目次
はじめに
1~30
スピーシーズ・種の起源
ゲッタウェイ
悪魔のような女
ウエストサイド物語
アルマゲドン
ジャッジ・ドレッド
模倣犯
心の旅路
エレファントマン
MI2
クリムゾンリバー
エントラップメント
砦なき者
呪怨
ゴッドファーザー
グリース
リーサルウエポン3
破線のマリス
スターウォーズ・帝国の逆襲
ターミネーター
踊る大捜査線THE MOVIE2・レインボーブリッジを封鎖せよ
ナインハーフ
ターミネーター2
動乱
ターミネーター3
少林サッカー
ソドムの市
ダーティハリー
ゴッドファーザーパートⅡ
スターウォーズ
31~60
A.I.
オーシャンズ11
さくや妖怪伝
ダーティハリー2
LAコンフィデンシャル
雲霧仁左衛門
ダブルボーダー
イレイザー
悪魔を憐れむ歌
マキシマム・リスク
黄金の七人
妖怪大戦争
バットマン
バトル・ロワイアル
ザ・ロック
アマデウス
吉原炎上
バットマンリターンズ
ホワイトアウト
12モンキーズ
ザ・ワン
京極夏彦「怪」・七人みさき
バットマンフォーエバー
ロストボーイ
バーティカルリミット
シャークテイル
シックスセンス
シックスデイ
ゾンビ
13日の金曜日
61~90
催眠
オールザットジャズ
ホワイトナイツ/白夜
将軍家光の乱心・激突
あずみ
必殺
オリエント急行殺人事件
そして誰もいなくなった
犬神家の一族
理由
悪魔の手鞠歌
ルームメイト
ウインドトーカーズ
タップ
ナイル殺人事件
里見八犬伝
皇帝のいない八月
情婦
大脱走
ウイロー
半落ち
ブロークン・アロー
燃えよドラゴン
片腕ドラゴン
イヤー・オブ・ザ・ドラゴン
新生トイレの花子さん
ピースメイカー
僕の彼女を紹介します
エンゼルハート
ヒート
91~120
スカーフェース
ミッドナイトクロス
スターウォーズ・ジェダイの復讐
スパイダーマン2
暗殺者
フロム・ダスク・ティル・ドウン
裏窓
ロープ
スネーク・アイズ
エネミー・オブ・アメリカ
メン・イン・ブラック
メン・イン・ブラック 2
ジュラシック・パーク
ロスト・ワールド ジュラシック・パーク
ジュラシックパーク3
少女たちの遺言
ラスト・アクション・ヒーロー
レイダース・失われた聖櫃
ディープブルー
パルプフィクション
ブギーポップは笑わない
パラサイト・イヴ
炎の少女チャーリー
クロスファイア
座頭市
シャイニング
キャリー
女王蜂(ネタバレ注意)
白昼の死角
ウルフェン
121~150
ブレイド
ロミオ・マスト・ダイ
フライトナイト
十二人の怒れる男
狼男アメリカン
トワイライトゾーン・超次元の体験・第一話
E.T.
トワイライトゾーン・超次元の体験・第二話
ハウリング
トワイライトゾーン・超次元の体験・第三話
マッドマックス
トワイライトゾーン・超次元の体験・第四話
ハリー・ポッターと賢者の石
フライトナイト2 バンパイアの逆襲
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第一話 雪山
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第二話 携帯忠臣蔵
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第三話 チェス
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第四話 結婚シミュレーター
ブレイド2
ジェイコブス・ラダー
危険な情事
ゲーム
プラトーン
インビジブル
エボリューション
フラットライナーズ
セブン
エイリアン3
パニック・ルーム
サドン・デス
スターウォーズ・エピソード2・クローンの攻撃
ペリカン文書
レッド・サン
シルミド
グレムリン
ダイヤルM
151~180
劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション・烈空の訪問者デオキシス
タワーリング・インフェルノ
ブルース・ブラザーズ
ウルトラマンティガ・ファイナルオデッセイ
レインメイカー
海猫
フェイス・オフ
トゥームレイダー
ゴッドファーザー PARTⅢ
ふたり
スターゲイト
ウォータ-ボーイズ
少林寺
スターウォーズ・エピソードⅢ・シスの復讐
キス・オブ・ザ・ドラゴン
親指スターウォーズ
親指タイタニック
タイタニック
ウォール街
スペース・バンパイア
ラストサマー
ダイハード3
火垂るの墓
マトリックス
イージー・ライダー
ラスト・ワルツ
レイジング・ブル
ラストサマー2
仁義なき戦い
仁義なき戦い・広島死闘編
181~210
仁義なき戦い・代理戦争
仁義なき戦い・頂上作戦
仁義なき戦い・完結編
GODZILLA・ゴジラ
その後の仁義なき戦い
機動戦士ガンダム
機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編
機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
ポルターガイスト
ウルフ
ザ・フォッグ
チャイルド・プレイ
ダイナソー
トリック・劇場版
K-19
着信アリ
直撃地獄拳・大逆転
ア・ホーマンス
スパイ・ライク・アス
ブレス・ザ・チャイルド
おこげ
48時間
誘う女
ゴジラVSキングギドラ
ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ・光の国の戦士たち
アサシン
ニキータ
キンダーガートン・コップ
男たちの挽歌
魔女の宅急便
211~220
8mm
トゥモロー・ネバー・ダイ
黄泉がえり
バック・トゥ・ザ・フューチャー
D.N.A.
ザ・リング
レプリカント
東京タワー
ガメラⅢ・邪神(イリス)覚醒
明日に向かって撃て
インターバル

閉じる


<<最初から読む

99 / 228ページ

ロープ

1962年アメリカ映画

監督 アルフレッド・ヒッチコック

主演 ジェームス・スチュワート、ファーリー・グレンジャー、ジョン・ドール


映画数珠つなぎです。

前回の「裏窓」からヒッチコック監督つながりで「ロープ」。

ヒッチコック監督作品はとても面白い映画が多く、どの作品につなげてもよかったのですが、とりあえず私は演劇経験者ですから、密室劇ってことでこの作品を選びました。

今回の執筆にあたって、いろいろな方のヒッチコック監督作品の感想を読みましたが、「裏窓」と「ロープ」に関してはやっぱり評価高かったですね。

ヒッチコック監督作品では「鳥」「サイコ」を思い浮かべる人が多いし、「北北西に進路をとれ」だとか「知りすぎた男」、「ダイヤルMをまわせ」なんかも評価高いです。

そんな名作ばっかりの中で、どちらかというと地味な「裏窓」や「ロープ」が高評価を得ているってのがうれしいですね。

「鳥」「サイコ」はヒッチコック監督作品としては亜流です。

「北北西…」とか「知りすぎた男」は少し派手な印象がありますよね。

このへんの作品はいずれ改めてとりあげようと思っています。
さて「ロープ」。

部屋で男が殺される。

犯人は死体を部屋の中央に置かれたでっかい衣装ケースみたいな箱に隠します。

犯人は完全犯罪に憧れる屈折した優等生青年。

死体が入った衣装ケースを囲んで人々を招いて、自分自身の頭脳の優位性を立証しようって趣向なわけですわ。

部屋にいろいろな人がやってきます。

殺された人の友人だとか、いろんな人がやってくる。

で、その人どこやねんみたいな話になって、やがて少しずつ真相が明らかになっていく。

まあかいつまんで言えばこういう話なんですが、この映画のすごいところは、カットなしで物語が進んでいくところ。

すごいですよ。

そういう映画だって聞いて知っていましたが、本当にカットがないんです。

撮影現場、大変だったらしいです。

カットなしで撮影が進行するわけですから、役者の動きにあわせてカメラが動かなきゃいけないもんで、映画を撮影しながらセットを建てこみしたり解体したりしたそうです。
撮影中のフィルムチェンジなどのやむを得ない個所は、役者の背中を大写しにしたりして、切り抜けています。

ごまかしているといったほうがいいかな。

フィルムロールチェンジのタイミングでカットが入ります。

カットらしいカットがなかっただけに、カットが入ってびっくりしました。

で、映画やったんや、って気付きました。

舞台を見ているような緊迫感。

面白かったです。
次回はフィルム長回しつながりで、やっぱりデ・パルマ監督の「スネーク・アイズ」。

申し訳ございませんが他に思いつかなかったです。ってことで、数珠つなぎはデ・パルマ監督作品に戻ります。
 


スネーク・アイズ

1999年アメリカ映画

監督 ブライアン・デ・パルマ

主演 ニコラス・ケイジ、ゲイリー・シニーズ、ジョン・ハード、カーラ・グギーノ


今日も映画数珠つなぎ。

前回の「ロープ」からワンカット長まわしつながりで「スネーク・アイズ」。

前にも書きましたが、ブライアン・デ・パルマ監督はとびきりのヒッチコックファンです。

デビューしたてのころはヒッチコック監督作品を強く意識した作品を数多く撮っております。

デ・パルマ監督自身、あるインタビューで「ヒッチコック監督はおよそ考えつくすべての映像手法を実践している」と述べたそうです。

なるほどねえ。その通りかもしれない。

デ・パルマ監督、それだけヒッチコック監督を評価してるってことですよね。
これまでと話がだぶるかもしれませんが、デ・パルマ作品の元ねたをサクサクっとご紹介。

有名どころですが、「殺しのドレス」の元ネタは「サイコ」。

「ボディダブル」は「めまい」「裏窓」がベースになってるってのは前にご紹介しました。

他にも「愛のメモリー」だとか「ミッドナイトクロス」だとか、印象深い作品がいっぱいありましたが、これはまたの機会に。デ・パルマ特集もそのうちやりますからね。
で、「スネーク・アイズ」。

かなり最近の作品なんで、前に書いたような実験的手法はあまり使っていないですが、圧巻は冒頭13分のノーカット長まわしです。

「ロープ」ではカメラは部屋から出なかったですが、こちらはスティディカムカメラを駆使して、ボクシングの試合が行われているスタジアム内を、動く動く。

ある意味「ロープ」よりもすごいかもしれない。

しかしやっぱり13分くらいが限界だったのかなあ、って思います。
肝心のストーリーがほとんど書けなくなりました。

えっと、ニコラス・ケイジさまは刑事。

かなりワルの刑事です。彼がたまたま見に行ったボクシングの試合で、政治家が撃たれます。

これを調べていくうちに米軍がからんだ複雑な暗殺計画がみえてくる。

ケイジさまは暗殺の黒幕を探しますが…って話。

縦横に張り巡らされた伏線。

細かいプロットを検証していくと次第に事件の輪郭が浮びかがるという作品構造はけっこう楽しめます。

ただ、ここまでいろんな設定をつめこまなくても、と思うのは私だけでしょうか。
数珠つなぎ、ここで離れ業。

「スネーク・アイズ」から要人暗殺つながりで、次回は「エネミー・オブ・アメリカ」いきましょう。


エネミー・オブ・アメリカ

1998年アメリカ映画

監督 トニー・スコット

主演 ウィル・スミス、ジーン・ハックマン、ジョン・ボイド


前回の「スネーク・アイズ」から要人暗殺つながりで「エネミー・オブ・アメリカ」。

「JFK」とか「ダラスの熱い日」につなげるってパターンもあったんですが、こちらの二本は温存しておきます。

作品冒頭、下院議員が暗殺されます。

野鳥の生態を観察するためのカメラに、その一部始終が記録されてしまいます。

暗殺の首謀者が国家安全保障局のえらいさんだったから大変です。

テープを奪還しようと監視衛星使うわ、発信機使うわ、何でもありです。

こんな手段使われたら絶対に逃げれないですよね。

「踊る大捜査戦・ザムービー2・レインボーブリッジを封鎖せよ」でも出てきましたが、今のハイテクを駆使すれば、個人のプライバシーなんかあってないようなものです。

最近のドラマでも、街頭の監視カメラとか、衛星画像なんかが当たり前に出てきたりしています。

こうなると私が〇〇さんと遊んでるだとか、ネットカフェで巨乳タレントの画像ダウンロードしまくってるとか、そういうことってその気になれば簡単にわかるんだろうな。

恐い恐い。
さて映画の続き。

この議員暗殺事件アンド証拠テープ奪還騒動に巻き込まれるのが弁護士ウィル・スミスさま。

わけわからん間にそのテープを持っていたわけです。

ウィル・スミスさまがそのテープを持っていることはあっさりとわかってしまいます。

相手は国家の機密を握る人たちです。

こういうことは朝飯前。

スミスさま、自宅にも職場にも近づくことができない。

物語中盤から出てくるジーン・ハックマンさまがとにかくいいです。

ハックマンさま、今、ノリノリですなあ。

困っておろおろしているだけだったスミスさまに戦う方法を授ける元CIAのエージェント。

でもとにかく迷惑そうなのがいい。
ラストは物語の冒頭部分で軽く張ってあった伏線が見事に生きるアッとおどろく結末が用意されています。
次回はウィル・スミスさまつながりで「MIB」いきましょう。


メン・イン・ブラック

1997年アメリカ映画

監督 バリー・ソネンフェルド

主演 ウィル・スミス、トミー・リー・ジョーンズ


「エネミー・オブ・アメリカ」からウィル・スミスさまつながりで「メン・イン・ブラック」。

何度も書いていると思いますが、私はトミー・リー・ジョーンズさまって役者さんが大好きでございます。

ハリソン・フォードさまの「逃亡者」でフォードさまを執拗に追いかける刑事役を演じていたかと思うと、オリバー・ストーン監督と組んでベトナム戦争ものの佳作を撮ったり、サミュエル・L・ジャクソンさまとは軍事法廷もの、さらに「依頼人」でも渋い弁護士役を演じていました。

でもでも。

セガールさまの「沈黙の戦艦」ではロックンローラーに化けたテロリストのボス。

「バットマン・フォーエバー」では顔半分を赤く塗って怪人「トゥー・フェース」。

「ブローン・アウェー」では爆弾テロリストなんかやってました。

要するに、どんな役でもやる役者。

映画出まくっていた頃の緒形拳みたいやなあ、と思っております。
さて「メン・イン・ブラック」。

エイリアンはすでに地球に入ってきている。

しかも移民レベルの人数が入植している。

そのエイリアンたちを管理し、取り締まっているのがMIBという秘密機関。

この秘密機関のエージェント、ウィル・スミスさまとトミー・リー・ジョーンズさまの活躍を描きます。

主演のウィル・スミスさまって実はラップ界のトップスターなんですってね。

知らなかったです。

そらマシンガントークとかもできるわな。

でもウィル・スミスさまよりいいところもっていくのは当然トミー・リー・ジョーンズさま。

でもそれよりも目立ってたのはやっぱりクリーチャー。

こいつは仕方ない。SFX映画の宿命でございます。
次回は続編。「メン・イン・ブラック2」。


メン・イン・ブラック 2

2002年アメリカ映画

監督 バリー・ソネンフェルド

主演 トミー・リー・ジョーンズ、ウィル・スミス、ララ・フリン・ボイル


SFXコメディー「メン・イン・ブラック」の続編です。

地球に移住してきたエイリアンの管理を行う秘密機関MIBの物語。

トミー・リー・ジョーンズさまもウィル・スミスさまも相変わらずいいです。

今回は敵役エイリアンにララ・フリン・ボイルさまを配しています。

今回一番おいしいところをもっていったのは彼女ですわな。

ボイルさま、超セクシーな格好で画面内をうろうろしてくれます。
前作のラストで、エージェントとしての全ての記憶を消去されたジョーンズさま。

今では田舎町の郵便局長として働いています。

スミスさまはMIBの中心メンバーとして忙しく活躍する毎日。

そんな中、変身能力のあるエイリアンが地球に侵入。

エイリアンは雑誌の下着広告のモデルの姿に変身します。

自分の惑星が絶滅の危機に瀕している。

他の惑星にあるエネルギー源を奪えばそいつらは助かるわけです。

エネルギーを奪おうとする好戦的な変身宇宙人から逃れようと、地球にやってきたエイリアン。

そのときは若き日のジョーンズさまの機転でエネルギー源争奪戦の舞台が地球になることはなかったわけですが、ニ十数年経って、そのエネルギー源は地球上のどこかに隠されていたことがばれてしまった。

スミスさまは記憶をなくしたジョーンズさまのもとを訪ね、記憶復元装置を使ってそのエネルギー源に関する情報を聞き出そうとします。

一方のエイリアンはMIB本部を占拠して、当時の担当エージェントのジョーンズさまを探しだそうとします。

果たしてMIBは地球の危機を救うことができるのでしょうか。
とってもデリシャスでゴージャスな作品になりました。遊び心も随所に見えてて、楽しい限りです。
次回はちょっと趣向を変えまして、シリーズものを数珠つなぎでご紹介。

次回は「ジュラシック・パーク」をご紹介です。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について