目次
はじめに
1~30
スピーシーズ・種の起源
ゲッタウェイ
悪魔のような女
ウエストサイド物語
アルマゲドン
ジャッジ・ドレッド
模倣犯
心の旅路
エレファントマン
MI2
クリムゾンリバー
エントラップメント
砦なき者
呪怨
ゴッドファーザー
グリース
リーサルウエポン3
破線のマリス
スターウォーズ・帝国の逆襲
ターミネーター
踊る大捜査線THE MOVIE2・レインボーブリッジを封鎖せよ
ナインハーフ
ターミネーター2
動乱
ターミネーター3
少林サッカー
ソドムの市
ダーティハリー
ゴッドファーザーパートⅡ
スターウォーズ
31~60
A.I.
オーシャンズ11
さくや妖怪伝
ダーティハリー2
LAコンフィデンシャル
雲霧仁左衛門
ダブルボーダー
イレイザー
悪魔を憐れむ歌
マキシマム・リスク
黄金の七人
妖怪大戦争
バットマン
バトル・ロワイアル
ザ・ロック
アマデウス
吉原炎上
バットマンリターンズ
ホワイトアウト
12モンキーズ
ザ・ワン
京極夏彦「怪」・七人みさき
バットマンフォーエバー
ロストボーイ
バーティカルリミット
シャークテイル
シックスセンス
シックスデイ
ゾンビ
13日の金曜日
61~90
催眠
オールザットジャズ
ホワイトナイツ/白夜
将軍家光の乱心・激突
あずみ
必殺
オリエント急行殺人事件
そして誰もいなくなった
犬神家の一族
理由
悪魔の手鞠歌
ルームメイト
ウインドトーカーズ
タップ
ナイル殺人事件
里見八犬伝
皇帝のいない八月
情婦
大脱走
ウイロー
半落ち
ブロークン・アロー
燃えよドラゴン
片腕ドラゴン
イヤー・オブ・ザ・ドラゴン
新生トイレの花子さん
ピースメイカー
僕の彼女を紹介します
エンゼルハート
ヒート
91~120
スカーフェース
ミッドナイトクロス
スターウォーズ・ジェダイの復讐
スパイダーマン2
暗殺者
フロム・ダスク・ティル・ドウン
裏窓
ロープ
スネーク・アイズ
エネミー・オブ・アメリカ
メン・イン・ブラック
メン・イン・ブラック 2
ジュラシック・パーク
ロスト・ワールド ジュラシック・パーク
ジュラシックパーク3
少女たちの遺言
ラスト・アクション・ヒーロー
レイダース・失われた聖櫃
ディープブルー
パルプフィクション
ブギーポップは笑わない
パラサイト・イヴ
炎の少女チャーリー
クロスファイア
座頭市
シャイニング
キャリー
女王蜂(ネタバレ注意)
白昼の死角
ウルフェン
121~150
ブレイド
ロミオ・マスト・ダイ
フライトナイト
十二人の怒れる男
狼男アメリカン
トワイライトゾーン・超次元の体験・第一話
E.T.
トワイライトゾーン・超次元の体験・第二話
ハウリング
トワイライトゾーン・超次元の体験・第三話
マッドマックス
トワイライトゾーン・超次元の体験・第四話
ハリー・ポッターと賢者の石
フライトナイト2 バンパイアの逆襲
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第一話 雪山
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第二話 携帯忠臣蔵
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第三話 チェス
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第四話 結婚シミュレーター
ブレイド2
ジェイコブス・ラダー
危険な情事
ゲーム
プラトーン
インビジブル
エボリューション
フラットライナーズ
セブン
エイリアン3
パニック・ルーム
サドン・デス
スターウォーズ・エピソード2・クローンの攻撃
ペリカン文書
レッド・サン
シルミド
グレムリン
ダイヤルM
151~180
劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション・烈空の訪問者デオキシス
タワーリング・インフェルノ
ブルース・ブラザーズ
ウルトラマンティガ・ファイナルオデッセイ
レインメイカー
海猫
フェイス・オフ
トゥームレイダー
ゴッドファーザー PARTⅢ
ふたり
スターゲイト
ウォータ-ボーイズ
少林寺
スターウォーズ・エピソードⅢ・シスの復讐
キス・オブ・ザ・ドラゴン
親指スターウォーズ
親指タイタニック
タイタニック
ウォール街
スペース・バンパイア
ラストサマー
ダイハード3
火垂るの墓
マトリックス
イージー・ライダー
ラスト・ワルツ
レイジング・ブル
ラストサマー2
仁義なき戦い
仁義なき戦い・広島死闘編
181~210
仁義なき戦い・代理戦争
仁義なき戦い・頂上作戦
仁義なき戦い・完結編
GODZILLA・ゴジラ
その後の仁義なき戦い
機動戦士ガンダム
機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編
機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
ポルターガイスト
ウルフ
ザ・フォッグ
チャイルド・プレイ
ダイナソー
トリック・劇場版
K-19
着信アリ
直撃地獄拳・大逆転
ア・ホーマンス
スパイ・ライク・アス
ブレス・ザ・チャイルド
おこげ
48時間
誘う女
ゴジラVSキングギドラ
ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ・光の国の戦士たち
アサシン
ニキータ
キンダーガートン・コップ
男たちの挽歌
魔女の宅急便
211~220
8mm
トゥモロー・ネバー・ダイ
黄泉がえり
バック・トゥ・ザ・フューチャー
D.N.A.
ザ・リング
レプリカント
東京タワー
ガメラⅢ・邪神(イリス)覚醒
明日に向かって撃て
インターバル

閉じる


<<最初から読む

159 / 228ページ

タワーリング・インフェルノ

1974年アメリカ映画

監督 ジョン・ギラーミン

主演 ポール・ニューマン、スティーヴ・マックウィーン、ウィリアム・ホールデン、ロバート・ヴォーン、リチャード・チェンバレン、ロバート・ワグナー、フレッド・アステア、ジェニファー・ジョーンズ、アンソニー・パーキンス


災害パニックものの大傑作。そもそもは同時期にかたやニューマンさま、かたやマックウィーンさまの主演で二本のビル火災映画が企画されていたのですが、それを合作にしてしまおうとワーナーとフォックスが大英断を下して完成した傑作。登場人物を羅列するだけでスペースいっぱいになる勢いの豪華キャストです。

社長ウィリアム・ホールデンさまが「グラスタワー」という超高層ビルを建てます。設計はポール・ニューマンさま。しかし社長の義理の息子、リチャード・チェンバレンさまが手抜き工事を指示したため、ビルのあちこちの配電盤から出火。

折りしもビルでは落成披露パーティーが開かれていて、ロバート・ヴォーンさまだとかアンソニー・パーキンスさまだとかロバート・ワグナーさまだとかフレッド・アステアさまだとかジェニファー・ジョーンズさまだとかが火災に巻き込まれてしまいます。

消火活動に取り組むのはマックウィーンさま率いる消防チーム。しかし高層すぎて地上からの消火活動は不可能。

手抜き工事がひどくて非常消火のシステムも機能していない。

やむを得ず消防はビル屋上の貯水槽を爆破して消火することになりますが…
火攻め水攻め。スペクタクルのフルコースでございます。超豪華キャスト集結で、もっと適当な描かれかたするかなとも思われた配役陣にもそれぞれにおいしいところが用意されており、ドラマとしても丁寧に作られています。
かなり長い映画ですが、面白いので長さを感じさせないです。必見の超大作でございますぞ。
次回は「ブルースブラザーズ」でございます。


ブルース・ブラザーズ

1980年アメリカ映画

監督 ジョン・ランディス

主演 ジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイド、レイ・チャールズ、ジェームス・ブラウン


かなり昔に見た映画でございます。

ベルーシさま若いし元気。エイクロイドさまも若い。二人は孤児院で育った義兄弟。ロックンロール好き。

その孤児院が閉園の危機にさらされ、二人はロックンロールでひとヤマあてて孤児院を再建しようとする。

このメンバーがけっこう豪華です。日本映画だと、それっぽい役者を配するところですが、やっぱりロックンロールの国ですねえ。現役バリバリのミュージシャンを集めてバックバンド役をやらせたりします。ギタリスト・スティーブクロッパーさまが実は超有名なメンフィスギターの名手だってあとから聞きまして、驚いた覚えがあります。

そんな本物のロックをバックに、ベルーシさま・エイクロイドさま、歌う歌う。踊る踊る。
ラストには警察との追っかけっこまであります。楽しくて面白い映画です。ちなみにコーンさんとトムさんのバブルガムブラザースのデビューしたころのパフォーマンスは、そのほとんどがブルース・ブラザースからのいただきものらしい。ってことは音楽ファンのほとんどの人が知っている有名な話でござんすね。
次回は「映画版ウルトラマンティガ・ファイナルオデッセイ」でございます。
 


ウルトラマンティガ・ファイナルオデッセイ

2000年映画ウルトラマンティガ製作委員会・円谷プロ作品

監督 村石宏實

主演 長野 博、吉本多香美、高樹 澪、芳本美代子、川地民夫


平成ウルトラマンシリーズの最初のシリーズにして最高傑作。と、私が一方的に思っているウルトラマンティガ。

本作はテレビシリーズ「ティガ」と「ダイナ」の橋渡し役となるエピソードです。

そのそもティガは超古代遺跡から甦った巨人なわけです。シリーズ第一話で登場した「ゴルザ」「メルバ」最終回前後に登場した「メンジュラ」「ゾイガー」「ガタノゾーア」あたりの怪獣は、超古代生物です。

ティガは光の巨人。ガタノゾーアは闇の怪獣。ティガはこのガタノゾーアにやられて光の力を失い、こどもたちの光の力を得て復活、怪獣を倒す。

これが最終回のエピソード。しかし変身アイテム・スパークレンスは砂となって消え、ダイゴ=長野さまはウルトラマンではなくなります。それから数年。ダイゴとレナ=吉本さまは結婚間近。平和に暮らしております。そんなとき、超古代の遺跡が発掘され、そこからカーミラ=芳本さま、ダーラム、ヒュドラの三体の巨人が復活。彼らは発掘現場付近に結界をはり、ダイゴの前に現れ再び変身せよとせまります。光を失ったダイゴは黒いティガとなる。

そしてそれが闇の世界をもたらすと、こういう話でございます。そして超古代のころはダイゴとカーミラは恋人同士だったとかの話をする。人類を助けたければ再び変身せよってなことを言う。
ダイゴはレナに再び必ず戻ると告げ、遺跡に向かう。吉本さま叫ぶ。「ダイゴおおおおおおお」。
ウルトラセブン以来封印されていた、主役と女性隊員の恋愛再び。セブンが高く評価されているのと同様、二人の恋愛エピソードもポイント高い。

ドラマに深みを与えています。高樹さま=イルマが超古代の巫女の末裔だったとか、超エネルギーマキシマオーバードライブだとか、ドラマでの設定もそのまま出てきますので、できれば予習をして見たほうがいいかも。

ちなみに次作「ダイナ」レギュラーの木之元 亮さま、布川敏和さま、つるの剛士さま、山田まりあさまらも「若き日の…」みたいな役で特別出演しております。
さてと。次回はフランシス・フォード・コッポラ監督の「レインメイカー」です。


レインメイカー

1997年アメリカ映画

監督 フランシス・フォード・コッポラ

主演 マット・ディモン、クレア・デーンズ、ダニー・デビード、ジョン・ボイド、ミッキー・ローク、ロイ・シャイダー


あまり期待しないで見始めたのですが、けっこう面白かったです。「レインメーカー」ってのは弁護士を指す言葉だそうです。雨のようにお金を降らせるような仕事をするって意味らしい。途中、「うんと儲けて札束の雨を降らせようぜ」みたいな台詞がありましたが、どうやらその表現がタイトルになっているようです。ジョン・グリシャムさまの「原告弁護人」の映画化。
ディモンさまは駆け出しの弁護士。というか物語途中で司法試験に合格するから、ロースクールを卒業して、法律事務所で実務の仕事をしながら法律の勉強してる若い衆ですわ。

司法試験合格と事務所のボス、ロークさまが脱税やらで告発されるのとが重なり、デビードさまとともに独立します。ディモンさまは保険会社を相手取っての保険金不正未払い事件で弁護士デビュー。その件と並行しながら彼自身が心ひかれる女性デーンズさまのDV事件への取り組みが描かれていきます。

保険会社の顧問弁護士がボイドさま。社長がシャイダーさま。おお、いぶし銀のようなキャスト。

コッポラ監督クラスになると、とんでもないところでとんでもない役者さんをポコッと使うから、油断できません。理想に燃える若い弁護士が、人間的に成長していく姿が描かれます。

ディモンさまがうまい。裁判が進行していくにつれ、だんだんと弁護士という仕事が板についていく様子が見事に表現されています。法廷シーンの緊迫感も素晴らしいし、原告被告どちらに有利に裁判が進行しているのかがとてもわかりやすく描かれています。なかなかの佳作。
しっかし、ロイ・シャイダーさまにはさすがに気付きましたが、ミッキー・ロークさまにはぜんぜん気付かなかった。字幕だったらおそらく気付いただろうけど。声に特徴がある人なんで。エンドロールで名前みつけて、あわてて巻き戻してミッキー・ロークさま探しました。年とっちゃったんですね。よく考えたら私よりはるかに年上だもんなあ。
さて次回は邦画。「海猫」いきます。


海猫

2005年東映・テレビ朝日・「海猫」製作委員会作品

監督 森田芳光

主演 伊藤美咲、仲村トオル、佐藤浩一、ミムラ、三田佳子、白石加代子


突然婚約者に婚約解消を言い渡された女性、ミムラさま。

どうやら彼は亡くなった彼女の母(伊藤美咲さま)のことが原因で別れを決意したらしい。彼女は祖母三田佳子さまに母のことを聞きだします。物語は母の回想として進行します。

漁師町にお嫁にやってきた伊藤さま。夫は佐藤さま。その弟が仲村さま。

とりあえず佐藤さまと伊藤さま、します。まあ夫婦ですからね。するでしょう。粗野で純朴な夫。しかしあまりにも漁師イズムがこびりついております。船が苦手なのに夫婦での昆布漁を強制する夫。そこから夫婦生活の足並みが少しずつ乱れてきます。

そんな伊藤さまを優しくサポートするのが佐藤さまの弟、仲村さま。精神的に追い込まれている彼女に、「あんたの目は海猫そっくりだ」いやあ、ほろっときますわな、こんなん言われたら。そんな弟の励ましもあって伊藤さまご懐妊、女児を出産。育児・漁・昆布の加工。

伊藤さま、徐々に所帯じみてきます。仲村さまに「俺は嫌だ、アニキがあんたを抱いた」だとか言われて、ますます追い込まれていきますです。佐藤さまは佐藤さまで浮気してたりします。佐藤さま、します。何度も、します。

やがて伊藤さま、仲村さまに会いに行く。伊藤さまと仲村さま、します。んで佐藤さまと伊藤さま、します。

画面に美しく描かれる透明感あるエッチ。それがやがて「娘が婚約破棄されるような事件」に発展するわけです。
森田監督、こういう映画になるとすごく普通。「39」とか「黒い家」とか「模倣犯」とかでもこういうオーソドックスな演出すればいいのに。
ちなみに本作、R指定。十五歳以下はご家族とご覧くださいって規制がかかっております。このR規制の基準ってよくわからないなあ。

エッチが映画のテーマになってたらこうなるんでしょうか。一般映画で、もっと強烈なエッチシーンいくらでもあるんですが。
さて次回は久々数珠つなぎ。マイケル・ダグラスさまつながり。

製作者としてのマイケル・ダグラスさまをご紹介。「フェイス・オフ」いきましょう。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について