目次
はじめに
1~30
スピーシーズ・種の起源
ゲッタウェイ
悪魔のような女
ウエストサイド物語
アルマゲドン
ジャッジ・ドレッド
模倣犯
心の旅路
エレファントマン
MI2
クリムゾンリバー
エントラップメント
砦なき者
呪怨
ゴッドファーザー
グリース
リーサルウエポン3
破線のマリス
スターウォーズ・帝国の逆襲
ターミネーター
踊る大捜査線THE MOVIE2・レインボーブリッジを封鎖せよ
ナインハーフ
ターミネーター2
動乱
ターミネーター3
少林サッカー
ソドムの市
ダーティハリー
ゴッドファーザーパートⅡ
スターウォーズ
31~60
A.I.
オーシャンズ11
さくや妖怪伝
ダーティハリー2
LAコンフィデンシャル
雲霧仁左衛門
ダブルボーダー
イレイザー
悪魔を憐れむ歌
マキシマム・リスク
黄金の七人
妖怪大戦争
バットマン
バトル・ロワイアル
ザ・ロック
アマデウス
吉原炎上
バットマンリターンズ
ホワイトアウト
12モンキーズ
ザ・ワン
京極夏彦「怪」・七人みさき
バットマンフォーエバー
ロストボーイ
バーティカルリミット
シャークテイル
シックスセンス
シックスデイ
ゾンビ
13日の金曜日
61~90
催眠
オールザットジャズ
ホワイトナイツ/白夜
将軍家光の乱心・激突
あずみ
必殺
オリエント急行殺人事件
そして誰もいなくなった
犬神家の一族
理由
悪魔の手鞠歌
ルームメイト
ウインドトーカーズ
タップ
ナイル殺人事件
里見八犬伝
皇帝のいない八月
情婦
大脱走
ウイロー
半落ち
ブロークン・アロー
燃えよドラゴン
片腕ドラゴン
イヤー・オブ・ザ・ドラゴン
新生トイレの花子さん
ピースメイカー
僕の彼女を紹介します
エンゼルハート
ヒート
91~120
スカーフェース
ミッドナイトクロス
スターウォーズ・ジェダイの復讐
スパイダーマン2
暗殺者
フロム・ダスク・ティル・ドウン
裏窓
ロープ
スネーク・アイズ
エネミー・オブ・アメリカ
メン・イン・ブラック
メン・イン・ブラック 2
ジュラシック・パーク
ロスト・ワールド ジュラシック・パーク
ジュラシックパーク3
少女たちの遺言
ラスト・アクション・ヒーロー
レイダース・失われた聖櫃
ディープブルー
パルプフィクション
ブギーポップは笑わない
パラサイト・イヴ
炎の少女チャーリー
クロスファイア
座頭市
シャイニング
キャリー
女王蜂(ネタバレ注意)
白昼の死角
ウルフェン
121~150
ブレイド
ロミオ・マスト・ダイ
フライトナイト
十二人の怒れる男
狼男アメリカン
トワイライトゾーン・超次元の体験・第一話
E.T.
トワイライトゾーン・超次元の体験・第二話
ハウリング
トワイライトゾーン・超次元の体験・第三話
マッドマックス
トワイライトゾーン・超次元の体験・第四話
ハリー・ポッターと賢者の石
フライトナイト2 バンパイアの逆襲
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第一話 雪山
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第二話 携帯忠臣蔵
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第三話 チェス
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第四話 結婚シミュレーター
ブレイド2
ジェイコブス・ラダー
危険な情事
ゲーム
プラトーン
インビジブル
エボリューション
フラットライナーズ
セブン
エイリアン3
パニック・ルーム
サドン・デス
スターウォーズ・エピソード2・クローンの攻撃
ペリカン文書
レッド・サン
シルミド
グレムリン
ダイヤルM
151~180
劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション・烈空の訪問者デオキシス
タワーリング・インフェルノ
ブルース・ブラザーズ
ウルトラマンティガ・ファイナルオデッセイ
レインメイカー
海猫
フェイス・オフ
トゥームレイダー
ゴッドファーザー PARTⅢ
ふたり
スターゲイト
ウォータ-ボーイズ
少林寺
スターウォーズ・エピソードⅢ・シスの復讐
キス・オブ・ザ・ドラゴン
親指スターウォーズ
親指タイタニック
タイタニック
ウォール街
スペース・バンパイア
ラストサマー
ダイハード3
火垂るの墓
マトリックス
イージー・ライダー
ラスト・ワルツ
レイジング・ブル
ラストサマー2
仁義なき戦い
仁義なき戦い・広島死闘編
181~210
仁義なき戦い・代理戦争
仁義なき戦い・頂上作戦
仁義なき戦い・完結編
GODZILLA・ゴジラ
その後の仁義なき戦い
機動戦士ガンダム
機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編
機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
ポルターガイスト
ウルフ
ザ・フォッグ
チャイルド・プレイ
ダイナソー
トリック・劇場版
K-19
着信アリ
直撃地獄拳・大逆転
ア・ホーマンス
スパイ・ライク・アス
ブレス・ザ・チャイルド
おこげ
48時間
誘う女
ゴジラVSキングギドラ
ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ・光の国の戦士たち
アサシン
ニキータ
キンダーガートン・コップ
男たちの挽歌
魔女の宅急便
211~220
8mm
トゥモロー・ネバー・ダイ
黄泉がえり
バック・トゥ・ザ・フューチャー
D.N.A.
ザ・リング
レプリカント
東京タワー
ガメラⅢ・邪神(イリス)覚醒
明日に向かって撃て
インターバル

閉じる


<<最初から読む

139 / 228ページ

世にも奇妙な物語 映画の特別編 第四話 結婚シミュレーター

2000年東宝作品
監督 小椋久雄
主演 稲森いずみ、柏原 崇
ストーリーテラー タモリ

 

いよいよ「世にも奇妙な物語・映画の特別編」最終エピソード。
この作品はあまり映画むきの素材ではないように思います。
ラブ・ストーリーを映画版に入れたいという製作サイドの意向で入れられた一編のようです。
稲森さまと柏原さまはつきあっていて、結婚を考えています。
二人は結婚式場の新サービス「結婚シミュレーター」を体験することになります。
こいつは結婚後の二人の生活を擬似体験できるという新サービス。
さてさて二人の恋の行方は…
という恋愛物語。
このようなSFチックな設定のお話に恋愛の要素が入ってくるのはある意味反則ですよね。
前に書いたスピルバーグ監督の「A.I.」なんかもかなり反則。
こちらはSFのつもりで見ているから油断しています。
そこにかなり純度の高い恋愛ものだとか親子の愛情ものだとかを突きつけられると、それだけで条件反射的に泣けてしまいます。
この話もラストはかなりハートウォーミングなお話になっておりまして。
うん、よかったよかった的なオチでございます。
ただ、オムニバス映画的には、この作品をラストに持ってきたのは賛否の別れるところではないかなと思います。
前半二作品の印象が強すぎて、後半の作品の印象が残りにくい。
「携帯忠臣蔵」あたりをラストにもっていったほうがほかったんじゃないかなって思います。
さてさて。次回は「ブレイド2」だあ。


ブレイド2

2002年アメリカ映画
監督 ギレルモ・デル・トロ
主演 ウェズリー・スナイプス、クリス・クリストファーソン、ルーク・ゴス、レオノア・ヴァレラ

 

人間とバンパイアの間に生まれたバンパイアハンター「ブレイド」の戦いを描く悶絶ハイパーホラーアクション第二弾。
相変わらずやってくれてますスナイプスさま。
前作でバンパイアに噛まれ、バンパイア化する前に自殺したことになっていたはずのクリス・クリストファーソンさま。
彼は実は死んでいなくて、バンパイアに拉致されていたってことになってました。
クリストファーソンさまを奪還したブレイドのもとに現れたのはバンパイア王国からの使い。
バンパイア王国は休戦を申し入れてきます。
バンパイアはそもそもウイルス感染者であり、吸血は唾液を介した感染なんだという吸血理論が説明され、そこに新種のウイルスが蔓延しつつあることが明かされます。
新種のバンパイア「リーパース」が登場、リーパーズはバンパイア、人どちらも襲い、仲間を増やす新種族。
この「リーパーズ」を倒すため、ブレイドは「自分を倒すために訓練を積んだ暗殺バンパイアチーム」と手を組むことになります。
前作で戦っていたブレイドとバンパイアが手を組んで戦うわけです。
しかし「リーパーズ」のボスが言う。
「お前は敵か、味方か。敵の敵は味方か、敵か」
彼の言葉通り、途中からバンパイアグループの裏切りめいた行動が見え始める。
やがてこの計画のとんでもない裏が明かされます。
ブレイドの怒り爆発。
いぐわあああああ。
相変わらず派手でございます。こいつはホラーではなくやっぱりアクション。
「リーパース」のバンパイアの吸血シーンはホラーだけど。なんせ下顎が左右にカパっと割れて吸血しますもんで。
しかし、ブレイドが敵バンパイアにブレーンバスター食らわせるのには笑ってしまった。
しかし…
ブレーンバスターは違うやろ。
次回はエイドリアン・ライン監督作品、「ジェイコブズ・ラダー」です。


ジェイコブス・ラダー

1990年アメリカ映画
監督 エイドリアン・ライン
主演 ティム・ロビンス、エリザベス・ペーニャ、ダニー・アイエロ、マット・クレーブン

 

ベトナム戦争ものの傑作でございます。でもかなり屈折しています。
ティム・ロビンスさま演ずるのは出征兵で、ジェイコブって名前。
彼の所属する部隊が、奇襲をうけ、大打撃をこうむります。
ジェイコブ自身も腹に重症を負います。
帰還した彼は、自分たちを攻撃した部隊がアメリカ兵だったことに気づき、何故そうなったのかを探りはじめる。
やがて、ベトナムで強力な幻覚作用のある麻薬が兵士に投与されていた可能性があるという事実を知るわけですが…
かなりサスペンス色の濃い作品。
途中にインサートされる不気味な映像は何を意味するのか。
強烈なラストで全ての謎がとけるというドラマ構造。なかなかいいです。
作品の評価は両極ですね。
おもんないという声と、すげえ考えさせられたって声と。私は大好きなんですが、この映画。
映画全体の雰囲気が「フラットライナーズ」に似てますね。
ちなみにこの映画、キリスト教世界をかなり意識したものになっているそうで、アメリカの人とかが見れば「ははーん、そうか」みたいな話らしいです。
ジェイコブは聖ヤコブのことらしい。
んで、「ジェイコブズ・ラダー」(ヤコブの螺旋階段と訳すのかなあ)という言葉も実際にあるそうです。
そういう目でもう一回見ようかな。
次回はこの作品起点で数珠つなぎいきます。
とりあえずエイドリアン・ライン監督つながりで、「危険な情事」いきましょう。


危険な情事

1987年アメリカ映画。
監督 エイドリアン・ライン
主演 マイケル・ダグラス、グレン・クローズ

 

前回の「ジェイコブズ・ラダー」から監督のエイドリアン・ラインさまつながりで、「危険な情事」。

けっこう話題になった作品です。
幸せな家庭を持っているダグラスさま。
奥さんと子供が家を留守にしている数日の間、彼は仕事がらみの女性、クローズさまと浮気を楽しみます。
男にとってその行為はただの遊び。
しかし女性にとってはそうではなかった。
そんな感情のズレが、とんでもないホラーな状況を生み出します。
次第にエスカレートしはじめる彼女の感情。
感情とともにその行動もエスカレートしはじめます。
ストーカーの恐怖って、この映画あたりで認識されるようになったのでしょうか。
最後はとんでもなく哀しい結末。

グレン・クローズさま、すごくいいですね。美しさ、かわいさ、危うさ、狂気、それらすべてを完璧に演じきっています。彼女の演技があったからこそ、リアルの恐ろしいこの作品が光ったのだと思います。
全国の男性諸氏。悪さはほどほどにね。
さて次回は、マイケルダグラスさまつながりで「ゲーム」いきましょう。


ゲーム

1997年アメリカ映画
監督 デビッド・フィンチャー
主演 マイケル・ダグラス、ショーン・ペン、デボラ・カーラ・アンガー

 

昨日の「危険な情事」からマイケル・ダグラスさまつながりで、「ゲーム」。
この記事書くにあたって、マイケル・ダグラスさまとデビッド・フィンチャーさまのフィルモグラフィー調べましたが、いやあ、二人とも素晴らしい仕事しております。
数珠つなぎお休みしてひたすらこの二人の仕事をご紹介しようかなって思うくらいです。
さて「ゲーム」でございます。
マイケル・ダグラスさまが演ずるのは大富豪です。しかしかなり性格が悪い。
「三人のゴースト」のビル・マーレイさま系のひねくれ大富豪でございます。
その彼にプレゼントが贈られます。弟のショーン・ペンさまからのプレゼント。
それは「ゲーム」の招待状なわけです。「ゲーム」の内容は一切知らされない。
ゲームとやらが開始されていることだけはわかるわけですが、そのゲームってなんやねん、みたいな話。
謎のゲームが進行しているようだが、本人には自分のまわりで起こっていることのどこからどこまでがゲームなのかがわからないというイライラ系のサスペンスが進行していきます。
そしてクライマックスではとんでもない悲劇が起こってしまいます。
しかししかし…とんでもないドンデン返し。
しかしドンデン返しがあることを説明してしまえば面白くないので、今日はタイトルに若干ネタバレと書きましたです。
サスペンス、スリル、謎解き、そして最後は驚きの結末。
こんな着地点があるんだ、ととてもびっくりした一作です。
デビット・フィンチャー監督ものだってことでかなり構えて見ていましたが、逆の意味で予想外でしたね。
次回の数珠つなぎはデビッド・フィンチャー監督特集でまいりたいと思います。
でもしかし。その前にオリバー・ストーン監督の「プラトーン」まいります。

元の映画ブログの紹介順なんだけど。どんな映画がどんな順番で出てくるのかわからない感じ、ようございましょ?



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について