目次
はじめに
1~30
スピーシーズ・種の起源
ゲッタウェイ
悪魔のような女
ウエストサイド物語
アルマゲドン
ジャッジ・ドレッド
模倣犯
心の旅路
エレファントマン
MI2
クリムゾンリバー
エントラップメント
砦なき者
呪怨
ゴッドファーザー
グリース
リーサルウエポン3
破線のマリス
スターウォーズ・帝国の逆襲
ターミネーター
踊る大捜査線THE MOVIE2・レインボーブリッジを封鎖せよ
ナインハーフ
ターミネーター2
動乱
ターミネーター3
少林サッカー
ソドムの市
ダーティハリー
ゴッドファーザーパートⅡ
スターウォーズ
31~60
A.I.
オーシャンズ11
さくや妖怪伝
ダーティハリー2
LAコンフィデンシャル
雲霧仁左衛門
ダブルボーダー
イレイザー
悪魔を憐れむ歌
マキシマム・リスク
黄金の七人
妖怪大戦争
バットマン
バトル・ロワイアル
ザ・ロック
アマデウス
吉原炎上
バットマンリターンズ
ホワイトアウト
12モンキーズ
ザ・ワン
京極夏彦「怪」・七人みさき
バットマンフォーエバー
ロストボーイ
バーティカルリミット
シャークテイル
シックスセンス
シックスデイ
ゾンビ
13日の金曜日
61~90
催眠
オールザットジャズ
ホワイトナイツ/白夜
将軍家光の乱心・激突
あずみ
必殺
オリエント急行殺人事件
そして誰もいなくなった
犬神家の一族
理由
悪魔の手鞠歌
ルームメイト
ウインドトーカーズ
タップ
ナイル殺人事件
里見八犬伝
皇帝のいない八月
情婦
大脱走
ウイロー
半落ち
ブロークン・アロー
燃えよドラゴン
片腕ドラゴン
イヤー・オブ・ザ・ドラゴン
新生トイレの花子さん
ピースメイカー
僕の彼女を紹介します
エンゼルハート
ヒート
91~120
スカーフェース
ミッドナイトクロス
スターウォーズ・ジェダイの復讐
スパイダーマン2
暗殺者
フロム・ダスク・ティル・ドウン
裏窓
ロープ
スネーク・アイズ
エネミー・オブ・アメリカ
メン・イン・ブラック
メン・イン・ブラック 2
ジュラシック・パーク
ロスト・ワールド ジュラシック・パーク
ジュラシックパーク3
少女たちの遺言
ラスト・アクション・ヒーロー
レイダース・失われた聖櫃
ディープブルー
パルプフィクション
ブギーポップは笑わない
パラサイト・イヴ
炎の少女チャーリー
クロスファイア
座頭市
シャイニング
キャリー
女王蜂(ネタバレ注意)
白昼の死角
ウルフェン
121~150
ブレイド
ロミオ・マスト・ダイ
フライトナイト
十二人の怒れる男
狼男アメリカン
トワイライトゾーン・超次元の体験・第一話
E.T.
トワイライトゾーン・超次元の体験・第二話
ハウリング
トワイライトゾーン・超次元の体験・第三話
マッドマックス
トワイライトゾーン・超次元の体験・第四話
ハリー・ポッターと賢者の石
フライトナイト2 バンパイアの逆襲
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第一話 雪山
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第二話 携帯忠臣蔵
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第三話 チェス
世にも奇妙な物語 映画の特別編 第四話 結婚シミュレーター
ブレイド2
ジェイコブス・ラダー
危険な情事
ゲーム
プラトーン
インビジブル
エボリューション
フラットライナーズ
セブン
エイリアン3
パニック・ルーム
サドン・デス
スターウォーズ・エピソード2・クローンの攻撃
ペリカン文書
レッド・サン
シルミド
グレムリン
ダイヤルM
151~180
劇場版ポケットモンスターアドバンスジェネレーション・烈空の訪問者デオキシス
タワーリング・インフェルノ
ブルース・ブラザーズ
ウルトラマンティガ・ファイナルオデッセイ
レインメイカー
海猫
フェイス・オフ
トゥームレイダー
ゴッドファーザー PARTⅢ
ふたり
スターゲイト
ウォータ-ボーイズ
少林寺
スターウォーズ・エピソードⅢ・シスの復讐
キス・オブ・ザ・ドラゴン
親指スターウォーズ
親指タイタニック
タイタニック
ウォール街
スペース・バンパイア
ラストサマー
ダイハード3
火垂るの墓
マトリックス
イージー・ライダー
ラスト・ワルツ
レイジング・ブル
ラストサマー2
仁義なき戦い
仁義なき戦い・広島死闘編
181~210
仁義なき戦い・代理戦争
仁義なき戦い・頂上作戦
仁義なき戦い・完結編
GODZILLA・ゴジラ
その後の仁義なき戦い
機動戦士ガンダム
機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編
機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編
ポルターガイスト
ウルフ
ザ・フォッグ
チャイルド・プレイ
ダイナソー
トリック・劇場版
K-19
着信アリ
直撃地獄拳・大逆転
ア・ホーマンス
スパイ・ライク・アス
ブレス・ザ・チャイルド
おこげ
48時間
誘う女
ゴジラVSキングギドラ
ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ・光の国の戦士たち
アサシン
ニキータ
キンダーガートン・コップ
男たちの挽歌
魔女の宅急便
211~220
8mm
トゥモロー・ネバー・ダイ
黄泉がえり
バック・トゥ・ザ・フューチャー
D.N.A.
ザ・リング
レプリカント
東京タワー
ガメラⅢ・邪神(イリス)覚醒
明日に向かって撃て
インターバル

閉じる


<<最初から読む

40 / 228ページ

悪魔を憐れむ歌

1997年アメリカ映画

監督 グレゴリー・ホブリット

主演 デンゼル・ワシントン、ジョン・グッドマン、ドナルド・サザーランド


誠にどんよりした作品でございます。

まったくもって救いがないというのか何というか。

カテゴリーとしてはホラーに属しますです。

強烈な殺人犯。

この男がガス室で死刑に処されようとしています。

この男を逮捕したのが刑事デンゼル・ワシントンさま。

この男、ストーンズの「タイム・イズ・オン・マイ・サイド」などを歌いながら死んでいきます。

なにやら怪しげな宗教をやっていた死刑囚。

怪しげな宗教は魂の離脱の可能性だとかを説いている、そういう話がありまして。

デンゼル・ワシントンさま、死刑囚の霊に狙われることになります。

相手は霊とか魂とか、そういったものですから、何でもありです。

霊がとりついた身体が別の人の身体に触れるだけで転々と憑依する対象が変わっていきます。

群集の中で、様々な人間にとりつきながらワシントンさまを翻弄する場面。

よくできてます。

細かいカット割り。

急速に動いて手ぶれするカメラ。

ワシントンさまの混乱ぶりが見事に表現されています。
んなアホな話あるわけないやないか、と思いながらも男が信じていた謎の宗教を調べるワシントンさま。

男の霊を退治する方法がわかります。

霊との最後の戦いに挑むワシントンさま。しかし霊は意外な人物に憑依してワシントンさまに戦いを挑む。

とにかく霊が誰に憑依していてどの時点から誰に乗り移ったのかってことをよく把握しておかないとわけがわからなくなります。

物語をつくる側も、あえてそれをわかりにくくして観客を煙にまこうとしている。

こうなるとあまり物語を深読みせずに、素直に見たほうがいいかもしれません。


マキシマム・リスク

1996年アメリカ映画

主演 ジャン・クロード・ヴァン・ダム、ナターシャ・ヘンストリッジ、ザック・グリニエ


ある日、自分に双子の弟がいると告げられたとしなせえ。

双子を探しに行きますよね、普通。そんな物語。
ヴァン・ダムさまは双子の弟の存在を知らされます。で、弟は恐らく死んでいるだろうってことも知る。兄は弟が暮らしていた町へ行き、弟が何をしていたのか、何故死なねばならなかったのかってことを調べはじめる。兄は何故かスナイパーだったりするんですが、その設定はとりあえずお忘れください。兄はあちこち動き回るんですが、行く先々で「帰ってきてたのか」とか「お前どの面さげて戻ってきやがった」とか言われる。私、このへんで物語をぐわわわわっと先読みして、こんな話だったら面白いだろうなって思いついた設定をメモしまくってました。

結局この映画に関しては私の想像力が勝っておりました。

ってことで、思いついた設定はすでに構想だけ存在しておりました小説にアレンジして使わせていただきまぁす。

さて、物語は私がメモをとっている間にも粛々と進みます。

んで、アクション映画には似つかわしくないと私が思う「問題のシーン」へ。

サウナ風呂での大殺戮シーンでございます。マフィアのナンバー2、グリニエさまは兄ヴァン・ダムさまをずっと狙っているわけですが、グリニエさまと弟ヴァン・ダムさまの共通のボスが、お互いに協力しあうようにサウナ風呂で仲直りさせようとする。これを不服に思ったグリニエさま、部下を武装させてボスもろともボス派のメンバーをサウナ風呂の中で射殺します。

私、こういう場面、だめなんです。すげえどんよりしてしまう。サウナって、無防備じゃないですか。そういうところで撃ちあいとかしたら、あかん。

先日とりあげた「ダーティハリー2」ではプールで遊ぶワルを家族もろともマシンガンで射殺って場面や、エッチしているワルのボンボンとその彼女がワル射殺の巻き添えになって撃ち殺される場面なんかもありましたけど。

だめなんです。裸に近い姿の人が撃たれる場面。どんよりしちゃう。アクションなんかは、現実味なく撃ち合いとかして欲しいんです。シュワルツェネッガー主演作品とかジョン・ウー監督の映画みたいに。リアルに死んで欲しくないっていうか。絵的に美しく死んで欲しいというか。

これがホラーだとリアルに死んで欲しいんですが。勝手ですいません。

ってことで、サウナの場面とその後のエレベーターでのリアルな格闘シーンだけで、もうええわって思ってしまいました。

でもなんでサウナだったんだろう。

ヴァン・ダムさま、腹筋見せたかったのかなあ。


黄金の七人

1965年イタリヤ映画

監督 マルコ・ヴィカリオ

主演 フィリップ・ルロワ、ロッサナ・ポデスタ

 

いかにもそれっぽい名前が並びましたが、その通り。イタリア映画です。
古い映画ですが、やっぱり面白い。

メンバー全員がA(アルフレッドとかアランとか)ではじまる六人の男たち。

「教授」と呼ばれるリーダー、ルロワさま。

そして教授と行動を共にするこれみよがしにいい女、ポデスタさま。

音楽は終始、シャバダバダのイレブンPM系。

七人の男たちと一人の女が狙うのは、スイスの銀行の地下金庫に眠る金塊でございます。
「オーシャンズ11」、ご覧になりましたでしょうか。映画前半の作戦会議で、「地下にトンネルを掘って云々」という件がありましたが、その台詞の元ネタはおそらくこの映画です。

銀行強盗もの、しかも知能犯罪で、綿密な計画を立て、決して人を殺さずにお宝をいただくってパターンの映画のルーツともいえます。

ポデスタさま、スーパーボディコンシャスのタイツみたいな服で画面をうろうろしてくれます。

それだけでうれしい。

ルロワさまも実にいいです。「教授」っぽい。知性的。知能犯罪のリーダーはこういう人でないと。

コートを着て、山高帽かぶって、眼鏡かけて、葉巻くゆらせながらメンバーの仕事ぶりをリムジンから視察する。えらそうだけど、いやらしく感じない。

風格というか気品というか、そういう雰囲気があります。

さて映画のご紹介。

一味は銀行近くのマンホールから地下に潜り、地下水道だとかを爆破したりドリルで穴をあけたりしながら銀行の地下金庫の真下にたどりつき、金塊をごっそりといただくことに成功します。綿密で周到な計画をたっぷり見せてくれるのが物語前半。

後半はその金塊をめぐってのドンデン返しの連続。そして「あーあ」ってラストにつながります。

この「黄金の七人」シリーズ、いつもラストは「あーあ」です。

だから見ていて爽快だし、面白い。

ワルたちも「またやろうぜ」ってノリだから救われる。

全部で三作くらい作られたシリーズ、全部見たくなってしまいました。

ちなみに第二弾は「続・黄金の七人 レインボー作戦」、第三弾は「新・黄金の七人 7×7」でございます。


妖怪大戦争

1968年大映京都作品

監督 黒田義之

主演 青山良彦、川崎あかね、大川 修、内田朝雄


再び宣言。

私は妖怪が大好きだ。

ゲゲゲの鬼太郎も大好きだ。

京極夏彦も大好きだ。

鳥山石燕も大好きだ。うおおおおお。

「大魔人」シリーズを完結させ、新シリーズとして妖怪ものに取り組んだ大映映画。

この作品は「妖怪百物語」に続くシリーズ第二弾です。

前作はちょっと恐い妖怪話でしたが、本作は明るくコミカルな物語。

ゲゲゲの鬼太郎にも通ずる楽しさに満ちた作品。

この映画が恐かったら私は妖怪にははまらんかったでしょうなあ。
物語の舞台は江戸時代。

西洋のバビロニアの遺跡から、吸血ダイモンって妖怪が復活します。

日本に渡ったダイモンは、代官を襲って殺し、乗り移ります。

代官に化けたダイモンは次々と町の人たちを殺していきます。

代官の正体がダイモンであることを見抜いたのは、池の河童。

ダイモンが池に何かを落として、それが河童に頭に当たる。

水面から顔を出した河童が見たのは代官の衣装で首だけダイモン。

なんやお前みたいな感じでつっかかりますが、逆にやられてしまう。

河童は日本の妖怪たちを集め、ダイモンに戦いを挑みます。

関西弁の油すましとか、C3POみたいなぬっぺっぽうとか、カラ傘とか青坊主とか。ちなみにこの映画での青坊主は一つ目ではありません。

鳥山石燕さまの妖怪画では一つ目でしたが。
ダイモン退治のためにろくろ首がうふふふふとかいいながら巻きつき、逆に首を丸結びにされてきゃああああ、みたいな笑える場面が随所に登場します。
クライマックスではダイモンは巨大化。

これじゃあ妖怪ではなく怪獣ですなあ。

巨大化した時点で大首とか見越し入道とか呼んで来たらよかったのに。

貴重な「笑える」妖怪特撮映画です。


バットマン

1989年アメリカ映画

監督 ティム・バートン

主演 マイケル・キートン、ジャック・ニコルソン、キム・ベイシンガー


バットマンといえばスーパーマンと並ぶアメリカンコミックス界のスーパースターです。

舞台になるのは架空の町、ゴッサムシティ。

この町に住む大富豪がマイケル・キートンさま。

幼い頃に父を目の前で殺され、それがトラウマになっています。

悪を憎むキートンさまは、その資産を使って装甲車だとかジェット機だとか鎧だとかを作り、バットマンとして悪を退治することになります。

今回の敵役はジョーカー。ジャック・ニコルソンさま、魂の怪演。

かなり線キレのギャング。

彼らが悪事を働いているところへバットマンが登場。

バットマンは一味を片付ける。

ジョーカーは戦いの中で有毒物質の樽へ転落。

整形手術の甲斐もなく、ひきつったような顔の怪人ジョーカーが誕生します。

ゴッサム・シティへ舞い戻ったジョーカー、いきなり自分のボスを射殺。

力をつけすぎたジョーカーを始末しようとしてたんですね、ボスは。

で、ボスが警察に通報して、バットマンがきちゃってこうなったわけですわ。

このボス、ジャック・パランスさまが演じておられます。

ジョーカー、またたく間に犯罪組織のボスになる。

ここからはバットマンとジョーカーの対決が物語の軸となります。
マイケル・キートンさまがんばっております。

バットマン以外ぱっとした作品に恵まれていないのがかわいそう。

ぶっちゃけ「パシフィック・ハイツ」くらいしか印象ないなあ。
第三作でバットマンを演じたヴァル・キルマーさまももひとつです。

考えてみれば、第四作で主演したジョージ・クルーニーさまが唯一の勝ち組でしょうか。

 



読者登録

磐田 匠さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について