目次
はじめに
1~30
スピーシーズ・種の起源
ゲッタウェイ
悪魔のような女
ウエストサイド物語
アルマゲドン
ジャッジ・ドレッド
模倣犯
心の旅路
エレファントマン
MI2
クリムゾンリバー
エントラップメント
砦なき者
呪怨
ゴッドファーザー
グリース
リーサルウエポン3
破線のマリス
スターウォーズ・帝国の逆襲
ターミネーター
踊る大捜査線THE MOVIE2・レインボーブリッジを封鎖せよ
ナインハーフ
ターミネーター2
動乱
ターミネーター3
少林サッカー
ソドムの市
ダーティハリー
ゴッドファーザーパートⅡ
スターウォーズ
31~60
A.I.
オーシャンズ11
さくや妖怪伝
ダーティハリー2
LAコンフィデンシャル
雲霧仁左衛門
ダブルボーダー
イレイザー
悪魔を憐れむ歌
マキシマム・リスク
黄金の七人
妖怪大戦争
バットマン
バトル・ロワイアル
ザ・ロック
アマデウス
吉原炎上
バットマンリターンズ
ホワイトアウト
12モンキーズ
ザ・ワン
京極夏彦「怪」・七人みさき
バットマンフォーエバー
ロストボーイ
バーティカルリミット
シャークテイル
シックスセンス
シックスデイ
ゾンビ
13日の金曜日
61~90
催眠
オールザットジャズ
ホワイトナイツ/白夜
将軍家光の乱心・激突
あずみ
必殺
オリエント急行殺人事件
そして誰もいなくなった
犬神家の一族
理由
悪魔の手鞠歌
ルームメイト
ウインドトーカーズ
タップ
ナイル殺人事件
里見八犬伝
皇帝のいない八月
情婦
大脱走
ウイロー
半落ち
ブロークン・アロー
燃えよドラゴン
片腕ドラゴン
イヤー・オブ・ザ・ドラゴン
新生トイレの花子さん
ピースメイカー
僕の彼女を紹介します
エンゼルハート
ヒート
91~120
スカーフェース
ミッドナイトクロス
スターウォーズ・ジェダイの復讐
スパイダーマン2
暗殺者
フロム・ダスク・ティル・ドウン
裏窓
ロープ
スネーク・アイズ
エネミー・オブ・アメリカ
メン・イン・ブラック
メン・イン・ブラック 2
ジュラシック・パーク
ロスト・ワールド ジュラシック・パーク
ジュラシックパーク3
少女たちの遺言
ラスト・アクション・ヒーロー
レイダース・失われた聖櫃
ディープブルー
パルプフィクション
ブギーポップは笑わない
パラサイト・イヴ
炎の少女チャーリー
クロスファイア
座頭市
シャイニング
キャリー
女王蜂(ネタバレ注意)
白昼の死角
ウルフェン
121~150
ブレイド
ロミオ・マスト・ダイ
フライトナイト
十二人の怒れる男
狼男アメリカン
トワイライトゾーン・超次元の体験・第一話
E.T.
トワイライトゾーン・超次元の体験・第二話
ハウリング
トワイライトゾーン・超次元の体験・第三話
マッドマックス
トワイライトゾーン・超次元の体験・第四話
ハリー・ポッターと賢者の石
フライトナイト2 バンパイアの逆襲
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第一話 雪山
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第二話 携帯忠臣蔵
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第三話 チェス
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第四話 結婚シミュレーター
ブレイド2
ジェイコブス・ラダー
危険な情事
ゲーム
プラトーン
インビジブル
エボリューション
フラットライナーズ
セブン
エイリアン3
パニック・ルーム
サドン・デス
スターウォーズ・エピソード2・クローンの攻撃
ペリカン文書
レッド・サン
シルミド
グレムリン
ダイヤルM
151~180
劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション・烈空の訪問者デオキシス
タワーリング・インフェルノ
ブルース・ブラザーズ
ウルトラマンティガ・ファイナルオデッセイ
レインメイカー
海猫
フェイス・オフ
トゥームレイダー
ゴッドファーザー PARTⅢ
ふたり
スターゲイト
ウォータ-ボーイズ
少林寺
スターウォーズ・エピソードⅢ・シスの復讐
キス・オブ・ザ・ドラゴン
親指スターウォーズ
親指タイタニック
タイタニック
ウォール街
スペース・バンパイア
ラストサマー
ダイハード3
火垂るの墓
マトリックス
イージー・ライダー
ラスト・ワルツ
レイジング・ブル
ラストサマー2
仁義なき戦い
仁義なき戦い・広島死闘編
181~210
仁義なき戦い・代理戦争
仁義なき戦い・頂上作戦
仁義なき戦い・完結編
GODZILLA・ゴジラ
その後の仁義なき戦い
機動戦士ガンダム
機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編
機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
ポルターガイスト
ウルフ
ザ・フォッグ
チャイルド・プレイ
ダイナソー
トリック・劇場版
K-19
着信アリ
直撃地獄拳・大逆転
ア・ホーマンス
スパイ・ライク・アス
ブレス・ザ・チャイルド
おこげ
48時間
誘う女
ゴジラVSキングギドラ
ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ・光の国の戦士たち
アサシン
ニキータ
キンダーガートン・コップ
男たちの挽歌
魔女の宅急便
211~220
8mm
トゥモロー・ネバー・ダイ
黄泉がえり
バック・トゥ・ザ・フューチャー
D.N.A.
ザ・リング
レプリカント
東京タワー
ガメラⅢ・邪神(イリス)覚醒
明日に向かって撃て
インターバル

閉じる


<<最初から読む

89 / 228ページ

僕の彼女を紹介します

2004年韓国映画

監督 クァク・ジョエン

主演 チョン・ジヒョン、チャン・ヒョク


究極のラブストーリー。

って感じですかね。

チョン・ジヒョンさまは婦人警官。

チャン・ヒョクさまは女子高の講師。

ジヒョンさまは非番の日、ひったくり犯人を追いかけていたヒョクさまを犯人とまちがえてつかまえてしまいます。

それが出会い。

次はヒョクさまが繁華街の見回りに警察の協力を要請。

ジヒョンさまがヒョクさまのパートナーとして青少年犯罪を見回ることに。

そこで二人は覚せい剤の密売人らしき男を発見。

腰がひけ、逃げ出そうとするヒョクさまをむりやり同行させるためにジヒョンさまはヒョクさまの手に手錠を。

かくして二人は手錠でつながれたまま密売人を追うことになります。

麻薬取引現場での銃撃戦。

なんとか応援の機動隊が到着。

やれやれ。

しかし鍵がない。

止むなく二人は朝までつながれたまま過ごすことに。

そこから二人のラブラブ生活がはじまります。

まるでプロモビデオのように軽くエピソードが重ねられていきます。

これが狙いなのか技法なのかわけわからずにやっているのかよくわからなかったです。

途中とっても大事なエピソードがありまして。

洗い物をするジヒョンさまをからかおうとしてヒョクさまが紙ヒコウキを投げるエピソード。

ヒョクさまがジヒョンさまに本をわたすエピソード。

あと風が吹く草原でのエピソード。

その後、姫と王子の寓話を話すシーン。

これら大事なシーンが最後の大盛り上がりにつながります。
ラブラブはいつまでも続かない。

二人に試練が訪れます。

果たして二人にとっての奇跡は起こるのか。

予想通り、やっぱりラストの風車の場面では涙が止まらなかった。

ええ話見せてもらいました。
むっちゃ泣いた私ですが、ラストの「映画〇〇〇〇」もどきのシーンはちょっといただけないなあ。(見られた人は〇の中に入る映画のタイトルわかるでしょうが)
余談。字幕版だったから涙ポロポロですみましたが、吹き替えだったら号泣だっただろうなあ。


エンゼルハート

1987年アメリカ映画
監督 アラン・パーカー
主演 ミッキー・ローク、ロバート・デ・ニーロ、リサ・ボネ、シャーロット・ランプリング


ちょっと前の「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」からミッキー・ロークさまつながりで、「エンゼルハート」。

ジョン・ローンさまから「ラスト・エンペラー」にいってベルトリッチ監督または坂本龍一さまにつなげる方法もあったのですが、とりあえずデ・ニーロさまにつなげたかったんで。
しかし申し訳ございません。
この映画に関してはネタバレをお許しくださいませ。
ネタバレしないように書いたら多分わけわからん内容になると思いますので。
原作は禁断の書、ウィリアム・ヒョーツバーグ先生作の小説。
主人公はミッキー・ロークさま演ずるハリー・エンゼルという名の私立探偵。
彼は何故か過去の記憶を失ってたりします。
彼のもとに謎の依頼人がやってくる。
ルイ・サイファーという男。
ハリーはサイファーに負債を負っている一人の男の居場所を探す依頼をうけます。
色々調べていきましたら、彼が行く先々で殺人事件が起こる。
犯人は誰なのか。


タイトルが「エンゼルハート」となりゃああんた、主人公のハリー・エンゼルのハート。
ん?って思うじゃないですか。
んでルイ・サイファーでござんしょ?
さらに無神経なことに、パンフレットとかテレビ予告編とかで、血まみれの手で恐い顔したミッキーロークさまがバンバン出ておりまして。
はあ?映画を見ながら、まさかパンフレットやテレビ予告編であの場面見せておいて、こんな結末じゃあないだろうな、って予想した結末だったので大変がっかりしました。
ここからネタバレでっせ。

 


ルイ・サイファーってのはお察しの通り、ルシファーのこと。
悪魔の魔王の名前です。
魔王がミッキー・ロークさまの私立探偵に依頼するわけですから、魔王が探している人はミッキー・ロークさま本人です。
ロークさまは人さがしをしながら自分を探していたわけです。
魔王はロークさまに自分との契約を思い出させるために人さがしの依頼って形をとったわけです。
魔王ルシファーへの負債となるとやっぱ魂しかないわけだし、そうなると「エンゼルハート」は主人公が悪魔に捧げる「悪魔との契約の代償としての心臓」を意味することは想像できるし、んで恐い顔のミッキー・ロークさまの写真見てるわけですから、「記憶を失った、その失った部分に秘密があって、その秘密の部分が暴走したら恐い男になるんだ、ミッキーさまは」って想像ついちゃう。
ダメですよ。こんなネタバレタイトルつけちゃ。
んで、あんな大事な場面をテレビで流したりしちゃ絶対にだめ。
パンフレットに載せるのもだめ。
意外な物語が全然意外じゃなくなってしまいました。
とほほです。

 


ヒート

1996年アメリカ映画

監督 マイケル・マン

主演 ロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノ、ヴァル・キルマー


数珠つなぎです。「エンゼルハート」からデニーロさまつながりで、「ヒート」。
パチーノさまとデ・ニーロさまは、「ゴッドファーザー・パート2」以来の共演になるそうです。

しかし「ゴッドファーザー・パート2」ではパチーノさまは二代目のマフィアのボス。

デ・ニーロさまは回想シーンでの若き日の先代ボス。

回想シーンではパチーノさま演ずるマイケルは五歳くらいの少年のところまででしたから、当然撮影は完全に別だったと思います。

同じ映画にクレジットされてはいるものの、同じシーンには出演していない。

それどころかこういうケースだと撮影現場で顔さえあわしていないかもしれないです。

で、ヒート。

デ・ニーロさまもパチーノさまもゴッドファーザーで大きく飛躍した役者さんです。

その二人の因縁の共演。
デ・ニーロさまは犯罪のプロ。

絶対につかまらない、尻尾もつかませない仕事を繰り返す銀行強盗。

パチーノさまは執念で彼を追う刑事。

開始早々嫌な予感がしましたが、その予感は的中してしまいました。

ダブル主役のお二人さん、完全別撮りでドラマが進行していきます。

そらそうやわな。芸術的な仕事を繰り返す犯罪者と刑事が同一フレームのおさまるシーンのほうがむしろ映画的な不自然さをもっていると感じられるわけで。
デ・ニーロさまはデ・ニーロさまで銀行強盗の準備とか進めるし、パチーノさまはそれを阻止しようと動き回るし。

で、物語中盤、銀行強盗が決行され、ちょっとした不手際からデ・ニーロさまのチームと警官隊が撃ちあいになるあたりで二人は接近。

とはいってもここでも強盗チームと警官チーム、細かくカメラが切り替わるだけで同一のフレームには収まってくれません。

銃撃戦はとっても激しい。何でも映画史上に残るほどの数の銃弾が使用されたそうです。
逃げるデ・ニーロさま。追うパチーノさま。

二人はダイニングレストランで再接近。いよいよ同一フレームにおさまってくれるのかと思いましたが、ここでもカットの切り替えのみ。

同一画面上には登場しない。

ここまで徹底されると、この二人仲悪いの?とか思ってしまいます。

メイキングビデオによると、この二人、ちゃんと同じ場面で撮ってたそうです。

別撮りとかじゃなくて。

まあ二人とも演技派の大スターですからね。

当人同士がそう言わなくても、周囲が気をつかうんでしょうね。

カット数から台詞の秒数とかアップの大きさとか。どとらかが多かったり少なかったりしないように。
まあこんな撮りかたもありなんだろうな。って思いましたです。
公開当時、二人は顔を会わさないで映画を完成させたって噂が流れた怪作でございます。
次はパチーノさまつながり。「スカーフェイス」をご紹介します。


スカーフェース

1984年アメリカ映画

監督 ブライアン・デ・パルマ

主演 アル・パチーノ、スティーブン・バウアー


数珠つなぎです。「ヒート」からパチーノさまつながりで、「スカーフェース」。

私が少年のころは、「スキャーフェース」っていってました。

顔に傷があるって意味ですよね。

有名なアル・カポネの顔に傷があったことから、カポネのことをスキャーフェースっていってました。
で、「スカーフェース」。
パチーノさま演ずるギャングが成り上がっていって、やがて凋落していく様子を描いたマフィア一代記って感じです。

パチーノさま、最初から最後までキレまくり。

映画の中で鼻から入れていたドラッグって、実は本物だったんじゃない?って噂がとぶほど、キレてます。

パチーノさま渾身の力演って感じでしょうか。

デ・パルマ監督の演出はそれまでの作品と比べると、独自性を押さえた感じ。

デ・パルマ監督、この作品あたりから、急に普通の演出をするようになります。

演出手法が認められ、実験的な演出をする必要がなくなったのか、ビッグネームになりすぎて冒険ができなくなったのか。

両方だろうなあ。

冒険精神が健在なのは、「スネーク・アイズ」の冒頭でとんでもない演出をしていたことで証明されております。
映画のラストで、パチーノさまの豪邸の内部で画面に大写しになった数台の防犯カメラのモニター画面が、侵入する殺し屋を映す場面がありましたが、「え?これってスプリットスクリーンの手法の変形版やんけ」って思ってしまいました。
ってことで、延々デ・パルマ監督の話が続きそうなので、次もデ・パルマ監督作品で。

「ミッドナイト・クロス」行きましょう。


ミッドナイトクロス

1982年アメリカ映画

監督 ブライアン・デ・パルマ

主演 ジョン・トラヴォルタ


数珠つなぎです。「スカーフェース」からデパルマ監督つながりで、「ミッドナイトクロス」。
私的にはブライアン・デ・パルマ作品では、初期の作品群のほうが好きです。

「殺しのドレス」だとか「愛のメモリー」だとか「ボディダブル」だとか。

「スカーフェース」とか「ミッション・インポッシブル」、「スネーク・アイズ」あたりのデ・パルマ監督が巨匠になってからの作品はあまり好きじゃないです。

「ミッドナイト・クロス」はかなり初期の作品です。
トラヴォルタさまが演ずるのは映画の音響マン。

風の音を録音するために夜中に、録音機材抱えて屋外で音の素材を探している。

と、そこで一台の車が事故を起こし、大破してしまいます。

トラヴォルタさまの機材は偶然にも事故の一部始終を録音しています。

やがてこれは本当に事故だったのだろうか、という疑惑がもちあがります。

ここらあたりの描写が実にスマートでサスペンスフル。

いろいろな事実が浮かび上がり、さまざまなああだこうだがありまして。

んで。

んで。

んで、ラストは夜空を彩る花火の下、360度旋回カメラ。

うおおおおお。

ちとウンチク。

デパルマ監督って、重症のヒッチコック信者であることは有名な話ですよね。

花火が効果的に使われているところなんか、ヒッチコックの映画で見たような気がしませんか?

そもそも「殺しのドレス」の冒頭シーンは「サイコ」からのいただきものですしね。

「ボディダブル」は「めまい」「裏窓」モチーフだし。

デ・パルマ監督の初期の作品を見て、ヒッチコック作品での元ネタを探すって見かた、いいかもしれないですね。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について