目次
はじめに
1~30
スピーシーズ・種の起源
ゲッタウェイ
悪魔のような女
ウエストサイド物語
アルマゲドン
ジャッジ・ドレッド
模倣犯
心の旅路
エレファントマン
MI2
クリムゾンリバー
エントラップメント
砦なき者
呪怨
ゴッドファーザー
グリース
リーサルウエポン3
破線のマリス
スターウォーズ・帝国の逆襲
ターミネーター
踊る大捜査線THE MOVIE2・レインボーブリッジを封鎖せよ
ナインハーフ
ターミネーター2
動乱
ターミネーター3
少林サッカー
ソドムの市
ダーティハリー
ゴッドファーザーパートⅡ
スターウォーズ
31~60
A.I.
オーシャンズ11
さくや妖怪伝
ダーティハリー2
LAコンフィデンシャル
雲霧仁左衛門
ダブルボーダー
イレイザー
悪魔を憐れむ歌
マキシマム・リスク
黄金の七人
妖怪大戦争
バットマン
バトル・ロワイアル
ザ・ロック
アマデウス
吉原炎上
バットマンリターンズ
ホワイトアウト
12モンキーズ
ザ・ワン
京極夏彦「怪」・七人みさき
バットマンフォーエバー
ロストボーイ
バーティカルリミット
シャークテイル
シックスセンス
シックスデイ
ゾンビ
13日の金曜日
61~90
催眠
オールザットジャズ
ホワイトナイツ/白夜
将軍家光の乱心・激突
あずみ
必殺
オリエント急行殺人事件
そして誰もいなくなった
犬神家の一族
理由
悪魔の手鞠歌
ルームメイト
ウインドトーカーズ
タップ
ナイル殺人事件
里見八犬伝
皇帝のいない八月
情婦
大脱走
ウイロー
半落ち
ブロークン・アロー
燃えよドラゴン
片腕ドラゴン
イヤー・オブ・ザ・ドラゴン
新生トイレの花子さん
ピースメイカー
僕の彼女を紹介します
エンゼルハート
ヒート
91~120
スカーフェース
ミッドナイトクロス
スターウォーズ・ジェダイの復讐
スパイダーマン2
暗殺者
フロム・ダスク・ティル・ドウン
裏窓
ロープ
スネーク・アイズ
エネミー・オブ・アメリカ
メン・イン・ブラック
メン・イン・ブラック 2
ジュラシック・パーク
ロスト・ワールド ジュラシック・パーク
ジュラシックパーク3
少女たちの遺言
ラスト・アクション・ヒーロー
レイダース・失われた聖櫃
ディープブルー
パルプフィクション
ブギーポップは笑わない
パラサイト・イヴ
炎の少女チャーリー
クロスファイア
座頭市
シャイニング
キャリー
女王蜂(ネタバレ注意)
白昼の死角
ウルフェン
121~150
ブレイド
ロミオ・マスト・ダイ
フライトナイト
十二人の怒れる男
狼男アメリカン
トワイライトゾーン・超次元の体験・第一話
E.T.
トワイライトゾーン・超次元の体験・第二話
ハウリング
トワイライトゾーン・超次元の体験・第三話
マッドマックス
トワイライトゾーン・超次元の体験・第四話
ハリー・ポッターと賢者の石
フライトナイト2 バンパイアの逆襲
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第一話 雪山
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第二話 携帯忠臣蔵
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第三話 チェス
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第四話 結婚シミュレーター
ブレイド2
ジェイコブス・ラダー
危険な情事
ゲーム
プラトーン
インビジブル
エボリューション
フラットライナーズ
セブン
エイリアン3
パニック・ルーム
サドン・デス
スターウォーズ・エピソード2・クローンの攻撃
ペリカン文書
レッド・サン
シルミド
グレムリン
ダイヤルM
151~180
劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション・烈空の訪問者デオキシス
タワーリング・インフェルノ
ブルース・ブラザーズ
ウルトラマンティガ・ファイナルオデッセイ
レインメイカー
海猫
フェイス・オフ
トゥームレイダー
ゴッドファーザー PARTⅢ
ふたり
スターゲイト
ウォータ-ボーイズ
少林寺
スターウォーズ・エピソードⅢ・シスの復讐
キス・オブ・ザ・ドラゴン
親指スターウォーズ
親指タイタニック
タイタニック
ウォール街
スペース・バンパイア
ラストサマー
ダイハード3
火垂るの墓
マトリックス
イージー・ライダー
ラスト・ワルツ
レイジング・ブル
ラストサマー2
仁義なき戦い
仁義なき戦い・広島死闘編
181~210
仁義なき戦い・代理戦争
仁義なき戦い・頂上作戦
仁義なき戦い・完結編
GODZILLA・ゴジラ
その後の仁義なき戦い
機動戦士ガンダム
機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編
機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
ポルターガイスト
ウルフ
ザ・フォッグ
チャイルド・プレイ
ダイナソー
トリック・劇場版
K-19
着信アリ
直撃地獄拳・大逆転
ア・ホーマンス
スパイ・ライク・アス
ブレス・ザ・チャイルド
おこげ
48時間
誘う女
ゴジラVSキングギドラ
ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ・光の国の戦士たち
アサシン
ニキータ
キンダーガートン・コップ
男たちの挽歌
魔女の宅急便
211~220
8mm
トゥモロー・ネバー・ダイ
黄泉がえり
バック・トゥ・ザ・フューチャー
D.N.A.
ザ・リング
レプリカント
東京タワー
ガメラⅢ・邪神(イリス)覚醒
明日に向かって撃て
インターバル

閉じる


<<最初から読む

75 / 228ページ

タップ

1989年アメリカ映画

監督 ニック・キャッスル

主演 グレゴリー・ハインズ、サミー・デイビス・ジュニア、スザンヌ・ダグラス、サビオン・グローバー


私が子供のころ、サントリーのウイスキーのCMで圧倒的なリズム感というかノリというか、そういうのを披露されていたのが当時すでに大スターだったサミー・デイビス・ジュニアさま。

フランク・シナトラさまに可愛がられて、シナトラ一家とか言われてました。

まあとんでもないレベルのダンサーでありシンガーだった人です。

そんなサミーさまもめっきり年をとられました。「ひええええ、これサミー・デイビス・ジュニアさまやんけ」って思ったことをとにかく覚えております。
この映画はけっこうお気に入りで、中古ビデオ買ってまでして見ましたが、肝心の物語とかほとんど覚えておりません。

なんかダンス・スタジオが借金のカタになって使えなくなって、さあどうしようみたいな話だったような記憶があるんですが。

他の映画と混同してたらごめんなさい。ビデオ買ったわりに話覚えてないやんけ、とかのご批判がきそうですので、ぶっちゃけちゃいますが。
私が何度も見たのはこの映画のクライマックスのタップダンスシーンだけでござる。

もうしわけない。

物語とかぜんぜん忘れてます。しかし、すごいでっせ。

この映画のタップダンスシーンは。

主演は「ホワイト・ナイツ~白夜」でも華麗なタップを披露しておりましたグレゴリー・ハインズさま。

この人、メル・ブルックス監督の「珍説世界史パート1」では板の上にシーツ張ってその上に砂を薄く撒き、サンダルでタップするっていう前代未聞もののダンスを披露しておりました。

彼が今回挑戦するのはシンセサイザーとの融合タップダンス。

タップチップにマイクを仕込み、その音をワイアレスで飛ばしてシンセサイザーで音を加工してスピーカーで鳴らす。

こうなるとロックがバックでもタップの音が負けないわけですよね。
ラストのダンスシーンはとにかく何度も見ました。衝撃的だったです。
この映画を見た当時、私が勤めていたスポーツクラブにタップが踏める外人エアロインストラクターがいて、その人に見せようと思って無理してビデオ買ったのを思い出しました。

結局見せるまでに会社が倒産して会えなくなったけど(爆)


ナイル殺人事件

1978年アメリカ=イギリス映画

監督 ジョン・ギラーミン

主演 ピーター・ユスチノフ、ミア・ファロー、ロイス・チャイルズ、ジェーン・バーキン、アンジェラ・ランズベリー、オリヴィア・ハッセー、ベティ・デイビス、マギー・スミス、ジョージ・ケネディ、デビッド・ニーブン、ジョン・フィンチ


原作はもちろんアガサクリスティ女史でございます。

「オリエント急行殺人事件」に続いて、オールスターキャストで製作されたポアロものの第二弾。

ポアロ役はアルバート・フィニーさまからピーター・ユスチノフさまにバトンタッチされております。

原作のアクの強いポアロはフィニーさまに近いイメージなんだけど、ポアロ役としてしっくりくるのはユスチノフさまかなあ。

根拠とかないんだけど。原作は「ナイルに死す」。ちゃんと読んでいないので原作と映画とで話の内容とか変わってたら気付かないです。悪しからず。
冒頭からミア・ファローさまが怪しい。

とっても怪しい。

大富豪のイケズ女、ロイス・チャイルズさまに彼を奪われ、彼と富豪女をつけまわすストーカーチックな女。

目つきも悪く、いつキレてもおかしくない雰囲気。
やがてその大富豪女が客船の中で殺されてしまいます。

動機面では誰がどう考えてもミア・ファローさまが犯人だとしか思えないんですが、ミア・ファローさまは富豪女が殺される直前にキレて元彼を銃で撃っています。

幸い元彼は大事には至らなかったわけですが、キレた女ってことで客船の乗客が彼女を隔離、交代で見張りをしていたわけだから彼女は犯人ではない。
元彼は撃たれてヒーヒー言ってたわけだし、客のほとんどはその大騒ぎの渦中にいたから殺人事件を起こす暇なんてない。

んじゃ犯人は誰なんよ。

大富豪の殺された時間を誤認させるトリックが使われたのでしょうか。

いやいや、とってもいい感じのトリックが使われておりますです。
トリックは映画でご確認くださいまし。
今回はネタバレしなくてすみました。ちょっとほっとしております。


里見八犬伝

1983年角川映画

監督 深作欣ニ

主演 薬師丸ひろ子、真田広之、千葉真一、志穂見悦子、京本正樹、萩原流行、夏木マリ、目黒祐樹、寺田 農


先日、会社でかかっているラジオで、ジョン・オバニオンさまの「里見八犬伝のテーマ」が流れていました。

おお、懐かしいってことで思わずとりあげてしまいました。
物語は滝沢馬琴の「南総里見八犬伝」を下敷きにした鎌田敏夫さまの「里見八犬伝」が原作。

しかし私世代の方は坂本九さまがナレーションされていたNHKの人形劇「新八犬伝」を思い出されたのではないでしょうか。

物語を全部説明しないといけないのかなあ。

映画の中ででも、物語の導入にあたる部分は軽い説明にとどめていました。
悪の帝国を作ろうとしている玉梓=夏木さま、元藤=目黒さま。

里見家に滅ぼされた一族の怨霊でございます。

里見家への復讐をはかる彼らは、里見の静姫=薬師丸さまの命を狙います。

一方静姫を守り、里見家のために命をかける運命の下に生まれた八人の侍=八犬士ってのがおりまして、その八人が静姫とともに玉梓らと戦う。

ざっとこんな話なんですが、細かい伏線とかエピソードとかがいっぱいあります。

さすがに。

馬琴版は長大な物語だし、鎌田版もノベルスたっぷり上下刊でしたから。

犬坂毛乃=志穂見さまと蛇の化身=萩原さまがそれぞれ両性具有であったとか、犬江親兵衛=真田さまと静姫の恋だとか、犬塚信乃=京本さまの話だとか、いろんなエピソードがあるんですが、とにかく二時間前後の映画の尺では消化できなかったみたい。

それぞれの話がみな消化不良でした。

人形劇では中心キャラだった犬飼現八が、玉梓一派の手下で、いきなり正義に目覚めるという中途半端な役どころになってたりしました。
ちなみに。私が芝居を志したのは、「金八先生」とこの作品。

原作を読んで感動しまくり、この小説が映画化されるなら端役でいいから出たい、と思ったのが実は劇団入団の動機だったりします。

現実には端役でも出れなかったけど。

しかししかし。

この後、劇団に入った私は、角川映画、角川春樹さま監督・原田知世さま主演の「愛情物語」にエキストラ出演しまして、因縁の角川映画にめっちゃ小さな貢献を果たしてめっちゃ小さなリベンジをすることになるのでありました。

 

懐かしい話やなあ。


皇帝のいない八月

1978年松竹映画

監督 山本薩夫

主演 渡瀬恒彦、吉永小百合、三國連太郎、高橋悦史、山本 圭、山崎 努、佐分利 信、大地貴和子


先日レンタルショップの日本映画・旧作のコーナーで「皇帝のいない八月」を見つけました。

かなり前に見た映画ですが、すごく面白かったのでよく覚えておりますです。
自衛隊の一部部隊がクーデターを起こす話。

そのクーデターの作戦名が「皇帝のいない八月」です。

クーデターの首謀者が渡瀬さま。

その妻が吉永さま。

吉永さまには婚約者山本さまがいたわけですが、渡瀬さまが吉永さまをレイプして略奪婚したみたいな形になっています。

幹部自衛官で吉永さまの父・渡瀬さまの元上官が三國さま。

三國さまはクーデターの情報を入手し、内閣調査室の高橋さまとともにクーデター鎮圧に奔走することになります。

武装して蜂起する山崎さまの隊と、ブルートレインに爆弾を仕掛け、乗客の命を盾に内閣と交渉しようとする渡瀬さまの隊。

山崎さま隊は鎮圧され、渡瀬さま隊は追い込まれる。

吉永さまは渡瀬さまを追ってブルートレインに乗り込んでいます。

たまたまそれを見かけた山本さまも車内へ。

首相・滝沢 修さまは武力で鎮圧することを決定する。

渡瀬さま隊は政府に右翼の大物・佐分利さまを首相とした内閣を発足させることを要求。

列車は自衛隊に包囲する廃線に誘導され、クーデター鎮圧作戦は最終局面を迎えますが…
ブレイクする前の風間杜夫さまがほとんど台詞のない端役で出演しています。

時期的につかこうへい劇団に在籍している頃でしょうね。

今は亡き渥美 清さまもブルートレイン乗客役で特別出演。
噂だけでしか聞いたことのなかった「内閣調査室」が映画で描かれているのをこの映画ではじめて見ました。

名優高橋悦史さまが内調エリートを熱演されておられます。

この高橋さまの役柄が私の自作小説のなかでの内調メンバーのモデルになっております。


情婦

1957年アメリカ映画

監督 ビリー・ワイルダー

主演 チャールズ・ロートン、マレーネ・デートリッヒ、タイロン・パワー


原作はアガサ・クリスティさまの「検察側の証人」。

法廷ものの傑作です。

クリスティさまは演劇にも深い理解がある作家さんでして、「ブラックコーヒー」「ねずみとり」「蜘蛛の糸(蜘蛛の巣だったかな)」「検察側の証人」など、傑作戯曲を多数著しております。

戯曲の中でほぼ最高の完成度をもった作品がこれ。

「ねずみとり」も評価高いですが、私は「検察側の証人」のほうが好きかなあ。

推理ものの舞台劇を得意とした戯曲家には他にフレデリック・ノットさま(「暗くなるまで待って」とか「ダイアルMをまわせ」の原作戯曲の作家です)とかロベール・トマさま(舞台では「罠」「泥棒家族」とかが有名)なんかの名前がよくあがりますが、ビッグネーム作家の戯曲版というとやっぱりクリスティさまになるでしょうね。
今回はあらすじ書くのやめておきます。

下手に書いて妙なヒントとか出すのいやだし。クリスティさまって意外性を追求しておられた作家ですから、物語の中の意外性とかあらすじで触れないわけにはいかないだろうし。
デートリッヒさまがとにかくいいです。

美しく、妖艶。

私はデートリッヒさまはこの一本しか見てないですけどね。

タイロン・パワーさまもなかなかいい芝居してます。

それよりも何よりも弁護士役のチャールズ・ロートンさまの名演技がこの映画のポイントなんじゃないかなと思います。ミステリーファンならずとも是非見ていただきたい、モノクロ時代の傑作推理映画です。

ラストのドンデン返し。

さらにもう一回、ドンデン返し。

すげえすげえ。ミステリー映画のお手本みたいな傑作でございます。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について