目次
はじめに
1~30
スピーシーズ・種の起源
ゲッタウェイ
悪魔のような女
ウエストサイド物語
アルマゲドン
ジャッジ・ドレッド
模倣犯
心の旅路
エレファントマン
MI2
クリムゾンリバー
エントラップメント
砦なき者
呪怨
ゴッドファーザー
グリース
リーサルウエポン3
破線のマリス
スターウォーズ・帝国の逆襲
ターミネーター
踊る大捜査線THE MOVIE2・レインボーブリッジを封鎖せよ
ナインハーフ
ターミネーター2
動乱
ターミネーター3
少林サッカー
ソドムの市
ダーティハリー
ゴッドファーザーパートⅡ
スターウォーズ
31~60
A.I.
オーシャンズ11
さくや妖怪伝
ダーティハリー2
LAコンフィデンシャル
雲霧仁左衛門
ダブルボーダー
イレイザー
悪魔を憐れむ歌
マキシマム・リスク
黄金の七人
妖怪大戦争
バットマン
バトル・ロワイアル
ザ・ロック
アマデウス
吉原炎上
バットマンリターンズ
ホワイトアウト
12モンキーズ
ザ・ワン
京極夏彦「怪」・七人みさき
バットマンフォーエバー
ロストボーイ
バーティカルリミット
シャークテイル
シックスセンス
シックスデイ
ゾンビ
13日の金曜日
61~90
催眠
オールザットジャズ
ホワイトナイツ/白夜
将軍家光の乱心・激突
あずみ
必殺
オリエント急行殺人事件
そして誰もいなくなった
犬神家の一族
理由
悪魔の手鞠歌
ルームメイト
ウインドトーカーズ
タップ
ナイル殺人事件
里見八犬伝
皇帝のいない八月
情婦
大脱走
ウイロー
半落ち
ブロークン・アロー
燃えよドラゴン
片腕ドラゴン
イヤー・オブ・ザ・ドラゴン
新生トイレの花子さん
ピースメイカー
僕の彼女を紹介します
エンゼルハート
ヒート
91~120
スカーフェース
ミッドナイトクロス
スターウォーズ・ジェダイの復讐
スパイダーマン2
暗殺者
フロム・ダスク・ティル・ドウン
裏窓
ロープ
スネーク・アイズ
エネミー・オブ・アメリカ
メン・イン・ブラック
メン・イン・ブラック 2
ジュラシック・パーク
ロスト・ワールド ジュラシック・パーク
ジュラシックパーク3
少女たちの遺言
ラスト・アクション・ヒーロー
レイダース・失われた聖櫃
ディープブルー
パルプフィクション
ブギーポップは笑わない
パラサイト・イヴ
炎の少女チャーリー
クロスファイア
座頭市
シャイニング
キャリー
女王蜂(ネタバレ注意)
白昼の死角
ウルフェン
121~150
ブレイド
ロミオ・マスト・ダイ
フライトナイト
十二人の怒れる男
狼男アメリカン
トワイライトゾーン・超次元の体験・第一話
E.T.
トワイライトゾーン・超次元の体験・第二話
ハウリング
トワイライトゾーン・超次元の体験・第三話
マッドマックス
トワイライトゾーン・超次元の体験・第四話
ハリー・ポッターと賢者の石
フライトナイト2 バンパイアの逆襲
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第一話 雪山
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第二話 携帯忠臣蔵
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第三話 チェス
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第四話 結婚シミュレーター
ブレイド2
ジェイコブス・ラダー
危険な情事
ゲーム
プラトーン
インビジブル
エボリューション
フラットライナーズ
セブン
エイリアン3
パニック・ルーム
サドン・デス
スターウォーズ・エピソード2・クローンの攻撃
ペリカン文書
レッド・サン
シルミド
グレムリン
ダイヤルM
151~180
劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション・烈空の訪問者デオキシス
タワーリング・インフェルノ
ブルース・ブラザーズ
ウルトラマンティガ・ファイナルオデッセイ
レインメイカー
海猫
フェイス・オフ
トゥームレイダー
ゴッドファーザー PARTⅢ
ふたり
スターゲイト
ウォータ-ボーイズ
少林寺
スターウォーズ・エピソードⅢ・シスの復讐
キス・オブ・ザ・ドラゴン
親指スターウォーズ
親指タイタニック
タイタニック
ウォール街
スペース・バンパイア
ラストサマー
ダイハード3
火垂るの墓
マトリックス
イージー・ライダー
ラスト・ワルツ
レイジング・ブル
ラストサマー2
仁義なき戦い
仁義なき戦い・広島死闘編
181~210
仁義なき戦い・代理戦争
仁義なき戦い・頂上作戦
仁義なき戦い・完結編
GODZILLA・ゴジラ
その後の仁義なき戦い
機動戦士ガンダム
機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編
機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
ポルターガイスト
ウルフ
ザ・フォッグ
チャイルド・プレイ
ダイナソー
トリック・劇場版
K-19
着信アリ
直撃地獄拳・大逆転
ア・ホーマンス
スパイ・ライク・アス
ブレス・ザ・チャイルド
おこげ
48時間
誘う女
ゴジラVSキングギドラ
ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ・光の国の戦士たち
アサシン
ニキータ
キンダーガートン・コップ
男たちの挽歌
魔女の宅急便
211~220
8mm
トゥモロー・ネバー・ダイ
黄泉がえり
バック・トゥ・ザ・フューチャー
D.N.A.
ザ・リング
レプリカント
東京タワー
ガメラⅢ・邪神(イリス)覚醒
明日に向かって撃て
インターバル

閉じる


<<最初から読む

171 / 228ページ

スターウォーズ・エピソードⅢ・シスの復讐

2005年アメリカ映画

監督 ジョージ・ルーカス

主演 ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ヘイデン・クリステンセン、イアン・マクダーミド、サミュエル・L・ジャクソン、クリストファー・リー


大人気シリーズの最終エピソードでございます。しかしながら前作までの物語展開を全て踏まえ、その上で後半三部作につなげなければならないって制約がありまして、なんともおさまりの悪いお話になってしまっております。

というか、このクラスの映画になると、ホームランでなければ納得できないですよね。二塁打でも三塁打でも満足できない。そういう意味では前作のエピソード2(クローンの攻撃)が場外ホームランだったので、となると前回と同程度のホームランでも不満が残る。しかたないですよね。
映画が始まるとすでに戦争が始まっております。前作での分離主義者=ドロイド軍と共和国軍=クローン軍の戦争。この戦争でクローン軍の指導者、パルパディーン議長(マクダーミドさま)が誘拐され、オビワン(マクレガーさま)とアナキン(クリステンセンさま)が救出に向かいます。そこで二人を待ち受けていたのはドロイド軍のグリーパス将軍とドゥークー伯爵(リーさま)。グリーパスは逃亡、アナキンはドゥークーを倒し、議長を救出します。この功績によってアナキンは議長と急接近。

ヨーダ(声・フランク・オズさま)、マスターウインドウ(ジャクソンさま)らジェダイ評議会はアナキンが政治利用されることを危惧しています。議長はアナキンにジェダイ評議会の内情を探れと言い、ジェダイ評議会は議長の様子をスパイし、報告せよと命じます。やがてそれがアナキンをダースベイダーに変えてしまうことになります。
観客みんながアナキンがダースベイダーになってしまうことを知っています。そして旧三部作を見た人はアナキンの息子(ルーク)やオビワンが惑星タトゥイーンに住むことも知っています。ジェダイの騎士たちはヨーダとオビワンを除き、全滅することもわかっているわけです。でもあえてそういう観客が知っている部分を描かなければならないので、話が説明臭くなってしまう。新三部作の完結にして旧三部作の序章。しかたないことかもしれません。

クライマックス、帝国軍成立から一気に加速する物語は見事。オビワンとアナキン、ヨーダと帝国皇帝のライトセーバーでの戦闘シーンは大興奮ものです。

ただ、前作のヨーダの戦闘シーンを見たときのインパクトには及ばなかったです。残念。
さて、次回はリュック・ベッソンさま製作・ジェット・リーさま主演の「キス・オブ・ドラゴン」のご紹介です。


キス・オブ・ザ・ドラゴン

2001年アメリカ映画

監督 クリス・ナオン

アクション監督 コリー・ユエン

原案 ジェット・リー

製作・脚本 リュック・ベッソン

主演 ジェット・リー、ブリジット・フォンダ、チェッキー・カリョ


ジェット・リーさま主演の映画は無条件に見たくなります。同い年だし。

導入部がいかしてます。中国からパリにやってきた刑事リーさま。ホテルに入る。バーへ、さらに男性トイレに誘導され、そこでボディチェック。ボスが会いたがっていると言われ、ホテルの厨房へ。そこで狂ったように男を殴り続けるアブナイボス。これがカリョさま。

ここらでジェット・リーさまが刑事であることとか、彼がカリョさまに「協力」するためにパリにやってきたことが明かされます。カリョさまはそのホテルで何をしているかというと、中国人マフィアのような男のマーク。その中国人は部屋の外にボディガードを配しながらコールガールとエッチするような男。で、カリョさまのグループは男の部屋に数台の隠しカメラを設置して、録画したりしています。それぐらいきついマークがついているってことでしょうか。中国人マフィア、カメラの前でコールガールに刺されちゃいます。ボディガードを蹴散らし、部屋に飛び込むリーさま。しかし、彼からやや遅れて部屋に入ったカリョさま、刺された中国人と刺したコールガールを射殺し、リーさまも撃とうとします。

冒頭二十分で撃たれるジェット・リーさまではありませんなあ。ジェット・リーさま、窓から逃走、カリョさま一味をボコボコにしながら、録画したビデオを持って逃げます。
状況がほとんど説明されないままスーパーアクションが展開する。ジェット・リーさまものってこういう作品多いような気がします。「ザ・ワン」もそんな感じだったですよね。
って、冒頭シーンだけでかなりスペース使いましたが、アクションもいいし、脇のブリジット・フォンダさまなんかもすごくいいです。ラストシーンも泣きそうになっちゃった。
映画のあちこちにブルース・リーさまへのオマージュみたいな場面がでてきて、こういうのもなんか日本人的には好きだなあ。
フランスが舞台だけあって、なんか全編意味もなくファッショナブル。って感じるのは私だけでしょうか。なんか「ニキータ」とか「レオン」とか見たときと同じような「いぐわあああああっ」感を満喫させていただきました。
さてさて、次回は「親指スターウオーズ」をご紹介します。


親指スターウォーズ

1999年アメリカ映画

監督 スティーブ・オーデカーク


スターウォーズのパロディ映画なんですが、なんだかなあ。コメントに困ります。
会社の友人が、「親指スターウォーズ面白いっすよ」とか言ってたので、けっこう期待してみたのですが、どうなんやろ。結論から言いますと、明らかにイマイチ。

スターウォーズのパロディってことで見たわけですが。
登場人物すべてが親指でございます。

その親指に目と口を入れ込み合成加工しまして、お話を進めていきます。発想と努力は買いますが、物語が明らかに面白くない。というか、スターウォーズの物語を親指劇に作り直しただけ、みたいなお話。ところどころにパロディなんかも入るんですが、ちょい下品で面白くないかな。
ハンソロ役の親指(!)の口が歪んでいるのにはちょっと笑えましたが。
チューバッカ変。ヨーダかわいくない。C3POもR2D2もちょっとなあ。
ラスト近くでとんでもないドンデン返し。というか、これってドンデン返しって言うのかなあ。ダースベイダーはルークの父親じゃなかったってオチ。せやからどやねん。
まあね。パロディものの親指ドラマでムキになることもないんですが。
どうせなら元ネタ完全にぶっ壊す勢いで徹底的にパロディに徹したほうがよかったのではないかと思います。
さてと。次回はもひとつついでに「親指タイタニック」です。


親指タイタニック

1999年アメリカ映画

監督 スティーブ・オーデカーク


「親指スターウォーズ」に続いてとりあげます。このシリーズはほかにも「ブレアウイッチプロジェクト」ネタなんかもあるようです。
さて「親指タイタニック」。よく考えてみたら、本家のタイタニックのほうをまだご紹介できておりませんので、パロディ版のほうをごちゃごちゃ書くのはいかがなものかとは思いますが。

「親指スターウォーズ」と同じ製作年度とは思えないほど、こちらのほうがよくできております。スターウォーズはパイロット版だったのかなあ。適切な例えかどうかわからないですが、スターウォーズのほうは「スターウォーズ好きの映像学科の大学生の卒業制作」みたいな感じ。

タイタニックのほうは、「その同じ人が卒業後商業映画第一作目を撮りました」みたいな感じ。ネタバレがいやなので内容についてはふれませんが、導入部、おばあさんが回想に入るあたりとか、ディカプリオさま役の親指がタイタニック号のチケットを賭けて勝負するあたりだとか、本家では超有名な船首での場面だとか、そこでテーマ曲が流れるあたりだとか、けっこうパロディものとしてもよくできています。
これはけっこう楽しめました。まあ私はレンタルショップでレンタルして見たわけではなく、テレビオンエアを見たわけでして、レンタルビデオで迷ったあげくにこの作品を選んだとかだったら怒っていたかもしれないです。それくらい微妙な作品である、と言っておきましょうね。
さて次回は…

やっぱりタイタニックいっとかないとまずいような気がするので、「タイタニック」片付けておこうと思っております。


タイタニック

1997年アメリカ映画

監督 ジェームス・キャメロン

主演 レオナルド・ディカプリオ


「親指タイタニック」の元ネタでございます。パロディネタを先にとりあげて、元ネタほったらかしってえのはいかがなものかと思いまして、あわててとりあげます。
これね、究極のラブストーリーかもしれないし、海洋スペクタクルかもしれない。前半から中盤はややベタベタめ障害乗り越えネタのラブストーリー。しかし中盤以降はいかにもジェームス・キャメロン監督っぽいスーパーアクションスペクタクルに様変わりします。

ターミネーターシリーズ、エイリアン2、トゥルーライズなど、面白いアクション映画を撮りつづけているキャメロン監督の面目躍如ってところです。
タイタニックの物語は歴史的事実ですし、この映画のおかげで今では誰でも知っている物語ですよね。豪華客船タイタニック号が処女航海で氷山と衝突し、沈没してしまいます。映画はタイタニック号の出港から沈没、さらに凍りつくような寒さの海に投げ出された一部の乗客たちが救出されるまでを描きます。このパニック描写とサバイバルが物語の縦糸。ベタベタのラブストーリーを演ずるのは貧しい画家志望の青年ディカプリオさまと金持ちの娘。娘の婚約者を巻き込んでの三角関係が物語の横糸。
かなり尺の長い映画だし、人間関係もけっこう入り組んでいるのですが、力技で乗り切ったような印象です。
キャメロン監督は、お気に入りの役者さんをけっこう繰り返して使います。

マイケル・ビーンさまは「ターミネーター」のあと「アビス」「エイリアン2」に起用されていますし、ランス・ヘリクセンさまも「ターミネーター」「エイリアン2」で登場。

こんなもんかなって思ってたら、「エイリアン2」のシガニー・ウイーバーさまが「アバター」に登場。サム・ワーシントンも「ターミネーター4」に続いて「アバター」に…って書きそうになって間違いに気づきました。「ターミネーター4」はキャメロン監督じゃなかったですよね。

「タイタニック」では「ターミネーター2」でジョン・コナーの養母役の人が、船室に閉じ込められて子供を寝かしつけながら死んでいく母親役を演じています。とっても印象的。もっと集中して何度も見たら、もっと色々な発見あるかもしれませんね。
さあて。

次回は久々数珠つなぎいきましょうね。ジェームス・キャメロン監督シリーズは改めてやるとして、次回はマイケル・ダグラスさまフィルモグラフィの続き。「ウォール街」行きましょう。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について