目次
はじめに
1~30
スピーシーズ・種の起源
ゲッタウェイ
悪魔のような女
ウエストサイド物語
アルマゲドン
ジャッジ・ドレッド
模倣犯
心の旅路
エレファントマン
MI2
クリムゾンリバー
エントラップメント
砦なき者
呪怨
ゴッドファーザー
グリース
リーサルウエポン3
破線のマリス
スターウォーズ・帝国の逆襲
ターミネーター
踊る大捜査線THE MOVIE2・レインボーブリッジを封鎖せよ
ナインハーフ
ターミネーター2
動乱
ターミネーター3
少林サッカー
ソドムの市
ダーティハリー
ゴッドファーザーパートⅡ
スターウォーズ
31~60
A.I.
オーシャンズ11
さくや妖怪伝
ダーティハリー2
LAコンフィデンシャル
雲霧仁左衛門
ダブルボーダー
イレイザー
悪魔を憐れむ歌
マキシマム・リスク
黄金の七人
妖怪大戦争
バットマン
バトル・ロワイアル
ザ・ロック
アマデウス
吉原炎上
バットマンリターンズ
ホワイトアウト
12モンキーズ
ザ・ワン
京極夏彦「怪」・七人みさき
バットマンフォーエバー
ロストボーイ
バーティカルリミット
シャークテイル
シックスセンス
シックスデイ
ゾンビ
13日の金曜日
61~90
催眠
オールザットジャズ
ホワイトナイツ/白夜
将軍家光の乱心・激突
あずみ
必殺
オリエント急行殺人事件
そして誰もいなくなった
犬神家の一族
理由
悪魔の手鞠歌
ルームメイト
ウインドトーカーズ
タップ
ナイル殺人事件
里見八犬伝
皇帝のいない八月
情婦
大脱走
ウイロー
半落ち
ブロークン・アロー
燃えよドラゴン
片腕ドラゴン
イヤー・オブ・ザ・ドラゴン
新生トイレの花子さん
ピースメイカー
僕の彼女を紹介します
エンゼルハート
ヒート
91~120
スカーフェース
ミッドナイトクロス
スターウォーズ・ジェダイの復讐
スパイダーマン2
暗殺者
フロム・ダスク・ティル・ドウン
裏窓
ロープ
スネーク・アイズ
エネミー・オブ・アメリカ
メン・イン・ブラック
メン・イン・ブラック 2
ジュラシック・パーク
ロスト・ワールド ジュラシック・パーク
ジュラシックパーク3
少女たちの遺言
ラスト・アクション・ヒーロー
レイダース・失われた聖櫃
ディープブルー
パルプフィクション
ブギーポップは笑わない
パラサイト・イヴ
炎の少女チャーリー
クロスファイア
座頭市
シャイニング
キャリー
女王蜂(ネタバレ注意)
白昼の死角
ウルフェン
121~150
ブレイド
ロミオ・マスト・ダイ
フライトナイト
十二人の怒れる男
狼男アメリカン
トワイライトゾーン・超次元の体験・第一話
E.T.
トワイライトゾーン・超次元の体験・第二話
ハウリング
トワイライトゾーン・超次元の体験・第三話
マッドマックス
トワイライトゾーン・超次元の体験・第四話
ハリー・ポッターと賢者の石
フライトナイト2 バンパイアの逆襲
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第一話 雪山
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第二話 携帯忠臣蔵
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第三話 チェス
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第四話 結婚シミュレーター
ブレイド2
ジェイコブス・ラダー
危険な情事
ゲーム
プラトーン
インビジブル
エボリューション
フラットライナーズ
セブン
エイリアン3
パニック・ルーム
サドン・デス
スターウォーズ・エピソード2・クローンの攻撃
ペリカン文書
レッド・サン
シルミド
グレムリン
ダイヤルM
151~180
劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション・烈空の訪問者デオキシス
タワーリング・インフェルノ
ブルース・ブラザーズ
ウルトラマンティガ・ファイナルオデッセイ
レインメイカー
海猫
フェイス・オフ
トゥームレイダー
ゴッドファーザー PARTⅢ
ふたり
スターゲイト
ウォータ-ボーイズ
少林寺
スターウォーズ・エピソードⅢ・シスの復讐
キス・オブ・ザ・ドラゴン
親指スターウォーズ
親指タイタニック
タイタニック
ウォール街
スペース・バンパイア
ラストサマー
ダイハード3
火垂るの墓
マトリックス
イージー・ライダー
ラスト・ワルツ
レイジング・ブル
ラストサマー2
仁義なき戦い
仁義なき戦い・広島死闘編
181~210
仁義なき戦い・代理戦争
仁義なき戦い・頂上作戦
仁義なき戦い・完結編
GODZILLA・ゴジラ
その後の仁義なき戦い
機動戦士ガンダム
機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編
機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
ポルターガイスト
ウルフ
ザ・フォッグ
チャイルド・プレイ
ダイナソー
トリック・劇場版
K-19
着信アリ
直撃地獄拳・大逆転
ア・ホーマンス
スパイ・ライク・アス
ブレス・ザ・チャイルド
おこげ
48時間
誘う女
ゴジラVSキングギドラ
ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ・光の国の戦士たち
アサシン
ニキータ
キンダーガートン・コップ
男たちの挽歌
魔女の宅急便
211~220
8mm
トゥモロー・ネバー・ダイ
黄泉がえり
バック・トゥ・ザ・フューチャー
D.N.A.
ザ・リング
レプリカント
東京タワー
ガメラⅢ・邪神(イリス)覚醒
明日に向かって撃て
インターバル

閉じる


<<最初から読む

50 / 228ページ

ホワイトアウト

2000年映画「ホワイトアウト」製作委員会作品

監督 若松節朗

原作・脚本 真保裕一

主演 織田裕二、松嶋菜々子、佐藤浩一、中村嘉津雄、石黒 賢、吹越 満

 

真保裕一さまのベストセラー小説の映画化です。

すげえスケールでの映画化です。

私はこの本、映画化発表のはるか前に読みました。キャスティングを聞いてなるほどね、と思いましたです。すごく原作のイメージに近い配役。
原作は『日本版・ダイハード』みたいなエンタテイメント小説。

松嶋さまと佐藤さまのイメージはちょっと違いましたが、織田さま吹越さまはイメージ通りでした。
雪に閉ざされた巨大ダムを占拠した凶悪テロリスト。

このダムの水を一気に放水すると、下流の町が壊滅してしまいます。

ダム爆破を匂わし、ダム下流の市民の命を人質に要求をつきつけます。

このテロリストにダム運転員・織田さまが立ち向かう。

織田さまは過去に遭難者の救出の際、ちょっとした判断ミスで同僚の石黒さまを亡くしてしまったという過去をもっています。

佐藤さまをリーダーとするテロリストは数人の職員と、ダムを訪れていた石黒さまの婚約者松嶋さまを人質に50億円を要求。

逃げ延びた織田さまは運転員として熟知しているダムの知識を駆使して単身、犯人に闘いを挑みます。

おおダイハード。

原作ではテロリストのリーダーの謎の行動とか、テロリストの要求が妙だとかで、推理小説っぽい展開が楽しめるのですが、映画版ではアクションに重点を置いたためか、魅力的な設定をサラリと流してしまったのが少し惜しい。

ラストも少し変えています。

ダム運転員としてはあり得る活躍だと感じた原作とは違って、映画版では大アクションが用意されています。

これはこれで面白い。お腹いっぱいになる快作でございます。
ちなみにホワイトアウトとは、雪山で吹雪とかにあったとき、視界が真っ白になって何も見えなくなる状態のことを言います。説明不要かな?

 


12モンキーズ

1995年アメリカ映画

監督 テリー・ギリアム

主演 ブルース・ウィリス、ブラッド・ピット、マデリン・ストー、クリストファー・プラマー


なんだかとっても微妙な映画。

人類を滅亡させた謎のウイルス。

ウイルス蔓延の原因を探るため、過去に送り出された受刑者ウィリスさま。

おお、ウイルスの秘密をさぐるウィリスさま。にゃはは。

どうやらウイルス拡散には『12モンキーズ』という組織が関わっているらしいことがわかります。

この組織のボスがブラッド・ピットさま。

ウィリスさまは未来と現代を往復しながら秘密をさぐっていきます。
ごめんなさい。

この作品に関してはネタバレさせないと話が進んでいかないので、ちょこっと書きますが。

 

 

結局、『12モンキーズ』はウイルスとはほとんど関係なかったってえオチがつきます。

ウィリスさま、無駄骨。んで最後に無駄死にしちゃう。

かわいそう。ウイルス拡散の元凶は『12モンキーズ』をかすった位置にありまして、結局、映画の結末のあとにウィリスさまを送り込んだ組織の者がその元凶を排除するんだろうな、って結末。
最後まで見かけ倒しだった『12モンキーズ』でございました。
監督のテリー・ギリアムさまは『未来世紀ブラジル』を撮った巨匠。

この映画についてはまたとりあげようと思ってます。

実は『12モンキーズ』のブラッド・ピットさまの役には、別のハリウッド大スターが予定されていたそうですが、テリー・ギリアムさまがそのキャスティングに大反対し、ピットさまに落ちついたとか。

翻訳者の戸田菜津子さんの著書にその大スターの名前が書いておりました。

著作権侵害しちゃうとやばいのでここでは書きませんが、ブラッド・ピットさまと同じ年のあの大スターさんでございます。


ザ・ワン

2001年アメリカ映画

監督 ジェームズ・ウォン

主演 ジェット・リー、カーラ・グギーノ


お気に入り俳優、ジェット・リーさま主演のアクション大作。パラレルワールドがあるとしなせえ。

例えば百の世界がある。で、その百の世界を把握している世界が第一の舞台。

その世界は当然、かなり発達した科学力を持っています。

パラレルワールドを行き来する手段も持っている。その世界に悪いジェット・リーさまがいます。

パラレルワールドだから、それぞれの世界にジェット・リーさまがいるわけです。

悪いジェット・リーさまはそれぞれの世界を行き来しながら、それぞれの世界のジェット・リーさまを一人ずつ殺していく。そうすればそれぞれの世界が均衡を保とうとして、死んじゃったジェット・リーさまのパワーが生き残ったそれぞれのジェット・リーさまに分散される。

生き残ったジェット・リーさまはどんどん強くなっていくわけですな。

悪いジェット・リーさまはどんどんいろんなパラレルワールドのジェット・リーさまを殺していって、全ての世界で唯一最強の存在になろうとする。

こういう世界観でございます。

最後に残ったのが、ひとつの世界で警官をしているジェット・リーさまと、犯罪者の悪いジェット・リーさま。これまでに死んでいったジェット・リーさまの力はこの二人に集中しているから、二人とも超人なわけです。

だからジャンプしてそのへんの柱を空中で蹴りながら方向転換したり、誰かをキックしながら方向転換連続キックとかできる。んなアホな。
ワイヤーワーク炸裂。すげえすげえ。

ジェット・リーさまのワイアーアクションの素晴らしさったらないです。

個人的にはこの作品よりも「ロミオ・マスト・ダイ」のほうが好きだけど。しかしすごい。
悪いジェット・リーさまは様々なワルの手を駆使して、良いジェット・リーさまを殺そうとする。

それとは別に、パラレルワールド監視員みたいな人とかジェット・リーさまの同僚とかが入り乱れます。ジェット・リーさまの同僚は悪いジェット・リーさまの悪事を良いジェット・リーさまの仕業だと思って良いジェット・リーさまをつかまえようとしたり、ほんま、ややこしい。

最後はお約束。良いジェット・リーさまと悪いジェット・リーさまの対決となります。うんうん。この場面だけで見る値打ちあるかな。この映画。


京極夏彦「怪」・七人みさき

2000年WOWWOW・松竹作品

監督 酒井信行

原作、脚本 京極夏彦

主演 田辺誠一、佐野史郎、遠山景織子、小松政夫、夏八木 勲、四方堂 亘


京極夏彦大先生の「巷説百物語」の映画化。

原作の中にこの「七人みさき」のエピソードってあったんでしょうか。

ひょっとしたら「続巷説百物語」のエピソードだったかもしれませんです。

この作品はそもそもWOWWOWのオリジナルスペシャルドラマとして製作されたもの。

そのドラマオンエアの先行して作られた第一エピソードがこの「七人みさき」です。

ちなみにこの後のエピソードは「赤面えびす」「福神ながし」などがありますです。
さて「七人みさき」。

城下町。御行の又市(田辺さま)は、農民から書状を渡されます。

城下の悪害や祟りが書かれているわけですな。

一方、その近くの川原で水死体があがる。

村人は言います。

「これで三人目だ。あと四人、今年もあと四人、七人みさきの、ミサキ御前の祟りだ」祟りで人が死ぬ、そんな町の声。

この地にいあわせたのは怪異談収集家の山岡百介(佐野さま)。

そのとき、百介の目の前で死体に駆け寄る少女。

「これは祟りなんかじゃない、姉さんを殺したのは侍だ」と叫びます。

又市とおぎん(遠山さま)は、百介から土地にまつわる伝説を聞きます。

そして祟りの真相を知るべく、又市たちはこの領内に隠居する人形師・御燈の小右衛門(夏八木さま)のもとを訪ねます。

そこで語られる真実とは?
この後、製作されたアニメ「巷説百物語」とも原作とも違う、独自の物語。

物語の最大の特徴は、妖怪話と懐かしの「必殺」をコラボさせたような設定です。

中盤からはほとんど必殺。

とにかく面白いです。

というか、妖怪話も必殺も大好きな私ですので、やたら楽しく見られます。

この「怪」シリーズ、映画として公開されたのはこの一本のみ。

ということは「映画」としてご紹介できるのはこれ一本。

しかしまあ、そのうち残りの作品もご紹介することになると思います。

ってくらい好きな世界。

ビデオも発売されておりますので、是非ごらんくださいまし。

 


バットマンフォーエバー

1995年アメリカ映画

監督 ジョエル・シュマッカー

主演 ヴァル・キルマー、トミー・リー・ジョーンズ、ジム・キャリー


バットマンシリーズの第三弾。

今回の敵役はまずはトゥーフェイス。

演ずるのはトミー・リー・ジョーンズさま。私はトミー・リー・ジョーンズ大先生が大好きです。

「逃亡者」や「追跡者」、オリバーストーン監督の「天と地」みたいな名作に出ていたかと思うと、「沈黙の戦艦」ではロックンローラーに化けたテロリストのボスを演じたり、この映画ではゴテゴテメイクでトゥーフェイスを楽しそうに演じたり。今ではBOSSのCMはこの人抜きでは考えられません。

こういう役者さんって大好きです。

そして物語途中から待ってましたとばかりに登場するのはジム・キャリーさま演ずるリドラー。

懐かしのテレビシリーズではナゾラーなんて名前をあてられておりましたです。

しかしすごいなあ。ジョーカー、キャットウーマン、ペンギン、トゥーフェイス、リドラー。

バットマンはキャラの宝庫です。

それぞれが魅力的なのがいいですよね。

なおかつ映画版だから、その魅力的なキャラを惜しげもなくバンバン再起不能にしたり殺したりするところが太っ腹。

これが日本のものだと、次回作のこと考えて、なんとなくあのワル、生きてて逃げ延びたのかもしれないなあみたいな消しかたするんだけど。

しかしヴァル・キルマーさまのバットマン。

ちょっと若すぎて、線が細いなあ。

おおそうじゃった。この作品から、バットマンに味方する新キャラ、ロビンが登場します。

クリス・オドネルさま。

「バーティカル・リミット」を見たとき、この人どこで見たんだっけ、と思ってなんか喉に小骨がひっかかったような状態だったのですが、このコラム書いてて思い出して、とてもすっきりしましたです。

 



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について