目次
はじめに
1~30
スピーシーズ・種の起源
ゲッタウェイ
悪魔のような女
ウエストサイド物語
アルマゲドン
ジャッジ・ドレッド
模倣犯
心の旅路
エレファントマン
MI2
クリムゾンリバー
エントラップメント
砦なき者
呪怨
ゴッドファーザー
グリース
リーサルウエポン3
破線のマリス
スターウォーズ・帝国の逆襲
ターミネーター
踊る大捜査線THE MOVIE2・レインボーブリッジを封鎖せよ
ナインハーフ
ターミネーター2
動乱
ターミネーター3
少林サッカー
ソドムの市
ダーティハリー
ゴッドファーザーパートⅡ
スターウォーズ
31~60
A.I.
オーシャンズ11
さくや妖怪伝
ダーティハリー2
LAコンフィデンシャル
雲霧仁左衛門
ダブルボーダー
イレイザー
悪魔を憐れむ歌
マキシマム・リスク
黄金の七人
妖怪大戦争
バットマン
バトル・ロワイアル
ザ・ロック
アマデウス
吉原炎上
バットマンリターンズ
ホワイトアウト
12モンキーズ
ザ・ワン
京極夏彦「怪」・七人みさき
バットマンフォーエバー
ロストボーイ
バーティカルリミット
シャークテイル
シックスセンス
シックスデイ
ゾンビ
13日の金曜日
61~90
催眠
オールザットジャズ
ホワイトナイツ/白夜
将軍家光の乱心・激突
あずみ
必殺
オリエント急行殺人事件
そして誰もいなくなった
犬神家の一族
理由
悪魔の手鞠歌
ルームメイト
ウインドトーカーズ
タップ
ナイル殺人事件
里見八犬伝
皇帝のいない八月
情婦
大脱走
ウイロー
半落ち
ブロークン・アロー
燃えよドラゴン
片腕ドラゴン
イヤー・オブ・ザ・ドラゴン
新生トイレの花子さん
ピースメイカー
僕の彼女を紹介します
エンゼルハート
ヒート
91~120
スカーフェース
ミッドナイトクロス
スターウォーズ・ジェダイの復讐
スパイダーマン2
暗殺者
フロム・ダスク・ティル・ドウン
裏窓
ロープ
スネーク・アイズ
エネミー・オブ・アメリカ
メン・イン・ブラック
メン・イン・ブラック 2
ジュラシック・パーク
ロスト・ワールド ジュラシック・パーク
ジュラシックパーク3
少女たちの遺言
ラスト・アクション・ヒーロー
レイダース・失われた聖櫃
ディープブルー
パルプフィクション
ブギーポップは笑わない
パラサイト・イヴ
炎の少女チャーリー
クロスファイア
座頭市
シャイニング
キャリー
女王蜂(ネタバレ注意)
白昼の死角
ウルフェン
121~150
ブレイド
ロミオ・マスト・ダイ
フライトナイト
十二人の怒れる男
狼男アメリカン
トワイライトゾーン・超次元の体験・第一話
E.T.
トワイライトゾーン・超次元の体験・第二話
ハウリング
トワイライトゾーン・超次元の体験・第三話
マッドマックス
トワイライトゾーン・超次元の体験・第四話
ハリー・ポッターと賢者の石
フライトナイト2 バンパイアの逆襲
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第一話 雪山
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第二話 携帯忠臣蔵
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第三話 チェス
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第四話 結婚シミュレーター
ブレイド2
ジェイコブス・ラダー
危険な情事
ゲーム
プラトーン
インビジブル
エボリューション
フラットライナーズ
セブン
エイリアン3
パニック・ルーム
サドン・デス
スターウォーズ・エピソード2・クローンの攻撃
ペリカン文書
レッド・サン
シルミド
グレムリン
ダイヤルM
151~180
劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション・烈空の訪問者デオキシス
タワーリング・インフェルノ
ブルース・ブラザーズ
ウルトラマンティガ・ファイナルオデッセイ
レインメイカー
海猫
フェイス・オフ
トゥームレイダー
ゴッドファーザー PARTⅢ
ふたり
スターゲイト
ウォータ-ボーイズ
少林寺
スターウォーズ・エピソードⅢ・シスの復讐
キス・オブ・ザ・ドラゴン
親指スターウォーズ
親指タイタニック
タイタニック
ウォール街
スペース・バンパイア
ラストサマー
ダイハード3
火垂るの墓
マトリックス
イージー・ライダー
ラスト・ワルツ
レイジング・ブル
ラストサマー2
仁義なき戦い
仁義なき戦い・広島死闘編
181~210
仁義なき戦い・代理戦争
仁義なき戦い・頂上作戦
仁義なき戦い・完結編
GODZILLA・ゴジラ
その後の仁義なき戦い
機動戦士ガンダム
機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編
機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
ポルターガイスト
ウルフ
ザ・フォッグ
チャイルド・プレイ
ダイナソー
トリック・劇場版
K-19
着信アリ
直撃地獄拳・大逆転
ア・ホーマンス
スパイ・ライク・アス
ブレス・ザ・チャイルド
おこげ
48時間
誘う女
ゴジラVSキングギドラ
ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ・光の国の戦士たち
アサシン
ニキータ
キンダーガートン・コップ
男たちの挽歌
魔女の宅急便
211~220
8mm
トゥモロー・ネバー・ダイ
黄泉がえり
バック・トゥ・ザ・フューチャー
D.N.A.
ザ・リング
レプリカント
東京タワー
ガメラⅢ・邪神(イリス)覚醒
明日に向かって撃て
インターバル

閉じる


<<最初から読む

71 / 228ページ

理由

1995年アメリカ映画

監督 アーネ・グリムシャー

主演 ショーン・コネリー、ローレンス・フィッシュバーン、エド・ハリス


ほんますんません。

この映画に関してはネタバレをお許しくだされ。

で、この映画をこれから見ようかななんて思っておられる方は、見てから続きを読んでくださいまし。

くれぐれもよろしくお願い致します。

 

えっと。この映画、かなり早くから期待していた一本でした。

ある本にとりあげられている原作だったから。

書かないとまるで伝わらないから、書いてしまいますが。

「サイコミステリー読本」とかいう本で、サイコミステリーの小説や映画を紹介する本です。

ってことはね、この映画、カテゴリーとしてはサイコミステリーに属する映画です。

でも、「羊たちの沈黙」みたいなわかりやすいサイコミステリーではありません。

映画を見る前に「羊たちの沈黙」がサイコミステリーであることがわかったところで、この映画の面白さは損なわれないですが、この「理由」に関しては原作がサイコミステリーの傑作であることがわかってしまったら、それだけで面白が半減してしまいます。意味わかるかなあ。

 

ここから先は、この映画見ようと思っていてまだ見てない人はマジ読まないでね。
主人公は弁護士ショーン・コネリーさま。

彼の元にある刑事事件被疑者から弁護の依頼が入る。

被疑者は黒人。

「おんや、まあ、おったまげただあ、有名な弁護士の先生がおらのために弁護に来てくださっただかあ?  …私がこんな人間だったら無実の罪でこんなところに閉じ込められることなどなかったのですが。私が無実の罪を着せられているのはひとえに私が黒人であるからです」

なんてすらっと言ってしまうインテリなわけです。
コネリーさまは彼の依頼を受け、彼が裁かれている事件について調べはじめる。
普通の法廷ドラマまたは推理ドラマの香りを漂わせながら物語は進みます。

もう気付きましたでしょうか。

この映画をサイコミステリーだって言ってしまうということは、犯人はサイコさんでなければならないので、そのサイコさんが誰だろうって話になって、そしたらサイコさんでもある犯人ってこいつしかおらんやん、って話になりますよね。

だからこの映画をサイコミステリーであるってブックガイドに印刷しちゃいけません。余談。その本では他にも色々な小説をとりあげておりました。

「黒い薔薇(フィリップ・マーゴリン)」はまだいいとして、R・NのWって小説なんかも「この小説はサイコミステリの傑作だあ」とか書いてました。
でもこんなの書いちゃいけない。

読み終わった今にして思います。

犯人がサイコであったことがラストのドンデン返しなんですよ。

この小説。

返す返すも「あの書評読まなきゃよかった」って思いましたです。


悪魔の手鞠歌

1977東宝作品

監督 市川崑

原作 横溝正史

主演 石坂浩二、岸 恵子、若山富三郎、仁科明子、北 浩二、草笛光子、加藤 武


「うちのうーらのせんざいに、雀が三羽とおまって、一羽の雀のいうことにゃあいうことにゃ」って手鞠唄の歌詞になぞらえて殺人が行われるという、見ていてすんげえディープな気分になる一作です。
市川版・金田一シリーズの最高傑作として推す人が多いですね。

私的にはトリックのスケールがすごい「女王蜂」のほうが好きなんですが、女王蜂は他の作品と比べてちょっとだけ位置づけが違う。

ネタバレになるので詳しくは書けないですけど。

犯人書かないと論ずることができない話なんで。

でもまあシリーズのどの作品にしても犯人有名だから、別に犯人のこと書いたところで怒る人はいないでしょうけど。
山奥の村。

鬼首村。

そこの村で、殺人事件が起こる。

金田一耕介が犯人を推理する。

事件が解決する。

そんなお話。

ぜんぜん映画紹介になってないやないか。
まあ殺人事件は例の通り発生するし、またそれが横溝大先生お得意の見立て殺人だもんで、またかいな、好きやなあ、みたいな感覚で見てしまいがちですが、この映画の良いところは石坂さま=金田一と若山さま=磯川警部の友情物語。

あと若山さまと岸さまのほのかな恋愛物語も泣かせてくれます。
ラストの停車場の場面も秀逸。

このラストを見たオールド映画ファンの方は、やっぱりジャン・ギャバンさまの「望郷」のラストを思い出したのではないでしょうか。

これについては市川監督ご本人が、「望郷」へのオマージュであるとはっきりおっしゃっておられます。

パクリじゃないですよ。念のため。


ルームメイト

1992年アメリカ映画

監督 バーベット・シュローダー

主演 ブリジッド・フォンダ、ジェニファー・ジェイソン・リー


原題は「独身・白人女性」だったと思います。

作品途中で主人公がルームメイトを募集する新聞広告に使われる文言。
主人公アリー=フォンダさまは離婚暦のある男性と同棲中。

しかしその彼は、フォンダさまに内緒で別れた元妻と会い、身体の関係まで持っておりまして。

それを知ったフォンダさま、ブチ切れ。

彼氏を追い出して、ルームメイトを募集します。

見るからに野暮ったい女性ヘディ=リーさまが応募してくる。

二人は意気投合。フォンダさまはリーさまをルームメイトとして選ぶ。

始めのうちはおずおずって感じだったリーさま。

しかし次第に彼女の言動に妙な部分が目立ちはじめます。

フォンダさまの部屋に勝手に入りこんだり、服を勝手に着たり。

髪を彼女と同じ色に染め、彼女と同じ髪型になり、フォンダさまの彼氏と親しく接しはじめる。
フォンダさまに追い出された彼はやがてフォンダさまとヨリを戻し、またいっしょに暮らしたいといい始める。

それに伴ってリーさまはどんどん不安定になっていきます。
これは変だと思い始めたフォンダさまはリーさまの部屋に忍び込み、リーが決して見せようとしない「秘密の小箱」の中身を見ます。

そこには古びた新聞記事。

遊んでいた双子の姉妹の一方が、事故で死んでしまったってえもの。

どうやら双子の死んでないほうはリーさまらしい。
このへんでゾオっとします。

で、同時にどうしてリーさまがフォンダさまそっくりになっていったかがわかってくる。

リーさまがだんだん異常になっていくのもわかる。
こうなれば結末はどうなるか想像がつきますが、その想像に向けてリーさまの行動はどんどんエスカレートしていきます。
内気そうなところから悪女っぽくなって最後に異常者までいってしまうリーさまがとにかくいいです。

フォンダさまと同じ色に髪を染め、フォンダと同じ服を着て、満面の笑みを浮かべるリーさまの顔は、悪意がない不気味さ。

夢にでてくるほど恐い。
すげえかわいい顔しているだけに恐い。

ほっとさせてその後にショックシーンを持ってくるホラーの手順もきっちりふんでくれています。

ラストはもう少し悪あがきしていただきたかったですね。13金のジェイソンみたいに。


ウインドトーカーズ

2001年アメリカ映画

監督 ジョン・ウー

主演 ニコラス・ケイジ、アダム・ビーチ、クリスチャン・スレイター、フランシス・オコナー、ロジャー・カイリー


戦場で味方の部隊が全滅してしまった海兵隊員のジョー=ニコラス・ケイジさま。

瀕死の重傷を負います。

傷の癒えた彼に与えられた次の任務は、北米先住民ナボホ族の暗号通信兵ベン=アダム・ビーチさまを護衛するというものでした。

ナボホ族の言語は暗号として最適だそうです。

ナボホ族の暗号通信兵は現実に存在していたそうです。
太平洋戦争下の1944年。

終戦前年ですね。

我々はそれを知っているけど、映画の中の登場人物たちはもちろんそのことを知らない。

ケイジさまとビーチさまは日本軍が占拠するサイパン島に配属されます。

ケイジさまと同じ任務を負った海兵がスレイターさま。

カイリーさまを護衛する任を負ったのは、人懐っこく、話好きのスレイターさま。

そんな彼にケイジさまは『通信兵とあまり親しくなるな』と忠告します。

実は彼らは護衛も任務ではあったのですが、もし日本軍に通信兵が捉えられた場合は、軍の暗号機密を守るため、彼らの命を奪うことも命ぜられていたわけです。

しかし戦場を走り抜けるうち、彼らの間には次第に、友情が芽生えます。

ここらの表現が巧いです。

戦争によって彼らの間に芽生えた友情は、やっぱり戦争によって引き裂かれてしまいます…

めっちゃリアルに。

ただ、とってもヒューマンな物語に仕上がっています。
ジョン・ウー監督がインタビューで語っているように、この物語には二丁拳銃も出てこないし、鳥も飛ばない。

絵空事のようなド派手なアクションはなく、リアルに撃ち・撃たれ・爆風に吹っ飛ぶ描写が淡々と続きます。
アクション映画に定評のあるジョン・ウー監督が真正面から取り組んだ戦争映画。

もう少し嘘っぽい映画になると想像していました。

正直こんな映画になるとは思っていなかったです。


タップ

1989年アメリカ映画

監督 ニック・キャッスル

主演 グレゴリー・ハインズ、サミー・デイビス・ジュニア、スザンヌ・ダグラス、サビオン・グローバー


私が子供のころ、サントリーのウイスキーのCMで圧倒的なリズム感というかノリというか、そういうのを披露されていたのが当時すでに大スターだったサミー・デイビス・ジュニアさま。

フランク・シナトラさまに可愛がられて、シナトラ一家とか言われてました。

まあとんでもないレベルのダンサーでありシンガーだった人です。

そんなサミーさまもめっきり年をとられました。「ひええええ、これサミー・デイビス・ジュニアさまやんけ」って思ったことをとにかく覚えております。
この映画はけっこうお気に入りで、中古ビデオ買ってまでして見ましたが、肝心の物語とかほとんど覚えておりません。

なんかダンス・スタジオが借金のカタになって使えなくなって、さあどうしようみたいな話だったような記憶があるんですが。

他の映画と混同してたらごめんなさい。ビデオ買ったわりに話覚えてないやんけ、とかのご批判がきそうですので、ぶっちゃけちゃいますが。
私が何度も見たのはこの映画のクライマックスのタップダンスシーンだけでござる。

もうしわけない。

物語とかぜんぜん忘れてます。しかし、すごいでっせ。

この映画のタップダンスシーンは。

主演は「ホワイト・ナイツ~白夜」でも華麗なタップを披露しておりましたグレゴリー・ハインズさま。

この人、メル・ブルックス監督の「珍説世界史パート1」では板の上にシーツ張ってその上に砂を薄く撒き、サンダルでタップするっていう前代未聞もののダンスを披露しておりました。

彼が今回挑戦するのはシンセサイザーとの融合タップダンス。

タップチップにマイクを仕込み、その音をワイアレスで飛ばしてシンセサイザーで音を加工してスピーカーで鳴らす。

こうなるとロックがバックでもタップの音が負けないわけですよね。
ラストのダンスシーンはとにかく何度も見ました。衝撃的だったです。
この映画を見た当時、私が勤めていたスポーツクラブにタップが踏める外人エアロインストラクターがいて、その人に見せようと思って無理してビデオ買ったのを思い出しました。

結局見せるまでに会社が倒産して会えなくなったけど(爆)



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について