目次
はじめに
1~30
スピーシーズ・種の起源
ゲッタウェイ
悪魔のような女
ウエストサイド物語
アルマゲドン
ジャッジ・ドレッド
模倣犯
心の旅路
エレファントマン
MI2
クリムゾンリバー
エントラップメント
砦なき者
呪怨
ゴッドファーザー
グリース
リーサルウエポン3
破線のマリス
スターウォーズ・帝国の逆襲
ターミネーター
踊る大捜査線THE MOVIE2・レインボーブリッジを封鎖せよ
ナインハーフ
ターミネーター2
動乱
ターミネーター3
少林サッカー
ソドムの市
ダーティハリー
ゴッドファーザーパートⅡ
スターウォーズ
31~60
A.I.
オーシャンズ11
さくや妖怪伝
ダーティハリー2
LAコンフィデンシャル
雲霧仁左衛門
ダブルボーダー
イレイザー
悪魔を憐れむ歌
マキシマム・リスク
黄金の七人
妖怪大戦争
バットマン
バトル・ロワイアル
ザ・ロック
アマデウス
吉原炎上
バットマンリターンズ
ホワイトアウト
12モンキーズ
ザ・ワン
京極夏彦「怪」・七人みさき
バットマンフォーエバー
ロストボーイ
バーティカルリミット
シャークテイル
シックスセンス
シックスデイ
ゾンビ
13日の金曜日
61~90
催眠
オールザットジャズ
ホワイトナイツ/白夜
将軍家光の乱心・激突
あずみ
必殺
オリエント急行殺人事件
そして誰もいなくなった
犬神家の一族
理由
悪魔の手鞠歌
ルームメイト
ウインドトーカーズ
タップ
ナイル殺人事件
里見八犬伝
皇帝のいない八月
情婦
大脱走
ウイロー
半落ち
ブロークン・アロー
燃えよドラゴン
片腕ドラゴン
イヤー・オブ・ザ・ドラゴン
新生トイレの花子さん
ピースメイカー
僕の彼女を紹介します
エンゼルハート
ヒート
91~120
スカーフェース
ミッドナイトクロス
スターウォーズ・ジェダイの復讐
スパイダーマン2
暗殺者
フロム・ダスク・ティル・ドウン
裏窓
ロープ
スネーク・アイズ
エネミー・オブ・アメリカ
メン・イン・ブラック
メン・イン・ブラック 2
ジュラシック・パーク
ロスト・ワールド ジュラシック・パーク
ジュラシックパーク3
少女たちの遺言
ラスト・アクション・ヒーロー
レイダース・失われた聖櫃
ディープブルー
パルプフィクション
ブギーポップは笑わない
パラサイト・イヴ
炎の少女チャーリー
クロスファイア
座頭市
シャイニング
キャリー
女王蜂(ネタバレ注意)
白昼の死角
ウルフェン
121~150
ブレイド
ロミオ・マスト・ダイ
フライトナイト
十二人の怒れる男
狼男アメリカン
トワイライトゾーン・超次元の体験・第一話
E.T.
トワイライトゾーン・超次元の体験・第二話
ハウリング
トワイライトゾーン・超次元の体験・第三話
マッドマックス
トワイライトゾーン・超次元の体験・第四話
ハリー・ポッターと賢者の石
フライトナイト2 バンパイアの逆襲
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第一話 雪山
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第二話 携帯忠臣蔵
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第三話 チェス
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第四話 結婚シミュレーター
ブレイド2
ジェイコブス・ラダー
危険な情事
ゲーム
プラトーン
インビジブル
エボリューション
フラットライナーズ
セブン
エイリアン3
パニック・ルーム
サドン・デス
スターウォーズ・エピソード2・クローンの攻撃
ペリカン文書
レッド・サン
シルミド
グレムリン
ダイヤルM
151~180
劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション・烈空の訪問者デオキシス
タワーリング・インフェルノ
ブルース・ブラザーズ
ウルトラマンティガ・ファイナルオデッセイ
レインメイカー
海猫
フェイス・オフ
トゥームレイダー
ゴッドファーザー PARTⅢ
ふたり
スターゲイト
ウォータ-ボーイズ
少林寺
スターウォーズ・エピソードⅢ・シスの復讐
キス・オブ・ザ・ドラゴン
親指スターウォーズ
親指タイタニック
タイタニック
ウォール街
スペース・バンパイア
ラストサマー
ダイハード3
火垂るの墓
マトリックス
イージー・ライダー
ラスト・ワルツ
レイジング・ブル
ラストサマー2
仁義なき戦い
仁義なき戦い・広島死闘編
181~210
仁義なき戦い・代理戦争
仁義なき戦い・頂上作戦
仁義なき戦い・完結編
GODZILLA・ゴジラ
その後の仁義なき戦い
機動戦士ガンダム
機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編
機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
ポルターガイスト
ウルフ
ザ・フォッグ
チャイルド・プレイ
ダイナソー
トリック・劇場版
K-19
着信アリ
直撃地獄拳・大逆転
ア・ホーマンス
スパイ・ライク・アス
ブレス・ザ・チャイルド
おこげ
48時間
誘う女
ゴジラVSキングギドラ
ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ・光の国の戦士たち
アサシン
ニキータ
キンダーガートン・コップ
男たちの挽歌
魔女の宅急便
211~220
8mm
トゥモロー・ネバー・ダイ
黄泉がえり
バック・トゥ・ザ・フューチャー
D.N.A.
ザ・リング
レプリカント
東京タワー
ガメラⅢ・邪神(イリス)覚醒
明日に向かって撃て
インターバル

閉じる


<<最初から読む

121 / 228ページ

ウルフェン

1981年アメリカ映画

監督 マイケル・ウォドレー

主演 アルバート・フィニー、ダイアン・ヴェノーラ、トム・ヌーナン、エドワード・J・オルモス、グレゴリー・ハインズ


昨日の「白昼の死角」から、出演のエドワード・J・オルモスさまつながりで「ウルフェン」です。

あ、いや、別に私はこの人のファンとかではないですよ。

「白昼の死角」に出ていたことは知ってて、名前もよく覚えておりましたです。

でですね、「ウルフェン」見に行ったときに、どっかで見た兄ちゃんやなあってパンフレット見たら、エドワード・J・オルモスさまだった、とそれだけの話でして。

ぶっちゃけ洋画につなげたかっただけでござる。
舞台は現代のアメリカ。

公園で死体が発見されます。

その死体は明らかに人間の仕業とは思えない傷がありました。

そんなん、この時点で犯人は人間じゃないこと確定してるじゃないですか。

普通の捜査しても無駄やがな。と、つっこむ私の声は登場人物には聞こえない。

で、噂のオルモスさまはインディアンの男。

彼は先人たちの教えで、狼が事件にかかわっていることを匂わせる。

で、事件をひき起こしていたのは人知を超えた能力をもった狼だった。

で、狼たちは自然破壊につながる開発推進派の人を殺していっていたと、こういう話です。
タイトルが「ウルフェン」だったので、てっきり狼男ものだと思って見に行った映画ですが、ちょっとでかい狼が出てきただけ。

でもラストシーン、大都会に狼の群れが突然現れ、突然消えてくってのが幻想的でよかったです。

ときどき切り替わる狼視線。

「プレデター」より「悪魔を憐れむ歌」よりこの映画のほうが製作年度が古いだろうから、CG処理の敵目線ってのはこの作品が最初かもしれません。
改めて出演者チェックしてびっくり。

アルバート・フィニーさまだとかグレゴリー・ハインズさまだとか出ていたんですね。

「ラスト・アクション・ヒーロー」で切り裂き男演じたトム・ヌーナンさまなんかも出てるし。ちょっと癖のある豪華キャストって感じですね。
次は数珠つなぎをちょっとお休みして、ウエズリー・スナイプスさま主演の「ブレイド」いきましょう。


ブレイド

1998年アメリカ映画

監督 スティーブン・ノリントン

主演 ウェズリー・スナイプス、スティーブン・ドーフ、クリス・クリストファーソン、ドナル・ローグ、ウド・キア、トレイシー・ローズ、アーリー・ジョバー、N・ブッシュライト


ウェズリー・スナイプスさまの「ブレイド」です。

バンパイアと人間との間に生まれた男「ブレイド」が、バンパイア族と戦いを繰り広げる物語。

映画のカテゴリーとしてはホラーよりもアクション映画ですな。冒頭はかなりええ感じのホラーでした。

なんかいかにも危なそうな女とドライブするアホ男。女に連れられて食品冷凍庫へ。中はまるでクラブ。みんな踊りまくっている。そこに集まっているのはこれまたいかにも怪しい奴ら。「んだよてめえら」みたいな感じで出ようとしたら突然血のシャワー。男、おろおろ。クラブの客、陶酔の表情。

男以外は全員バンパイアだったわけですな。パニックになって逃げ出そうとする男の前に立つのは「ブレイド」。

かっこええ。ここからはアクション一直線。刀・銃・銀の杭でばったばったとバンパイアを倒していきます。

話が進むと、どうやらバンパイアにもいろいろいるみたいなことがわかってきます。人間との共存をはかろうとする穏健派(ウド・キアさま)と、人間なんてやっちまえみたいな強硬派(ドーフさま)。

もちろんブレイドのターゲットは強硬派。でも強硬派は穏健派のボスを拉致して惨殺し、バンパイア界の主導権を握る。

こうなりゃ戦うだけだぜ、頑張れブレイド、と素直に楽しんでしまいました。

筋肉モリモリに磨きがかかったスナイプスさま。ええ感じです。アクションシーンもSFXもかなりの出来栄えです。

すげえすげえ。
ちょっと感動したのはバンパイアのボスを演じていたウド・キアさま。
この人、私が小学生のころ、アンディ・ウォーホールさま監修の伝説のホラー映画「悪魔のはらわた」でフランケンシュタイン博士を、「処女の生き血」でドラキュラ伯爵を演じた怪優でございます。

おひさしぶりって感じでした。「悪魔のはらわた」も「処女の生き血」も面白かったですよ。私のように屈折した映画ファンなら泣いて喜ぶ映画です。これもそのうちご紹介しますです。
次回は「ロミオ・マスト・ダイ」ざんす。


ロミオ・マスト・ダイ

2000年アメリカ映画

監督 アンジェイ・バートコウィアク

主演 ジェット・リー、アリーヤ


けっこう忘れられない映画です。

昔通っていたジムで、最初に仲良くなった人が大の映画ファンでございまして、そのジムの忘年会で超熱く推薦されたのが一連のジェット・リーさま作品。

その頃、私はジェット・リーって誰だか知らなかったです。それが映画見るうちに香港時代のリー・チンチェイさまだってわかって、かなりすっとしましたです。「少林寺」に出演していましたね、この人。

ジェット・リーさまなんてモダンな名前名乗るからわかんないんですよ。そのジェット・リーさま作品で、最初に見たのがこの作品。

ジェット・リーさまはこの映画がハリウッド映画初主演になります。「マトリックス」のVFXチームとがっぷり組んだハードアクション。

弟を殺された元刑事が、事件を探るうちにマフィアの抗争に巻き込まれる。というのも、この元刑事の父はチャイニーズマフィアのボスで、黒人マフィアと抗争を繰り広げているおっちゃん。そら巻き込まれるわな。ジェット・リーさまは黒人マフィアのボスの娘、アリーヤさまと行動をともにしながら、弟が殺された理由を探ります。
物語の随所に当然のようにアクションシーンが挿入されます。その一つ一つがすごくいいですね。

最初は軽いアクションで、後半にいくにつれてだんだんハードなアクションになっていきます。クライマックスの黒人マフィアたちとの戦いのシーンがすごい。悪玉を蹴りながら空中で方向転換して一度蹴った奴をももう一度蹴り直すとか朝飯前ですよね。あと消防用ホースを使ったアクションも秀逸。

ラストはチャイニーズマフィア側のカンフー使いとの対決。これもすごい。それぞれの場面が価値あるアクション。こういう映画も珍しい。
ちなみにタイトルの「ロミオ・マスト・ダイ」ってのはクライマックスでの悪役の台詞。ジェットリーさまに銃を向けてこの台詞を言うわけです。「色男は死ね」と訳されておりました。
次回は「フライト・ナイト」です。


フライトナイト

1985年アメリカ映画

監督 トム・ホランド

主演 ウィリアム・ラグズデール、ロディ・マクドウォール


これまた思い出たっぷりの映画です。劇団時代にすっげええええええ大好きだった子がいまして、その子と見に行った最初で最後の映画がこの映画。

実は二本立てで、ジャッキー・チェンさまの「ポリスストーリー」と「フライトナイト」を二本立てで上映するなどという暴挙を行っておりました。その子はカンフー映画ファン。私はホラー映画好き。まるで二人のためのような組み合わせ。暴挙もたまには役に立つ。おぞましいシーンで、その子は私の腕にひしと抱きつき、私、ますますその子にほろり。なんて思い出の映画。ほとんどセピア色の記憶の向こうにある思い出でございます。
さて「フライト・ナイト」。

恐怖映画マニアの高校生ラグズデールさま。彼のお気に入りはマクドウォールさまがホストをつとめる「フライト・ナイト」という番組です。フライト・ナイトってのは「恐怖の夜」と訳します。

物語の中のマクドウォールさまは、かつてバンパイアハンターの役どころで一世を風靡したんだけども、今は過去の栄光をくいつぶしている感のある「あの人は今」的な俳優。

実際のマクドウォールさまと妙にだぶるところのあるキャラですよね。この人、子役からはじまって「猿の惑星」で主役をはれる役者になって、でもそこからはイマイチ役にめぐまれていないっぽいイメージがあります。

しかしこの作品、水を得た魚のような名演技です。

ラグズデールさまは、隣家へ引越してきた男が美女の首にかみつく姿を目撃してしまいます。まさか彼は吸血鬼ではなかろうか。困った彼はテレビの中のバンパイアハンター役者、マクドウォールさまに相談します。

あほなこと言いなはんな、と思いつつも彼の話が本当かどうかを確かめてくれることになったマクドウォールさま。

何気なく覗いた鏡に姿が映らなかった隣人。えらいこっちゃ。ここらの運びはとってもスマート。

なんだかチープなホラーとしてはじまった映画は、徐々にSFXホラーとして加速していきます。見終わった感想が「ああ疲れた」って言ってしまうくらいクライマックスは盛り上がります。

実はけっこうお気に入りの作品です。
さて次回は数珠つなぎに戻る前にちょいとより道。「十二人の怒れる男」まいります。
 


十二人の怒れる男

1957年アメリカ映画

監督 シドニー・ルメット

主演 ヘンリー・フォンダ、リー・J・コップ、エド・ベグリー、マーティン・バルサム、E・G・マーシャル、ジャック・クラグマン、ジョン・フィードラー


原作はレジナルド・ローズさまの舞台劇です。

かなり有名な舞台劇です。私の劇団の同世代の役者さんは、ほとんどみんな口をそろえて「死ぬまでにこの舞台やりたい」って言ってました。でもあまりとりあげられない芝居です。

何故か。そうとう難易度が高い台本なのです。

劇書房っていうオフブロードウェイの芝居の台本ばっかりを翻訳して出版していた出版社さんがありまして、そこの出す本はそうとうレベルが高いものばかりでした。映画化されたものでいうと「真夜中パーティー」とか「アマデウス」とか「小さき神のつくりし子ら(愛は静けさの中に)」とか「黄昏」とか。

半端な役者さんなんかが手をだすとえらいめにあうような本ばっかり。その中でも特に難易度の高い作品が「十二人の怒れる男」。そこそこのレベルの役者さんが十二人揃ってはじめてできる芝居です。
しかしやっぱり舞台台本よりも圧倒的に映画のほうが評価が高かったです。舞台上演の際は映画をご参考に、みたいなノリでした。
物語は十二人の陪審員が評決を打ち合わせするというもの。容疑者は少年。

十二人のうち十一人までは少年は有罪であるとほぼ決めつけています。

「さっさと有罪に決めて家に帰ってビールでも飲もうぜ」みたいな空気が漂っています。しかしただ一人、少年の有罪に異を唱える男がいる。この陪審員をヘンリーフォンダさまが演じます。陪審員の決定は全員一致が原則。十一対一で有罪対無罪の説得合戦がはじまります。

フォンダさま、裁判で明らかになった証言や証拠を検証しはじめます。次第に証言者の発言の信憑性が損なわれていく。それと同時に十一人の陪審員の意見が次第に割れはじめる。果たして十二人の陪審員たちはどのような裁定を下すのでしょうか。
ヘンリーフォンダさまがとにかくいいです。しかしそれだけではなく、十二人の登場人物一人ひとりが非常に丁寧に描かれています。

私世代の人のほとんどは、陪審員制ってのがどんなものなのか、この映画で知った人も多いはず。

ラストもとっても素晴らしい余韻を感じさせてくれる作品です。
さあて、次回は、数珠つなぎに戻りまして「狼男アメリカン」のご紹介でございます。
 



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について