目次
はじめに
1~30
スピーシーズ・種の起源
ゲッタウェイ
悪魔のような女
ウエストサイド物語
アルマゲドン
ジャッジ・ドレッド
模倣犯
心の旅路
エレファントマン
MI2
クリムゾンリバー
エントラップメント
砦なき者
呪怨
ゴッドファーザー
グリース
リーサルウエポン3
破線のマリス
スターウォーズ・帝国の逆襲
ターミネーター
踊る大捜査線THE MOVIE2・レインボーブリッジを封鎖せよ
ナインハーフ
ターミネーター2
動乱
ターミネーター3
少林サッカー
ソドムの市
ダーティハリー
ゴッドファーザーパートⅡ
スターウォーズ
31~60
A.I.
オーシャンズ11
さくや妖怪伝
ダーティハリー2
LAコンフィデンシャル
雲霧仁左衛門
ダブルボーダー
イレイザー
悪魔を憐れむ歌
マキシマム・リスク
黄金の七人
妖怪大戦争
バットマン
バトル・ロワイアル
ザ・ロック
アマデウス
吉原炎上
バットマンリターンズ
ホワイトアウト
12モンキーズ
ザ・ワン
京極夏彦「怪」・七人みさき
バットマンフォーエバー
ロストボーイ
バーティカルリミット
シャークテイル
シックスセンス
シックスデイ
ゾンビ
13日の金曜日
61~90
催眠
オールザットジャズ
ホワイトナイツ/白夜
将軍家光の乱心・激突
あずみ
必殺
オリエント急行殺人事件
そして誰もいなくなった
犬神家の一族
理由
悪魔の手鞠歌
ルームメイト
ウインドトーカーズ
タップ
ナイル殺人事件
里見八犬伝
皇帝のいない八月
情婦
大脱走
ウイロー
半落ち
ブロークン・アロー
燃えよドラゴン
片腕ドラゴン
イヤー・オブ・ザ・ドラゴン
新生トイレの花子さん
ピースメイカー
僕の彼女を紹介します
エンゼルハート
ヒート
91~120
スカーフェース
ミッドナイトクロス
スターウォーズ・ジェダイの復讐
スパイダーマン2
暗殺者
フロム・ダスク・ティル・ドウン
裏窓
ロープ
スネーク・アイズ
エネミー・オブ・アメリカ
メン・イン・ブラック
メン・イン・ブラック 2
ジュラシック・パーク
ロスト・ワールド ジュラシック・パーク
ジュラシックパーク3
少女たちの遺言
ラスト・アクション・ヒーロー
レイダース・失われた聖櫃
ディープブルー
パルプフィクション
ブギーポップは笑わない
パラサイト・イヴ
炎の少女チャーリー
クロスファイア
座頭市
シャイニング
キャリー
女王蜂(ネタバレ注意)
白昼の死角
ウルフェン
121~150
ブレイド
ロミオ・マスト・ダイ
フライトナイト
十二人の怒れる男
狼男アメリカン
トワイライトゾーン・超次元の体験・第一話
E.T.
トワイライトゾーン・超次元の体験・第二話
ハウリング
トワイライトゾーン・超次元の体験・第三話
マッドマックス
トワイライトゾーン・超次元の体験・第四話
ハリー・ポッターと賢者の石
フライトナイト2 バンパイアの逆襲
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第一話 雪山
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第二話 携帯忠臣蔵
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第三話 チェス
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第四話 結婚シミュレーター
ブレイド2
ジェイコブス・ラダー
危険な情事
ゲーム
プラトーン
インビジブル
エボリューション
フラットライナーズ
セブン
エイリアン3
パニック・ルーム
サドン・デス
スターウォーズ・エピソード2・クローンの攻撃
ペリカン文書
レッド・サン
シルミド
グレムリン
ダイヤルM
151~180
劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション・烈空の訪問者デオキシス
タワーリング・インフェルノ
ブルース・ブラザーズ
ウルトラマンティガ・ファイナルオデッセイ
レインメイカー
海猫
フェイス・オフ
トゥームレイダー
ゴッドファーザー PARTⅢ
ふたり
スターゲイト
ウォータ-ボーイズ
少林寺
スターウォーズ・エピソードⅢ・シスの復讐
キス・オブ・ザ・ドラゴン
親指スターウォーズ
親指タイタニック
タイタニック
ウォール街
スペース・バンパイア
ラストサマー
ダイハード3
火垂るの墓
マトリックス
イージー・ライダー
ラスト・ワルツ
レイジング・ブル
ラストサマー2
仁義なき戦い
仁義なき戦い・広島死闘編
181~210
仁義なき戦い・代理戦争
仁義なき戦い・頂上作戦
仁義なき戦い・完結編
GODZILLA・ゴジラ
その後の仁義なき戦い
機動戦士ガンダム
機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編
機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
ポルターガイスト
ウルフ
ザ・フォッグ
チャイルド・プレイ
ダイナソー
トリック・劇場版
K-19
着信アリ
直撃地獄拳・大逆転
ア・ホーマンス
スパイ・ライク・アス
ブレス・ザ・チャイルド
おこげ
48時間
誘う女
ゴジラVSキングギドラ
ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ・光の国の戦士たち
アサシン
ニキータ
キンダーガートン・コップ
男たちの挽歌
魔女の宅急便
211~220
8mm
トゥモロー・ネバー・ダイ
黄泉がえり
バック・トゥ・ザ・フューチャー
D.N.A.
ザ・リング
レプリカント
東京タワー
ガメラⅢ・邪神(イリス)覚醒
明日に向かって撃て
インターバル

閉じる


<<最初から読む

103 / 228ページ

メン・イン・ブラック 2

2002年アメリカ映画

監督 バリー・ソネンフェルド

主演 トミー・リー・ジョーンズ、ウィル・スミス、ララ・フリン・ボイル


SFXコメディー「メン・イン・ブラック」の続編です。

地球に移住してきたエイリアンの管理を行う秘密機関MIBの物語。

トミー・リー・ジョーンズさまもウィル・スミスさまも相変わらずいいです。

今回は敵役エイリアンにララ・フリン・ボイルさまを配しています。

今回一番おいしいところをもっていったのは彼女ですわな。

ボイルさま、超セクシーな格好で画面内をうろうろしてくれます。
前作のラストで、エージェントとしての全ての記憶を消去されたジョーンズさま。

今では田舎町の郵便局長として働いています。

スミスさまはMIBの中心メンバーとして忙しく活躍する毎日。

そんな中、変身能力のあるエイリアンが地球に侵入。

エイリアンは雑誌の下着広告のモデルの姿に変身します。

自分の惑星が絶滅の危機に瀕している。

他の惑星にあるエネルギー源を奪えばそいつらは助かるわけです。

エネルギーを奪おうとする好戦的な変身宇宙人から逃れようと、地球にやってきたエイリアン。

そのときは若き日のジョーンズさまの機転でエネルギー源争奪戦の舞台が地球になることはなかったわけですが、ニ十数年経って、そのエネルギー源は地球上のどこかに隠されていたことがばれてしまった。

スミスさまは記憶をなくしたジョーンズさまのもとを訪ね、記憶復元装置を使ってそのエネルギー源に関する情報を聞き出そうとします。

一方のエイリアンはMIB本部を占拠して、当時の担当エージェントのジョーンズさまを探しだそうとします。

果たしてMIBは地球の危機を救うことができるのでしょうか。
とってもデリシャスでゴージャスな作品になりました。遊び心も随所に見えてて、楽しい限りです。
次回はちょっと趣向を変えまして、シリーズものを数珠つなぎでご紹介。

次回は「ジュラシック・パーク」をご紹介です。


ジュラシック・パーク

1993年アメリカ映画

監督 スティーヴン・スピルバーグ

主演 サム・ニール、ジェフ・ゴールドブラム、ローラ・ダーン、リチャード・アッテンボロー


マイクル・クライトンさま原作の大ベストセラー小説をスピルバーグ監督が映画化。

これで面白くならないわけがないですわな。

私的にはキャストがイケてるので、この映画はお気に入りです。

考古学者役のサム・ニールさまは、「オーメン3」のダミアン役。

他にも「マッド・ハウス」とかのチープなホラーに出ていた人です。

数学者役のジェフ・ゴールドブラムさまは「ザ・フライ」で蝿男になってしまう科学者を演じた人。

主演男優二人がホラー映画を足がかりにして出てきた人ってのがなんかいい感じです。

名監督リチャード・アッテンボローさまが役者としていい芝居しているのも見逃せないですね。

有名すぎる映画なんでいまさらあらすじもないでしょうが、一応おさらい。

アッテンボローさま演ずる社長は、現代のハイテク技術で恐竜を現代に甦らせ、テーマパークを作ろうとしています。このテーマパークの名前がジュラシック・パーク。

オープンにさきがけて、考古学者ニールさま、植物学者ダーンさま、生態系に関連する数学理論を提唱する数学者ゴールドブラムさまらが招かれ、パークの推薦をしてほしいという依頼をうけます。

恐竜再生の理論はすげえ科学的。

樹液の化石である琥珀に閉じ込められた蚊の体内から恐竜のものであろう血液を取り出し、DNAを分析・復元して恐竜を甦らせるわけですな。
いきなりブロントサウルスが登場。

CGの見事さにうなってしまいそうになります。

一行はサファリパークみたいな車に乗って、モデルコースを見学。

恐竜はでてきてくれません。

中毒症状を起こして死にかけのトリケラトプスを見たくらい。

しかし事件が起こるわけです。

パークのコンピューターシステム開発者がアッテンボローさまを裏切り、恐竜のDNAを売ろうとする。

DNA持ち出しのために彼はパーク内の全システムを停止させるわけですが、それがもとで区画ごとに管理されていた恐竜たちが勝手に動き始めるわけです。

システムエンジニアは自動車のスリップ事故がもとで肉食恐竜エリアに迷い込み、ディフォロサウルスの餌食になります。

ティラノザウルスの檻の前でシステム停止になってしまった学者たちご一行さま、当然の流れでティラノザウルスに襲われます。

ガムリムスの群れを襲うティラノザウルスとか、見せ場がいっぱい。本当によくできてます。
一行はパークのビジターセンターに逃げ込みますが、そこに現れたのはヴェロキラプトル。

こいつがなかなか頭がいい。危機一髪の連続。ハラハラどきどきの連発。
傑作と太鼓判を押させていただきますだあ。


ロスト・ワールド ジュラシック・パーク

1997年アメリカ映画

監督 スティーヴン・スピルバーグ

主演 ジェフ・ゴールドブラム、ジュリアン・ムーア、ピート・ポルスウエイト、リチャード・アッテンボロー


大人気シリーズの第二弾。

今回はサム・ニールさま演ずる考古学者グラント博士やローラ・ダーンさま演ずる植物学者は出てきません。

今回の主役はジェフ=ザ・フライ=ゴールドブラムさま。

この人、SMAPの香取君に似てると思うのは私だけでしょうか。

ちょいと無謀な研究者、ジュリアン・ムーアさまを連れ戻すために再び「恐竜の島」に降り立ったゴールドブラムさま。そこで見たのは恐竜を捕らえて見世物にし、儲けようと考えている人たち。

捕らえられた恐竜たちをゴールドブラムさま一派が逃がしますが、ティラノザウルスの襲撃を受け、危うく殺されそうになります。

彼らを助けたのは皮肉にも恐竜を捕らえようとしていたハンターたち。

しかしハンターたちは肉食恐竜たちに一人また一人とやられていきます。えらいこっちゃ。
そしてとうとうハンターたちはティラノザウルスの捕獲に成功。

アメリカに輸送します。

ところがどっこい、ティラノザウルスは輸送船の乗組員たちをみんな食べちゃって、夜の町を彷徨する。
前半の「恐竜の島」でのサスペンス描写。

後半の大都会をねり歩くティラノザウルス。

メリハリが効いていてすごく面白い構成になっています。

欲をいえばどっちつかず。島だけの物語にするか、島の描写を軽めに扱って、恐竜ゴーズトゥ大都会の物語にするか、はっきりしぼって撮ったほうがよかったような気がします。
登場恐竜も豪華。

前作から引き続き登場のティラノザウルス、ヴェロキラプトルのほか、今回は草食恐竜が充実。

ステゴザウルスとかパラサウロロフスとかパキケファロサウルスなんかも出てきます。
次回はいよいよシリーズ最終作、「ジュラシック・パーク 3」です。


ジュラシックパーク3

2001年アメリカ映画

監督 ジョー・ジョンストン

主演 サム・ニール、ウイリアム・H・メイシー、ティア・レオーニ、アレッサンドロ・ニポラ、ローラ・ダーン、トレバー・モーガン


大ヒット映画の第三作。

復活させられた恐竜たちの住処となった島。

その近くでパラセーリングを楽しんでいた少年エリック=モーガンさまたちが消息をたちます。

両親は立ち入り禁止になっている島に入り、息子を救出しようとする。

ほとんどだまされて島に同行することになったのが第一作でひどいめにあった考古学者のサム・ニールさまと助手ビリー=ニポラさま。
到着早々、捜索隊はスピノサウルスの出迎えをうけます。

今回はこのスピノサウルスが敵役。

いきなり第二作の主役、ティラノザウルスと大格闘の末、スピノサウルスはティラノサウルスをやっつけてしまいます。

今回の敵は手強い。

少年を探すうち、助手ビリーはヴェロキラプトルの巣を見つけ、そこから卵を失敬してしまったりする。

そのせいで一行はヴェロキラプトルに追われることになります。
何人もの犠牲をだしながら、少年を救出。

ほっと一息ついたところにまたスピノサウルスが登場。

必死で逃げ込んだとことはプテラノドンの鳥かご。
いやあ、念入りにいろんな苦難を与えてくれます。
命からがら逃げ出したら今度はまたまたスピノサウルス。

こいつはしつこい。

そしてやっぱりヴェロキラプトル。

今回新登場するスピノサウルス、現時点でのジュラシック・パーク登場恐竜のなかで最強の一匹でございます。


少女たちの遺言

1999年韓国

監督 キム・テヨン

主演 パク・イジェン、イ・ヨンジン


この作品、テレビのオンエアをみたものだし、ましてや日ごろあまり見ない韓国映画ですので、今回は役者さん名ではなく作中のキャラクター名であらすじ書きますね。

この映画、韓国ホラーでございます。

韓国の女子高校の様子がていねいに描かれます。

映画前半はとっても学園ものです。

でもなんだかどんよりした空気が流れまくっています。

物語はテレパシー能力のある少女、ミナを中心に進みます。

でもどうして主人公にテレパシー能力を設定したかがよくわからないですね。

彼女は同級生二人の禁断の関係を知ります。

シウンとヒョシン。

とりあえずややこしいので陸上部とコーラス部、とご理解ください。

二人は同性愛の関係。

でれでれしている女子高生が情感たっぷりに描かれます。

ここらあたりがちょっと鼻につく。

さわやかべたべたの学園ドラマが急激にホラーとなるのは作品後半。

学校の身体検査の日、コーラス部少女が屋上から投身自殺。

ミナは二人の交換日記を手に入れる。

んでいろいろなことを知ってしまうわけですな。

んで感じてしまうわけですな。

この感じるって部分を強調したいんなら、ちょっとそういうアンテナの鋭い子、って設定にすればいいと思ったんですが。

クライマックスがちょっといい感じで恐い。

雨の学校。

放課後、何故か全ての出入り口が閉まってしまう。

誰も出入りできなくなる。

コーラス部が体育館で練習している。

その体育館に…出るんです。

きゃあああああ。

校内大パニック。ここらへんのパニックの映像は「キャリー」っぽい。

いきなり天井からのカメラに切り替わって、逃げ惑う生徒の姿と、その中にとりのこされるミナと陸上部少女。

この場面は「スネーク・アイズ」の暗殺直後の俯瞰ショットにそっくり。

霊からの視線でカメラが動き回る描写は「悪魔を憐れむ歌」だとか「ウルフェン」、「プレデター」で見たような画像でした。

ガラス張りの天井一面に自殺したコーラス部少女の顔が巨大化して覗くっていう悪趣味な場面は「妖怪百物語」を参考にしたのかなあ。

まあこれまでのホラー映画の文法を踏襲してるというか何というか。

お約束って言うと言葉が悪いかもしれないけど。

かと思うと最後は陸上少女とコーラス少女がでれでれしている場面がきれいに描かれて終わり。

ここらはなんだか若手の映画監督の思い入れたっぷり画像って感じがしました。
結局、ええとこどりの粋を脱していないですね。

「僕カノ」もそういうとこあったけど。「シュリ」なんかはええとこどりしながら見事にそれを超えた作品に仕上がっておりましたが。

もうひと工夫すればもっと面白くなったろうに。

残念です。
次回は「ラスト・アクション・ヒーロー」いきましょう。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について