目次
はじめに
1~30
スピーシーズ・種の起源
ゲッタウェイ
悪魔のような女
ウエストサイド物語
アルマゲドン
ジャッジ・ドレッド
模倣犯
心の旅路
エレファントマン
MI2
クリムゾンリバー
エントラップメント
砦なき者
呪怨
ゴッドファーザー
グリース
リーサルウエポン3
破線のマリス
スターウォーズ・帝国の逆襲
ターミネーター
踊る大捜査線THE MOVIE2・レインボーブリッジを封鎖せよ
ナインハーフ
ターミネーター2
動乱
ターミネーター3
少林サッカー
ソドムの市
ダーティハリー
ゴッドファーザーパートⅡ
スターウォーズ
31~60
A.I.
オーシャンズ11
さくや妖怪伝
ダーティハリー2
LAコンフィデンシャル
雲霧仁左衛門
ダブルボーダー
イレイザー
悪魔を憐れむ歌
マキシマム・リスク
黄金の七人
妖怪大戦争
バットマン
バトル・ロワイアル
ザ・ロック
アマデウス
吉原炎上
バットマンリターンズ
ホワイトアウト
12モンキーズ
ザ・ワン
京極夏彦「怪」・七人みさき
バットマンフォーエバー
ロストボーイ
バーティカルリミット
シャークテイル
シックスセンス
シックスデイ
ゾンビ
13日の金曜日
61~90
催眠
オールザットジャズ
ホワイトナイツ/白夜
将軍家光の乱心・激突
あずみ
必殺
オリエント急行殺人事件
そして誰もいなくなった
犬神家の一族
理由
悪魔の手鞠歌
ルームメイト
ウインドトーカーズ
タップ
ナイル殺人事件
里見八犬伝
皇帝のいない八月
情婦
大脱走
ウイロー
半落ち
ブロークン・アロー
燃えよドラゴン
片腕ドラゴン
イヤー・オブ・ザ・ドラゴン
新生トイレの花子さん
ピースメイカー
僕の彼女を紹介します
エンゼルハート
ヒート
91~120
スカーフェース
ミッドナイトクロス
スターウォーズ・ジェダイの復讐
スパイダーマン2
暗殺者
フロム・ダスク・ティル・ドウン
裏窓
ロープ
スネーク・アイズ
エネミー・オブ・アメリカ
メン・イン・ブラック
メン・イン・ブラック 2
ジュラシック・パーク
ロスト・ワールド ジュラシック・パーク
ジュラシックパーク3
少女たちの遺言
ラスト・アクション・ヒーロー
レイダース・失われた聖櫃
ディープブルー
パルプフィクション
ブギーポップは笑わない
パラサイト・イヴ
炎の少女チャーリー
クロスファイア
座頭市
シャイニング
キャリー
女王蜂(ネタバレ注意)
白昼の死角
ウルフェン
121~150
ブレイド
ロミオ・マスト・ダイ
フライトナイト
十二人の怒れる男
狼男アメリカン
トワイライトゾーン・超次元の体験・第一話
E.T.
トワイライトゾーン・超次元の体験・第二話
ハウリング
トワイライトゾーン・超次元の体験・第三話
マッドマックス
トワイライトゾーン・超次元の体験・第四話
ハリー・ポッターと賢者の石
フライトナイト2 バンパイアの逆襲
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第一話 雪山
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第二話 携帯忠臣蔵
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第三話 チェス
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第四話 結婚シミュレーター
ブレイド2
ジェイコブス・ラダー
危険な情事
ゲーム
プラトーン
インビジブル
エボリューション
フラットライナーズ
セブン
エイリアン3
パニック・ルーム
サドン・デス
スターウォーズ・エピソード2・クローンの攻撃
ペリカン文書
レッド・サン
シルミド
グレムリン
ダイヤルM
151~180
劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション・烈空の訪問者デオキシス
タワーリング・インフェルノ
ブルース・ブラザーズ
ウルトラマンティガ・ファイナルオデッセイ
レインメイカー
海猫
フェイス・オフ
トゥームレイダー
ゴッドファーザー PARTⅢ
ふたり
スターゲイト
ウォータ-ボーイズ
少林寺
スターウォーズ・エピソードⅢ・シスの復讐
キス・オブ・ザ・ドラゴン
親指スターウォーズ
親指タイタニック
タイタニック
ウォール街
スペース・バンパイア
ラストサマー
ダイハード3
火垂るの墓
マトリックス
イージー・ライダー
ラスト・ワルツ
レイジング・ブル
ラストサマー2
仁義なき戦い
仁義なき戦い・広島死闘編
181~210
仁義なき戦い・代理戦争
仁義なき戦い・頂上作戦
仁義なき戦い・完結編
GODZILLA・ゴジラ
その後の仁義なき戦い
機動戦士ガンダム
機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編
機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
ポルターガイスト
ウルフ
ザ・フォッグ
チャイルド・プレイ
ダイナソー
トリック・劇場版
K-19
着信アリ
直撃地獄拳・大逆転
ア・ホーマンス
スパイ・ライク・アス
ブレス・ザ・チャイルド
おこげ
48時間
誘う女
ゴジラVSキングギドラ
ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ・光の国の戦士たち
アサシン
ニキータ
キンダーガートン・コップ
男たちの挽歌
魔女の宅急便
211~220
8mm
トゥモロー・ネバー・ダイ
黄泉がえり
バック・トゥ・ザ・フューチャー
D.N.A.
ザ・リング
レプリカント
東京タワー
ガメラⅢ・邪神(イリス)覚醒
明日に向かって撃て
インターバル

閉じる


<<最初から読む

60 / 228ページ

ゾンビ

1978年アメリカ映画

監督 ジョージ・A・ロメロ

主演 デビッド・エンゲ、ケン・フォーリー、スコット・H・ラインガー、ゲイラン・ロス、トム・サビーニ


中学三年くらいだったと思います。このとんでもない映画を見たの。

あまりにもとんでもない映像ばっかりだったので、大幅カットされたり、着色処理されたり、部分的にストップモーション処理されたりしてのロードショーだったです。

で、この映画がロードショーした後、レンタルビデオ文化が大ブレイクしまして、カルト的な人気を博す作品となります。
当然、雨後の筍のごとく様々な後発ホラー映画を生みまして、いい意味でも悪い意味でもホラー映画史の中で未だに語り継がれる傑作でございます。基本的にはこの物語は三部作の第二作。前作「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」の設定をそのまま引き継いでおります。

物語の開幕から、テレビ局が大パニックになっている描写。謎の宇宙線が地球に降り注ぐ。

その光線を浴びた死者は歩きだし、生者の肉を喰らおうとする。ゾンビに襲われた者もまたゾンビとして再生し、次の犠牲者を探して歩き回ることになります。

テレビ局の女性ディレクター、その彼氏のヘリパイロット、SWAT隊員二名は都会を脱出、ショッピングセンターに立てこもります。日に日に増えるゾンビをショッピングセンターから締め出そうとトラックで入り口を塞ごうとしたとき、SWAT隊員一名がゾンビの犠牲に。

そこからは誰もいないショッピングセンターで、世界が崩壊していく様子をただただテレビで見つづける毎日が続きます。ここらあたりの閉塞感の描写が素晴らしい。

やがてショッピングセンターに目をつけた暴走族が乱入。

主人公グループ対暴走族対ゾンビの生き残りを賭けた闘いになります。

結局主人公グループは二人が生き残り、ゾンビだらけのセンターを捨てて出発することになります。彼氏にヘリ操縦を教わっていた元ディレクター、出発した直後に言います。

「燃料がほとんどないわ」 生き残った黒人SWAT隊員がつぶやく。「別にいいじゃないか」
この映画の作品世界を象徴するシーン。しかしながらテレビ初オンエアでは

「(生まれてくる死んだヘリパイロットとの間の)子どもの父親が必要だわ」 「任せとけ」

という希望ある台詞に変更されていました。

この台詞、二度目のテレビ放映からは元の台詞に戻されていました。どちらがいいかは評価が分かれるところですね。
特殊メイク界の巨匠中の巨匠、トム・サビーニさまが暴走族役でご出演。

もちろん特殊メイクもご担当されておられます。


13日の金曜日

1980年アメリカ映画

監督 ショーン・S・カニンガム

出演 アドリアヌ・キング、ベッツィー・パーマー。なんとケビン・ベーコン


えっと、目指せホラー作家目指せ推理作家なわけです。私って。

こんなこと恥ずかしげもなく堂々と書くわけですから、これまでに見たホラー映画の量って半端な量じゃないですよ。

自慢じゃないですが。

自慢じゃないですがって言ったら自慢なんだけど。

でもね、アニメやホラーが好きだって書くと、ひいちゃう人多いですからね。
この話は「湖畔の殺人鬼」もののホラーです。

というよりこの作品がこのジャンルを確立したといっていいです。

あと「仮面の殺人鬼」ものの元祖もこの作品。

 

ここからネタバレぇ。

 

この作品には「仮面の殺人鬼」は登場しません。

みなさん勘違いされておられますが、「13日の金曜日」第一作は「仮面の殺人鬼」ものではなく、どちらかといえば「スクリーム」シリーズとか「ローズマリー」みたいにフーダニット(犯人は誰か)もののスプラッターホラーです。

当然殺人鬼ジェイソンは登場しません。

話の中でジェイソンという名前は登場してくるわけですが、実際の人物としてはジェイソンは回想というか、イメージの中でしか登場しません。

ここいらの構造、実は自作のホラーで使った設定でございます。

結局この映画ではジェイソン・ボリーズは犯人ではなかったわけです。

だから面白かったというか、何というか。
ほとんどの人が期待しているホッケーマスクも本作では登場しません。

第二作でも使われない。

殺人鬼ジェイソンがホッケーマスクをかぶるのは第三作です。

それまではホッケーマスクは出てこないです。念のため。


催眠

1999年東宝・TBS作品

監督 落合正幸

主演 稲垣吾郎、菅野美穂、宇津井 健

 

原作は松岡圭祐さまのベストセラー小説。でも原作と映画は似ても似つかぬ内容であると書いておきます。そもそも原作は、催眠術を使って人の心に病を癒す「催眠セラピスト」が、現実にありそうな複数の事件を様々な壁にぶち当たりながら解決していく様子を描いた心温まる作品。映画では主人公と主要キャラと途中の設定だけ残して、全く別の「催眠術を使ったホラー」に仕上がっていました。あの原作がこんな話になるんかいな、と、とても驚いたことを覚えています。

以下の記述はネタバレ注意です。ご了承ください。

 

冒頭からやってくれます。

陸上競技の練習中、自分の限界を超えて走り続け、複雑骨折してしまう選手。絵に描いたような幸せそうな老夫婦がなぜか部屋のガラス窓を破って投身自殺。老刑事宇津井さまは、まったく接点のない、いや「ミドリのサル」という被害者たちが残した言葉だけが頼りの不可解な事件の頻発に頭を痛めています。

一方、催眠セラピスト稲垣さまは不思議な少女菅野さまと出会います。普通に過ごしている少女が、突然、宇宙人に操られたように豹変してしまう。「ワレワレハ、ユウコウテキナ、ウチュウジンデス」なんていい始める。なんじゃこりゃあ、ってな感じです。

警察に「催眠と行動」みたいな講義の講師として招かれた稲垣さまは、宇津井さまと出会います。稲垣さまは、頻発する事件の背景に催眠術、それも後催眠暗示が関わっているのではないかと考えはじめる。事件に協力する稲垣さま。そして彼はそれと並行して不思議な少女と徐々に関わりあいを深めていきます。

こういう展開で菅野美穂さまが事件に関係ないわけないじゃないですか。

菅野美穂さま、実は多重人格障害をわずらっていたことがわかる。そしてその人格の一つが強力な催眠術を使う人格だったことがわかって…てえ話。

後半はほとんどホラー映画。

菅野美穂さま、天井にはりついたりぐにゅうううって身体がねじれたり、とにかく大サービスです。ラストでもう少し怪物キャラしてくれたらもっとうれしかったですが。

サイコスリラーみたいな前半から、ホラーの後半。

二本分楽しめる怪作。最後の最後までやってくれてます

なかなか便利な設定です。後催眠暗示って。

でもこれ以上は使えないだろうな。宮部みゆき様も使ってたし。

 


オールザットジャズ

1979年アメリカ映画

監督・脚本 ボブ・フォッシー

主演 ロイ・シャイダー、ジェシカ・ラング


ロイ・シャイダーさまって俳優さん、けっこう好きです。

「フレンチ・コネクション」「重犯罪特捜班 ザ・セブン・アップス」あたりから注目しておりまして、「ジョーズ」「ジョーズ2」「ブルー・サンダー」と、たて続けにメジャー作品に主演。

渋いオジサマって感じのいい俳優さんです。

この人が歌って踊るっていうだけでこの映画を見るために映画館に足を運び、ビデオを買いました。
高校時代のルーズリーフノートの仕切り紙に、この映画の有名な台詞「イッツ・ショータイム、フォークス(『ショータイムですよ、みなさん』と訳されていました)」っていう落書きを書いたことを覚えているので、高校時代に見た映画なんだろうなあ。
主人公のシャイダーさま(ジョー・ギデオンって役名です)、朝起きて目薬をさし、アルカセルツァーみたいな水で溶かすタイプの発泡性の薬を飲んで、顔を洗って鏡に向かって「イッツ・ショータイム、フォークス」って言います。

これが彼の日課。

彼の人生そのものがショータイムなんだって意味でしょうか。人生そのものがショーなんだって意味なのでしょうか。ショービジネス界で成功した彼の過去と現在が描かれます。

成功したといってもやはり本場は厳しい。彼が振付けするダンスが難解だといってなかなかスポンサーがつかなかったり。ダンスを変えたらスポンサーがつくから振り付けを変えろと言って来るプロデューサーがいたり。

そもそもこの作品は監督ボブ・フォッシーさまの自伝的作品だという予備知識をもって見にいきましたので、ボブ・フォッシーさまみたいなビッグネームでもダンスの舞台つくるって大変なんだ、って思いました。
物語はシャイダーさまが謎の女性と話しながら進みます。

舞台セットのような場所で、舞台衣装のようなかっこをした女性。

この女性の正体はラストで判明します。

クライマックスの歌と踊りは圧巻。歌詞を紹介できないのが辛いなあ。歌詞を紹介するとネタバレになってしまう。

あらすじを肝心なところで止めた意味がないし、女性の正体を伏せた意味がなくなりますです。

ラストの歌とダンスを見るだけで値打ちがある名作であります。
ちなみに。「電話してちょうだい。ピアノ売ってちょうだい」と財津一郎さまが歌う某ピアノ買取専門店のCMで、財津さまのバックで踊るへんてこな衣装のダンサーの元ネタはおそらくこの映画だろうと思います。


ホワイトナイツ/白夜

1985年アメリカ映画

監督 テイラー・ハックフォード

主演 ミハイル・バリシニコフ、グレゴリー・ハインズ、イザベラ・ロッセリーニ

「コーラスライン」って作品のなかで、こんな台詞がありました。

オーディション会場で、出番待ちのダンサーが踊り終わったダンサーに聞く。

「彼(演出家)はどんな奴を求めてるんだ?」

踊り終わったダンサーは一言。

「バリシニコフ」と言います。
ダンス映画ですごいダンサーの象徴として台詞にでてくるようなダンスの達人バリシニコフさま。

ロシアからの亡命者でアメリカンダンスシアターのメインダンサーです。

その人が主演のダンス映画だからすごくないはずがない。

共演はタップダンスの名手グレゴリーハインズさま。

現実のバリシニコフさま同様、亡命したダンサーが主人公。

バリシニコフさまを乗せた飛行機がトラブルでロシアに不時着。

彼はロシアに捕らわれます。

ロシアでもう一度踊れと詰め寄る高官。

彼のダンスパートナー兼監視役は彼とは逆にアメリカからロシアに亡命したタップダンサー、ハインズさま。

二人はアメリカ大使館へ逃げ込む計画をたてますが…
途中のダンスシーンだけでも見る価値ありの佳作です。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について