目次
はじめに
1~30
スピーシーズ・種の起源
ゲッタウェイ
悪魔のような女
ウエストサイド物語
アルマゲドン
ジャッジ・ドレッド
模倣犯
心の旅路
エレファントマン
MI2
クリムゾンリバー
エントラップメント
砦なき者
呪怨
ゴッドファーザー
グリース
リーサルウエポン3
破線のマリス
スターウォーズ・帝国の逆襲
ターミネーター
踊る大捜査線THE MOVIE2・レインボーブリッジを封鎖せよ
ナインハーフ
ターミネーター2
動乱
ターミネーター3
少林サッカー
ソドムの市
ダーティハリー
ゴッドファーザーパートⅡ
スターウォーズ
31~60
A.I.
オーシャンズ11
さくや妖怪伝
ダーティハリー2
LAコンフィデンシャル
雲霧仁左衛門
ダブルボーダー
イレイザー
悪魔を憐れむ歌
マキシマム・リスク
黄金の七人
妖怪大戦争
バットマン
バトル・ロワイアル
ザ・ロック
アマデウス
吉原炎上
バットマンリターンズ
ホワイトアウト
12モンキーズ
ザ・ワン
京極夏彦「怪」・七人みさき
バットマンフォーエバー
ロストボーイ
バーティカルリミット
シャークテイル
シックスセンス
シックスデイ
ゾンビ
13日の金曜日
61~90
催眠
オールザットジャズ
ホワイトナイツ/白夜
将軍家光の乱心・激突
あずみ
必殺
オリエント急行殺人事件
そして誰もいなくなった
犬神家の一族
理由
悪魔の手鞠歌
ルームメイト
ウインドトーカーズ
タップ
ナイル殺人事件
里見八犬伝
皇帝のいない八月
情婦
大脱走
ウイロー
半落ち
ブロークン・アロー
燃えよドラゴン
片腕ドラゴン
イヤー・オブ・ザ・ドラゴン
新生トイレの花子さん
ピースメイカー
僕の彼女を紹介します
エンゼルハート
ヒート
91~120
スカーフェース
ミッドナイトクロス
スターウォーズ・ジェダイの復讐
スパイダーマン2
暗殺者
フロム・ダスク・ティル・ドウン
裏窓
ロープ
スネーク・アイズ
エネミー・オブ・アメリカ
メン・イン・ブラック
メン・イン・ブラック 2
ジュラシック・パーク
ロスト・ワールド ジュラシック・パーク
ジュラシックパーク3
少女たちの遺言
ラスト・アクション・ヒーロー
レイダース・失われた聖櫃
ディープブルー
パルプフィクション
ブギーポップは笑わない
パラサイト・イヴ
炎の少女チャーリー
クロスファイア
座頭市
シャイニング
キャリー
女王蜂(ネタバレ注意)
白昼の死角
ウルフェン
121~150
ブレイド
ロミオ・マスト・ダイ
フライトナイト
十二人の怒れる男
狼男アメリカン
トワイライトゾーン・超次元の体験・第一話
E.T.
トワイライトゾーン・超次元の体験・第二話
ハウリング
トワイライトゾーン・超次元の体験・第三話
マッドマックス
トワイライトゾーン・超次元の体験・第四話
ハリー・ポッターと賢者の石
フライトナイト2 バンパイアの逆襲
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第一話 雪山
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第二話 携帯忠臣蔵
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第三話 チェス
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第四話 結婚シミュレーター
ブレイド2
ジェイコブス・ラダー
危険な情事
ゲーム
プラトーン
インビジブル
エボリューション
フラットライナーズ
セブン
エイリアン3
パニック・ルーム
サドン・デス
スターウォーズ・エピソード2・クローンの攻撃
ペリカン文書
レッド・サン
シルミド
グレムリン
ダイヤルM
151~180
劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション・烈空の訪問者デオキシス
タワーリング・インフェルノ
ブルース・ブラザーズ
ウルトラマンティガ・ファイナルオデッセイ
レインメイカー
海猫
フェイス・オフ
トゥームレイダー
ゴッドファーザー PARTⅢ
ふたり
スターゲイト
ウォータ-ボーイズ
少林寺
スターウォーズ・エピソードⅢ・シスの復讐
キス・オブ・ザ・ドラゴン
親指スターウォーズ
親指タイタニック
タイタニック
ウォール街
スペース・バンパイア
ラストサマー
ダイハード3
火垂るの墓
マトリックス
イージー・ライダー
ラスト・ワルツ
レイジング・ブル
ラストサマー2
仁義なき戦い
仁義なき戦い・広島死闘編
181~210
仁義なき戦い・代理戦争
仁義なき戦い・頂上作戦
仁義なき戦い・完結編
GODZILLA・ゴジラ
その後の仁義なき戦い
機動戦士ガンダム
機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編
機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
ポルターガイスト
ウルフ
ザ・フォッグ
チャイルド・プレイ
ダイナソー
トリック・劇場版
K-19
着信アリ
直撃地獄拳・大逆転
ア・ホーマンス
スパイ・ライク・アス
ブレス・ザ・チャイルド
おこげ
48時間
誘う女
ゴジラVSキングギドラ
ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ・光の国の戦士たち
アサシン
ニキータ
キンダーガートン・コップ
男たちの挽歌
魔女の宅急便
211~220
8mm
トゥモロー・ネバー・ダイ
黄泉がえり
バック・トゥ・ザ・フューチャー
D.N.A.
ザ・リング
レプリカント
東京タワー
ガメラⅢ・邪神(イリス)覚醒
明日に向かって撃て
インターバル

閉じる


<<最初から読む

83 / 228ページ

ブロークン・アロー

1996年アメリカ映画

監督 ジョン・ウー

主演 クリスチャン・スレイター、ジョン・トラヴォルタ、サマンサ・マシス


「核兵器の紛失」を表す米軍内の暗号が「ブロークン・アロー」である。

映画の中でそう紹介されていました。

核弾頭と搭載したステルス戦闘機の演習飛行。

その飛行中、トラヴォルタさまが突然核弾頭を不発モードで投下させます。

同乗のスレイターさまは「何すんねん」ってなもんですが、非常脱出装置を作動させられ、戦闘機から放り出されます。

スレイターさまは、奪った核を使って政府を恐喝しようとするトラヴォルタの野望を阻止すべく、女性パークレンジャー・マシスさまとともにミサイル奪還を狙います。
三基の核弾頭のうち一基は米軍が回収。

残る二基はトラヴォルタさまが握ります。

頑張りやさんのスレイターさま、一度はトラックごとミサイルを奪いますがすぐに奪いかえされ、廃鉱山で強烈な銃撃戦。

トラヴォルタさまはこの鉱山でミサイル一基の起爆装置を作動させ、爆破します。

残るミサイルは一基。

果たしてスレイターさまは核ミサイルを取り戻すことができるのでしょうか。
さすがジョン・ウー監督って感じの面白さ。

トラヴォルタさまはこの後「フェイス・オフ」で、スレイターさまは「ウインド・トーカーズ」で再びジョン・ウー監督とコンビを組みます。

トラヴォルタさまがいいですね。

ワルい顔しています。

物語的には「フェイス・オフ」のほうが好きですが、この映画もたっぷり楽しませてくれます。
二丁拳銃あり、手りゅう弾の爆風で吹っ飛ぶアクションあり、ヘリぶっこわしあり、肉弾アクションあり。

サービス精神満載。
この作品みて、「フェイス・オフ」みて、「MI2」見ればもうジョン・ウー監督の虜ですぜ。

ご注意なされませ。


燃えよドラゴン

1973年アメリカ映画

監督 ロバート・クローズ

主演 ブルース・リー、ジョン・サクソン、ジム・ケリー、アーナ・カプリ、シー・キェン、アンジェラ・マオ


「だあああああああん、だだん、ほわああああっ。たととん、だああああああん、だだん、ほあっ、ほあっ」
今、きっと皆様の頭の中にはブルース・リーさまの声が聴こえていることでしょう。

聴こえてへんか。

この映画の公開は小学校五年生のころ。

中学にあがったばかりの兄が、映画にはまるきっかけとなったのがこの映画。

私も兄の影響で、ランドセルかついで半ズボンはいたドラゴンやってました。

駄菓子屋でヌンチャク買ったし。

で、同級生相手にドラゴンごっこやって、その子泣かして先生にばれてビンタされて。

そうだよなあ、ドラゴンは弱いものいじめしないよな。

以前、関西のローカル番組でやってましたが、昭和三十五年生まれから昭和四十五年生まれあたりの女性は、みいんなUFOが踊れるそうです。

で、昭和三十五年生まれあたりから昭和四十年生まれあたりの男性は、ほとんどの人がヌンチャク使えるそうです。ほんまかなあ。
とりあえず私は使えますが。
武術の達人リーさま。

インターポールが追っている麻薬王ハン(キェンさま)は年に一度武術トーナメントを開きます。

リーさまはインターポールの命を受けてそのトーナメントに選手として出場し、ハンのアジトに潜入し、悪事の証拠をつかもうとする。

細部が違ってたらごめんなさい。

アクション場面は鮮明に覚えているんですが、ストーリー部分の詳細はあんまり覚えてないですねえ。

トーナメントでは妹(アンジェラ・マオさま)の仇、オハラと当たって妹の仇をとったりします。

やがてスパイであることがばれたリーさまは公開処刑されそうになりますが、仲間がハンに捕らえられて監禁されていた囚人たちを解放、大乱戦になり、そんな中でリーさまはハンとの激闘の末、倒す。

トーナメントに出場するのはジョン・サクソンさまやジム・ケリーさま。

ハンの情婦はアーナ・カプリさま。

ハンのボディガード役で後にGメン香港ロケでの常連になるむっちりムキムキ、ヤン・スエさまが出演しています。

ヤン・スエさま、顔はごついがすっげえジェントルな人です。

って私が昔お世話になった倉田保昭先生主催のアクションクラブの人が言ってました。

ヤン・スエさま、今何されてるんでしょうね。
 


片腕ドラゴン

1971年香港映画

監督 ジミー・ウォング

主演 ジミー・ウォング


昨日ご紹介した「燃えよドラゴン」の大ヒットをうけて、それこそ雨後の筍のように大量の香港カンフー映画が日本公開されました。

まず公開されたのはブルース・リャンさまの「帰ってきたドラゴン」。

その次くらいに公開されたのがこの「片腕ドラゴン」。

で、「怒れタイガー」。

ここらあたりくらいまでは名画座っぽい劇場ではなく、ロードショー劇場での公開でございました。

ここからもかなりあったけど、きりがないのでここでは書きません。

ジミー・ウォングさまは良い道場のカンフーの達人。

その道場は悪い道場ともめています。

ひょんなことから道場同士のいがみあいが激化します。

良い道場のほうが強いんで、悪い道場は劣勢。

卑怯な手を使って挽回をはかる。

さらに悪い道場はあちこちから用心棒を集める。

この用心棒がすごい。

沖縄拳法の達人。

この人はなぜか牙が生えていて長髪。ぎゃああとかいいながらジャンプして天井近くの桟にとまったりする。化け猫みたい。

ラマ僧。

念仏をとなえると、身体じゅうが風船でふくらませたようにふくれて、体中の急所が隠されるそうな。

ヨガの達人。

インドの人風の小男。いきなりヨガのポーズをとって、逆立ちしたかと思うと、逆立ちしたまま足で戦う。なんか勘違いしたカポエラのような感じ。

あとキックボクサー。

戦い前にいきなり踊りはじめるのはお約束。

こんな悪党用心棒たちに立ち向かうのは、沖縄拳法の達人に腕をチョップで切り落とされた片腕のジミーウォングさま。
終始、「んなアホな」「ありえへんって」を連発しながら楽しめる痛快カンフー大作です。

ちなみに私はこういうツッコミ入れながら見るような映画大好きでございます。

 


イヤー・オブ・ザ・ドラゴン

1985年アメリカ映画

監督 マイケル・チミノ

主演 ミッキー・ローク、ジョン・ローン


ごっつええ感じで数珠つなぎができつつありますなあ。

「燃えよドラゴン」「片腕ドラゴン」、んで「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」。

ドラゴンつながりを残しつつ、カンフー映画の世界から脱出できました。

あとは監督つながりでもミッキー・ロークさまつながりでもジョン・ローンさまつながりでも自由自在。

楽でいいからしばらくこの数珠つなぎ作戦使ったれ。
さて「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」。

何のこっちゃない、「辰年」のことです。

えっと、十二支を使って年を表すってのは日本とか中国とか韓国あたりにしかないものなんでしょうね。

物語の舞台はアメリカ。

チャイナタウンの支配権をめぐる新旧のチャイニーズマフィア同士の争いと警察との攻防が軸に描かれます。

まったくもって残念ながら、ここがいいとかこの場面がすごいとかのインパクトのある印象がほとんど残っていない映画です。

申しわけないですが。

ミッキーロークさまの主演ものだとやっぱり「ナインハーフ」を推す人が多いだろうし、ジョンローンさまものだと圧倒的に「ラストエンペラー」のほうがいいだろうし。

だけれども何故かこのビデオ持っております。

どうしてなのかなあ。

途中の微妙さ加減が気に入ったのかなあ。

物語途中から、警察官のミッキー・ロークさまと次世代マフィアのジョン・ローンさまを交互に描く手法をとっておりまして、見る側はロークさまとローンさまの双方に肩入れしながら物語の推移を見守るって具合になります。

そんなこんなで、主人公二人のどちらにも思い入れした観客は、ラストのインパクト満点の対決シーンを目撃することになります。
題材も雰囲気もものすごく良いんですが、なんかどっかが弱い、不遇な作品でございます。


新生トイレの花子さん

1998年東映映画

監督 堤 幸彦

主演 前田 愛、野村佑香、長野 博、高島礼子、荻島真一


「学校の怪談」とか、「トイレの花子さん」とか、ジャパンホラーが相次いで製作された時期がありました。

ちょっと前もそんな時期で、今は沈静化してる感じですね。「リング」とか「呪怨」とか「うずまき」とかの時期があって、そのあと「渋谷怪談」とか「ひとりかくれんぼ」とかがあって。

「呪怨」の大ヒットで勢いづいたジャパンホラームーブメント、今は「ボイス」「箪笥」からはじまる韓流ホラーに押されがち。
さて。

前作の「トイレの花子さん」、見ましたが、そもそもそんなに恐い作品ではなかったです。

というか、前作は「トイレの花子さん」をモチーフにした少年の成長物語でした。

学校の怪談は恐怖映画というよりはSFXホラーだったし。
しかしこの「新生トイレの花子さん」はどっちかというと「恐がらせる」造りをしています。

ある学校で「トイレの花子さん」の噂が全くながれない学校がある。

何故なら花子さんを見たら誰かが死ぬから。

十一年前に中学校で一人の少女が行方不明になります。

その妹前田さまが中学に入学するところから話がはじまります。

前田さまは霊感が強かったりします。

見てしまうんですね。

トイレ。

教室でのコックリさん。

校舎裏の祠。その中の日本人形。

学校じゅうに流れる噂。

そしてそして、前田さまの担任の長野さまが「見て」しまって、病院へ入院。

そこへ臨時で講師が派遣されてきます。

行方不明になった前田さまの姉の友人、高島さま。

この先生がまた見えるわけですわな。

前田さまが引き込まれそうになるトイレの中の異空間。

高島さまは花子さんなんていないと断言します。

騒ぎを起こしているのは、花子さんではない、学校の中にいる「何か」。
きゃああああああああ。

 

後にスーパーディレクターになる堤監督の作品です。

緊迫感あふれるカメラワークはこの時点ですでに一級品のレベルです。
あまり期待しないで見ましたが、思わぬ掘り出し物でした。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について