目次
はじめに
1~30
スピーシーズ・種の起源
ゲッタウェイ
悪魔のような女
ウエストサイド物語
アルマゲドン
ジャッジ・ドレッド
模倣犯
心の旅路
エレファントマン
MI2
クリムゾンリバー
エントラップメント
砦なき者
呪怨
ゴッドファーザー
グリース
リーサルウエポン3
破線のマリス
スターウォーズ・帝国の逆襲
ターミネーター
踊る大捜査線THE MOVIE2・レインボーブリッジを封鎖せよ
ナインハーフ
ターミネーター2
動乱
ターミネーター3
少林サッカー
ソドムの市
ダーティハリー
ゴッドファーザーパートⅡ
スターウォーズ
31~60
A.I.
オーシャンズ11
さくや妖怪伝
ダーティハリー2
LAコンフィデンシャル
雲霧仁左衛門
ダブルボーダー
イレイザー
悪魔を憐れむ歌
マキシマム・リスク
黄金の七人
妖怪大戦争
バットマン
バトル・ロワイアル
ザ・ロック
アマデウス
吉原炎上
バットマンリターンズ
ホワイトアウト
12モンキーズ
ザ・ワン
京極夏彦「怪」・七人みさき
バットマンフォーエバー
ロストボーイ
バーティカルリミット
シャークテイル
シックスセンス
シックスデイ
ゾンビ
13日の金曜日
61~90
催眠
オールザットジャズ
ホワイトナイツ/白夜
将軍家光の乱心・激突
あずみ
必殺
オリエント急行殺人事件
そして誰もいなくなった
犬神家の一族
理由
悪魔の手鞠歌
ルームメイト
ウインドトーカーズ
タップ
ナイル殺人事件
里見八犬伝
皇帝のいない八月
情婦
大脱走
ウイロー
半落ち
ブロークン・アロー
燃えよドラゴン
片腕ドラゴン
イヤー・オブ・ザ・ドラゴン
新生トイレの花子さん
ピースメイカー
僕の彼女を紹介します
エンゼルハート
ヒート
91~120
スカーフェース
ミッドナイトクロス
スターウォーズ・ジェダイの復讐
スパイダーマン2
暗殺者
フロム・ダスク・ティル・ドウン
裏窓
ロープ
スネーク・アイズ
エネミー・オブ・アメリカ
メン・イン・ブラック
メン・イン・ブラック 2
ジュラシック・パーク
ロスト・ワールド ジュラシック・パーク
ジュラシックパーク3
少女たちの遺言
ラスト・アクション・ヒーロー
レイダース・失われた聖櫃
ディープブルー
パルプフィクション
ブギーポップは笑わない
パラサイト・イヴ
炎の少女チャーリー
クロスファイア
座頭市
シャイニング
キャリー
女王蜂(ネタバレ注意)
白昼の死角
ウルフェン
121~150
ブレイド
ロミオ・マスト・ダイ
フライトナイト
十二人の怒れる男
狼男アメリカン
トワイライトゾーン・超次元の体験・第一話
E.T.
トワイライトゾーン・超次元の体験・第二話
ハウリング
トワイライトゾーン・超次元の体験・第三話
マッドマックス
トワイライトゾーン・超次元の体験・第四話
ハリー・ポッターと賢者の石
フライトナイト2 バンパイアの逆襲
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第一話 雪山
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第二話 携帯忠臣蔵
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第三話 チェス
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第四話 結婚シミュレーター
ブレイド2
ジェイコブス・ラダー
危険な情事
ゲーム
プラトーン
インビジブル
エボリューション
フラットライナーズ
セブン
エイリアン3
パニック・ルーム
サドン・デス
スターウォーズ・エピソード2・クローンの攻撃
ペリカン文書
レッド・サン
シルミド
グレムリン
ダイヤルM
151~180
劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション・烈空の訪問者デオキシス
タワーリング・インフェルノ
ブルース・ブラザーズ
ウルトラマンティガ・ファイナルオデッセイ
レインメイカー
海猫
フェイス・オフ
トゥームレイダー
ゴッドファーザー PARTⅢ
ふたり
スターゲイト
ウォータ-ボーイズ
少林寺
スターウォーズ・エピソードⅢ・シスの復讐
キス・オブ・ザ・ドラゴン
親指スターウォーズ
親指タイタニック
タイタニック
ウォール街
スペース・バンパイア
ラストサマー
ダイハード3
火垂るの墓
マトリックス
イージー・ライダー
ラスト・ワルツ
レイジング・ブル
ラストサマー2
仁義なき戦い
仁義なき戦い・広島死闘編
181~210
仁義なき戦い・代理戦争
仁義なき戦い・頂上作戦
仁義なき戦い・完結編
GODZILLA・ゴジラ
その後の仁義なき戦い
機動戦士ガンダム
機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編
機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
ポルターガイスト
ウルフ
ザ・フォッグ
チャイルド・プレイ
ダイナソー
トリック・劇場版
K-19
着信アリ
直撃地獄拳・大逆転
ア・ホーマンス
スパイ・ライク・アス
ブレス・ザ・チャイルド
おこげ
48時間
誘う女
ゴジラVSキングギドラ
ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ・光の国の戦士たち
アサシン
ニキータ
キンダーガートン・コップ
男たちの挽歌
魔女の宅急便
211~220
8mm
トゥモロー・ネバー・ダイ
黄泉がえり
バック・トゥ・ザ・フューチャー
D.N.A.
ザ・リング
レプリカント
東京タワー
ガメラⅢ・邪神(イリス)覚醒
明日に向かって撃て
インターバル

閉じる


<<最初から読む

113 / 228ページ

パラサイト・イヴ

1997年作品

監督 落合正幸

原作 瀬名秀明

主演 三上博史、葉月理緒菜、中島朋子


前頁の「ブギーポップは笑わない」から、文学賞グランプリ受賞作品の映画化作品つながりで、「パラサイトイヴ」。

これも憎っくき「角川ホラー大賞」の受賞作の映画化。

今は「日本ホラー小説大賞」って名前になっていると思います。

この小説がグランプリとった頃はまだこの文学賞は「角川ホラー大賞」って名前だったと思うのですが。

というのも応募したんですよ。この賞に。

この年に。

めっちゃ前になりますけども。

私の小説のタイトルは「パーティの夜」。

殺人が伝染するって話。

見事に第一次選考ボツでございましたです。

この題材でもう少し恐い話考えついたので、書き直そうと思っているのですが。
さて「パラサイトイヴ」。イブで検索かけても出てこない。

どうしてなんだろうと思ってよく考えたら、「イヴ」でした。正式なタイトルは。

人間の体の中のミトコンドリア。

こいつが反乱を起こすという話。

三上博史さまは科学者。交通事故で死んだ妻・葉月さまは生前、腎臓バンクに登録していたため、遺体にメスを入れられることになります。

三上さまは、腎臓提供の条件として肝臓をもらいうけ、自身の研究室で培養をはじめる。

この培養された肝臓をミトコンドリアが操り、恐怖がはじまります。
落合監督には申し訳ないですが、この作品は明らかに小説のほうが面白い。

ラストも小説と原作ではかなり違う。

ミトコンドリアは体内で熱を発生させる機能を持っている。

んでもって、自分の敵の体内のミトコンドリアに干渉して、敵を発火させることができる。

って設定。

この自然発火のシステムがちょっと説明不足でした。

映像的にもあんまりリアリティがない。

自然発火ものでは「炎の少女チャーリー」だとか「クロスファイア」なんかも見ましたが、話として一番面白かったのは「炎の少女チャーリー」で、映像的に面白かったのは「クロスファイア」かな。
次回数珠つなぎは、もうお分かりですね。自然発火つながりで「炎の少女チャーリー」でございます。


炎の少女チャーリー

1984年アメリカ映画

監督 マーク・L・レスター

原作 スティーブン・キング

主演 デビッド・キース、ドリュー・バリモア、ジョージ・C・スコット


「パラサイト・イヴ」から、自然発火つながりで「炎の少女チャーリー」。
超人気作家のスティーブン・キングさまの原作「ファイアー・スターター」の映画化です。

物語としては面白いし、よくできています。

しかし原作の空気がどれだけ映画で表現できたかが疑問ですね。

パイロキネシスといいます。念力発火といいましょうか、意思の力で火をつける能力のことです。

念動力はテレキネシス。予知能力はプレコグニション。あとテレパシーとかテレポーテーションなんかは有名ですが。

パイロキネシスって超能力のなかでは若干地味ですな。
念動発火能力を持つ少女チャーリー。

彼女の力を利用しようとする大人たち。

彼女をひたすら庇ってきた父を失い、彼女の力は最大のパワーで開放されてしまいます。

なんか気持ち的にはテレビドラマの「必殺」とか「水戸黄門」見てる感じ。

とにかく「炎の少女」の映画なんだから、炎出まくりじゃないとだめっしょ、ってなノリで炎出まくる。

待ってました、うおおおおおって感じですわ。

祭りだ祭りだ、炎祭りだあ。

などとふざけている場合ではない。

「パラサイトイヴ」は静かに青い炎が燃え上がる感じ。

「クロスファイア」は内から赤い炎。

この映画は火の玉が飛びまくります。

発火シーンが派手で一番インパクトあったのがこの映画。

残念ながら「パラサイトイヴ」も「クロスファイア」もこの映画のはるか後の作品ですが、映像的インパクトはこの映画を越えることはできていません。

とりあえずクライマックスだけでも見ていただきたい映画ですが、悲しいかな古い映画なので、DVDとか見つからないかもしれませんね。
次回数珠つなぎ、本来はスティーブン・キングさま原作作品つながりで「シャイニング」なんですが、その前に「クロスファイア」やらせていただきたいと思います。


クロスファイア

2000年東宝映画

監督 金子修介

原作 宮部みゆき(鳩笛草・クロスファイア)

主演 矢田亜希子・伊藤英明・原田龍二・永島敏行・桃井かおり


自然発火能力つながり。昨日の「炎の少女チャーリー」から「クロスファイア」です。

原作は一本の短編と、その続編の長編小説。

宮部さんのインタビューによると、ホラーにならずSFにならずの超能力小説を書きたかったとのこと。

パイロキネシス少女の物語は短編集「鳩笛草」に所収の「燔祭」で登場します。

映画はこのお話と、その後の長編「クロスファイア」のエピソードを解体して再構成したようなお話。

当然、映画オリジナルのエピソードやキャラもでてきます。

感情が高まると周囲を発火させてしまう超能力を持った女性、矢田さま。

恋もせず、静かに、隠れるように暮らしています。彼女は少女時代に友達を焼死させてしまったという過去をもっています。

それからはごくごく限定された相手に、「能力」を使って恨みに近いトラブルを解決してあげたりしています。

そんな彼女に目をつけたのが「ガーディアン」と名付けられた秘密組織。

超能力をもった世直し集団とでも言いましょうか。

自分が請け負ったトラブル解決のために動いていた矢田さまの前に、超能力を駆使して悪人たちを始末する原田さまが現れます。

しかし矢田さまは「ガーディアン」のことを信用できないでいます。

やがて「ガーディアン」は矢田さまをつけねらうようになり、彼女は超能力秘密組織と戦うことになってしまう。
クライマックスの映像がすごい。

さらにその後、思わず「やったあ」と叫びたくなるようなラストシーン。

あまりにも悲しい原作ラストをイメージしていたので、このラストには救われました。
そらそうやわな。小説のラストはあまりにも小説的であり、映画的には処理しにくいラストだったので。

しかし主人公が「ガーディアン」のメンバーに恋心を抱く設定は残して欲しかったと思いました。

二本の小説を合体させたしわよせがこういうところにでてきて、楽しみだったエピソードがカットされておりましたです。
矢田亜希子さまを見たくて借りたビデオですが、思っていたより面白く、楽しめましたです。
数珠つなぎ的にはここから宮部みゆきさま原作の「理由」につなげたかったのですが、こちらは別の機会に。

宮部先生原作の「模倣犯」はもうとりあげたような気がするから、「炎の少女チャーリー」に戻して、スティーブン・キング先生原作につなげようと思います。

その前に…北野版「座頭市」をとりあげます。


座頭市

2003年オフィス北野・バンダイビジュアル、FM東京、電通、テレビ朝日、斎藤エンターテイメント作品

監督 北野武

主演 ビートたけし、浅野忠信、柄本 明、大楠道代、夏川結衣、岸部一徳、石倉三郎、橘 大五郎、大家由祐子、ガダルカナルタカ


「世界のキタノ」の座頭市でございます。

北野監督、すっかり巨匠ですよね。すごく風格があって画面に奥行きのある絵を撮られます。
盲目の座頭、市(たけしさま)がある町にやってくる。

市は野菜売りの女(大楠さま)の家に身をよせている。

浪人・服部(浅野さま)は病気の妻(夏川さま)のために町の親分・銀蔵(岸部さま)の用心棒、というか刺客というか、そういうことをしております。

一方、家族を押し込み強盗に皆殺しにされた、おきぬ(大家さま)おせい(橘さま)姉弟は家族の仇を探している。

ある日、市は通っていた賭場でいかさまを見破り、賭場の用心棒みたいなちんぴら達を皆殺しにします。

おきぬおせいの姉弟も、お座敷で女装の弟にいやらしいことをしようとしたお客を姉が殴ってしまいます。

かくして市・姉弟そろって銀蔵一派に追われることになります。

力でねじ伏せるように勢力を拡大してきた銀蔵一派。

追われる市。追う用心棒。

決戦のときは刻一刻と迫ってきますです。

途中、意外な人物が重要な役だったことがわかったりして、けっこう面白い。
物語の進行とシンクロするように、市・姉弟・服部の過去が描かれます。

丁寧に作っているし、わかりやすい。

クライマックスのバイオレンスシーンも素晴らしい。
こんなに才能ある人もいるんだなあ。


シャイニング

1980年イギリス映画

監督 スタンリー・キューブリック

主演 ジャック・ニコルソン、シェリー・デュボール、ダニー・ロイド、スキャットマン・クローザース


数珠つなぎ復活。「炎の少女チャーリー」から自然発火つながりの「クロスファイア」をはさんで、スティーブン・キング先生原作つながりで「シャイニング」いきたいと思います。

過去、数々の名作を世に放ってきたスタンリー・キューブリック監督の作品。
作家のニコルソンさまは、冬の間雪で外界と隔離されるホテルの管理人の仕事を手に入れます。

このホテルがやばい。

霊がうようよしている。ニコルソンさま、除々にその精神を冒され始めます。

一方、ニコルソンさまの息子は霊と交感できたり、朧げにこれから起こることを感じたりできる能力「シャイニング」の持ち主。

少年はホテルの料理人クローザースさまと仲良くなり、自分と母親の身の上に不吉な何かが起ころうとしていることを薄々感じている。

で、ニコルソンさま、満を持してキレるわけですな。

斧を手に家族を殺そうとします。

妻・少年、逃げる。

ニコルソンさま、追う。

ここらの描写、サスペンスたっぷりですごくよくできています。

ステディカムカメラを駆使した、低高度で地面をなめるように動き回るカメラ。

この追いかけっこの映像もインパクトたっぷり。
ジャックニコルソンさま、ちょっとやりすぎに近い名演技。

いろんなレビューで性悪演技だとか酷評されておりましたが、私はあんまり嫌いじゃない。
ことこの「シャイニング」に関して、評価は真っ二つ。

キューブリック監督の演出もニコルソンさまの演技もはっきり好き嫌いが別れているようです。
このキューブリック監督版「シャイニング」を一番嫌ったのは原作者のスティーブン・キングさま。

キング先生はそもそも映画大好き人間だし、そもそも「自分の原作作品で納得いく映画を撮ってもらったことはほとんどない」と公言していましたからね。
この映画のあと、スティーブン・キングさまは自らの「製作総指揮・監督」で、再映画化しております。

そんなに嫌だったのかなあ。この作品。
さてさて。数珠つなぎ次回はスティーブン・キング原作作品つながりで「キャリー」でございます。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について