目次
はじめに
1~30
スピーシーズ・種の起源
ゲッタウェイ
悪魔のような女
ウエストサイド物語
アルマゲドン
ジャッジ・ドレッド
模倣犯
心の旅路
エレファントマン
MI2
クリムゾンリバー
エントラップメント
砦なき者
呪怨
ゴッドファーザー
グリース
リーサルウエポン3
破線のマリス
スターウォーズ・帝国の逆襲
ターミネーター
踊る大捜査線THE MOVIE2・レインボーブリッジを封鎖せよ
ナインハーフ
ターミネーター2
動乱
ターミネーター3
少林サッカー
ソドムの市
ダーティハリー
ゴッドファーザーパートⅡ
スターウォーズ
31~60
A.I.
オーシャンズ11
さくや妖怪伝
ダーティハリー2
LAコンフィデンシャル
雲霧仁左衛門
ダブルボーダー
イレイザー
悪魔を憐れむ歌
マキシマム・リスク
黄金の七人
妖怪大戦争
バットマン
バトル・ロワイアル
ザ・ロック
アマデウス
吉原炎上
バットマンリターンズ
ホワイトアウト
12モンキーズ
ザ・ワン
京極夏彦「怪」・七人みさき
バットマンフォーエバー
ロストボーイ
バーティカルリミット
シャークテイル
シックスセンス
シックスデイ
ゾンビ
13日の金曜日
61~90
催眠
オールザットジャズ
ホワイトナイツ/白夜
将軍家光の乱心・激突
あずみ
必殺
オリエント急行殺人事件
そして誰もいなくなった
犬神家の一族
理由
悪魔の手鞠歌
ルームメイト
ウインドトーカーズ
タップ
ナイル殺人事件
里見八犬伝
皇帝のいない八月
情婦
大脱走
ウイロー
半落ち
ブロークン・アロー
燃えよドラゴン
片腕ドラゴン
イヤー・オブ・ザ・ドラゴン
新生トイレの花子さん
ピースメイカー
僕の彼女を紹介します
エンゼルハート
ヒート
91~120
スカーフェース
ミッドナイトクロス
スターウォーズ・ジェダイの復讐
スパイダーマン2
暗殺者
フロム・ダスク・ティル・ドウン
裏窓
ロープ
スネーク・アイズ
エネミー・オブ・アメリカ
メン・イン・ブラック
メン・イン・ブラック 2
ジュラシック・パーク
ロスト・ワールド ジュラシック・パーク
ジュラシックパーク3
少女たちの遺言
ラスト・アクション・ヒーロー
レイダース・失われた聖櫃
ディープブルー
パルプフィクション
ブギーポップは笑わない
パラサイト・イヴ
炎の少女チャーリー
クロスファイア
座頭市
シャイニング
キャリー
女王蜂(ネタバレ注意)
白昼の死角
ウルフェン
121~150
ブレイド
ロミオ・マスト・ダイ
フライトナイト
十二人の怒れる男
狼男アメリカン
トワイライトゾーン・超次元の体験・第一話
E.T.
トワイライトゾーン・超次元の体験・第二話
ハウリング
トワイライトゾーン・超次元の体験・第三話
マッドマックス
トワイライトゾーン・超次元の体験・第四話
ハリー・ポッターと賢者の石
フライトナイト2 バンパイアの逆襲
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第一話 雪山
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第二話 携帯忠臣蔵
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第三話 チェス
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第四話 結婚シミュレーター
ブレイド2
ジェイコブス・ラダー
危険な情事
ゲーム
プラトーン
インビジブル
エボリューション
フラットライナーズ
セブン
エイリアン3
パニック・ルーム
サドン・デス
スターウォーズ・エピソード2・クローンの攻撃
ペリカン文書
レッド・サン
シルミド
グレムリン
ダイヤルM
151~180
劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション・烈空の訪問者デオキシス
タワーリング・インフェルノ
ブルース・ブラザーズ
ウルトラマンティガ・ファイナルオデッセイ
レインメイカー
海猫
フェイス・オフ
トゥームレイダー
ゴッドファーザー PARTⅢ
ふたり
スターゲイト
ウォータ-ボーイズ
少林寺
スターウォーズ・エピソードⅢ・シスの復讐
キス・オブ・ザ・ドラゴン
親指スターウォーズ
親指タイタニック
タイタニック
ウォール街
スペース・バンパイア
ラストサマー
ダイハード3
火垂るの墓
マトリックス
イージー・ライダー
ラスト・ワルツ
レイジング・ブル
ラストサマー2
仁義なき戦い
仁義なき戦い・広島死闘編
181~210
仁義なき戦い・代理戦争
仁義なき戦い・頂上作戦
仁義なき戦い・完結編
GODZILLA・ゴジラ
その後の仁義なき戦い
機動戦士ガンダム
機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編
機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
ポルターガイスト
ウルフ
ザ・フォッグ
チャイルド・プレイ
ダイナソー
トリック・劇場版
K-19
着信アリ
直撃地獄拳・大逆転
ア・ホーマンス
スパイ・ライク・アス
ブレス・ザ・チャイルド
おこげ
48時間
誘う女
ゴジラVSキングギドラ
ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ・光の国の戦士たち
アサシン
ニキータ
キンダーガートン・コップ
男たちの挽歌
魔女の宅急便
211~220
8mm
トゥモロー・ネバー・ダイ
黄泉がえり
バック・トゥ・ザ・フューチャー
D.N.A.
ザ・リング
レプリカント
東京タワー
ガメラⅢ・邪神(イリス)覚醒
明日に向かって撃て
インターバル

閉じる


<<最初から読む

107 / 228ページ

少女たちの遺言

1999年韓国

監督 キム・テヨン

主演 パク・イジェン、イ・ヨンジン


この作品、テレビのオンエアをみたものだし、ましてや日ごろあまり見ない韓国映画ですので、今回は役者さん名ではなく作中のキャラクター名であらすじ書きますね。

この映画、韓国ホラーでございます。

韓国の女子高校の様子がていねいに描かれます。

映画前半はとっても学園ものです。

でもなんだかどんよりした空気が流れまくっています。

物語はテレパシー能力のある少女、ミナを中心に進みます。

でもどうして主人公にテレパシー能力を設定したかがよくわからないですね。

彼女は同級生二人の禁断の関係を知ります。

シウンとヒョシン。

とりあえずややこしいので陸上部とコーラス部、とご理解ください。

二人は同性愛の関係。

でれでれしている女子高生が情感たっぷりに描かれます。

ここらあたりがちょっと鼻につく。

さわやかべたべたの学園ドラマが急激にホラーとなるのは作品後半。

学校の身体検査の日、コーラス部少女が屋上から投身自殺。

ミナは二人の交換日記を手に入れる。

んでいろいろなことを知ってしまうわけですな。

んで感じてしまうわけですな。

この感じるって部分を強調したいんなら、ちょっとそういうアンテナの鋭い子、って設定にすればいいと思ったんですが。

クライマックスがちょっといい感じで恐い。

雨の学校。

放課後、何故か全ての出入り口が閉まってしまう。

誰も出入りできなくなる。

コーラス部が体育館で練習している。

その体育館に…出るんです。

きゃあああああ。

校内大パニック。ここらへんのパニックの映像は「キャリー」っぽい。

いきなり天井からのカメラに切り替わって、逃げ惑う生徒の姿と、その中にとりのこされるミナと陸上部少女。

この場面は「スネーク・アイズ」の暗殺直後の俯瞰ショットにそっくり。

霊からの視線でカメラが動き回る描写は「悪魔を憐れむ歌」だとか「ウルフェン」、「プレデター」で見たような画像でした。

ガラス張りの天井一面に自殺したコーラス部少女の顔が巨大化して覗くっていう悪趣味な場面は「妖怪百物語」を参考にしたのかなあ。

まあこれまでのホラー映画の文法を踏襲してるというか何というか。

お約束って言うと言葉が悪いかもしれないけど。

かと思うと最後は陸上少女とコーラス少女がでれでれしている場面がきれいに描かれて終わり。

ここらはなんだか若手の映画監督の思い入れたっぷり画像って感じがしました。
結局、ええとこどりの粋を脱していないですね。

「僕カノ」もそういうとこあったけど。「シュリ」なんかはええとこどりしながら見事にそれを超えた作品に仕上がっておりましたが。

もうひと工夫すればもっと面白くなったろうに。

残念です。
次回は「ラスト・アクション・ヒーロー」いきましょう。


ラスト・アクション・ヒーロー

1993年アメリカ映画

監督 ジョン・マクティアナン

主演 アーノルド・シュワルツェネッガー、オースティン・オブライエン、チャールズ・ダンス、フランク・マクレー、トム・ヌーナン、アート・カーニー

その他にもF・マーリー・エイブラハムにシャロン・ストーン、ロバート・パトリックなんかがカメオ出演しております。


えっとねえ、みんな少なからずあると思うんですよ。

映画を見てて、映画の中の世界に行ってみたいなあって思う瞬間。

ジュラシック・パークの世界だとかスパイダー・マンの世界とか。

で、それを売りにしているテーマパークがユニバーサル・スタジオなわけで。

みんなそう思っているからあれだけ入場者がいるわけで。

そんな夢を豪快に映画にしてしまったのがこの作品。

ディック・スレイターというアクション・ヒーローがいます。

映画の中の映画で主演・アーノルド・シュワルツェネッガーってちゃんとクレジットされます。

フィルムチェックの劇場内の試写に呼ばれた少年オブライエンさま。

そこで劇場の映写技師からチケットを渡されます。

それは技師がインドの魔法使いから譲ってもらったという魔法のチケット。

そのチケットの魔力で、少年は映画の中に入り込んでしまいます。

映画の中にいるのは警察署長マクレーさまや片目が義眼の殺し屋チャールズ・ダンスさま。

署長マクレーさまのいる警察署がいかしてます。

警察署前では取調べをいかにも終えたようなシャロン・スローンさまが煙草すってたり、ターミネーター2の変身ターミネーターが警官の格好で怖い顔して出ていったり。

それだけではなく全編にいろいろなネタ満載です。

ETネタありジュラシック・パークネタありアマデウスネタありターミネーターネタあり。

最後にはシュワルツェネッガーさまが本人役を演じたりします。

物語は、映画の中の世界から現実の世界へ。というのも、魔法のチケットの存在に気付いたスナイパー=ダンスさまが、チケットを奪って現実の世界へやってきちゃう。

しかも別の映画の「死神」だとか、スレイター映画の敵役まで連れてきちゃいます。

スレイターと少年も彼らを追って現実の世界へ。

戦いの場は現実の世界にシフトします。

果たして二人は現実の世界を救えるのでしょうか。
なんか映画への愛情が画面のあちこちからにじみ出ています。

アクションではらはらするんだけど、同時にほのぼのできる不思議な映画です。

 


レイダース・失われた聖櫃

1981年アメリカ映画

監督 スティーヴン・スピルバーグ

主演 ハリソン・フォード、カレン・アレン、ポール・フリーマン


ちょっと懐かしい作品です。
製作総指揮 ジョージ・ルーカスさま、監督 スピルバーグさま。

豪華な作品ですな。
モーゼの十戒を収めて運んだという聖櫃。

この失われた聖櫃をめぐってナチスドイツと考古学者ジョーンズ=フォードさまが争奪戦を繰り広げます。
遺跡の中に仕掛けられた盗掘者を防ぐ仕掛けの数々。

行く手を阻む毒蛇の群れ。遺跡から出るとナチスが待ち構えている。危機一髪の連続。
発掘された聖櫃はナチスの手に入り、その考古学的価値を求めていたジョーンズは、聖櫃のもつ神秘の力がナチスに悪用されないように、今度はアメリカ代表みたいな立場で戦うことになります。
とってもよくできたアクションアドベンチャー作品。

さすがルーカスさま。さすがスピルバーグさま。

いいところで流れるテーマ曲もよくできています。
トラックバトルから船のバトル。

ハリウッド的活劇が続きます。最後はルーカスさま組お得意のSFXが炸裂。
いやあ、おなかいっぱいでございます。

このインディジョーンズ三部作で、主演のハリソン・フォードさまは人気スターの仲間入りを果たし、スターウォーズ前期三部作出演者のなかで数少ない勝ち組となりました。

キャリー・フィッシャーとかマーク・ハミルって何してるんだろう。

って思ってしまいました。


ディープブルー

1999年アメリカ映画 

監督 レニー・ハーリン

音楽 トレバー・ラビン

主演 トーマス・ジェーン、サフロン・バローズ、サミュエル・L・ジャクソン、マイケル・ラパポート、ジャクリーン・マッケンジー、ステランス・カースガード、L・L・クール・J

 

アルツハイマー病に効果のある薬を開発している研究者のバローズさま。

スポンサーのジャクソンさま。バローズさまは鮫の脳を遺伝子操作して脳内蛋白質量増やし、それをアルツハイマー患者の脳に投与するという実験を行っています。

まあ小難しい理屈はまあいいですが、その副作用でとんでもない知能を持った鮫が生まれたわけです。

スポンサーのジャクソンさまが実験の進行状況を確認しに来た日、突然その鮫たちが反乱を起こす。

知能を持った鮫でございます。

研究所のメンバーたちは一人、また一人と鮫の餌食になっていきます。

果たして職員たちは生き残ることができるのでしょうか。
昔はコンピューター制御のハリボテ。

今はCG。

スピルバーグ監督の出世作「ジョーズ」と比べると隔世の感がありますですね。

CG技術の向上が、よりキツくてエグい画像を可能にしました。

ただ、このCGってやつは両刃の剣みたいなところがありまして、今回の映画のクライマックス画像についてのみ言えば、ちょっとやりすぎ。

あまりにもリアルさにかけるような気がしました。

中盤までは素晴らしい出来だっただけにちょっと残念です。

音楽担当のトレバー・ラビン(トレバー・レイブンというそうです。正確には)、スティーブ・ハウ脱退後にイエスに加入したギタリスト。

すごいなあって思ってしまいました。


パルプフィクション

1994年アメリカ映画

監督 クエンティン・タランティーノ

主演 ジョン・トラヴォルタ、サミュエル・L・ジャクソン、ユマ・サーマン、ブルース・ウイリス


色んな意味で衝撃的だった、タランティーノ監督の出世作。

映画で通常使われる時間軸の常識をぶっとばして、物語が進行します。

トラヴォルタさまとジャクソンさまのふたり組のチンピラ、八百長を命じられたボクサー・ウィリスさま、トラヴォルタさまと浮気するギャングのボスの妻サーマンさまらの物語が、通常の時間経過という枠を外して再構成されます。
どちらが先でどちらが後かわからないですが、上遠野先生の「ブギーポップは笑わない」を読んだときと同じような衝撃を受けましたですねえ。

「ブギーポップ…」も、通常の時間軸を無視して、登場人物ごとの物語が綴られていって、最後に物語の全体像が明らかになる、という手法を使っておりましたが。

この映画はもっと徹底している。

ありゃ、ありゃ、ありゃといった感じで時間がポンポン飛ぶ。

「呪怨」もそんな感じでしたわいな。で、タランティーノ監督のこの前の作品「レザボア・ドッグス」もそういう手法を使っておりましたです。

ちなみに「レザボア・ドッグス」も「ブギーポップは笑わない(映画版)」も、当然、ご紹介予定でございます。
トラヴォルタさまがとにかくいいです。「ソード・フィッシュ」「フェノミナン」「マッドシティ」あたりで返り咲いて、「パルプ・フィクション」「ブロークン・アロー」「フェイス・オフ」と、快進撃を続けております。「ゲット・ショーティ」とか「将軍の娘」なんかも評価高いですよね。「サタデー・ナイト・フィーバー」でのトラヴォルタのバス・ストップ・ダンスに感激した私世代の人にとって、この人に快進撃は自分のことのように嬉しいのではないでしょうか。

「サタデー・ナイト・フィーバー」もとりあげたいなあ。
ということで、「ジュラシック・パーク3」で途切れた数珠つなぎは「パルプ・フィクション」から再開。実は前頁の「ディープ・ブルー」からサミュエル・L・ジャクソンさまつながりです。「ジュラシック・パーク」から「オーメン3」とか「ザ・フライ」につなげようと思ってましたが、とりあえずこの二本はまたの機会に。
次回は時間軸を無視した作劇つながりで、「ブギーポップは笑わない」いきます。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について