目次
はじめに
1~30
スピーシーズ・種の起源
ゲッタウェイ
悪魔のような女
ウエストサイド物語
アルマゲドン
ジャッジ・ドレッド
模倣犯
心の旅路
エレファントマン
MI2
クリムゾンリバー
エントラップメント
砦なき者
呪怨
ゴッドファーザー
グリース
リーサルウエポン3
破線のマリス
スターウォーズ・帝国の逆襲
ターミネーター
踊る大捜査線THE MOVIE2・レインボーブリッジを封鎖せよ
ナインハーフ
ターミネーター2
動乱
ターミネーター3
少林サッカー
ソドムの市
ダーティハリー
ゴッドファーザーパートⅡ
スターウォーズ
31~60
A.I.
オーシャンズ11
さくや妖怪伝
ダーティハリー2
LAコンフィデンシャル
雲霧仁左衛門
ダブルボーダー
イレイザー
悪魔を憐れむ歌
マキシマム・リスク
黄金の七人
妖怪大戦争
バットマン
バトル・ロワイアル
ザ・ロック
アマデウス
吉原炎上
バットマンリターンズ
ホワイトアウト
12モンキーズ
ザ・ワン
京極夏彦「怪」・七人みさき
バットマンフォーエバー
ロストボーイ
バーティカルリミット
シャークテイル
シックスセンス
シックスデイ
ゾンビ
13日の金曜日
61~90
催眠
オールザットジャズ
ホワイトナイツ/白夜
将軍家光の乱心・激突
あずみ
必殺
オリエント急行殺人事件
そして誰もいなくなった
犬神家の一族
理由
悪魔の手鞠歌
ルームメイト
ウインドトーカーズ
タップ
ナイル殺人事件
里見八犬伝
皇帝のいない八月
情婦
大脱走
ウイロー
半落ち
ブロークン・アロー
燃えよドラゴン
片腕ドラゴン
イヤー・オブ・ザ・ドラゴン
新生トイレの花子さん
ピースメイカー
僕の彼女を紹介します
エンゼルハート
ヒート
91~120
スカーフェース
ミッドナイトクロス
スターウォーズ・ジェダイの復讐
スパイダーマン2
暗殺者
フロム・ダスク・ティル・ドウン
裏窓
ロープ
スネーク・アイズ
エネミー・オブ・アメリカ
メン・イン・ブラック
メン・イン・ブラック 2
ジュラシック・パーク
ロスト・ワールド ジュラシック・パーク
ジュラシックパーク3
少女たちの遺言
ラスト・アクション・ヒーロー
レイダース・失われた聖櫃
ディープブルー
パルプフィクション
ブギーポップは笑わない
パラサイト・イヴ
炎の少女チャーリー
クロスファイア
座頭市
シャイニング
キャリー
女王蜂(ネタバレ注意)
白昼の死角
ウルフェン
121~150
ブレイド
ロミオ・マスト・ダイ
フライトナイト
十二人の怒れる男
狼男アメリカン
トワイライトゾーン・超次元の体験・第一話
E.T.
トワイライトゾーン・超次元の体験・第二話
ハウリング
トワイライトゾーン・超次元の体験・第三話
マッドマックス
トワイライトゾーン・超次元の体験・第四話
ハリー・ポッターと賢者の石
フライトナイト2 バンパイアの逆襲
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第一話 雪山
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第二話 携帯忠臣蔵
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第三話 チェス
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第四話 結婚シミュレーター
ブレイド2
ジェイコブス・ラダー
危険な情事
ゲーム
プラトーン
インビジブル
エボリューション
フラットライナーズ
セブン
エイリアン3
パニック・ルーム
サドン・デス
スターウォーズ・エピソード2・クローンの攻撃
ペリカン文書
レッド・サン
シルミド
グレムリン
ダイヤルM
151~180
劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション・烈空の訪問者デオキシス
タワーリング・インフェルノ
ブルース・ブラザーズ
ウルトラマンティガ・ファイナルオデッセイ
レインメイカー
海猫
フェイス・オフ
トゥームレイダー
ゴッドファーザー PARTⅢ
ふたり
スターゲイト
ウォータ-ボーイズ
少林寺
スターウォーズ・エピソードⅢ・シスの復讐
キス・オブ・ザ・ドラゴン
親指スターウォーズ
親指タイタニック
タイタニック
ウォール街
スペース・バンパイア
ラストサマー
ダイハード3
火垂るの墓
マトリックス
イージー・ライダー
ラスト・ワルツ
レイジング・ブル
ラストサマー2
仁義なき戦い
仁義なき戦い・広島死闘編
181~210
仁義なき戦い・代理戦争
仁義なき戦い・頂上作戦
仁義なき戦い・完結編
GODZILLA・ゴジラ
その後の仁義なき戦い
機動戦士ガンダム
機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編
機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
ポルターガイスト
ウルフ
ザ・フォッグ
チャイルド・プレイ
ダイナソー
トリック・劇場版
K-19
着信アリ
直撃地獄拳・大逆転
ア・ホーマンス
スパイ・ライク・アス
ブレス・ザ・チャイルド
おこげ
48時間
誘う女
ゴジラVSキングギドラ
ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ・光の国の戦士たち
アサシン
ニキータ
キンダーガートン・コップ
男たちの挽歌
魔女の宅急便
211~220
8mm
トゥモロー・ネバー・ダイ
黄泉がえり
バック・トゥ・ザ・フューチャー
D.N.A.
ザ・リング
レプリカント
東京タワー
ガメラⅢ・邪神(イリス)覚醒
明日に向かって撃て
インターバル

閉じる


<<最初から読む

147 / 228ページ

フラットライナーズ

1990年アメリカ映画
監督 ジョエル・シュマッカー
製作総指揮 マイケル・ダグラス
主演 キーファー・サザーランド、ジュリア・ロバーツ、ケビン・ベーコン、ウイリアム・ボールドウイン

 

製作総指揮、マイケル・ダグラスさまだから数珠つなぎの一本に入れてもいいのですが。
物語冒頭、キーファー・サザーランドさまが登場、「今日は死ぬにはいい日だ」とつぶやきます。
この映画の作品世界を象徴するような場面です。
サザーランドさま、ロバーツさま、ベーコンさま、ボールドウインさまとあともう一人。この五人は医学生。
ただ、ベーコンさまは医学生のくせに救急患者を治療したりして停学処分になっています。
サザーランドさまは臨死体験実験を計画しています。
「哲学も宗教もダメになった今、死後の世界を解明できるのは科学だけだ」そう言う彼は、強制的に心停止状態をつくりだし、その後蘇生させることによって死後の世界を覗こうとします。
医学生たちは最初の実験で臨死体験に成功したサザーランドさまに続き、次々と臨死を体験します。
しかぁし。みんな連れてきちゃうわけです。死後の世界から。いろいろなものを。
こう書くとほとんどホラーみたいな印象をもたれると思いますが、違うんですよ。
それぞれの学生が心の中にもつ罪の意識みたいなものが幻となって責めつけるわけでございます。
それを克服する方法は一つしかない。罪の意識そのものを消さなければならない。
少年時代に女の子に怪我をさせた罪の意識に責めつづけられていた学生は成長した本人に謝りに行ったりとか。
しかししかし。謝る相手が死んでいたらどうするんだよ、謝れねえじゃねえかって自暴自棄になる学生が一人。
罪の意識から開放されるために彼が選んだ方法とは…
すごく面白かったのに、何故かとても評価の低い作品。
どうしてなんだろう。
確かにどんよりはしているんだけど。そんなに悪くはないです。むしろ大好きな世界。
当時若手だった主役グループもみんな頑張っております。
とりあえず見ていただきたいなと思う一本です。
さてさて、次回は数珠つなぎに戻ります。「ゲーム」のデビッド・フィンチャー監督の出世作「セブン」をご紹介します。


セブン

1995年アメリカ映画
監督 デビッド・フィンチャー
主演 ブラッド・ピット、モーガン・フリーマン、ケビン・スペイシー

 

デビッド・フィンチャー監督を大人気映像作家に押し上げた傑作。
大抜擢をうけた「エイリアン3」でみせた宗教観をSFからサスペンスにフィールドを移し、とても面白い映画を作られましたです。
聖書に書かれている「七つの大罪」。その罪を模した殺人が起こっていきます。
大食、強欲、色情、嫉妬、などなど。それぞれの被害者は、たとえば「大食」だと、ごっつい太った人が、銃か何かで脅されながらひたすら食べつづけて死んだ、みたいな殺されかたをするわけでございます。
この事件を捜査するのがブラッド・ピットさまとモーガン・フリーマンさま。
わずかな手がかりを追って二人は捜査を進めます。そんな二人の目の前にいきなり自首してくる犯人。
不敵な余裕を見せています。しかしその時点で死体は五つ。
犯人は発見されていない第六の被害者の場所に案内すると言います。
そして自分を「その場所」に連行する者としてピットさまを指名します。
どういうこっちゃ。
そういうこっちゃ。
犯人が自首してくるまでにとんでもない伏線があります。それだけ見逃さないようにね。
ミステリアスな作品構造。ムードたっぷりの雰囲気。充実の演技陣。
しかししかし。ラストがちょい弱いかな。
というのも結末読めてしまいまして。
でも読めていてもひっぱっていける演出はさすがですね。
そういえばケビン・スペイシーさまが出てたこと、気がついてなかったです。
次回の数珠つなぎ。デビット・フィンチャー監督の大抜擢作品、「エイリアン3」をご紹介します。


エイリアン3

1992年アメリカ映画
監督 デビッド・フィンチャー
主演 シガニー・ウイーバー、チャールズ・ダンス、ランス・ヘンリクセン

 

当時無名だったデビッド・フィンチャーさまが監督された作品です。
フィンチャー監督には悪いですが、敵が悪すぎました。
第一作のリドリー・スコット監督は「エイリアン」の演出で大ブレイクしまして、その後「ブレードランナー」「ブラック・レイン」「GIジェーン」「ハンニバル」など、面白い作品を撮り続けている監督。
第一作は有利なんですよ。みんなエイリアンのこと知らないし。
で、第二作はジェームス・キャメロン監督が撮りました。大バトルアクション大作になってましたね。
そして第三作。どんより重い。フィンチャー監督の後の作品につながるような重くて暗い作品世界。
前作で生き残ったリプリー=ウイーバーさまと少女ニュート。冷凍睡眠の二人を乗せたシャトルは囚人惑星に墜落、前作でリプリーが命懸けで守った少女はあっけなく死んじゃいます。
こういう強引な設定変更、「リング2」みたい。「らせん」というか。
囚人惑星だから武器なんかない。そこへきてリプリーの乗ったシャトルにエイリアンが乗ってたもんだからさあ大変。
しかもしかも、リプリーの身体の中にはエイリアンの幼生がいる。
はーっ、ショック~、ショーック!
なんだか宗教的な気高さすら漂う作品。とっても微妙な世界なんで、この作品はシリーズの中で最も賛否がわかれているようですね。
私はめっちゃ単純な男なんで、やっぱりうおおおおおっとか言いながら見られる2が一番好きです。
次はデビッド・フィンチャー監督作品「パニック・ルーム」のご紹介です。

 


パニック・ルーム

1995年アメリカ映画
監督 デビッド・フィンチャー
主演 ジョディ・フォスター、フォレスト・ウィッテカー、クリステン・スチュワート。なんとニコール・キッドマンがノンクレジットで声の出演

 

デビッド・フィンチャー監督も、この作品の頃には円熟した演出を見せるようになってなってきました。
「エイリアン3」「セブン」「ゲーム」のような押しの強さが消え、まろやかな映像を撮っております。
言い方を変えると、個性が弱まったってことですが。
「パニック・ルーム」っていうのは、緊急避難用の小部屋のこと。
寝室の本棚の裏とかに出入り口があって、そこに逃げ込むとそこに自分達が隠れていることがわからない。
しかも室内からは外部の様子がモニターできる。
電話も装備されている。こんな「パニック・ルーム」がある豪邸を購入し、娘と引っ越してきたのがジョディ・フォスターさま。
引越し当日、疲れ果てて寝ております。
そこに賊が侵入してくる。何せ引越し当日のことでございます。「パニック・ルーム」の中の電話回線はまだつながっていない。警備会社の監視システムも準備できていない。
しかし賊の侵入に気付いたフォスターと娘は、パニック・ルームに逃げ込みます。
こうなるとパニックルームの存在はむしろ微妙なものになります。
外部との連絡はとれない。逃げ込まれたところを見られてしまったので、賊は出入り口の前から動かない。
賊の目的はどうやらパニック・ルームの中にあるらしい。
どうやら豪邸の前の持ち主が悪人さんで、そこにとんでもない置き土産をしているらしいことがわかりますが、部屋にこもっているフォスターさまはそのことを知らないわけです。
完璧なパニックルーム。
その部屋の仕掛けが完璧であればあるほど事態はややこしい方向に進みます。果たして二人の運命やいかに。
ジョディ・フォスターさまいいですね。「ダウンタウン物語」や「タクシー・ドライバー」のころはまだまだ子供だったのに。
ってことは私も同じように年とったんだなあ。
ジョディ・フォスターさまってほとんど同世代だから。


サドン・デス

1995年アメリカ映画
監督 ピーター・ハイアムズ
主演 ジャン・クロード・ヴァン・ダム、パワーズ・ブース、レイモンド・J・バリュー、ホイットニー・ライト

 

この映画の監督、ピーターハイアムズさまは私のお気に入りの監督さんでございます。
一時期、ハイアムズ監督はヴァン・ダムさまと組んで面白い作品を撮っておりました。これはそんな時期の一本。
ヴァン・ダムさまは元消防士。
妻と別れて子供達と離れて暮らしています。
業務中の事故がもとで職を離れ、今はスタジアムの警備員をやっております。
そんなヴァン・ダムさま、スタジアムで行われるアイスホッケーの試合に子供たちえを招待するんですな。
しかしその日、スタジアムのVIPルームがテロリストに占拠されてしまいます。
このテロリストを演ずるのが「ダブル・ボーダー」で麻薬王を演じていたパワーズブースーさま。びっくりしちゃいました。物語はブースさま一味とヴァン・ダムさまの戦いを軸に描かれます。
ヴァン・ダムさま、強い。とっても強い。
こんなに強い消防士そうそういないでしょうなあ。
ブースさまはVIPルームの要人を人質に大金を入手しようとしている。人質の命だけではなく、会場のあちこちに爆弾が仕掛けてあって、そいつの時限装置を解除してまわるヴァン・ダム。
ここいらの構造は「ダイ・ハード」にとっても似ております。
そしてこの作品もやっぱり、ラストの対決にむけて物語がひたすら進んでいくことになります。
監督のピーター・ハイアムズさまはもともと撮影屋さんだったようで、印象的なカメラワークがいたるところにでてきます。
それを見るだけで十分楽しめます。
とにかく職人的な監督さんなんで、いろんな作品を演出されてますが、かなり上質な娯楽作品に仕上がっています。
さて次回は「スターウオーズ・エピソード2・クローンの攻撃」をご紹介です。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について