目次
はじめに
1~30
スピーシーズ・種の起源
ゲッタウェイ
悪魔のような女
ウエストサイド物語
アルマゲドン
ジャッジ・ドレッド
模倣犯
心の旅路
エレファントマン
MI2
クリムゾンリバー
エントラップメント
砦なき者
呪怨
ゴッドファーザー
グリース
リーサルウエポン3
破線のマリス
スターウォーズ・帝国の逆襲
ターミネーター
踊る大捜査線THE MOVIE2・レインボーブリッジを封鎖せよ
ナインハーフ
ターミネーター2
動乱
ターミネーター3
少林サッカー
ソドムの市
ダーティハリー
ゴッドファーザーパートⅡ
スターウォーズ
31~60
A.I.
オーシャンズ11
さくや妖怪伝
ダーティハリー2
LAコンフィデンシャル
雲霧仁左衛門
ダブルボーダー
イレイザー
悪魔を憐れむ歌
マキシマム・リスク
黄金の七人
妖怪大戦争
バットマン
バトル・ロワイアル
ザ・ロック
アマデウス
吉原炎上
バットマンリターンズ
ホワイトアウト
12モンキーズ
ザ・ワン
京極夏彦「怪」・七人みさき
バットマンフォーエバー
ロストボーイ
バーティカルリミット
シャークテイル
シックスセンス
シックスデイ
ゾンビ
13日の金曜日
61~90
催眠
オールザットジャズ
ホワイトナイツ/白夜
将軍家光の乱心・激突
あずみ
必殺
オリエント急行殺人事件
そして誰もいなくなった
犬神家の一族
理由
悪魔の手鞠歌
ルームメイト
ウインドトーカーズ
タップ
ナイル殺人事件
里見八犬伝
皇帝のいない八月
情婦
大脱走
ウイロー
半落ち
ブロークン・アロー
燃えよドラゴン
片腕ドラゴン
イヤー・オブ・ザ・ドラゴン
新生トイレの花子さん
ピースメイカー
僕の彼女を紹介します
エンゼルハート
ヒート
91~120
スカーフェース
ミッドナイトクロス
スターウォーズ・ジェダイの復讐
スパイダーマン2
暗殺者
フロム・ダスク・ティル・ドウン
裏窓
ロープ
スネーク・アイズ
エネミー・オブ・アメリカ
メン・イン・ブラック
メン・イン・ブラック 2
ジュラシック・パーク
ロスト・ワールド ジュラシック・パーク
ジュラシックパーク3
少女たちの遺言
ラスト・アクション・ヒーロー
レイダース・失われた聖櫃
ディープブルー
パルプフィクション
ブギーポップは笑わない
パラサイト・イヴ
炎の少女チャーリー
クロスファイア
座頭市
シャイニング
キャリー
女王蜂(ネタバレ注意)
白昼の死角
ウルフェン
121~150
ブレイド
ロミオ・マスト・ダイ
フライトナイト
十二人の怒れる男
狼男アメリカン
トワイライトゾーン・超次元の体験・第一話
E.T.
トワイライトゾーン・超次元の体験・第二話
ハウリング
トワイライトゾーン・超次元の体験・第三話
マッドマックス
トワイライトゾーン・超次元の体験・第四話
ハリー・ポッターと賢者の石
フライトナイト2 バンパイアの逆襲
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第一話 雪山
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第二話 携帯忠臣蔵
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第三話 チェス
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第四話 結婚シミュレーター
ブレイド2
ジェイコブス・ラダー
危険な情事
ゲーム
プラトーン
インビジブル
エボリューション
フラットライナーズ
セブン
エイリアン3
パニック・ルーム
サドン・デス
スターウォーズ・エピソード2・クローンの攻撃
ペリカン文書
レッド・サン
シルミド
グレムリン
ダイヤルM
151~180
劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション・烈空の訪問者デオキシス
タワーリング・インフェルノ
ブルース・ブラザーズ
ウルトラマンティガ・ファイナルオデッセイ
レインメイカー
海猫
フェイス・オフ
トゥームレイダー
ゴッドファーザー PARTⅢ
ふたり
スターゲイト
ウォータ-ボーイズ
少林寺
スターウォーズ・エピソードⅢ・シスの復讐
キス・オブ・ザ・ドラゴン
親指スターウォーズ
親指タイタニック
タイタニック
ウォール街
スペース・バンパイア
ラストサマー
ダイハード3
火垂るの墓
マトリックス
イージー・ライダー
ラスト・ワルツ
レイジング・ブル
ラストサマー2
仁義なき戦い
仁義なき戦い・広島死闘編
181~210
仁義なき戦い・代理戦争
仁義なき戦い・頂上作戦
仁義なき戦い・完結編
GODZILLA・ゴジラ
その後の仁義なき戦い
機動戦士ガンダム
機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編
機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
ポルターガイスト
ウルフ
ザ・フォッグ
チャイルド・プレイ
ダイナソー
トリック・劇場版
K-19
着信アリ
直撃地獄拳・大逆転
ア・ホーマンス
スパイ・ライク・アス
ブレス・ザ・チャイルド
おこげ
48時間
誘う女
ゴジラVSキングギドラ
ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ・光の国の戦士たち
アサシン
ニキータ
キンダーガートン・コップ
男たちの挽歌
魔女の宅急便
211~220
8mm
トゥモロー・ネバー・ダイ
黄泉がえり
バック・トゥ・ザ・フューチャー
D.N.A.
ザ・リング
レプリカント
東京タワー
ガメラⅢ・邪神(イリス)覚醒
明日に向かって撃て
インターバル

閉じる


<<最初から読む

44 / 228ページ

バットマン

1989年アメリカ映画

監督 ティム・バートン

主演 マイケル・キートン、ジャック・ニコルソン、キム・ベイシンガー


バットマンといえばスーパーマンと並ぶアメリカンコミックス界のスーパースターです。

舞台になるのは架空の町、ゴッサムシティ。

この町に住む大富豪がマイケル・キートンさま。

幼い頃に父を目の前で殺され、それがトラウマになっています。

悪を憎むキートンさまは、その資産を使って装甲車だとかジェット機だとか鎧だとかを作り、バットマンとして悪を退治することになります。

今回の敵役はジョーカー。ジャック・ニコルソンさま、魂の怪演。

かなり線キレのギャング。

彼らが悪事を働いているところへバットマンが登場。

バットマンは一味を片付ける。

ジョーカーは戦いの中で有毒物質の樽へ転落。

整形手術の甲斐もなく、ひきつったような顔の怪人ジョーカーが誕生します。

ゴッサム・シティへ舞い戻ったジョーカー、いきなり自分のボスを射殺。

力をつけすぎたジョーカーを始末しようとしてたんですね、ボスは。

で、ボスが警察に通報して、バットマンがきちゃってこうなったわけですわ。

このボス、ジャック・パランスさまが演じておられます。

ジョーカー、またたく間に犯罪組織のボスになる。

ここからはバットマンとジョーカーの対決が物語の軸となります。
マイケル・キートンさまがんばっております。

バットマン以外ぱっとした作品に恵まれていないのがかわいそう。

ぶっちゃけ「パシフィック・ハイツ」くらいしか印象ないなあ。
第三作でバットマンを演じたヴァル・キルマーさまももひとつです。

考えてみれば、第四作で主演したジョージ・クルーニーさまが唯一の勝ち組でしょうか。

 


バトル・ロワイアル

2000年「バトル・ロワイアル」製作委員会作品

監督 深作欣二

原作 高見広春

主演 ビートたけし、藤原竜也、前田亜季、山本太郎、安藤政信、柴崎コウ、栗山千明、塚本高史、高岡蒼佑


改めて見てみるとすごいキャストやなあ。資料見るとまた見たくなります。原作は某有名ホラー小説賞の最終選考に残りながらも、「良識派」審査員に酷評をくらって選からもれた高見広春さまの小説です。当時の審査員は荒俣宏さま、林真理子さま、高橋克彦さま。

お三方とも、小説としての完成度は認め、出版したら売れるであろうことを十分予測した上で、モラルとか倫理とか問題あるとかの観点から落選にされたそうです。その問題小説を太田出版が本にしたらベストセラー。

ある意味大傑作。

それを深作監督が映画化したんだから、面白くないわけない。私は小説を読んでから映画を見ました。原作では一人ひとりの登場人物が丁寧に書き込まれていましたが、さすがに映画では再現は不可能でしたね。映画は個々のエピソードをバッサリ切って、群像劇のような処理をされていました。

内容がはっきりわかっていたし、「ホラー小説の映画化」(実際はホラーじゃないですが)という観点で見ましたので、血が流れてもそんなにブルーにはならなかったです。しかし「キツう」って思ったシーンはありましたよ。①メガホンもった少女が極悪人安藤さまに惨殺される場面。②「ずっと友達」って言ってた二人の少女が殺しあって相討ちになったと思わせる場面。③なぜか裸で死んでいる二人の少年を見ながら、柴崎さまが服を直しながら意味ありげに立ち上がるロングショット。④灯台で、銃撃戦の末仲良しグループが死んでいく場面。

ここいらのシーンはけっこうどんよりしました。結末知っててもどんよりしたので、小説読んでなかったらもっとキツかったかも。

しかし、これらの全ての場面に映像的な必然性があったのではないかと思います。このへんの場面を、あまり血を見せずに処理する方法はいくらでもあった。でも深作監督はあえてそうはしなかった。こういうキツいシーンにあえてドバドバ血を見せることによって、物語の狂気が一層鮮明に浮かび上がるし、生きるということがどういうことなのかが突きつけられたような気がします。問題があると審査員三氏が酷評したはずの物語は、じっくり読むととてもいい話。

殺しあいを題材にしながら、むしろそういうことを明確に否定している。

映画もそうです。じっくり見ると。でもちょっとやりすぎだったかなあ、深作監督。


ザ・ロック

1996年アメリカ映画

監督 マイケル・ベイ

主演 ショーン・コネリー、ニコラス・ケイジ、エド・ハリス


口の悪い友人が、ニコラス・ケイジさま主演作品にヒット作なし、などと言っておりました。
一時期、ニコラス・ケイジさま、かなりのペースでいろんな作品に立て続けに出演していた時期があります。「フェイスオフ」の前後の頃かなあ。「8mm」とか「スネークアイズ」だとか。

残念ながらその友人の言うとおり、大ヒット作品はないし、映画史にのこるような名作もない。

例外がジョン・ウー監督の「フェイス・オフ」でしょうかね。
辛口映画評の友人も、さすがに「フェイス・オフ」だけは評価せざるを得なかったようですが、「スネーク・アイズ」なんかはデ・パルマ監督作品の割に明らかに消化不良。まあこの監督、多少の設定的な無理さは押し通して映画を撮るタイプらしく、ときどき「はあ?」みたいな映画を撮るし、その上、作品の出来にも明らかに波がある人だから、そのへんのことはそもそも本人もあまり気にしてないかもしれないなあ。

さて今日ご紹介の「ザ・ロック」、その「作品にあまり恵まれていないニコラス・ケイジ」の出演作品です。
毒ガス搭載のミサイルを奪取し、アルカトラズ刑務所に立てこもった元軍人たち。彼らは戦争遺族たちのために大金を要求します。脱出不可能の刑務所は逆に要塞としては完璧。

脱走できないということは潜入できないということですからね.

FBI捜査官で化学兵器のスペシャリストのケイジさま、特殊部隊の隊員たちとともにアルカトラズに潜入し、テロリストの鎮圧と毒ガス兵器の無力化を命ぜられます。

このチームに必要不可欠な協力者がいまして。アルカトラズからの脱走に成功した男。

元英国諜報部員で今は投獄されている男、演ずるはショーン・コネリーさま。

おいしい役やなあ。

コネリーさま、CIAに陥れられた経緯があったりして、当初は協力を拒否するのですが、ついにケイジさまらとともにアルカトラズに潜入する決意をします…

ぶっちゃけていいですか?

ニコラス・ケイジさま、かなりがんばっていたのに、影うすい…
ショーン・コネリーさまが巧すぎる。設定もおいしいし、存在感も段違い。中盤から物語をひっぱっていくのはニコラス・ケイジさまなのですが、画面に出てこないショーン・コネリーさまが気になってしかたない。

ということで、楽しくコネリーさま対ケイジさまの演技合戦を満喫させていただきましたです。


アマデウス

1984アメリカ映画

監督 ミロス・フォアマン

主演 F・マーリー・エイブラハム、トム・ハルス


原作となったのはピーター・シェーファーさまの有名な舞台劇。

この物語を初訳したのは俳優の江守徹さまです。この頃の江守さまは、もうホントにストイックに演劇ってものに取り組んでおられたころで、今ほどくだけたイメージはなかったです。

舞台版・アマデウスの初演ではモーツアルトを松本幸四郎さま、そして主人公のサリエリを江守さまが演じておられましたです。

アマデウスってのは、かの有名な作曲家、ウォルフガング・アマデウス・モーツアルトの「アマデウス」です。モーツアルトの毒殺説が描かれます。

映画でモーツアルトを演ずるのはトム・ハルスさま。

彼を殺したと独白を始めるのが宮廷作曲家のサリエリ=F・マーリイ・エイブラハムさま。

彼は日々神に感謝し、佳き曲ができますようにと祈るような作曲家。

そんな彼の目の前に正真正銘の天才、モーツアルトが現れる。

下品きわまりない青年モーツアルト。サリエリは彼の才能を認めながらも、彼への嫉妬心を止めることができない。天才アマデウスを描きながらも、物語の中心となるのは「天才ではない=凡庸である」サリエリ。

苦悩と嫉妬、そして『神の音楽』に触れることのできる悦び。いろいろな感情がごちゃまぜになったサリエリが最後に選んだ方法は何だったのでしょうか…
回想シーンの若いサリエリ。

そして回想から醒めたら老人のサリエリ。

とてもよくできたメイクアップです。

舞台では冒頭、老人から若者までを逆にたどらねばならないってえ場面があったようですが。江守さんの演技、見たかったなぁ。

舞台では特殊メイクは使えないですからね。

舞台は未見なので何ともコメントできませんが、映画も舞台戯曲もすばらしい。

見逃したことが悔やまれる舞台です。


吉原炎上

1987年東映作品

監督 五社英雄

主演 名取裕子、二宮さよ子、根津甚八、西川峰子、緒形 拳、藤 真利子、かたせ梨乃


一人の少女が吉原遊郭に売られてくる。

明治の頃の話です。

名取裕子さまが売られてくる少女役。

彼女の目を通して遊郭という未知の世界が描かれていきます。

五社監督といえば「雲霧仁左衛門」「鬼龍院花子の生涯」「陽輝楼」「2・26」などの名匠。

情念どろどろの人間関係を描かせたら巧いですよね。しかし私は五社監督のアクションが好きな人ですから、こういうふうにどっしり構えて人間関係描かれるとちょっとキツいです。

物語中盤から、「鬼龍院…」「陽輝楼」のように、同時進行多層構造の群像劇っぽくなってきます。んで情念の世界。どおおんより。
吉原だとか、郭だとか、ただでさえどんよりしがちな題材なんですが、名女優の皆様がたが全力投球されますと、とってもキツいです。

やがて初々しかった少女はいつの間にか強烈な花魁に成長していく。

その期間をじっくり丁寧に描いていきます。
根津甚八さまがかっこいいです。

なんか紅テント時代の根津甚八さまのイメージ。

かっこよくて、でもその後崩れて堕ちていくって芝居時代の役柄そのまんまです。
女優陣はね、みんな遊女だから眉剃ってますから、顔恐い。

でもみんな達者ですよね。
でもねえ、タイトルは「吉原炎上」だから、最後には炎上しちゃうことがわかってみんな見てるわけで。

物語最初から炎上することがわかっていた吉原が炎上するのを見て、どんな感慨持てっていうのかよくわかんない。ちょっと困ったラストでした。

もっと別のタイトルなかったのかなぁ。



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について