目次
はじめに
1~30
スピーシーズ・種の起源
ゲッタウェイ
悪魔のような女
ウエストサイド物語
アルマゲドン
ジャッジ・ドレッド
模倣犯
心の旅路
エレファントマン
MI2
クリムゾンリバー
エントラップメント
砦なき者
呪怨
ゴッドファーザー
グリース
リーサルウエポン3
破線のマリス
スターウォーズ・帝国の逆襲
ターミネーター
踊る大捜査線THE MOVIE2・レインボーブリッジを封鎖せよ
ナインハーフ
ターミネーター2
動乱
ターミネーター3
少林サッカー
ソドムの市
ダーティハリー
ゴッドファーザーパートⅡ
スターウォーズ
31~60
A.I.
オーシャンズ11
さくや妖怪伝
ダーティハリー2
LAコンフィデンシャル
雲霧仁左衛門
ダブルボーダー
イレイザー
悪魔を憐れむ歌
マキシマム・リスク
黄金の七人
妖怪大戦争
バットマン
バトル・ロワイアル
ザ・ロック
アマデウス
吉原炎上
バットマンリターンズ
ホワイトアウト
12モンキーズ
ザ・ワン
京極夏彦「怪」・七人みさき
バットマンフォーエバー
ロストボーイ
バーティカルリミット
シャークテイル
シックスセンス
シックスデイ
ゾンビ
13日の金曜日
61~90
催眠
オールザットジャズ
ホワイトナイツ/白夜
将軍家光の乱心・激突
あずみ
必殺
オリエント急行殺人事件
そして誰もいなくなった
犬神家の一族
理由
悪魔の手鞠歌
ルームメイト
ウインドトーカーズ
タップ
ナイル殺人事件
里見八犬伝
皇帝のいない八月
情婦
大脱走
ウイロー
半落ち
ブロークン・アロー
燃えよドラゴン
片腕ドラゴン
イヤー・オブ・ザ・ドラゴン
新生トイレの花子さん
ピースメイカー
僕の彼女を紹介します
エンゼルハート
ヒート
91~120
スカーフェース
ミッドナイトクロス
スターウォーズ・ジェダイの復讐
スパイダーマン2
暗殺者
フロム・ダスク・ティル・ドウン
裏窓
ロープ
スネーク・アイズ
エネミー・オブ・アメリカ
メン・イン・ブラック
メン・イン・ブラック 2
ジュラシック・パーク
ロスト・ワールド ジュラシック・パーク
ジュラシックパーク3
少女たちの遺言
ラスト・アクション・ヒーロー
レイダース・失われた聖櫃
ディープブルー
パルプフィクション
ブギーポップは笑わない
パラサイト・イヴ
炎の少女チャーリー
クロスファイア
座頭市
シャイニング
キャリー
女王蜂(ネタバレ注意)
白昼の死角
ウルフェン
121~150
ブレイド
ロミオ・マスト・ダイ
フライトナイト
十二人の怒れる男
狼男アメリカン
トワイライトゾーン・超次元の体験・第一話
E.T.
トワイライトゾーン・超次元の体験・第二話
ハウリング
トワイライトゾーン・超次元の体験・第三話
マッドマックス
トワイライトゾーン・超次元の体験・第四話
ハリー・ポッターと賢者の石
フライトナイト2 バンパイアの逆襲
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第一話 雪山
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第二話 携帯忠臣蔵
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第三話 チェス
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第四話 結婚シミュレーター
ブレイド2
ジェイコブス・ラダー
危険な情事
ゲーム
プラトーン
インビジブル
エボリューション
フラットライナーズ
セブン
エイリアン3
パニック・ルーム
サドン・デス
スターウォーズ・エピソード2・クローンの攻撃
ペリカン文書
レッド・サン
シルミド
グレムリン
ダイヤルM
151~180
劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション・烈空の訪問者デオキシス
タワーリング・インフェルノ
ブルース・ブラザーズ
ウルトラマンティガ・ファイナルオデッセイ
レインメイカー
海猫
フェイス・オフ
トゥームレイダー
ゴッドファーザー PARTⅢ
ふたり
スターゲイト
ウォータ-ボーイズ
少林寺
スターウォーズ・エピソードⅢ・シスの復讐
キス・オブ・ザ・ドラゴン
親指スターウォーズ
親指タイタニック
タイタニック
ウォール街
スペース・バンパイア
ラストサマー
ダイハード3
火垂るの墓
マトリックス
イージー・ライダー
ラスト・ワルツ
レイジング・ブル
ラストサマー2
仁義なき戦い
仁義なき戦い・広島死闘編
181~210
仁義なき戦い・代理戦争
仁義なき戦い・頂上作戦
仁義なき戦い・完結編
GODZILLA・ゴジラ
その後の仁義なき戦い
機動戦士ガンダム
機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編
機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
ポルターガイスト
ウルフ
ザ・フォッグ
チャイルド・プレイ
ダイナソー
トリック・劇場版
K-19
着信アリ
直撃地獄拳・大逆転
ア・ホーマンス
スパイ・ライク・アス
ブレス・ザ・チャイルド
おこげ
48時間
誘う女
ゴジラVSキングギドラ
ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ・光の国の戦士たち
アサシン
ニキータ
キンダーガートン・コップ
男たちの挽歌
魔女の宅急便
211~220
8mm
トゥモロー・ネバー・ダイ
黄泉がえり
バック・トゥ・ザ・フューチャー
D.N.A.
ザ・リング
レプリカント
東京タワー
ガメラⅢ・邪神(イリス)覚醒
明日に向かって撃て
インターバル

閉じる


<<最初から読む

163 / 228ページ

海猫

2005年東映・テレビ朝日・「海猫」製作委員会作品

監督 森田芳光

主演 伊藤美咲、仲村トオル、佐藤浩一、ミムラ、三田佳子、白石加代子


突然婚約者に婚約解消を言い渡された女性、ミムラさま。

どうやら彼は亡くなった彼女の母(伊藤美咲さま)のことが原因で別れを決意したらしい。彼女は祖母三田佳子さまに母のことを聞きだします。物語は母の回想として進行します。

漁師町にお嫁にやってきた伊藤さま。夫は佐藤さま。その弟が仲村さま。

とりあえず佐藤さまと伊藤さま、します。まあ夫婦ですからね。するでしょう。粗野で純朴な夫。しかしあまりにも漁師イズムがこびりついております。船が苦手なのに夫婦での昆布漁を強制する夫。そこから夫婦生活の足並みが少しずつ乱れてきます。

そんな伊藤さまを優しくサポートするのが佐藤さまの弟、仲村さま。精神的に追い込まれている彼女に、「あんたの目は海猫そっくりだ」いやあ、ほろっときますわな、こんなん言われたら。そんな弟の励ましもあって伊藤さまご懐妊、女児を出産。育児・漁・昆布の加工。

伊藤さま、徐々に所帯じみてきます。仲村さまに「俺は嫌だ、アニキがあんたを抱いた」だとか言われて、ますます追い込まれていきますです。佐藤さまは佐藤さまで浮気してたりします。佐藤さま、します。何度も、します。

やがて伊藤さま、仲村さまに会いに行く。伊藤さまと仲村さま、します。んで佐藤さまと伊藤さま、します。

画面に美しく描かれる透明感あるエッチ。それがやがて「娘が婚約破棄されるような事件」に発展するわけです。
森田監督、こういう映画になるとすごく普通。「39」とか「黒い家」とか「模倣犯」とかでもこういうオーソドックスな演出すればいいのに。
ちなみに本作、R指定。十五歳以下はご家族とご覧くださいって規制がかかっております。このR規制の基準ってよくわからないなあ。

エッチが映画のテーマになってたらこうなるんでしょうか。一般映画で、もっと強烈なエッチシーンいくらでもあるんですが。
さて次回は久々数珠つなぎ。マイケル・ダグラスさまつながり。

製作者としてのマイケル・ダグラスさまをご紹介。「フェイス・オフ」いきましょう。


フェイス・オフ

1997年アメリカ映画

監督 ジョン・ウー

製作総指揮 マイケル・ダグラス

主演 ジョン・トラヴォルタ、ニコラス・ケイジ


数珠つなぎでございます。大御所マイケル・ダグラスさまの仕事を紹介するシリーズです。この映画、ジョン・ウーさまの作品としてひたすら有名でございますが、この作品の制作総指揮を担当したのがなんとマイケル・ダグラスさま。

プロデューサーとしてもいい仕事しますよね。
物語のあらすじを見た瞬間、なんじゃこりゃって思いましたが、実際に映像をみると、これがなかなかよくできてます。破天荒な設定ですが、説得力のある物語作りに成功しております。

ニコラス・ケイジさまは悪の権化。狙撃にテロに麻薬密売なんでもござれの悪のボス。トラヴォルタさまは刑事。

トラヴォルタさまは過去に最愛の子供をケイジさまに射殺されたという悲惨な過去をもっています。執念でケイジさまを追う刑事トラヴォルタさま。彼は遂にケイジさまの逮捕に成功します。さあここで警察はとんでもないことを考えます。捜査員をケイジさまに変装させ、刑務所に潜入。ケイジさまの部下に接触して、重要な捜査情報を聞き出す。この計画は最低限の関係者しか知らない極秘作戦。この捜査の担当に抜擢されたのはトラヴォルタさま。

憎きケイジさまの顔の皮膚を移植され、整形させられて刑務所に潜入。ここで計算違いが起こります。

逮捕時に瀕死の重傷を負い、生死の境を彷徨っていた「顔を剥がれた」ケイジさま、突然奇跡の蘇生。「トラヴォルタさま潜入プロジェクト」の関係者のほとんどを惨殺し、顔のない悪人ケイジさまは逆にトラヴォルタさまの顔を手に入れます。かくして刑事トラヴォルタさまは悪人ケイジさまの顔で刑務所に、悪人ケイジさまは刑事トラヴォルタさまの顔で警察官として闊歩することになります。

ケイジさまの顔のトラヴォルタさま、刑務所を脱獄。悪人ケイジさまとして悪の巣窟に見をよせることになりますが…
さすがジョン・ウーさま。すげえ面白い映画です。お得意のガンアクションや決闘アクションも充実。
ペキンパー監督ばりのスローモーション・バイオレンスシーンのバックに流れるのは「虹のかなたに」。すげえセンスです。撃ち合いの途中、障害物を隔てて敵と主人公が語り合うジョン・ウー監督作品お馴染みの場面。

今回の障害物は鏡。せえので打ち合いが再開。鏡ごしに撃ち合う二人。自分が銃を向けているのは鏡に映った自分の顔。しかしそれは本当は敵の顔。なんかすげえわかりにくい説明かもって心苦しいのですが、とりあえず見ていただければわかると思いますんで。是非是非ごらんくださいませ。
さあて、明日のご紹介はアンジェリーナ・ジョリーさま主演の「トゥームレイダー」です。


トゥームレイダー

2001年アメリカ映画

監督 サイモン・ウエスト

主演 アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・ボイド、イアン・グレン、クリス・バリー、ノア・テイラー


「五千年に一度の惑星直列。そのときにトライアングルが呼び覚まされる。お前はその瞬間を目撃するんだ」娘にそう言い残して消息を絶った父。

それが冒険の始まりなわけですな。
アンジェリーナ・ジョリーさま演ずるのは、まあ言えば女性冒険家。

んで大富豪。父はボイドさま。この二人は実際に実の親子です。

惑星直列が始まったその日に、彼女の大邸宅の隠し部屋に置かれていた時計が動き始めます。その時計の中には不思議な飾りが隠されていました。そのことをある人物に相談したら、すぐに弁護士と名乗る男がコンタクトをとってきて、さらにその夜、特殊部隊一個小隊規模の賊が大邸宅に押し入り、時計の飾りが奪われます。

そして惑星直列の開始にあわせて届けられた父からの手紙。

どうやらその飾りは時を操り、想像もつかないほどの「力」を手にすることのできる「トライアングル」を探す鍵になっているらしい。

父の手紙、そしてさらに書斎の古書に巧妙に隠されたもう一つの手紙。そこから謎を解き、カンボジアの奥地に完全武装で乗り込むジョリーさま。

ここからはとんでもないSFX活劇がひたすら加速していくことになります。
女インディ・ジョーンズみたいなお話です。

やはり途中からとんでもない特撮活劇になります。

なんか中盤の雰囲気が「シンドバッド黄金の航海」みたいになるのは舞台がカンボジアだからでしょうか。しかしアンジェリーナ・ジョリーさまのふとももいいです。

続編が愉しみですわ。
さてさて、次回は「ゴッドファーザーパート3」です。


ゴッドファーザー PARTⅢ

1990年アメリカ映画

監督 フランシス・フォード・コッポラ

主演 アル・パチーノ、アンディ・ガルシア、ソフィア・コッポラ


歴史的名作、「ゴッドファーザー」の完結編となります。第一作・第二作はもうご紹介しましたですよね。

第三作だけがまだご紹介してなかったわけですが、こいつはちょい微妙な作品です。

第二作から二十年近く経ってから製作された第三作。なぜこんなに時間が経ってから第三作が映画化されたのかって話ですが、こんな噂がありまして。そもそもは二部作だったそうです。

で、コッポラさま、豪遊だとかで破産してしまいまして。そんな借金返済のために制作された映画だったと、そんな噂でして。なんだい、借金のために作った映画なのかい?こいつは。

ま、いいか。
ってことで、この映画は第一作・第二作と同列に語ってはいけないと私は思っています。

冒頭はドン・マイケル・コルレオーネが永年の教会への寄付を称えられ、叙勲をうける場面からはじまります。

前作で子供だった娘はもう「女性」の年齢となっています。この娘をコッポラ監督の実の娘、ソフィア・コッポラさまが演じています。
教会への寄付を繰り返したりの善行をアピールしていますが、コルレオーネファミリーはやっぱりマフィアでございまして。若く、勢いのあるファミリーの追い込みとかがあるわけです。新勢力の台頭といいますか。

そして自らの老いもある。ファミリーの今後を誰の手に託すのか、みたいな心配もしなければならないわけですし。そして主人公マイケルが心配した通り、第二作で崩壊しはじめていた「家族の絆」はますます崩れはじめ、「コルレオーネファミリー」そのものが崩壊をはじめます。そして最後はとんでもなくブルーな結末です。
でもこれってコッポラファミリーそのものですよね。若い映画人たちに追い上げられ…って感じで、破産にまで追い込まれて。
なんかとっても哀しい気分になってしまう作品でしたです。
さて次回は大林宣彦監督の「ふたり」をご紹介です。


ふたり

1991年ギャラック、ピーエスシー、NHKエンタープライズ作品

監督 大林宣彦

主演 石田ひかり、中嶋朋子、富司純子、尾美としのり


大林監督の「新尾道三部作」の一本。ちなみに「尾道三部作」は「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」でございまして、『新』のほうは、この「ふたり」が三部作に入っていることくらいしか知りません。

前の三部作は全て見ました。いずれ劣らぬ傑作。「転校生」は二回、「時をかける少女」は一回、「さびしんぼう」は二回、それぞれ確実に泣けるところがあります。この「ふたり」にも確実に泣けるところがある。いいですよね。こういう映画。
石田さまは高校生。

演劇部所属。絵に描いたようなドジ子ちゃん。ある日彼女は、危ない奴に襲われてしまいます。そんな彼女を助けたのは彼女の姉、中嶋さま。

よかったよかった。でもなんだか様子がおかしい。見ていてかみ合わないような違和感があって、その違和感はだんだん大きくなってきます。

でも映画の中の登場人物はその違和感をおかしいとは思っていない様子。

おやおや。石田さま、大学生尾美さまにデートに誘われます。

そのデートで中嶋さまとも知り合いの尾美さまに、石田さまは言います。

「姉は事故で亡くなりました」。ひええええ。

実は中嶋さまは事故で死んでいます。しかし石田さまは何かあるたびに姉が出てきてサポートしてくれていることに気づいています。あるとき、石田さまの呼びかけに中嶋さまは姿を現す。そこから石田さまは何かあるたびに中嶋さまに問いかけることになります。

文化祭がやってくる。姉が主役を演じた作品が再び演じられることになります。しかし石田さまは主役を演ずることはできず、舞台のスノコで雪を降らせる役。

ここで劇中劇の主題歌「草の想い」が歌われます。この歌がけっこう印象的で、大好きです。

CDレンタルしましたがな。
さてそんな「ふたり」にも別れのときがやってくるわけで。泣けまっせ。しっとり泣いていただきとうございます。
大林監督作品は大好きですね。

色彩的な個性が強いから、拒否反応示す人とかいるかもしれないですが。

尾道三部作改めて見ようかなって思っております。
次回は「スターゲイト」です。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について