時間
誘う女
ゴジラVSキングギドラ
ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ・光の国の戦士たち
アサシン
ニキータ
キンダーガートン・コップ
男たちの挽歌
魔女の宅急便
211~220
8mm
トゥモロー・ネバー・ダイ
黄泉がえり
バック・トゥ・ザ・フューチャー
D.N.A.
ザ・リング
レプリカント
東京タワー
ガメラⅢ・邪神(イリス)覚醒
明日に向かって撃て
インターバル

閉じる


<<最初から読む

180 / 228ページ

火垂るの墓

1988年新潮社作品

監督 高畑勲

原作 野坂昭如

声の出演 辰巳 努、白石綾乃、山口朱美、端田宏三、酒井雅代、野崎佳積、松岡与志雄

 

一時期、毎年のように終戦記念日前後にオンエアされていた傑作アニメです。最近はBSとかで放送されているのでしょうね。
空襲で母を失った清一と節子の幼い兄弟が、必死で生き抜こうとする姿を描いた感動作。

母を失った兄妹は親戚を頼りますが、戦時中のことです。露骨に邪険にされる。二人の配給物資も横取りされます。二人が「お国のために働いていない」という理由で。

やがて二人は親戚宅を出て、防空壕で暮らしはじめます。餓えや病気と戦いながら、それでも必死に生きようとします。涙ちょちょ切れ。戦時中を描きながら戦闘場面は出てきません。あの戦争の本土大空襲は戦闘行為ではなく一方的な攻撃でしたからね。

あの戦争での「銃後」を描いている作品だからこそ共感を得ることができるのでしょうね。
原作の野坂昭如先生について少し。野坂先生は、戦時中神戸に疎開されていたそうです。その神戸で野坂先生とよく遊んでいた(いじめていた、でしょうか)のが父や叔父。

父や叔父の会話の中にときどきノザカって人の名前が出てきていたのですが、それが野坂先生だとは高校生くらいになるまでわからなかったです。父の本棚に野坂先生の神戸大空襲を題材にした小説があったことが思い出されます。
もひとつプチネタ。この作品は神戸が舞台。だから登場人物たちは関西弁を話します。そこで大阪のベテラン役者さんたちが声優として参加されることになったようです。

声の出演欄の端田先生。若い頃直接演技指導をしてくださったり、お酒の席で親しくお話してくださったりしていただいた人ですが、実はこの人、関西では五本の指に入るような実力派俳優さんです。当時の教授はそんなこと知らずにヘラヘラしてましたが。この映画の声の出演欄見るたびに端田先生のこと思い出します。
さて次回は「マトリックス」です。


マトリックス

1999年アメリカ映画

監督 アンディ・ウォシャウスキー

主演 キアヌ・リーブス、ローレンス・フィッシュバーン


こいつは書くの難しい作品でしてね。

見られた人はおわかりかと思いますが、物語が多重構造で入り組んでおります。えっとね、重力の法則を無視して、壁を足がかりに空中で回転したり、とんでもない距離をジャンプしたりする人の一団がいるとしなせえ。そしてその一団を追う黒スーツ黒サングラスの男達がいます。逃げる一団追う一団、どっちも超人。この人たちどうしてこんなことができるのよ、って思ったところから物語が始まります。

主人公のネオ=リーブスさまはふとしたことからこの二つのグループの戦いに巻き込まれてしまいます。平穏だった彼の日常は粉々に粉砕されてしまう。黒サングラスの一団に拉致されてわけのわからんまま体内に発信機しかけられたりします。わけわからん。で、重力を無視した女の人がいる集団に招かれます。で、そこで色々と作中の世界のカラクリを知ることになります。なんとこの世界の我々の毎日は仮想現実で、われわれは夢の中を現実として認識しているのだ、とリーダーのフィッシュバーンさまからそういう説明を受ける。

そういう世界の物語。真の現実は未来社会のカプセルの中であるなんて、すごくどんよりしてしまいますねえ。ってことは我々が現実と認識しているこの世界で派手に撃ち合いとかやっても、現実世界ではその間寝ているだけ。こういう作品世界での物語でございます。静と動のギャップがけっこう面白いです。しかしこの作品、仮想現実なんだから何でもあり。これぞ特撮班の腕のみせどころ。
アクションがかなりいいです。それだけ見たくて何度もビデオ見ましたです。とくに後半のキアヌ・リーブスさまはすごくいいです。マジかっこええ。必見でございます。
さて次回は「イージー・ライダー」のご紹介でございます。


イージー・ライダー

1969年アメリカ映画

監督 デニス・ホッパー

主演 ピーター・フォンダ、デニス・ホッパー、ジャック・ニコルソン


60年代から70年代にかけて映画に革命を起こした「アメリカン・ニューシネマ」。そのムーブメントの中心的名作がこの「イージー・ライダー」でございます。若き監督のデニス・ホッパーさま、主演俳優のピーター・フォンダさまにジャック・ニコルソンさま、そしてもちろん役者としてのデニス・ホッパーさま。彼らを一線級の役者に持ち上げたのがこの作品でございます。
バイクでアメリカを走るフォンダさまとホッパーさま。やがて彼らの仲間にニコルソンさまが加わる。

ロックとバイク。そしてマリファナ。そんな彼らの行動は一部の住民たちにとっては目障りなものでしかなく、彼らはやがて暴力をもって排除されることになります。
中盤から後半にかけて急速に救いがなく、暗く、重い内容になります。これがアメリカン・ニューシネマ世代が抱えていた「病んだアメリカ」に対する不安のあらわれなのでしょうか。私がこの作品のシナリオを読んだのは小学生のころ。さらにこの映画を最初に見たのも小学生時代か、中学生のころでした。

わかるわけないっつーの。そんな深いところなんて。

ロックを理解できない少年時代の私は、勝手にこの作品に「わけのわからない映画」の烙印を押して、記憶の向こうに追いやっていましたです。まあ当然でしょうね。今見たら全然違う印象持つでしょうね。今の私はこの映画のバックで流れるザ・バンドもステッペン・ウルフもジミヘンも知ってるし。
さて次回は「ラスト・ワルツ」をご紹介しましょう。 


ラスト・ワルツ

1978年アメリカ映画

監督 マーティン・スコセッシ

主演 ザバンド(ロビー・ロバートソン、リック・ダンコ、レヴォン・ヘルム、リチャード・マニュエル、ガース・ハドソン)、ドクター・ジョン、ニール・ヤング、リンゴ・スター、ジョニ・ミッチェル、ボブ・ディラン、マディ・ウォータース、ニール・ダイアモンド、ロン・ウッド、エリック・クラプトン


1976年(だったかなあ。映画公開の二年くらい前だったって記憶があるんですが)に行われたザ・バンドの解散コンサートの模様のライブフィルム。名匠マーティン・スコセッシ監督が、メンバーに直接インタビュー。その様子も収録されています。
ザ・バンドってウエストコースト系の音になるんでしょうか。なんか、都会系の音じゃない、田舎系の音のイメージが強いバンドです。この映画見るまではバンドの曲って「ザ・ウェイト」と「ステージ・フライト」くらいしか知らなかったです。それにしてもすげえゲストです。長いバンド活動の集大成の日に集まったのは長豪華アーティスト。誰がどんな曲歌ったか覚えていないくらいすごい。確かニール・ヤングさまは「ヘルプレス」、ニール・ダイアモンドさまは「ドライ・ユア・アイズ」を歌ってました。ジョニ・ミッチェルは歌っている場面は鮮明に覚えているんだけど、何だっけ。「コヨーテ」だったかなあ。
圧巻はゲストみんなで歌う「アイ・シャル・ビー・リリースド」。ザ・バンドのファンじゃなくても楽勝で感動できますよ。
映画から数年経って、メンバーの一人が言っていたそうですが、映画関係の話はロビー・ロバートソンさまとスコセッシ監督が二人で進めていたらしく、ロビーさま以外のメンバーは蚊帳の外みたいな撮影だったようです。ってことで、どうしてもロビーさまがええかっこしてしまう内容になってしまったようです。まあそういうこともあるんでしょうね。
さあて、次回のコラムは…
「レイジング・ブル」のご紹介です。


レイジング・ブル

1980年アメリカ映画

監督 マーティン・スコセッシ

主演 ロバート・デ・ニーロ、ジョー・ペシ


「ゴッドファーザー・パート2」で若き日のドン・コルレオーネを演じ、アカデミー助演男優賞を獲得したデ・ニーロさまが、今度は主演男優賞を見事勝ち得た作品です。マーロン・ブランドさまが強烈な演技を見せたドン・コルレオーネ。その青年時代だから、ブランドさまが演じたコルレオーネのイメージを大事にしながら演じなければなりません。デ・ニーロさまはみごとにそれをやってのけたわけです。

みんな「誰や、この役者」みたいな感じでした。スコセッシ監督の名作『タクシー・ドライバー』を経てデ・ニーロさまはこの作品にめぐりあいます。実在のボクシング世界ミドル級チャンピオン、ジェイク・ラモッタを演じます。作品冒頭でいきなり唖然とします。「誰、これ」みたいな感じ。現実のジェイク・ラモッタのフィルムかと思いました。これがデ・ニーロさまだってわかってさらに唖然。デ・ニーロさ、あは、四ヶ月で二十キロ以上も体重を増やしたそうです。役者魂やなあ。でもこのままおでぶさん俳優になってまうんや、デ・ニーロさまって。そう思ってたら次の作品でまた元のデ・ニーロさまに戻ってたからさらにびっくり。デ・ニーロさま伝説の名演技です。

デ・ニーロさまはこのあと「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」でもう一回、今度はフケデブにチャレンジしてくれております。さてさて、デ・ニーロさまの太る痩せるだけがクローズアップされてしまいがちなこの作品ですが、スコセッシ監督のボクシングシーンの息がつまるような演出も素晴らしいし、とても面白い作品にしあがっております。古い映画ですが、ゆっくりと堪能していただきたい一本です。
さて次回は…「ラストサマー2」をご紹介です。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について