目次
はじめに
1~30
スピーシーズ・種の起源
ゲッタウェイ
悪魔のような女
ウエストサイド物語
アルマゲドン
ジャッジ・ドレッド
模倣犯
心の旅路
エレファントマン
MI2
クリムゾンリバー
エントラップメント
砦なき者
呪怨
ゴッドファーザー
グリース
リーサルウエポン3
破線のマリス
スターウォーズ・帝国の逆襲
ターミネーター
踊る大捜査線THE MOVIE2・レインボーブリッジを封鎖せよ
ナインハーフ
ターミネーター2
動乱
ターミネーター3
少林サッカー
ソドムの市
ダーティハリー
ゴッドファーザーパートⅡ
スターウォーズ
31~60
A.I.
オーシャンズ11
さくや妖怪伝
ダーティハリー2
LAコンフィデンシャル
雲霧仁左衛門
ダブルボーダー
イレイザー
悪魔を憐れむ歌
マキシマム・リスク
黄金の七人
妖怪大戦争
バットマン
バトル・ロワイアル
ザ・ロック
アマデウス
吉原炎上
バットマンリターンズ
ホワイトアウト
12モンキーズ
ザ・ワン
京極夏彦「怪」・七人みさき
バットマンフォーエバー
ロストボーイ
バーティカルリミット
シャークテイル
シックスセンス
シックスデイ
ゾンビ
13日の金曜日
61~90
催眠
オールザットジャズ
ホワイトナイツ/白夜
将軍家光の乱心・激突
あずみ
必殺
オリエント急行殺人事件
そして誰もいなくなった
犬神家の一族
理由
悪魔の手鞠歌
ルームメイト
ウインドトーカーズ
タップ
ナイル殺人事件
里見八犬伝
皇帝のいない八月
情婦
大脱走
ウイロー
半落ち
ブロークン・アロー
燃えよドラゴン
片腕ドラゴン
イヤー・オブ・ザ・ドラゴン
新生トイレの花子さん
ピースメイカー
僕の彼女を紹介します
エンゼルハート
ヒート
91~120
スカーフェース
ミッドナイトクロス
スターウォーズ・ジェダイの復讐
スパイダーマン2
暗殺者
フロム・ダスク・ティル・ドウン
裏窓
ロープ
スネーク・アイズ
エネミー・オブ・アメリカ
メン・イン・ブラック
メン・イン・ブラック 2
ジュラシック・パーク
ロスト・ワールド ジュラシック・パーク
ジュラシックパーク3
少女たちの遺言
ラスト・アクション・ヒーロー
レイダース・失われた聖櫃
ディープブルー
パルプフィクション
ブギーポップは笑わない
パラサイト・イヴ
炎の少女チャーリー
クロスファイア
座頭市
シャイニング
キャリー
女王蜂(ネタバレ注意)
白昼の死角
ウルフェン
121~150
ブレイド
ロミオ・マスト・ダイ
フライトナイト
十二人の怒れる男
狼男アメリカン
トワイライトゾーン・超次元の体験・第一話
E.T.
トワイライトゾーン・超次元の体験・第二話
ハウリング
トワイライトゾーン・超次元の体験・第三話
マッドマックス
トワイライトゾーン・超次元の体験・第四話
ハリー・ポッターと賢者の石
フライトナイト2 バンパイアの逆襲
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第一話 雪山
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第二話 携帯忠臣蔵
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第三話 チェス
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第四話 結婚シミュレーター
ブレイド2
ジェイコブス・ラダー
危険な情事
ゲーム
プラトーン
インビジブル
エボリューション
フラットライナーズ
セブン
エイリアン3
パニック・ルーム
サドン・デス
スターウォーズ・エピソード2・クローンの攻撃
ペリカン文書
レッド・サン
シルミド
グレムリン
ダイヤルM
151~180
劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション・烈空の訪問者デオキシス
タワーリング・インフェルノ
ブルース・ブラザーズ
ウルトラマンティガ・ファイナルオデッセイ
レインメイカー
海猫
フェイス・オフ
トゥームレイダー
ゴッドファーザー PARTⅢ
ふたり
スターゲイト
ウォータ-ボーイズ
少林寺
スターウォーズ・エピソードⅢ・シスの復讐
キス・オブ・ザ・ドラゴン
親指スターウォーズ
親指タイタニック
タイタニック
ウォール街
スペース・バンパイア
ラストサマー
ダイハード3
火垂るの墓
マトリックス
イージー・ライダー
ラスト・ワルツ
レイジング・ブル
ラストサマー2
仁義なき戦い
仁義なき戦い・広島死闘編
181~210
仁義なき戦い・代理戦争
仁義なき戦い・頂上作戦
仁義なき戦い・完結編
GODZILLA・ゴジラ
その後の仁義なき戦い
機動戦士ガンダム
機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編
機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
ポルターガイスト
ウルフ
ザ・フォッグ
チャイルド・プレイ
ダイナソー
トリック・劇場版
K-19
着信アリ
直撃地獄拳・大逆転
ア・ホーマンス
スパイ・ライク・アス
ブレス・ザ・チャイルド
おこげ
48時間
誘う女
ゴジラVSキングギドラ
ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ・光の国の戦士たち
アサシン
ニキータ
キンダーガートン・コップ
男たちの挽歌
魔女の宅急便
211~220
8mm
トゥモロー・ネバー・ダイ
黄泉がえり
バック・トゥ・ザ・フューチャー
D.N.A.
ザ・リング
レプリカント
東京タワー
ガメラⅢ・邪神(イリス)覚醒
明日に向かって撃て
インターバル

閉じる


<<最初から読む

92 / 228ページ

スカーフェース

1984年アメリカ映画

監督 ブライアン・デ・パルマ

主演 アル・パチーノ、スティーブン・バウアー


数珠つなぎです。「ヒート」からパチーノさまつながりで、「スカーフェース」。

私が少年のころは、「スキャーフェース」っていってました。

顔に傷があるって意味ですよね。

有名なアル・カポネの顔に傷があったことから、カポネのことをスキャーフェースっていってました。
で、「スカーフェース」。
パチーノさま演ずるギャングが成り上がっていって、やがて凋落していく様子を描いたマフィア一代記って感じです。

パチーノさま、最初から最後までキレまくり。

映画の中で鼻から入れていたドラッグって、実は本物だったんじゃない?って噂がとぶほど、キレてます。

パチーノさま渾身の力演って感じでしょうか。

デ・パルマ監督の演出はそれまでの作品と比べると、独自性を押さえた感じ。

デ・パルマ監督、この作品あたりから、急に普通の演出をするようになります。

演出手法が認められ、実験的な演出をする必要がなくなったのか、ビッグネームになりすぎて冒険ができなくなったのか。

両方だろうなあ。

冒険精神が健在なのは、「スネーク・アイズ」の冒頭でとんでもない演出をしていたことで証明されております。
映画のラストで、パチーノさまの豪邸の内部で画面に大写しになった数台の防犯カメラのモニター画面が、侵入する殺し屋を映す場面がありましたが、「え?これってスプリットスクリーンの手法の変形版やんけ」って思ってしまいました。
ってことで、延々デ・パルマ監督の話が続きそうなので、次もデ・パルマ監督作品で。

「ミッドナイト・クロス」行きましょう。


ミッドナイトクロス

1982年アメリカ映画

監督 ブライアン・デ・パルマ

主演 ジョン・トラヴォルタ


数珠つなぎです。「スカーフェース」からデパルマ監督つながりで、「ミッドナイトクロス」。
私的にはブライアン・デ・パルマ作品では、初期の作品群のほうが好きです。

「殺しのドレス」だとか「愛のメモリー」だとか「ボディダブル」だとか。

「スカーフェース」とか「ミッション・インポッシブル」、「スネーク・アイズ」あたりのデ・パルマ監督が巨匠になってからの作品はあまり好きじゃないです。

「ミッドナイト・クロス」はかなり初期の作品です。
トラヴォルタさまが演ずるのは映画の音響マン。

風の音を録音するために夜中に、録音機材抱えて屋外で音の素材を探している。

と、そこで一台の車が事故を起こし、大破してしまいます。

トラヴォルタさまの機材は偶然にも事故の一部始終を録音しています。

やがてこれは本当に事故だったのだろうか、という疑惑がもちあがります。

ここらあたりの描写が実にスマートでサスペンスフル。

いろいろな事実が浮かび上がり、さまざまなああだこうだがありまして。

んで。

んで。

んで、ラストは夜空を彩る花火の下、360度旋回カメラ。

うおおおおお。

ちとウンチク。

デパルマ監督って、重症のヒッチコック信者であることは有名な話ですよね。

花火が効果的に使われているところなんか、ヒッチコックの映画で見たような気がしませんか?

そもそも「殺しのドレス」の冒頭シーンは「サイコ」からのいただきものですしね。

「ボディダブル」は「めまい」「裏窓」モチーフだし。

デ・パルマ監督の初期の作品を見て、ヒッチコック作品での元ネタを探すって見かた、いいかもしれないですね。


スターウォーズ・ジェダイの復讐

1983年アメリカ映画

監督 リチャード・マーカンド

主演 マーク・ハミル、ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー、ビリー・ディー・ウイリアムス、アレック・ギネス


レゴブロックって、とんでもない世界に突入しておりましてですねえ。

一番突出しているのは「レゴ・スターウォーズシリーズ」だと思っています。

スターウォーズの場面の再現をレゴでやってしまおうと、そういう勢いなんですね。

そのシリーズの中にジャバザハットの宮殿ってものがありまして、その中にはちゃんと「捕まって超ビキニ着せられたレイア姫」の人形もついておりました。

ちょっと笑いました。

さて映画の話。

この話もさすがにキャラ名で書いていったほうがわかりやすいと思いますので、今回はキャラ名であらすじ書きますね。

前作でジャバ・ザ・ハットに売られたハン・ソロ船長(ハリソン・フォードさま)を救いに、ルーク(マーク・ハミルさま)が宮殿にやってきます。

そこにはソロを助けに来て捕われ、ビキニ姿で鎖でつながれているレイア姫(キャリー・フィッシャーさま)もおります。

ルーク、いきなりフォース使いまくりです。

豪快にジャバ一味を退治して撤収。

帝国軍との最終決戦に臨みます。

帝国軍は新衛星型要塞「スターデストロイヤー」完成間近。

せっかく第一部でデススターぶっ壊したのに。

またぶっ壊さないといけないです。

そのスター・デストロイヤーに帝国皇帝が現れます。

ルークは前作で明らかになったダースベイダーの秘密を確かめに老師ヨーダのもとへ。

ヨーダと亡きオビ・ワン・ケノビ(アレック・ギネスさま)の魂に導かれ、ルークは父ダース・ベイダー=アナキン・スカイウォーカーとの対決を決意します。

さてさて。

スター・デストロイヤーは強力な防御シールドで守られていて、ハン・ソロたちはそのシールドを発生させる設備のある惑星に降り、その設備を爆破して防御シールドを無力化させようという作戦を立てます。

設備爆破チームはハンソロの指揮。

スター・デストロイヤー攻撃チームはランドー(ビリー・ディー・ウイリアムスさま)。

ルークは父との決着をつけるため、帝国軍に投降する。

お得意の複数メインキャラ並行描写です。

ここではやはりダース・ベイダーの動きが物語全体のキーになります。

しかしそれにして映画後半で一気に物語が収拾にむかって加速していくドラマ構造は見事ですね。

改めてすごい作品だなあと思ってしまいましたです。


スパイダーマン2

2004年アメリカ映画

監督 サム・ライミ

主演 トビー・マグワイア、キルステイン・ダンスト、アルフレッド・モリーナ、ジェームス・フランコ


前回ちょこっとレゴの話を書きましたが、今日とりあげるスパイダーマンもレゴブロックのキャラとして販売されております。

電車のシーンだとか、最後の実験室だとかがブロックで再現できるというやつで。

スパイダーマンだとかドック・オクなんかの人形もついておりまして。

いやほんま、すごいすごい。
前作から引き続き、主人公のマグワイアさまは悩み続けております。

ヒーローであることを悩むヒーローですな。

あんまり真剣に悩まれても見ていて困るんですが。

しかもスパイダーマンってすげえ貧乏。

マンションの家賃ためたり、バイトをクビになりそうになったりしております。

舞台女優の彼女の芝居は一度も見ていない。

そのせいか二人の仲はギクシャク。

さてさて。

今回の敵役はアルフレッド・モリーナ=ドック・オクです。

「知性をもった四本の触手」をつけた科学者。

実験途中で、触手の行動をコントロールするマイクロチップが破損してしまい、触手に操られる悪人になってしまいます。

当然実験は大失敗だけど、ややこしいことに実験のスポンサーが前作、スパイダーマンに父ウイリアム・デフォーさまを殺されたフランコさま。

ちなみにフランコさまはマグワイアさまの親友でございます。

んで、フランコさまはモリーナさま=ドック・オクにスパイダーマンをいけどりにして連れてこいなんて依頼したりするわけですね。

猛スピードで走る列車での戦い。

スパイダーマンは力つきて倒れ、ドック・オクに拉致されてフランコさまのもとへ。

スパイダーマンはフランコさまに素顔を曝し、そしてドック・オクへ最後の戦いを挑みに行く。
素顔をさらして戦うヒーロー。

いいんだか悪いんだかちょっと判断つかないですが。

バットマン2でマイケル・キートンがバットスーツに素顔で戦うってえ場面がありましたが、うむむ。

どうだかなあ。
サム・ライミ監督、めっきり巨匠になってしまいました。

ホラー映画「死霊のはらわた」でデビューしたときはこんな巨匠になるとは思いませんでしたです。

「死霊のはらわた」に出てたブルース・キャンベルさま、めっちゃ太ってドラマ「バーン・ノーティス」にレギュラー出演されてました。

めっちゃびっくりしてもた。


暗殺者

1995年アメリカ映画

監督 リチャード・ドナー

主演 シルベスタ・スタローン、アントニオ・バンデラス


実に珍しい設定ですよね。

殺し屋スタローンさま。

シャロンストーンと共演した「スペシャリスト」でもこんな感じの設定だったような記憶がありますが、基本的にはスタローンさまもシュワルツェネッガーさまもあんまりワルキャラはやらないですからねえ。

おやおや。スタローンさまの殺し屋?

あら珍しや、って思って見てたら、物語が進むうちにだんだん善人になっていきます。

スタローンさま、殺し屋のくせにターゲットの女性に逃げろとか言う奴です。

なんでそういう状況になったかってえと、スタローンさまの目の前に、同じ標的を狙う別の殺し屋が現れたからです。

この別の殺し屋がバンデラスさま。

どうやらスタローンさまに仕事を指示する元締めが、フタマタかけていたようなんですね。

で、ターゲットの女性をかばったり一緒に逃げたりします。
バンデラスさま、女を狙いつつもスタローンさまを狙ったりして、ややこしい。

セリフの吹き替えの関係かどうかわかりませんが、妙に軽い殺し屋です。

「ひえー」とか「ひょおー」とか言うし、殺し屋のわりにポカ多そうだし。

こんな奴にスタローンさまが負けるわけなかろう、と思ってたら、やっぱりねえ、って結末。

というか、最初から最後までバンデラスさまが優位に立つ瞬間がほとんどなかったように感じました。

もちょっと強そうなキャラに設定してあげるたらよかったのに。

バンデラスさまかわいそう。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について