目次
はじめに
1~30
スピーシーズ・種の起源
ゲッタウェイ
悪魔のような女
ウエストサイド物語
アルマゲドン
ジャッジ・ドレッド
模倣犯
心の旅路
エレファントマン
MI2
クリムゾンリバー
エントラップメント
砦なき者
呪怨
ゴッドファーザー
グリース
リーサルウエポン3
破線のマリス
スターウォーズ・帝国の逆襲
ターミネーター
踊る大捜査線THE MOVIE2・レインボーブリッジを封鎖せよ
ナインハーフ
ターミネーター2
動乱
ターミネーター3
少林サッカー
ソドムの市
ダーティハリー
ゴッドファーザーパートⅡ
スターウォーズ
31~60
A.I.
オーシャンズ11
さくや妖怪伝
ダーティハリー2
LAコンフィデンシャル
雲霧仁左衛門
ダブルボーダー
イレイザー
悪魔を憐れむ歌
マキシマム・リスク
黄金の七人
妖怪大戦争
バットマン
バトル・ロワイアル
ザ・ロック
アマデウス
吉原炎上
バットマンリターンズ
ホワイトアウト
12モンキーズ
ザ・ワン
京極夏彦「怪」・七人みさき
バットマンフォーエバー
ロストボーイ
バーティカルリミット
シャークテイル
シックスセンス
シックスデイ
ゾンビ
13日の金曜日
61~90
催眠
オールザットジャズ
ホワイトナイツ/白夜
将軍家光の乱心・激突
あずみ
必殺
オリエント急行殺人事件
そして誰もいなくなった
犬神家の一族
理由
悪魔の手鞠歌
ルームメイト
ウインドトーカーズ
タップ
ナイル殺人事件
里見八犬伝
皇帝のいない八月
情婦
大脱走
ウイロー
半落ち
ブロークン・アロー
燃えよドラゴン
片腕ドラゴン
イヤー・オブ・ザ・ドラゴン
新生トイレの花子さん
ピースメイカー
僕の彼女を紹介します
エンゼルハート
ヒート
91~120
スカーフェース
ミッドナイトクロス
スターウォーズ・ジェダイの復讐
スパイダーマン2
暗殺者
フロム・ダスク・ティル・ドウン
裏窓
ロープ
スネーク・アイズ
エネミー・オブ・アメリカ
メン・イン・ブラック
メン・イン・ブラック 2
ジュラシック・パーク
ロスト・ワールド ジュラシック・パーク
ジュラシックパーク3
少女たちの遺言
ラスト・アクション・ヒーロー
レイダース・失われた聖櫃
ディープブルー
パルプフィクション
ブギーポップは笑わない
パラサイト・イヴ
炎の少女チャーリー
クロスファイア
座頭市
シャイニング
キャリー
女王蜂(ネタバレ注意)
白昼の死角
ウルフェン
121~150
ブレイド
ロミオ・マスト・ダイ
フライトナイト
十二人の怒れる男
狼男アメリカン
トワイライトゾーン・超次元の体験・第一話
E.T.
トワイライトゾーン・超次元の体験・第二話
ハウリング
トワイライトゾーン・超次元の体験・第三話
マッドマックス
トワイライトゾーン・超次元の体験・第四話
ハリー・ポッターと賢者の石
フライトナイト2 バンパイアの逆襲
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第一話 雪山
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第二話 携帯忠臣蔵
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第三話 チェス
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第四話 結婚シミュレーター
ブレイド2
ジェイコブス・ラダー
危険な情事
ゲーム
プラトーン
インビジブル
エボリューション
フラットライナーズ
セブン
エイリアン3
パニック・ルーム
サドン・デス
スターウォーズ・エピソード2・クローンの攻撃
ペリカン文書
レッド・サン
シルミド
グレムリン
ダイヤルM
151~180
劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション・烈空の訪問者デオキシス
タワーリング・インフェルノ
ブルース・ブラザーズ
ウルトラマンティガ・ファイナルオデッセイ
レインメイカー
海猫
フェイス・オフ
トゥームレイダー
ゴッドファーザー PARTⅢ
ふたり
スターゲイト
ウォータ-ボーイズ
少林寺
スターウォーズ・エピソードⅢ・シスの復讐
キス・オブ・ザ・ドラゴン
親指スターウォーズ
親指タイタニック
タイタニック
ウォール街
スペース・バンパイア
ラストサマー
ダイハード3
火垂るの墓
マトリックス
イージー・ライダー
ラスト・ワルツ
レイジング・ブル
ラストサマー2
仁義なき戦い
仁義なき戦い・広島死闘編
181~210
仁義なき戦い・代理戦争
仁義なき戦い・頂上作戦
仁義なき戦い・完結編
GODZILLA・ゴジラ
その後の仁義なき戦い
機動戦士ガンダム
機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編
機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
ポルターガイスト
ウルフ
ザ・フォッグ
チャイルド・プレイ
ダイナソー
トリック・劇場版
K-19
着信アリ
直撃地獄拳・大逆転
ア・ホーマンス
スパイ・ライク・アス
ブレス・ザ・チャイルド
おこげ
48時間
誘う女
ゴジラVSキングギドラ
ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ・光の国の戦士たち
アサシン
ニキータ
キンダーガートン・コップ
男たちの挽歌
魔女の宅急便
211~220
8mm
トゥモロー・ネバー・ダイ
黄泉がえり
バック・トゥ・ザ・フューチャー
D.N.A.
ザ・リング
レプリカント
東京タワー
ガメラⅢ・邪神(イリス)覚醒
明日に向かって撃て
インターバル

閉じる


<<最初から読む

133 / 228ページ

トワイライトゾーン・超次元の体験・第四話

第四話「二万フィートの戦慄」
1983年アメリカ映画
監督 ジョージ・ミラー
主演 ジョン・リスゴー

 

短編集の配置のコツってものを聞いたことがあります。短編集ってものはですね、最初に一番良い作品を持ってきて、二番目に良い作品を最後に持ってくる。あとは全体のバランスをみながら残りの作品を並べる、というわけです。
このトワイライトゾーンに関しては、うーん、どうなんやろ。
私的には、このジョージ・ミラー監督のエピソードが一番良い出来だったと思います。
ランディスさまの話はちょいと消化不良。そらそうやわな。主役俳優が撮影中に死んでしまったわけですから。この話をトップにもってくるのが納得いかないんだけど。スピルバーグさまの話は出来すぎ。間違いなく良い話なんだけど。間違いなく良くできているんだけど。
ダンテ監督の話。うむむ。これも面白いんだけど、あとに残るものがなあ。で、ジョージ・ミラー監督のエピソード。
この話で映画全体が締まったように思います。間違いなく一番面白いのはこのエピソード。
これはあくまでも私の意見ですが。
いきなり画面をひしゃげさせて、飛行機の乗客、ジョン・リスゴーさまの不安感を見事に表現しています。リスゴーさまは高所恐怖症のスピード恐怖症。しかも閉所恐怖症っぽくも見えます。
とにかく飛行機に乗ってパニック状態に陥っています。呼吸は荒く、ガタガタ震えて、絵に書いたような大変な状況でございます。
「うー気分悪い」って外を見ると、飛行機の翼の上に誰かが乗っている。「大変や、整備士乗せたまま飛んでまっせ」「んなアホな」外を見るとやっぱり誰もいない。「気のせいでっせ」
こうなるとリスゴーさま、孤立無援です。また外を見る。また翼の上に人影。それだけではなく、どうやらその影、飛行機の翼のエンジンに悪さをしているみたい。しかし機内の客室乗務員は全然相手にしてくれません。
窓の外をふと見ると、ゴブリンが覗いてるうううう。うぎゃあああああ。
怪談の定石をふむ憎い演出。古典的ですが、それがゆえに効果的。ジョージ・ミラー監督の演出もさることながら、ジョン・リスゴーさまの名演技に負うところが大きいかもしれません。この傑作エピソードで映画は終わります。
不思議感覚をたっぷり残して。と、思ったら、最後にもう一度ダン・エイクロイドさまが登場。
思わずニヤリとさせてくれるエンディングです。
次回は、「ハリー・ポッターと賢者の石」いきます。


ハリー・ポッターと賢者の石

2001年アメリカ映画
監督 クリス・コロンバス
原作 J・K・ローリング
主演 ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、トム・フェルトン、リチャード・ハリス、マギー・スミス、ロビー・コルトレーン、アラン・リックマン

 

J・K・ローリングさまの世界的ベストセラーの映画化第一弾。
ハリー・ポッター(ラドクリフさま)は両親の顔さえ知らずに親戚に預けられ、けっこう不遇な少年時代を送っております。
彼の父は魔法使い。彼が生まれてすぐに悪い魔法使いに殺されています。
ポッターが十一歳の誕生日を迎える日、ホグワーツの魔法学校からの迎えハグリット(コルトレーンさま)がやってきます。
学校へ向かう汽車の中で知り合った友人、ロンとハーマイオーニー(グリントさまとワトソンさま)たちと魔法学校に入学。
ポッターに味方するダンブルドア校長先生(ハリスさま)、先生(スミスさま)、そしてあからさまに怪しいスネープ先生(リックマンさま)。
学校での生活。魔法や毒薬の授業、箒での飛行訓練。
箒での飛行の才能を認められたポッターはラグビーみたいな箒に乗ったスポーツの選手に選ばれたりします。
さてさて、学校にはなんだか秘密がある。
まあね、魔法学校ですからいろんな秘密があるのは当たり前かもしれん。
「学校の用事」でハグリットが貸し金庫から何かを出すのですが、その後、その貸し金庫が襲われたことが明らかになります。
やがて学校の一室に置かれている「賢者の石」を探す冒険の物語になります。
どうやら誰かが賢者の石を手に入れようとしているようです。
この秘密をめぐってハリーが大活躍することになります。
SFXもすごくよくできているし、細部にまでこだわったプロップ選びや台本、伏線が行き届いたストーリーテリングがとてもよくできています。
想像していた以上に楽しめました。


フライトナイト2 バンパイアの逆襲

1988年アメリカ映画
監督 トミー・リー・ウオーレス
主演 ロディ・マクドウォール、ウィリアム・ラグズデール、トレーシー・リン、ジュリー・カーメン

 

「ウエルカム・トゥ・フライトナイト」。
あんまり期待しないで見に行って、想像以上に面白かったSFXモダンホラーの快作「フライトナイト」の続編。
この台詞は、前作ではロディ・マクドウォールさま、クリス・サランドンさまが一回ずつ言った台詞。
今回はジュリー・カーメンさまがこの台詞を言いますが、三人のなかで一番かっこいい。
前作でやっつけられた兄バンパイアの仇をうつため、妹バンパイアがまたしてもラグズデールさまの隣家に引っ越してきます。女バンパイアってのがいいですね。
今回はオカマのローラーバンパイアだとか虫を食う大男だとかスケベ狼男だとかを配下に従えております。
この四人、揃ってエレベーターに乗る場面がありますが、絵的にすごくかっこいい。
ファッショナブルというか何というか。かなりいけてます。
んで、隣にバンパイアがまた越してきたことがわかったラグズデールさま、またしてもバンパイアハンター役者、マクドウォールさまのところへ協力要請。
例によっていやがるおっさんを口説き落とし、またまたバンパイア退治となります。
やっぱりラストは大SFX大会。
やってくれます。
今回ラグズデールさまの彼女役で登場したのがトレーシー・リンさま。
彼女もけっこうがんばっております。
さてさて、次回から数珠つなぎに戻ります。次回から映画版「世にも奇妙な物語」の各エピソードをご紹介しますです。


世にも奇妙な物語 映画の特別編 第一話 雪山

2000年東宝作品
監督 落合正幸
主演 矢田亜希子、鈴木一真、大杉 漣
ストーリーテラー・タモリ

 

数珠つなぎでございます。
「トワイライトゾーン」からテレビ原作のオムニバスドラマつながりで、今日から四回に分けて「世にも奇妙な物語・映画の特別編」をご紹介です。
1990年から続いているフジテレビの怪物番組。
当初はレギュラー番組として製作されていましたが、現在は春秋の番組改変期に登場する、視聴率が取れるすげえ番組になっております。
落合監督のメガホンによるこの作品は、雪山がらみの都市伝説を扱ったとってもホラーな一編。
レギュラー番組時代にも雪山ネタはけっこうありまして、草刈正夫さま主演の「食べ過ぎた男」だとか渡辺裕之さま主演の「歩く死体」なんかが印象に残っております。
どこまでネタバレさせていいのかわからないですが、「食べ過ぎた男」は「遭難者の夢」オチ、「歩く死体」は「主人公の恐怖の原因は主人公自身」オチです。
となるとこの話は?ってことになりますが、雪山がらみの都市伝説といえば、渡辺裕之さま主演作っぽい話か、こういう話かのどっちかになりますよね。
複合技パターンなんてのもそのうち出てくるかもしれませんね。
さて次回は「世にも奇妙な物語・映画の特別編・第二話」をご紹介します。


世にも奇妙な物語 映画の特別編 第二話 携帯忠臣蔵

2000年東宝作品
監督 鈴木雅之
主演 中井貴一、奥菜 恵
ストーリーテラー タモリ


昨日の続き、「世にも奇妙な物語・映画の特別編」です。今日は第二話の「携帯忠臣蔵」。
「王様のレストラン」「ショムニ」で監督をつとめた鈴木雅之さまの作品。
この人は「世にも」では「代打はヒットを打ったのか」というとってもブラックな傑作を残している監督です。「世にも」シリーズはホラー系、ハートウォーミング系、コメディ系、不条理系、シュール系、オチに命をかけている系など、さまざまな作品があるすぐれたオムニバスドラマシリーズです。この「携帯忠臣蔵」はカテゴリーとしてはコメディに属する作品です。しかし私はけっこうじいんとしてしまいました。
最近になって大石内蔵助さまという人の人物像に関しては、様々なキャラクター設定がされるようになりました。かつての「忠臣蔵」の人間描写にはない、人間味あふれる人物像です。
かつて二時間ドラマでビートたけしさまが演じた大石や、NHK大河ドラマで緒形拳さまが演じた大石なんかがその代表だとよく言われますが、優柔不断で女好き系キャラでございます。
「四十七人の刺客」の高倉健さまの大石も、「もののふ~」みたいな感じではなく、狡猾な「智将・大石」のイメージでした。
さて「世にも」映画版。とっても優柔不断で、できれば討ち入りなんてしたくないバージョンの大石。
中井貴一さまめっちゃ巧い。彼の目の前に、何故か突然携帯電話が現れる。
「何なのじゃ、これは」みたいな感じでおっかなびっくり携帯を手にする大石。
不思議なことにこの携帯、ちゃんと機能している。
次第に大石は誰ともわからぬ携帯の相手と話をし、友情めいたものを感じはじめ、ついには討ち入りを決意します。
ラストは討ち入り当日。これから討ち入りをすることを電話の相手に告げ、彼は静かに携帯を降り積もる雪の上に置く。なんだか涙がでそうになってしまいました。
こっちは大石がその後本懐をとげ、切腹するということまで知っているわけですから。
電話の相手は八嶋智人さま。
彼はラストまで出てきません。
で、何故彼が大石に電話したのか、何故携帯が大石の目の前に現れたのかがわかる、という構成になっています。
ある意味読めてしまったラストですが、ちょっといい話系のコメディ系の「世にも」としてはなかなかいい出来だったのではないかと思います。
次回は第三話のご紹介です。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について