目次
はじめに
1~30
スピーシーズ・種の起源
ゲッタウェイ
悪魔のような女
ウエストサイド物語
アルマゲドン
ジャッジ・ドレッド
模倣犯
心の旅路
エレファントマン
MI2
クリムゾンリバー
エントラップメント
砦なき者
呪怨
ゴッドファーザー
グリース
リーサルウエポン3
破線のマリス
スターウォーズ・帝国の逆襲
ターミネーター
踊る大捜査線THE MOVIE2・レインボーブリッジを封鎖せよ
ナインハーフ
ターミネーター2
動乱
ターミネーター3
少林サッカー
ソドムの市
ダーティハリー
ゴッドファーザーパートⅡ
スターウォーズ
31~60
A.I.
オーシャンズ11
さくや妖怪伝
ダーティハリー2
LAコンフィデンシャル
雲霧仁左衛門
ダブルボーダー
イレイザー
悪魔を憐れむ歌
マキシマム・リスク
黄金の七人
妖怪大戦争
バットマン
バトル・ロワイアル
ザ・ロック
アマデウス
吉原炎上
バットマンリターンズ
ホワイトアウト
12モンキーズ
ザ・ワン
京極夏彦「怪」・七人みさき
バットマンフォーエバー
ロストボーイ
バーティカルリミット
シャークテイル
シックスセンス
シックスデイ
ゾンビ
13日の金曜日
61~90
催眠
オールザットジャズ
ホワイトナイツ/白夜
将軍家光の乱心・激突
あずみ
必殺
オリエント急行殺人事件
そして誰もいなくなった
犬神家の一族
理由
悪魔の手鞠歌
ルームメイト
ウインドトーカーズ
タップ
ナイル殺人事件
里見八犬伝
皇帝のいない八月
情婦
大脱走
ウイロー
半落ち
ブロークン・アロー
燃えよドラゴン
片腕ドラゴン
イヤー・オブ・ザ・ドラゴン
新生トイレの花子さん
ピースメイカー
僕の彼女を紹介します
エンゼルハート
ヒート
91~120
スカーフェース
ミッドナイトクロス
スターウォーズ・ジェダイの復讐
スパイダーマン2
暗殺者
フロム・ダスク・ティル・ドウン
裏窓
ロープ
スネーク・アイズ
エネミー・オブ・アメリカ
メン・イン・ブラック
メン・イン・ブラック 2
ジュラシック・パーク
ロスト・ワールド ジュラシック・パーク
ジュラシックパーク3
少女たちの遺言
ラスト・アクション・ヒーロー
レイダース・失われた聖櫃
ディープブルー
パルプフィクション
ブギーポップは笑わない
パラサイト・イヴ
炎の少女チャーリー
クロスファイア
座頭市
シャイニング
キャリー
女王蜂(ネタバレ注意)
白昼の死角
ウルフェン
121~150
ブレイド
ロミオ・マスト・ダイ
フライトナイト
十二人の怒れる男
狼男アメリカン
トワイライトゾーン・超次元の体験・第一話
E.T.
トワイライトゾーン・超次元の体験・第二話
ハウリング
トワイライトゾーン・超次元の体験・第三話
マッドマックス
トワイライトゾーン・超次元の体験・第四話
ハリー・ポッターと賢者の石
フライトナイト2 バンパイアの逆襲
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第一話 雪山
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第二話 携帯忠臣蔵
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第三話 チェス
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第四話 結婚シミュレーター
ブレイド2
ジェイコブス・ラダー
危険な情事
ゲーム
プラトーン
インビジブル
エボリューション
フラットライナーズ
セブン
エイリアン3
パニック・ルーム
サドン・デス
スターウォーズ・エピソード2・クローンの攻撃
ペリカン文書
レッド・サン
シルミド
グレムリン
ダイヤルM
151~180
劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション・烈空の訪問者デオキシス
タワーリング・インフェルノ
ブルース・ブラザーズ
ウルトラマンティガ・ファイナルオデッセイ
レインメイカー
海猫
フェイス・オフ
トゥームレイダー
ゴッドファーザー PARTⅢ
ふたり
スターゲイト
ウォータ-ボーイズ
少林寺
スターウォーズ・エピソードⅢ・シスの復讐
キス・オブ・ザ・ドラゴン
親指スターウォーズ
親指タイタニック
タイタニック
ウォール街
スペース・バンパイア
ラストサマー
ダイハード3
火垂るの墓
マトリックス
イージー・ライダー
ラスト・ワルツ
レイジング・ブル
ラストサマー2
仁義なき戦い
仁義なき戦い・広島死闘編
181~210
仁義なき戦い・代理戦争
仁義なき戦い・頂上作戦
仁義なき戦い・完結編
GODZILLA・ゴジラ
その後の仁義なき戦い
機動戦士ガンダム
機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編
機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
ポルターガイスト
ウルフ
ザ・フォッグ
チャイルド・プレイ
ダイナソー
トリック・劇場版
K-19
着信アリ
直撃地獄拳・大逆転
ア・ホーマンス
スパイ・ライク・アス
ブレス・ザ・チャイルド
おこげ
48時間
誘う女
ゴジラVSキングギドラ
ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ・光の国の戦士たち
アサシン
ニキータ
キンダーガートン・コップ
男たちの挽歌
魔女の宅急便
211~220
8mm
トゥモロー・ネバー・ダイ
黄泉がえり
バック・トゥ・ザ・フューチャー
D.N.A.
ザ・リング
レプリカント
東京タワー
ガメラⅢ・邪神(イリス)覚醒
明日に向かって撃て
インターバル

閉じる


<<最初から読む

125 / 228ページ

十二人の怒れる男

1957年アメリカ映画

監督 シドニー・ルメット

主演 ヘンリー・フォンダ、リー・J・コップ、エド・ベグリー、マーティン・バルサム、E・G・マーシャル、ジャック・クラグマン、ジョン・フィードラー


原作はレジナルド・ローズさまの舞台劇です。

かなり有名な舞台劇です。私の劇団の同世代の役者さんは、ほとんどみんな口をそろえて「死ぬまでにこの舞台やりたい」って言ってました。でもあまりとりあげられない芝居です。

何故か。そうとう難易度が高い台本なのです。

劇書房っていうオフブロードウェイの芝居の台本ばっかりを翻訳して出版していた出版社さんがありまして、そこの出す本はそうとうレベルが高いものばかりでした。映画化されたものでいうと「真夜中パーティー」とか「アマデウス」とか「小さき神のつくりし子ら(愛は静けさの中に)」とか「黄昏」とか。

半端な役者さんなんかが手をだすとえらいめにあうような本ばっかり。その中でも特に難易度の高い作品が「十二人の怒れる男」。そこそこのレベルの役者さんが十二人揃ってはじめてできる芝居です。
しかしやっぱり舞台台本よりも圧倒的に映画のほうが評価が高かったです。舞台上演の際は映画をご参考に、みたいなノリでした。
物語は十二人の陪審員が評決を打ち合わせするというもの。容疑者は少年。

十二人のうち十一人までは少年は有罪であるとほぼ決めつけています。

「さっさと有罪に決めて家に帰ってビールでも飲もうぜ」みたいな空気が漂っています。しかしただ一人、少年の有罪に異を唱える男がいる。この陪審員をヘンリーフォンダさまが演じます。陪審員の決定は全員一致が原則。十一対一で有罪対無罪の説得合戦がはじまります。

フォンダさま、裁判で明らかになった証言や証拠を検証しはじめます。次第に証言者の発言の信憑性が損なわれていく。それと同時に十一人の陪審員の意見が次第に割れはじめる。果たして十二人の陪審員たちはどのような裁定を下すのでしょうか。
ヘンリーフォンダさまがとにかくいいです。しかしそれだけではなく、十二人の登場人物一人ひとりが非常に丁寧に描かれています。

私世代の人のほとんどは、陪審員制ってのがどんなものなのか、この映画で知った人も多いはず。

ラストもとっても素晴らしい余韻を感じさせてくれる作品です。
さあて、次回は、数珠つなぎに戻りまして「狼男アメリカン」のご紹介でございます。
 


狼男アメリカン

1981年アメリカ映画

 監督 ジョン・ランディス

特殊メイク リックベイカー

主演 デビッド・ノートン、ジェニー・アガター、グリフィン・ダン、ジョン・ウッドバイン、ブライアン・グローバー


数珠つなぎ前回はウルフェンでございました。そこから狼ネタつながりで「狼男アメリカン」でごわす。監督はジョン・ランディスさま。私が高校生の頃の映画です。

というのも、同級生の子がこの映画の狼男の変身シーンを真似してネタにしていたのを覚えてるからです。

この映画の直前に「ハウリング」って狼男映画がありまして、日本公開はこっちのほうが後だったので、この映画「二番煎じ」みたいな印象をもたれていました。

変身シーンは、この「狼男アメリカン」のほうがよくできています。これまでの狼男映画とは違い、特殊メイクと特撮で変身プロセスを見せてしまったってのがまず画期的。

その上で「ハウリング」は薄暗い部屋での変身だったのに対し、「狼男アメリカン」はこうこうと電灯がともる室内で鮮やかな変身シーンを見せた。もうそれだけで「狼男アメリカン」に軍配があがってしまいます。

まあそもそもこの作品の特殊メイクのリック・ベイカーさまは、「ハウリング」の特殊メイクのロブ・ボーティンさまも師匠にあたる人だから、まあこっちのほうがよくできていて当たり前なんですが。
イギリスの人狼伝説が伝承されている地方を旅した大学生二人。彼らは狼に襲われます。

一人は噛み殺され、もう一人は狼にかまれてしまう。狼は地元のハンターに殺されます。しかしこいつの死体が人間だったからびっくり。

わしを襲った奴は狼男じゃったんじゃろうか、などと思いながら主人公はアメリカに戻る。やがて主人公に深夜の徘徊癖がはじまります。

全裸で動物園とかで寝てたりするわけですな。やがて彼の目の前に死んだ友人が現れる。狼男に殺された人の魂は、狼男が死ぬまで成仏できない、と言います。

あんたを殺した狼男は死んだやん、といいたいところですが、主人公が狼男になり、狼男の血が絶えていないから俺は死ねない、とこういうわけです。
ハイライトはやっぱり変身シーン。今や御大・リックベイカーさまの特殊メイクがみどころ。かなりいけてます。
さてさて、次回からちょいと変則パターンで数珠つなぎしていきます。とりあえず次回はジョン・ランディス監督つながりで「トワイライトゾーン」。ただし、これはエピソードごとに四回にわけてまいります。ご容赦くださいまし。


トワイライトゾーン・超次元の体験・第一話

オープニング「本当に恐いもの」・第一話「偏見の恐怖」
1983年アメリカ映画

監督 ジョン・ランディス

主演 ビック・モロー、ダン・エイクロイド


今日からシリーズで、「トワイライト・ゾーン」をご紹介します。映画は三十分くらいのショートストーリー四話で一つの映画になっております。

監督はジョン・ランディスさま、スティーヴン・スピルバーグさま、ジョー・ダンテさま、ジョージ・ミラーさまと、当時上り調子の監督ばかり。

今日はジョン・ランディス監督のパートのご紹介。

エピソードタイトルは、あるサイトに載っていたものですが、恐らく元ネタになった「ミステリーゾーン」のエピソードタイトルだと思います。

オープニングはダン・エイクロイドさまが主演。CCRのミッドナイトスペシャルを歌いながら田舎道を走る車。

車の中の会話は懐かしのテレビドラマ談義へ。んで話題はトワイライト・ゾーン(ミステリーゾーン)のものになります。あの話が面白かったとかこの話が恐かったとか、ああだこうだ。

んで、エイクロイドさまが言います。「本当に恐いものって見たことあるかい?」

この言葉が出たら結末はおわかりですよね。
そして第一話。ビック・モローさまの遺作となった物語。ガチガチの人種差別主義者、モローさま。この男がいきなり別の世界に飛ばされるわけです。

まずユダヤ人としてナチに追われる。次にベトコンとしてアメリカ兵に狙い撃ちされそうになる。そしてまたユダヤ人になって強制収容所行きの列車に乗せられる。

おお、恐い恐い。主演のビック・モローさまはこの映画の撮影中に、劇用ヘリの墜落事故に巻き込まれ、他界します。撮影していたのはモローさまがアメリカ軍ヘリからの機銃掃射からベトナム人の子供を助けようとする場面だったらしいです。

もし事故がなければ、かなりヒューマンな内容の作品になる予定だったようです。
ちなみに、このエピソードを監督していたジョン・ランディスさまは、この後、この件で裁判を争うことになりますです。
次回数珠つなぎは、第二話監督スピルバーグさまの出世作「E.T.」をご紹介して、さらにその翌日に「トワイライト・ゾーン」第二話」をご紹介します。

 


E.T.

1982年アメリカ映画
監督 スティーヴン・スピルバーグ
主演 ヘンリー・トーマス、ディー・ウオーレス・ストーン、ドリュー・バリモア、ロバート・マクノートン、ピーター・コヨーテ


スティーヴン・スピルバーグさまのフィルモグラフィーってけっこうすごいですよね。ちゃんとは調べてないけど。
初監督はデニス・ウィーバーさま主演で「激突」でしたね。
「激突」はそもそもテレビドラマございまして、その後「続・激突・カージャック」で劇場用映画監督デビューします。
で、彼の名前を不動のものにしたのが「ジョーズ」であるのは万人の認めるところ。
しかしこのへんの作品群はストーリーテリングの巧みさと、サスペンス描写の上手さを実証したものであって、スピルバーグさまの全体像を見せるだけのものではなかったような気がします。
私の考えるスピルバーグさまの世界というのは、「カラー・パープル」や「シンドラーのリスト」などのヒューマン世界と、「インディ・ジョーンズ」や「ジュラシク・パーク」に代表されるエンターテイメントの世界、そして「フック」や「E.T.」に代表される少年の視点を大事にした世界。
ちなみに「未知との遭遇」はエンターテイメントとヒューマン世界の中間かな。
で、E.T.の話。
地球に探索に来ていて親宇宙人とはぐれてしまった子供宇宙人と主人公エリオット(ヘンリー・トーマスさま)少年の友情物語。

とっても感動的でとても面白い作品です。
当時の女子高生や女子大生は「E.T.ってカワイー」とか言ってたくせに、「あんたE.T.に似てますよね」って言うと激怒したりしていました。それってかわいくないって意味とちゃうの?
あと、この映画の公開のころ、ちょっとビジュアル的に難のある、ET似の素人さんがたが、「ETのものまねです」とか言ってテレビに出演されておられました。
うん。ETの物真似とかいわれても…
見てて恥ずかしいから、そういうテレビのでかたしていただきたくなかったでございます。
それより何より、ドリュー・バリモアさまが出ていたってのが驚きでございます。


トワイライトゾーン・超次元の体験・第二話

第二話「真夜中の遊戯」
1983年アメリカ映画
監督 スティーヴン・スピルバーグ
主演 スキャットマン・クローザーズ
スティーヴン・スピルバーグの監督パートです。
前回、「E.T.」をとりあげましたが、その作風に通ずる作品です。
ただ、「E.T.」のような子供の視線ではない。
後にスピルバーグ監督ご自身が「フック」で取り組む、「大人が忘れてしまった子供の視線」を描いた作品です。
作品が描くのはさらにその先。
「老人が忘れてしまった子供の視線」です。
しかし、そのスタンスは極めて優しさに満ちておりますです。
まるで根無し草のようにあちこちの老人施設を渡り歩くおじいさん、スキャットマン・クローザースさま。
彼がやってきたのはみるからに灰色の老人施設。ほんまに灰色。
別に灰色のカラー処理しているわけではないです。でも本当に暗く、沈んでいるムード。
施設のルールに縛られ、どんよりした毎日を過ごしています。
クローザースさま、みんなにちょっとした魔法をかけます。
施設のルールをみんなで破ろう、消灯時間を破って夜中に集まり、みんなで遊ぼうと声をかけます。
沈んでいる老人、この言葉で俄然元気になります。なんか忘れていた「遊び心」を呼び戻されたような雰囲気。
しかし、どこにでもいる頑固じじい。
わしゃそんな話には乗らんぞ、とへそをまげています。実はこのおじいさん、息子夫婦とうまくいってないらしい。
しかし真夜中、本当に魔法がかかる。
消灯時間を破って集まったおじいさんおばあさん、集まって何をするの?って話になります。
遊んだらいいんだ、というクローザースさま。その言葉通り遊びはじめた老人たちは、何と子供に戻ってしまいます。
子供が遊んでいることに驚いた頑固じじい、施設の職員を連れて部屋に行くと…
ここから先の物語の展開も素晴らしいです。
ネタバレ防止のため書きませんが。
この作品にしても、日本版「ミステリーゾーン(トワイライトゾーンですかね、今では)」とでもいうべき「世にも奇妙な物語」にしても、恐い恐い話ばっかりではなくこういうハートウォーミングな話が入ってくるのがいいですね。
この話、私はけっこう好きです。
さてさて、次回は第三話の監督、ジョー・ダンテ監督の出世作「ハウリング」でございます。


読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について