目次
はじめに
1~30
スピーシーズ・種の起源
ゲッタウェイ
悪魔のような女
ウエストサイド物語
アルマゲドン
ジャッジ・ドレッド
模倣犯
心の旅路
エレファントマン
MI2
クリムゾンリバー
エントラップメント
砦なき者
呪怨
ゴッドファーザー
グリース
リーサルウエポン3
破線のマリス
スターウォーズ・帝国の逆襲
ターミネーター
踊る大捜査線THE MOVIE2・レインボーブリッジを封鎖せよ
ナインハーフ
ターミネーター2
動乱
ターミネーター3
少林サッカー
ソドムの市
ダーティハリー
ゴッドファーザーパートⅡ
スターウォーズ
31~60
A.I.
オーシャンズ11
さくや妖怪伝
ダーティハリー2
LAコンフィデンシャル
雲霧仁左衛門
ダブルボーダー
イレイザー
悪魔を憐れむ歌
マキシマム・リスク
黄金の七人
妖怪大戦争
バットマン
バトル・ロワイアル
ザ・ロック
アマデウス
吉原炎上
バットマンリターンズ
ホワイトアウト
12モンキーズ
ザ・ワン
京極夏彦「怪」・七人みさき
バットマンフォーエバー
ロストボーイ
バーティカルリミット
シャークテイル
シックスセンス
シックスデイ
ゾンビ
13日の金曜日
61~90
催眠
オールザットジャズ
ホワイトナイツ/白夜
将軍家光の乱心・激突
あずみ
必殺
オリエント急行殺人事件
そして誰もいなくなった
犬神家の一族
理由
悪魔の手鞠歌
ルームメイト
ウインドトーカーズ
タップ
ナイル殺人事件
里見八犬伝
皇帝のいない八月
情婦
大脱走
ウイロー
半落ち
ブロークン・アロー
燃えよドラゴン
片腕ドラゴン
イヤー・オブ・ザ・ドラゴン
新生トイレの花子さん
ピースメイカー
僕の彼女を紹介します
エンゼルハート
ヒート
91~120
スカーフェース
ミッドナイトクロス
スターウォーズ・ジェダイの復讐
スパイダーマン2
暗殺者
フロム・ダスク・ティル・ドウン
裏窓
ロープ
スネーク・アイズ
エネミー・オブ・アメリカ
メン・イン・ブラック
メン・イン・ブラック 2
ジュラシック・パーク
ロスト・ワールド ジュラシック・パーク
ジュラシックパーク3
少女たちの遺言
ラスト・アクション・ヒーロー
レイダース・失われた聖櫃
ディープブルー
パルプフィクション
ブギーポップは笑わない
パラサイト・イヴ
炎の少女チャーリー
クロスファイア
座頭市
シャイニング
キャリー
女王蜂(ネタバレ注意)
白昼の死角
ウルフェン
121~150
ブレイド
ロミオ・マスト・ダイ
フライトナイト
十二人の怒れる男
狼男アメリカン
トワイライトゾーン・超次元の体験・第一話
E.T.
トワイライトゾーン・超次元の体験・第二話
ハウリング
トワイライトゾーン・超次元の体験・第三話
マッドマックス
トワイライトゾーン・超次元の体験・第四話
ハリー・ポッターと賢者の石
フライトナイト2 バンパイアの逆襲
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第一話 雪山
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第二話 携帯忠臣蔵
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第三話 チェス
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第四話 結婚シミュレーター
ブレイド2
ジェイコブス・ラダー
危険な情事
ゲーム
プラトーン
インビジブル
エボリューション
フラットライナーズ
セブン
エイリアン3
パニック・ルーム
サドン・デス
スターウォーズ・エピソード2・クローンの攻撃
ペリカン文書
レッド・サン
シルミド
グレムリン
ダイヤルM
151~180
劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション・烈空の訪問者デオキシス
タワーリング・インフェルノ
ブルース・ブラザーズ
ウルトラマンティガ・ファイナルオデッセイ
レインメイカー
海猫
フェイス・オフ
トゥームレイダー
ゴッドファーザー PARTⅢ
ふたり
スターゲイト
ウォータ-ボーイズ
少林寺
スターウォーズ・エピソードⅢ・シスの復讐
キス・オブ・ザ・ドラゴン
親指スターウォーズ
親指タイタニック
タイタニック
ウォール街
スペース・バンパイア
ラストサマー
ダイハード3
火垂るの墓
マトリックス
イージー・ライダー
ラスト・ワルツ
レイジング・ブル
ラストサマー2
仁義なき戦い
仁義なき戦い・広島死闘編
181~210
仁義なき戦い・代理戦争
仁義なき戦い・頂上作戦
仁義なき戦い・完結編
GODZILLA・ゴジラ
その後の仁義なき戦い
機動戦士ガンダム
機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編
機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
ポルターガイスト
ウルフ
ザ・フォッグ
チャイルド・プレイ
ダイナソー
トリック・劇場版
K-19
着信アリ
直撃地獄拳・大逆転
ア・ホーマンス
スパイ・ライク・アス
ブレス・ザ・チャイルド
おこげ
48時間
誘う女
ゴジラVSキングギドラ
ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ・光の国の戦士たち
アサシン
ニキータ
キンダーガートン・コップ
男たちの挽歌
魔女の宅急便
211~220
8mm
トゥモロー・ネバー・ダイ
黄泉がえり
バック・トゥ・ザ・フューチャー
D.N.A.
ザ・リング
レプリカント
東京タワー
ガメラⅢ・邪神(イリス)覚醒
明日に向かって撃て
インターバル

閉じる


<<最初から読む

67 / 228ページ

必殺

1984年松竹・朝日放送作品

監督 貞永方久

主演 藤田まこと、三田村邦彦、中条きよし、山田五十鈴、菅井きん、白木万理、片岡仁左衛門(片岡孝夫)、中井貴恵、朝岡雪路、芦屋雁之助、ひかる一平、鮎川いずみ、研ナオコ、浜田朱里


私が大学生の頃。ってことは劇団の研究所にいたころです。

とにかく必殺って番組は人気がありましたです。

私が面白がって見始めたのは「必殺からくり人・東海道五十三次殺し旅」の頃だったです。

この頃は、三ヶ月くらいのサイクルで藤田まことさまものとそれ以外のシリーズを交互にやっていました。次に「必殺商売人」(藤田さま・梅宮さま・草笛さま)、次が「必殺からくり人・富獄百景殺し旅」(山田五十鈴さま・芦屋鴈之助さま・沖 雅也さま)、んで伝説の「必殺仕事人」シリーズが始まると、こんな感じだったです。
「仕事人」も最初は藤田さま・三田村さまに伊吹吾郎さまでした。藤田さまも伊吹さまも刀で殺す。三田村さまは最初はノミで殺してたんじゃなかったでしょうか。これはあきらかに全員キャラかぶりです。途中から浪人ものの伊吹さまはマゲを落とし、あんまさんになって悪人の背骨を折って二つに畳む、初期の念仏の鉄(山崎 努さま)系のキャラになり、三田村さまはノミをかんざしに持ち替えて初期の梅安(緒形 拳さま)系のキャラになります。

番組黄金時代は中条きよしさまのレギュラー入りあたりからでしょうね。

この映画版「必殺」は藤田さま・三田村さま・中条さまのレギュラーメンバーの頃の作品。
仕事人とは別の殺し屋組織が現れて、仕事人が一人また一人と殺されていくって話。

殺される仕事人の女元締めが朝岡雪路さま。芦屋鴈之助さま・研ナオコさま・斎藤清六さまなんかも仕事人役で出ておられます

殺し屋組織の謎の女が中井貴恵さま。さすらいの仕事人に片岡仁左衛門さま。片岡孝夫さま時代です。
片岡大先生がとにかくおいしい。ええとこぜんぶかっさらっていくとはこういうことでしょうね。

テレビで慣れ親しんだキャラがスクリーンに出てくるってこういうことなのか、とすごく感動したのを妙に覚えております。いきなり「荒野の果て」なんかが流れて、画面いっぱいに三田村さまとか中条さまとかが出てくるわけですから、そりゃあ感動しまっせ。


オリエント急行殺人事件

1974イギリス映画

監督 シドニー・ルメット

主演 アルバート・フィニー、リチャード・ウィドマーク、ショーン・コネリー、イングリッド・バーグマン、ジョン・ギールガッド、アンソニー・パーキンス、マイケル・ヨーク、ジャクリーン・ビセット、ローレン・バコール、バネッサ・レッドグレーブ


邦画の時代劇が続きました。ちょっと時代劇気分だったんですよ。

ここからは原作ものの推理ものを何本かいきましょうね。
まずはやっぱりこの映画。

「オリエント急行殺人事件」です。

原作者のアガサ・クリスティさまですが、私はコナン・ドイルさまだとかエラリー・クィーンさまだとかディクスン・カーさまとかよりもクリスティ先生を評価しております。

掟破りすれすれのところというか、はっきり掟破りしているところなんかが大好きです。

中でも「アクロイド殺し」「オリエント急行の殺人」「カーテン」はアッと驚く三大小説。

「そして誰もいなくなった」なんかも好きですが。いかん、こう書いてしまうのがいけないんでしたよね。読む人に先入観を与えてしまうから。

実際どうなんやろ。この本読んでいる人って、このへんの小説読まれているのでしょうか。
ま、いいか。

雪で立ち往生した列車の車内で殺人事件が発生。

名探偵ポアロが殺人事件の謎に挑みます。犯人は被害者と同じ寝台車に乗っていた乗客の誰か。容疑者全員に動機があり、全員にアリバイがあった…という推理もの映画の黄金パターンを踏襲した、というかそのパターンの先駆けとなった作品です。オールスターキャスト推理映画の先駆けもこの作品でしょうね。登場俳優の豪華さは半端じゃないです。

大スターたちの演技合戦。受けてたつのはポアロ=アルバート・フィニーさま。

かなり原作を意識したメイクで登場。

私はこの後のシリーズで登場するピーター・ユスチノフさまのほうがポアロ役者としては好きな感じなんですが、原作のポアロってやっぱりフィニーさまですよね。

犯人特定のデータが出揃い、探偵の推理が形になり、容疑者を集めて探偵が「さて…」となるわけです。

それにしてもフィニーさまをとり囲むように周囲の椅子に座った「容疑者役の俳優」たち。すげえメンバー。フィニーさま、やりにくかったかもしれませんね。


そして誰もいなくなった

1974年イギリス映画

監督 ピーター・コリンソン

主演 オリヴァー・リード、リチャード・アッテンボロー、ゲルト・フレーペ、アドルフォ・チェリ、シャルル・アズナブール、ハーバード・ロム


原作ものの推理ものです。

この話はこの話であまりにも有名ですよね。

U・N・オーエンという謎の男から招待状を受け取った十人の男女。

孤島の屋敷に集められます。

しかし肝心の招待主オーエンはいつまでたっても姿を見せない。

やがて屋敷の広間に十人の出席者を告発する声が響く。

この設定はいかにも映像向きですよね。

ひとりひとりを告発する声にあわせてカメラがその人物をアップにする。
「007ゴールドフィンガー」=ゲルト・フレーペさまだったり、「007サンダーボール作戦」のワル=アドルフォ・チェリさまだったり、「狼男」=オリヴァー・リードさまだったり、「大脱走」の脱走兵のボス=リチャード・アッテンボローさまだったり、「ピンクパンサー」の上司~敵役=ハーバード・ロムさまだったり。その十人が、インディアン人形の詩になぞらえて殺されていく。

そして屋敷の居間に置かれたインディアン人形もひとつまたひとつと消えていく。
とにかくキャスティングがいかしてます。

なんかみんな悪そう。

原作版と舞台版(戯曲版ですな)ならびに映画版とでは、結末が違います。

詳細を知りたい方は原作小説を読んで、そのあと舞台戯曲を読むまたは映画を見るってことをしてください。

いくらネタバレ映画感想本でも、推理映画の結末を書く度胸はありませんです。

小説のほうは、本当に誰もいなくなります。

ほな犯人誰やねん。だから原作読んでくださいって。

しかし戯曲版では違う結末が用意されています。

そらそうやろ。

舞台で本当に誰もいなくなったらお客さんが困ります。
でも話としては原作小説のラストのほうがはるかに面白い。
推理小説の映画化ってことで作品いろいろ思い出していたのですが、クリスティ以外ってあまりないですね。

それだけクリスティの小説が映像向きで面白いってことなんでしょうね。

クリスティばっかり書くのも何だから、明日は乱歩か横溝とりあげようかな。


犬神家の一族

1976年東宝・角川映画

監督 市川崑

主演 石坂浩二、高峰三枝子、三条美紀、あおい輝彦、地井武男、草笛光子、加藤 武、島田陽子、大滝秀治、三国連太郎


横溝先生の市川監督版「金田一シリーズ」第一作です。

シリーズはこの後、「悪魔の手鞠歌」「獄門島」「女王蜂」「病院坂の首くくりの家」と、ひたすらおどろおどろしいタイトルの作品が続き、平成・豊川版「八つ墓村」、リメイク版「犬神家の一族」へと続きます。
大財閥、犬神家の当主のおじいさん三国さまが亡くなります。

財産を相続できるのはそれぞれ母親の違う三人の娘、高峰さま・三条さま・草笛さま。役名は松子・竹子・梅子だったかな。

わかりやすい。

財産分割について書かれたおじいさんの遺言状の内容に問題があるということで、石坂さま演ずる金田一が犬神家へ向かう。

遺言状が発表されるや否や遺産相続権物がバンバン殺されていって、石坂さまが犯人を推理するという展開。
有名なこの小説の設定ですが、現実には、犬神老人が亡くなった年が昭和何年だったかがポイントらしい。

財産分割の民法規定が異なり、異議申し立てができるように民法が改正されたので、そもそもこの事件は起こらなかったかもしれないらしいです。

このへんのことについては「金田一さん、あなたの推理は間違いだらけ」という本に詳しいです。
長回しと細かいカット割りを混在させる市川演出が光っています。

突然インサートされるモノクロの回想映像もインパクト十分。

とにかく市川監督の技量が光る一作です。
ちなみにシリーズではこの映画だけが角川映画という扱いになっているはず。

角川映画の輝かしいスタートラインともいえる作品です。


理由

1995年アメリカ映画

監督 アーネ・グリムシャー

主演 ショーン・コネリー、ローレンス・フィッシュバーン、エド・ハリス


ほんますんません。

この映画に関してはネタバレをお許しくだされ。

で、この映画をこれから見ようかななんて思っておられる方は、見てから続きを読んでくださいまし。

くれぐれもよろしくお願い致します。

 

えっと。この映画、かなり早くから期待していた一本でした。

ある本にとりあげられている原作だったから。

書かないとまるで伝わらないから、書いてしまいますが。

「サイコミステリー読本」とかいう本で、サイコミステリーの小説や映画を紹介する本です。

ってことはね、この映画、カテゴリーとしてはサイコミステリーに属する映画です。

でも、「羊たちの沈黙」みたいなわかりやすいサイコミステリーではありません。

映画を見る前に「羊たちの沈黙」がサイコミステリーであることがわかったところで、この映画の面白さは損なわれないですが、この「理由」に関しては原作がサイコミステリーの傑作であることがわかってしまったら、それだけで面白が半減してしまいます。意味わかるかなあ。

 

ここから先は、この映画見ようと思っていてまだ見てない人はマジ読まないでね。
主人公は弁護士ショーン・コネリーさま。

彼の元にある刑事事件被疑者から弁護の依頼が入る。

被疑者は黒人。

「おんや、まあ、おったまげただあ、有名な弁護士の先生がおらのために弁護に来てくださっただかあ?  …私がこんな人間だったら無実の罪でこんなところに閉じ込められることなどなかったのですが。私が無実の罪を着せられているのはひとえに私が黒人であるからです」

なんてすらっと言ってしまうインテリなわけです。
コネリーさまは彼の依頼を受け、彼が裁かれている事件について調べはじめる。
普通の法廷ドラマまたは推理ドラマの香りを漂わせながら物語は進みます。

もう気付きましたでしょうか。

この映画をサイコミステリーだって言ってしまうということは、犯人はサイコさんでなければならないので、そのサイコさんが誰だろうって話になって、そしたらサイコさんでもある犯人ってこいつしかおらんやん、って話になりますよね。

だからこの映画をサイコミステリーであるってブックガイドに印刷しちゃいけません。余談。その本では他にも色々な小説をとりあげておりました。

「黒い薔薇(フィリップ・マーゴリン)」はまだいいとして、R・NのWって小説なんかも「この小説はサイコミステリの傑作だあ」とか書いてました。
でもこんなの書いちゃいけない。

読み終わった今にして思います。

犯人がサイコであったことがラストのドンデン返しなんですよ。

この小説。

返す返すも「あの書評読まなきゃよかった」って思いましたです。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について