目次
はじめに
1~30
スピーシーズ・種の起源
ゲッタウェイ
悪魔のような女
ウエストサイド物語
アルマゲドン
ジャッジ・ドレッド
模倣犯
心の旅路
エレファントマン
MI2
クリムゾンリバー
エントラップメント
砦なき者
呪怨
ゴッドファーザー
グリース
リーサルウエポン3
破線のマリス
スターウォーズ・帝国の逆襲
ターミネーター
踊る大捜査線THE MOVIE2・レインボーブリッジを封鎖せよ
ナインハーフ
ターミネーター2
動乱
ターミネーター3
少林サッカー
ソドムの市
ダーティハリー
ゴッドファーザーパートⅡ
スターウォーズ
31~60
A.I.
オーシャンズ11
さくや妖怪伝
ダーティハリー2
LAコンフィデンシャル
雲霧仁左衛門
ダブルボーダー
イレイザー
悪魔を憐れむ歌
マキシマム・リスク
黄金の七人
妖怪大戦争
バットマン
バトル・ロワイアル
ザ・ロック
アマデウス
吉原炎上
バットマンリターンズ
ホワイトアウト
12モンキーズ
ザ・ワン
京極夏彦「怪」・七人みさき
バットマンフォーエバー
ロストボーイ
バーティカルリミット
シャークテイル
シックスセンス
シックスデイ
ゾンビ
13日の金曜日
61~90
催眠
オールザットジャズ
ホワイトナイツ/白夜
将軍家光の乱心・激突
あずみ
必殺
オリエント急行殺人事件
そして誰もいなくなった
犬神家の一族
理由
悪魔の手鞠歌
ルームメイト
ウインドトーカーズ
タップ
ナイル殺人事件
里見八犬伝
皇帝のいない八月
情婦
大脱走
ウイロー
半落ち
ブロークン・アロー
燃えよドラゴン
片腕ドラゴン
イヤー・オブ・ザ・ドラゴン
新生トイレの花子さん
ピースメイカー
僕の彼女を紹介します
エンゼルハート
ヒート
91~120
スカーフェース
ミッドナイトクロス
スターウォーズ・ジェダイの復讐
スパイダーマン2
暗殺者
フロム・ダスク・ティル・ドウン
裏窓
ロープ
スネーク・アイズ
エネミー・オブ・アメリカ
メン・イン・ブラック
メン・イン・ブラック 2
ジュラシック・パーク
ロスト・ワールド ジュラシック・パーク
ジュラシックパーク3
少女たちの遺言
ラスト・アクション・ヒーロー
レイダース・失われた聖櫃
ディープブルー
パルプフィクション
ブギーポップは笑わない
パラサイト・イヴ
炎の少女チャーリー
クロスファイア
座頭市
シャイニング
キャリー
女王蜂(ネタバレ注意)
白昼の死角
ウルフェン
121~150
ブレイド
ロミオ・マスト・ダイ
フライトナイト
十二人の怒れる男
狼男アメリカン
トワイライトゾーン・超次元の体験・第一話
E.T.
トワイライトゾーン・超次元の体験・第二話
ハウリング
トワイライトゾーン・超次元の体験・第三話
マッドマックス
トワイライトゾーン・超次元の体験・第四話
ハリー・ポッターと賢者の石
フライトナイト2 バンパイアの逆襲
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第一話 雪山
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第二話 携帯忠臣蔵
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第三話 チェス
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第四話 結婚シミュレーター
ブレイド2
ジェイコブス・ラダー
危険な情事
ゲーム
プラトーン
インビジブル
エボリューション
フラットライナーズ
セブン
エイリアン3
パニック・ルーム
サドン・デス
スターウォーズ・エピソード2・クローンの攻撃
ペリカン文書
レッド・サン
シルミド
グレムリン
ダイヤルM
151~180
劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション・烈空の訪問者デオキシス
タワーリング・インフェルノ
ブルース・ブラザーズ
ウルトラマンティガ・ファイナルオデッセイ
レインメイカー
海猫
フェイス・オフ
トゥームレイダー
ゴッドファーザー PARTⅢ
ふたり
スターゲイト
ウォータ-ボーイズ
少林寺
スターウォーズ・エピソードⅢ・シスの復讐
キス・オブ・ザ・ドラゴン
親指スターウォーズ
親指タイタニック
タイタニック
ウォール街
スペース・バンパイア
ラストサマー
ダイハード3
火垂るの墓
マトリックス
イージー・ライダー
ラスト・ワルツ
レイジング・ブル
ラストサマー2
仁義なき戦い
仁義なき戦い・広島死闘編
181~210
仁義なき戦い・代理戦争
仁義なき戦い・頂上作戦
仁義なき戦い・完結編
GODZILLA・ゴジラ
その後の仁義なき戦い
機動戦士ガンダム
機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編
機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
ポルターガイスト
ウルフ
ザ・フォッグ
チャイルド・プレイ
ダイナソー
トリック・劇場版
K-19
着信アリ
直撃地獄拳・大逆転
ア・ホーマンス
スパイ・ライク・アス
ブレス・ザ・チャイルド
おこげ
48時間
誘う女
ゴジラVSキングギドラ
ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ・光の国の戦士たち
アサシン
ニキータ
キンダーガートン・コップ
男たちの挽歌
魔女の宅急便
211~220
8mm
トゥモロー・ネバー・ダイ
黄泉がえり
バック・トゥ・ザ・フューチャー
D.N.A.
ザ・リング
レプリカント
東京タワー
ガメラⅢ・邪神(イリス)覚醒
明日に向かって撃て
インターバル

閉じる


<<最初から読む

56 / 228ページ

バーティカルリミット

2000年アメリカ映画

監督 マーティン・キャンベル

主演 クリス・オドネル、ロビン・タニー、ビル・パクストン、イザベラ・スコルプコ、スコット・グレン


山岳アクションアドベンチャーというのでしょうか。

登山家の兄妹のオドネルさまとタニーさま。

登山中の事故で父を亡くした過去があります。

それも兄オドネルさまにとっては妹と自分の命のために父のザイルを切ったというキツい過去なわけでございます。

数年後、妹タニーさまは山岳ドキュメンタリーの撮影チームに加わって雪のパキスタンK2へ行きます。

登山をやめた兄オドネルさまですが、妹に会うためにベースキャンプに合流。

山頂付近に嵐が近づきますが、タニーさまを含む登山家たちはK2登頂を強行します。嵐はチームを直撃。

登山家たちを襲う猛吹雪。

まずタニーさまがクレバスに落下。

ザイルで結ばれた三人のメンバーが続けて落下、その直後に大規模な雪崩。

三人はクレバスに閉じ込められてしまう。

三人を救うタイムリミットは出発から二十二時間。

それを過ぎると水分不足から肺水腫になり、三人は死んでしまう。

オドネルさまはニトログリセリンを背負って山に登り、氷を爆発させて三人を助けようと計画します。
なんでこんなにいろんなことが起こるんだろうってくらい、いろんな試練がオドネルさまら救助チームに降りかかります。
物語冒頭の父の死に方がオドネルさまとタニーさまのひとつひとつの意思決定に微妙な影響を与えます。

そしてそれが物語クライマックスにつながる大きな伏線になっています。
雪山での遭難。

そしてその救助。

それがこんなに面白いスペクタクル映画になるってのが、新鮮な驚きでございました。


シャークテイル

2004年アメリカ映画

監督 ロブ・レターメン

声の出演(吹き替え) ウィル・スミス(香取慎吾)、ロバート・デ・ニーロ(松方弘樹)、レニー・ゼルウィガー(水野美紀)、ジャック・ブラック(山口智充)、マーティン・スコセッシ(西村雅彦)、アンジェリーナ・ジョリー(小池栄子)

 

私はこういった系の映画は苦手ジャンルに属します。アニメだけど、古いタイプのアニメじゃなくて、CGアニメです。「ファインディング・ニモ」だとか「バグズ・ライフ」、「トイ・ストーリー」系の絵です。なんか人間が出てくるととたんにリアルさが失われますよね、こういう系。

過去の作品のそんな反省があったのかなかったのか、本作では人間は全くでてきません。

魚をモチーフにした生き物が出てくる。モデルになる魚はあるらしいのですが、私は食べることのできない魚はあまり詳しくないので、わからなかった。ナントカアケベラというのだそうです。主人公の魚。

役名を鮮明に覚えているわけでもなく、しかたないので吹き替えの声の出演者で説明しますです。魚の世界(リーフ=珊瑚礁ですな)での成功を夢見る香取さま(=ウィル・スミスさま)。彼はカーウォッシュならぬホエールウォッシュで働いています。同じ職場で働く水野さま(=レニー・ゼルウィガーさま)は彼のことを思っているが、彼はまるで気付いていない。リーフの住人たちは鮫が来ることを恐れています。このエリアを仕切っている鮫のボスは松方さま(=デ・ニーロさま。彼には二人の息子がいて、弟が山口さま(=ジャック・ブラックさま。この弟は鮫のくせにベジタリアンだったりします。息子たちを心配する松方は、兄を見張り役にたてて弟が魚を食えるようにしようとする。

一方、仕事の借金でボス西村さま(=スコセッシさま)とトラブった香取さまはお仕置中。そこに山口さまとその兄が通りかかり、香取さまは兄鮫にターゲットとして選ばれてしまうわけです。山口さまは香取さまを喰うふりをして逃がそうとするが、それを見抜いた兄鮫が香取さまを食おうとした瞬間、間の悪いことに通りかかった船の錨に当たってご臨終。

ここらあたりから物語が大きく動きます。香取さまはシャーク・キラーとして有名人にされてしまう。兄を目の前で死なせた山口さまは父に顔向けができず、家に帰れなくなってしまう。再び山口さまと香取さまは出会い、共感した彼らは共に暮らすことになると、こんな話です。

やっぱりわかりにくいなあ。声の出演者で書くと。

ただ、キャラクターのモチーフが声の出演の役者さんなんで、それはそれで笑えます。

デ・ニーロさま顔の鮫とか。アンジェリーナ・ジョリーさまの顔した魚がでてきたときは爆笑してしまいました。


シックスセンス

1999年アメリカ映画

監督 M・ナイト・シャマラン

主演 ブルース・ウィリス、ハーレイ・ジョエル・オスメント、トニ・コレット


「意外な展開」「どんでん返し」の代名詞ともなっている名作でございます。

死者が見えてしまう少年。そして彼を救おうとする医師。

二人の交流が丁寧に描かれます。

でもねえ。「意外な展開」ネタ、バレバレでした。

ここからはネタバレです。見てない人は映画みてから読んでくださいね。

トップシーンからちゃんと見ておられた人ならほとんど気付いたんじゃないでしょうか。途中の伏線もけっこうあからさまだったし。

「『シックス・センス』のネタには気付かなかったけど『〇〇』では気付いた」とか、「この作品のドンデン返しは『○○』のラストに似てる」とか、何かにつけひきあいに出されるってえことは、それなりによく出来ているってことでしょうか。

でもねえ、普通あり得ないですよね、あのトップシーンは。で、作家的な目で見ると、レストランのシーンにしてもウィリスさまの自宅のシーンにしてもあり得ないです。それまでのドラマ展開でああいう場面が唐突に出てくるなんて。何らかの伏線だとしか考えられないですよね。だとすると、そのあり得ない場面をつないでいけば、ラストのどんでん返しが読めてしまうと、こういうことです。

ちなみにこれまで見た映画の中で、ラストシーンが読めなかった作品は…なんて紹介してしまうのがよくないんですよね。

その紹介文でその映画を見た人は、『この映画、最後にドンデン返しがあるらしいから、だまされないで見るぞ』って構えて見るから、ドンデン返しが楽しめない。ってことで、「ラストシーンが読めなかった作品」についてはこの本の中で知らん顔してご紹介しちゃいますので、頑張って「パパが見た映画」、365本制覇してくださいね。


シックスデイ

2000年アメリカ映画

監督 ロジャー・スポティウッド

主演 アーノルド・シュワルツェネッガー、トニー・ゴールドウイン、マイケル・ラパポート、ウエンディ・クルーソン、ロバート・デュバル


クローン羊が開発されましたですよね。

そこからやがてクローン人間が開発されたとしなせえ。

で、クローン禁止法が施工される。

しかしクローン技術は厳然として残っている。

研究レベルでの開発も進む。そうなるとどうなるか、という話。
シュワルツェネッガーさまはヘリパイロット。

普通に暮らしていた絵に描いたようなスケベ親父が、自宅に帰るともう一人の自分がいる。

おやや、と思っていると、バタバタとやってきたいかにも危なそうな一団。

いきなりシュワさまを殺そうとする。シュワさま逃げる。

逃げる途中でそのワルを殺しても、きっちり生き返ってまた狙われる。

クローンなんですな、こいつら。

物語が進むにつれ、様々な秘密が解明される。クローンを製造していた会社の会長ラパポートさま。

実はこいつは数年前に死んで、クローンが会長職についている。

今回、反クローン派が会長の命を狙って、ラパポートさまとシュワさまの同僚であるゴールドウインさまが殺されたわけです。

そこで組織は亡くなったその友人とシュワさまをとり違えてクローン再生してしまい、こういうややこしいことになってしまった。
組織としては会長がクローンであるということをとにかく伏せたい。

そういう事情があって、シュワさまがひたすら命を狙われるわけです。
物語後半にはあっと驚くドンデン返しつき。このドンデン返しは見抜けなかったです。あからさまな伏線はってあったのに。
ラストはシュワさま映画らしい、ヒューマンな終わり方。

こういうエンディングってほっとしてとってもいいですね。


ゾンビ

1978年アメリカ映画

監督 ジョージ・A・ロメロ

主演 デビッド・エンゲ、ケン・フォーリー、スコット・H・ラインガー、ゲイラン・ロス、トム・サビーニ


中学三年くらいだったと思います。このとんでもない映画を見たの。

あまりにもとんでもない映像ばっかりだったので、大幅カットされたり、着色処理されたり、部分的にストップモーション処理されたりしてのロードショーだったです。

で、この映画がロードショーした後、レンタルビデオ文化が大ブレイクしまして、カルト的な人気を博す作品となります。
当然、雨後の筍のごとく様々な後発ホラー映画を生みまして、いい意味でも悪い意味でもホラー映画史の中で未だに語り継がれる傑作でございます。基本的にはこの物語は三部作の第二作。前作「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」の設定をそのまま引き継いでおります。

物語の開幕から、テレビ局が大パニックになっている描写。謎の宇宙線が地球に降り注ぐ。

その光線を浴びた死者は歩きだし、生者の肉を喰らおうとする。ゾンビに襲われた者もまたゾンビとして再生し、次の犠牲者を探して歩き回ることになります。

テレビ局の女性ディレクター、その彼氏のヘリパイロット、SWAT隊員二名は都会を脱出、ショッピングセンターに立てこもります。日に日に増えるゾンビをショッピングセンターから締め出そうとトラックで入り口を塞ごうとしたとき、SWAT隊員一名がゾンビの犠牲に。

そこからは誰もいないショッピングセンターで、世界が崩壊していく様子をただただテレビで見つづける毎日が続きます。ここらあたりの閉塞感の描写が素晴らしい。

やがてショッピングセンターに目をつけた暴走族が乱入。

主人公グループ対暴走族対ゾンビの生き残りを賭けた闘いになります。

結局主人公グループは二人が生き残り、ゾンビだらけのセンターを捨てて出発することになります。彼氏にヘリ操縦を教わっていた元ディレクター、出発した直後に言います。

「燃料がほとんどないわ」 生き残った黒人SWAT隊員がつぶやく。「別にいいじゃないか」
この映画の作品世界を象徴するシーン。しかしながらテレビ初オンエアでは

「(生まれてくる死んだヘリパイロットとの間の)子どもの父親が必要だわ」 「任せとけ」

という希望ある台詞に変更されていました。

この台詞、二度目のテレビ放映からは元の台詞に戻されていました。どちらがいいかは評価が分かれるところですね。
特殊メイク界の巨匠中の巨匠、トム・サビーニさまが暴走族役でご出演。

もちろん特殊メイクもご担当されておられます。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について